トップページへ戻る

ワインスクールサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

ワインスクールサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「ワインスクール業界のWebサイトってどんな感じ?」

こうした疑問をお持ちの「Web担当になった方」、「ワインスクール周りでアフィリエイトを考えている方」、「ワインスクール業界に営業をかけたいと考えている方」に向けた記事内容となっています。

こんなお悩みが解決できるよ
・Web担当になってサイトリニューアルに携わることになったけど、デザインはどういった感じにすればいい?
・ワインスクール業界のWebサイトでは、どんなコンテンツ・情報を伝えればいいの?
・営業をかけたいと思っているけど、ワインスクール業界のWebサイトにはどんな傾向がある?

さて、今回フォーカスするのはワインスクール業界のWebサイトです。
はじめにお伝えしますと、今回は「ワインスクール」で検索した時に上位に表示されているワインスクールの10サイトをじっくりと観察して、共通点や相違点を確認します。業界のWebサイト傾向を知りたいと考えて調べてみて実感している方もいるかと思いますが、これ自分1人で調べるのには相当時間がかかるうえに、根気も必要です。ざっくりと傾向が知りたいなあという方のため、当記事を執筆。あくまで目安として「ワインスクールのWebサイトにはこんな特徴があるよ」というなんとなくの傾向としてみてもらえればと思います。

「いやいや、10サイトで傾向とか言えないんじゃ…?」

ですよね。そう感じる方もいますよね。「ビジネスで使うのにもっと正確な情報が知りたい」、「Webサイトリニューアルで失敗したくない」そういう方のために、data maisonを開発しました。1人で調べたら数ヶ月もかかるような情報量で、しかも最新の情報を一瞬にして手にすることができます。

Webサイトのデザインで周りから評価してもらえる人や、情報量で周りの営業に圧倒的な差をつけている人を見て、どのタイミングでどう時間を作ってるの?なんでそんなに知ってるの?そう疑問に思ったことはありませんか?
成功している人には秘密があります。
何十時間、何百時間とかかる調査を、data maisonなら月々165円~ 払うだけでデータを手にすることができます。

成功しているビジネスパーソンには秘密があります。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

ワインスクール業界のWebサイトで使われるデザイン・UIはどんな感じ?

以下3つの観点からWebサイトのデザイン・UIを確認していきます。

・メインビジュアル
・フォント(フォントファミリー / フォントサイズ)
・配色(ベースカラー / メインカラー / アクセントカラー)

メインビジュアルはどうなってる?

クリックした時にまず目に入る画像や動画。この部分をメインビジュアルと呼びます。このWebサイトの顔とも言えるメインビジュアル。ワインスクールのWebサイトはどんなメインビジュアルを設定しているのでしょうか?

● 主要サイト例


ワインスクールのWebサイトとしては、趣味でワインを学びたいと考える初心者の方、あるいは仕事でワインを扱う方が対象になるかと思います。
そうした方が知りたいのは、おそらく「初心者の自分でも通って良いものかどうか」「有名資格取得に向けた講座で実績があるかどうか」といったことではないでしょうか?クリック(タップ)してサイトに入って目にしたところに、上記に対する答えを持ってくることがポイントとなるでしょう。
自分にとってこのワインスクールが合っているかどうか判断する際にサイトを見るかと思いますが、メインビジュアルはその第一印象となります。どのターゲットを狙っているかでメインビジュアルに記載する内容は変わってくると思いますが、ユーザーがどういった心理でサイトを見るか考えると、「何を載せるべきか」はおのずと決まってきますね。

ワインスクール業界のWebサイトに使われるメインビジュアルには、ワインの画像と、講座の情報が書かれているサイトがほとんどですが、これからWebサイトを作る方やWebサイトの管理・運用している方は、上記も加味しながらメインビジュアルの内容を検討してみてはいかがでしょうか?

フォント(フォントファミリー、フォントサイズ)はどうなってる?

ワインスクール業界のWebサイトを知るため、続いてはフォントについて確認しましょう。この業界ではどんなフォントファミリーやフォントサイズが使われているのでしょうか。

★ワインスクール業界でよく使われているフォントファミリー

フォントファミリーに関しては 「游ゴシック」 を使用しているサイトが多く見られました。
Webサイトでは代表的なフォントを設定し、そのフォントファミリーが表示できないブラウザのために、代替のフォントファミリーを設定します。
その代替のフォントファミリーに関しても、丸みがかかりつつも少し角ばったゴシック系のフォントを使用しているケースが大半でした。
少し角ばったフォントファミリーからは、読みやすくスマートな印象を感じました。

★ワインスクール業界でよく使われているフォントサイズ

H2タグ:16px~40px
本文:11px~16px

一般的なWebサイトのフォントサイズとしては本文を16px以上がおすすめされることが多いです。それに対してワインスクール業界では少し小さめのフォントサイズが使われています。文字よりも、ワインの画像などで見せているサイトが多いです。

配色(ベースカラー・メインカラー・アクセントカラー)

Webサイトの色選びでは、3つの「カラー」を考える必要があります。

  • ベースカラー:サイトの土台となる色味。
  • メインカラー:ベースカラーに次いで使われている色味。
  • アクセントカラー:目を引くためにアクセントとして追加する色味。

★ワインスクール業界で使われている配色

ベースカラー
白色 #FFFFFF

メインカラー
金色 #DED3B6
赤色 #950000
赤色 #761D3D

アクセントカラー
黄色 #FFD443
青色 #151E55
茶色 #5B3F2D

ベースとなる背景が白色にしており、それに加えてワインレッドと、ゴージャスなシャンパンゴールドを配色しているサイトがほとんどです。ワインスクールという性質上、こうしたカラーリングに倣うのも1つです。ワインスクールのため、ワインやシャンパンにちなんだゴージャスな色合いにするのも良いでしょう。
しかし、逆にこれらとは異なるカラーリングにすることで他のサイトと差別化することも検討すべきでしょう。

もっとサイトの傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

今回は、あくまでも5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとワイン関連のサイト傾向を知ろう!

どんなコンテンツ内容を載せている?

以下3つの観点からサイトに載せているコンテンツ内容を確認していきます。
・ワインスクール業界のサイトに欠かせないコンテンツ内容
・スクロールした時に追従するもの

ワインスクール業界のサイトに欠かせないコンテンツ内容とは?

ワインスクール業界のサイトに欠かせないコンテンツ内容には、以下のものが挙げられます。

  • 講座紹介・料金
  • 講師紹介
  • 無料体験・資料請求
  • 電話番号
  • アクセス
  • 受講生の声
  • ワインスクールの強み

講座紹介・料金

ワインスクールですから、どういった内容を勉強できるかといった講座紹介が欠かせません。ほとんどのワインスクールでは、講座ごとに開催の回数や料金が異なりますので、講座の詳細に合わせて料金の記載が必要になります。

講師紹介

講座を選ぶ際には、講師も重要なポイントとなるでしょう。知名度の高い講師や難易度の高い資格を持つ講師など、様々な講師が講座を開講していることをアピールすることも大切です。講座の詳細を紹介する際には、どの講師が教えるのかも併せて記載してください。

無料体験・資料請求

無料体験を設けている場合には、無料体験レッスンがあることや、登録までの流れを見やすい位置に記載しましょう。気軽にレッスンを体験できることをアピールすることで、受講を悩んでいるユーザーを獲得する可能性が高くなるでしょう。
また、無料体験をする時間や気持ちがないまでも、詳しく知りたい方は資料請求をするケースがあります。無料体験同様に、見やすい位置に詳細ページへの内部リンクを配置すると良いでしょう。

電話番号

ワインスクールの場合には、年齢層が比較的高いことが多く、ネットでの予約に抵抗がある方も少なくないでしょう。そうした方が簡単にお問い合わせできるよう、電話番号を見える位置に配置することでユーザーに親切なサービス・サイトにすることができます。
幅広くユーザーを取りこぼさないようにするためには、電話での対応・見やすい位置に電話番号の配置を検討してみてはいかがでしょうか。

アクセス

通学型のレッスンの場合には、スクールまでのアクセスも検討材料の1つとなります。スクールが複数ある場合には、それぞれのスクールへの最寄り駅の路線情報、最寄り駅からのアクセス情報を記載してください。

受講生の声

ワインスクールを選ぶ際の基準として、講座を体験した受講生がどういう感想を持っているかも重要です。ワインスクールのサイトを運営するのであれば、ぜひこの受講生の声をサイト内に記述することをおすすめします。

ワインスクールの強み

サイトを運営しているワインスクールの強みをぜひとも記載しましょう。受講を悩んでいる方、他のスクールと比較・検討している方に向けて、自分たちのワインスクールにはどういう強みがあるのか、他のワインスクールとどう違うのか等を記載し、自分たちのスクールがどう魅力的かについての情報をユーザーに届けましょう。

スクロールした時に追従するもの

サイトを見る時には、画面を下にスクロールしていくと追従してくる要素があります。業界によって追従する要素が異なるのですが、ワインスクール業界の場合には「メニューボタン」が追従してくるサイトが多いです。グローバルナビゲーションといって、Webサイト全ページに共通して表示するもので、サイト上部で重要なページへのリンクを記載している部分がありますが、メニューボタンを押すと多くの場合、このグローバルナビゲーションにあるリンクが表示されます。ワインスクール業界では10サイト中7サイトはスマホで閲覧する時に、追従するメニューボタンを用意しています。

ただ、特徴的なのはこの追従ボタンがついているのはスマホで閲覧した時に限っているサイトが多いことです。パソコンで閲覧する場合、グローバルナビゲーションが追従してくるのは、4サイトのみです。これは他の業界を考えると少ないように感じます。

そこで、これからワインスクール業界のWebサイトを作る方に1つ提案ですが、パソコンで検索するユーザーがサイト内で迷子になることがないように、グローバルナビゲーションを固定表示させ、無料体験や資料請求の詳細ページへの内部リンクボタンを追従するように設定してみてはいかがでしょうか?
グローバルナビゲーションがあれば、ページの途中にいても、ユーザーが主要なコンテンツページへ迷うことなくリンクすることができます。また、サイトの最終的な目的とも考えられる無料体験や資料請求についての情報には、常に表示させておくことでユーザーのクリックを誘発することができるでしょう。

集客方法には何がある?

集客の方法としては、以下のような手法が考えられます。

プッシュ型:電車広告、テレビやラジオCM、折り込みチラシ、ダイレクトメール
プル型:リスティング広告、SEO、Googleマイビジネス、SNS

どのような戦略で広告するかにより効果には差が出ます。餅は餅屋ですから、費用をかけて集客に力を入れたい場合は、広告代理店に相談してみてもよいでしょう。
一方で、お金をかけたくない、あるいはお金をかけられない場合もあります。費用をかけず、かつ効果的な集客方法としてはGoogleマイビジネスへの登録と、SNSへの投稿があります。

Googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスとは、Googleの検索やGoogleマップなどに店舗情報を表示させるためのツールのことです。Googleで検索した時に、Googleマイビジネスに登録したワインスクールの店舗情報が表示されることがあります。例えば、「ワインスクール 渋谷」と検索した時には以下のようにマップの下に店舗の情報が表示されます。

店舗の住所や電話番号、営業時間、WebサイトのURLなどを登録しておくと、利用者の目に触れる機会が増えるはずです。もし登録をしていないのであれば、今すぐにでも登録すべきでしょう。

SNSへの投稿

集客の方法として、TwitterやインスタグラムなどSNSのアカウントを運用する方法もあります。SNSの運用では、投稿を多くの方に見てもらうことが重要なポイントとなります。ハッシュタグをつけるだけでユーザーの目に触れやすくなるため、投稿の際には以下を参考にしてハッシュタグをつけてみてください。

#ワイン
#ワインスクール
#赤ワイン
#白ワイン
#ワイン好き
#ワイン勉強
#ワイン好きな人と繋がりたい

ハッシュタグの後に会社名や地名を入れて投稿するのも良いでしょう。

また、もしキャンペーンを行うのであれば、特定のハッシュタグで呟いた方に何かをプレゼントするなどの手法も面白いかもしれませんね。
うまく話題に乗れば、想像以上のプロモーション効果を得られることでしょう。

今回はワインスクール業界のWebサイトについてご紹介しました。
Webサイト制作者の場合は、流行のおしゃれなデザインにするよりも、ユーザーがどんな情報を欲しているか、何を求めているのかを吟味し、そのニーズに応えられるようなデザインを考える必要があります。業界のサイトが「どんなデザインにしているのか」「どんな内容のコンテンツを載せているのか」を調べ、そこからユーザーが何を求めているのか推測してみてください。もちろんそれだけでは不十分です。ワインスクール利用希望者が何を求めているのか実際の声を聞いたり、利用者の立場になって考えてみたりして、サイトの利用者の満足度を高めていきましょう。
ちなみに…先ほどはさらっと「業界のサイトが『どんなデザインにしているのか』『どんな内容のコンテンツを載せているのか』を調べ」とお伝えしましたが、これ実際にやってみると思った以上に労力がかかります。2~3サイト見るだけでも、細かいところまで見始めると1日以上かかるなんてことも…。
自分の業務を行いながらも、調査をするのってかなり骨が折れます。
ワインスクール業界に営業をかけようと思っている方や、アフィリエイターも同じようなお悩みをお持ちでしょう。

そんな方はぜひdata maisonをご活用ください。最新の情報を、膨大な情報を一瞬で手にすることができます。
data maisonで効率良く情報収集して、ライバルのあの人に圧倒的な差をつけましょう。
気になる業界プランを購入!

「いやいや、10サイトで傾向とか言えないんじゃ…?」

ですよね。そう感じる方もいますよね。「ビジネスで使うのにもっと正確な情報が知りたい」、「Webサイトリニューアルで失敗したくない」そういう方のために、data maisonを開発しました。1人で調べたら数ヶ月もかかるような情報量で、しかも最新の情報を一瞬にして手にすることができます。

Webサイトのデザインで周りから評価してもらえる人や、情報量で周りの営業に圧倒的な差をつけている人を見て、どのタイミングでどう時間を作ってるの?なんでそんなに知ってるの?そう疑問に思ったことはありませんか?
成功している人には秘密があります。
何十時間、何百時間とかかる調査を、data maisonなら月々165円~ 払うだけでデータを手にすることができます。

成功しているビジネスパーソンには秘密があります。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ