トップページへ戻る

結婚式場サイトのWebデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

結婚式場サイトのWebデザイン・コンテンツを解説!

結婚式場サイトを制作してネットからの集客を増やしたいものの「何から始めたら良いのかわからない…」という方も多いと思います。また、サイトは既にあるものの思った集客に繋がらず困っているという方もいるのではないでしょうか。ウエディングの知識や経験が豊富でも結婚式場サイトを制作するには、サイトに関する知識が必要となるので、考えて難しいと感じてしまう方もいるでしょう。サイト制作のハードルが上がってしまい、「なかなか手をつけられない!」と困っているあなたに、サイト制作で役立つ情報を紹介します。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

結婚式場サイトについて

「結婚式場サイト」には、結婚式場を提供する「式場サイト」と結婚式場の紹介・関連情報を発信する「ポータルサイト」にわけられます。

結婚式場を提供する「式場サイト」は、教会、神社、披露宴会場など自社で運営している会場をサイト内で紹介・販促するサイトのことです。結婚式場のタイプは様々で、「教会」「神社」「ホテル」「専門式場」「ゲストハウス」「レストラン」「国内・海外リゾート」などにわけられて魅力もニーズも異なります。式場サイトは、それぞれの式場のタイプ、ターゲット層に合わせて会場の魅力、サービスの強みなどを紹介し、そしてユーザーに興味関心を持ってもらい、実際にアクション(見学・契約)をしてもらうためのサイトなのです。

結婚式場の「ポータルサイト」は、全国各地(一部海外)の結婚式場の情報や結婚にまつわる情報を発信するサイトです。提携している結婚式場の写真や料金プランなどの情報を掲載するのはもちろん、結婚式を実際に行った人のリアルな体験談、口コミ、評価などを掲載しています。ポータルサイトは、ユーザーと結婚式場を繋げるマッチングサイトです。ユーザーには情報を提供し比較検討の場として共有、式場側には情報提供をしてもらう代わりに、送客を行う中間サイトとしての役割を担っています。

<結婚式場サイト・ポータルサイト・ユーザーの関係>

「式場サイト」と「ポータルサイト」で目的や役割が異なることを理解したところで、サイト制作で考えるべき「デザイン・UI」「コンテンツ」について見ていきましょう。

結婚式場サイトの主なデザインとUIについて

式場サイトとポータルサイトでは、デザインが大きく異なります。それはサイトを訪れるユーザーの目的・役割が異なるからです。「結婚式場サイトについて」でも話している通り、式場サイトは自社の会場の紹介・販促が中心で、ポータルサイトはユーザーと式場をマッチングさせることを目的に存在します。そのため、式場サイトとポータルサイトではメインビジュアルやレイアウトの傾向などが異なるのです。ただし、同じ結婚式場をテーマにしているサイトでもあるため共通する部分もありますので、ひとつひとつ見て行きましょう。

結婚式場の雰囲気を伝えるメインビジュアル(式場サイトの場合)

式場サイトのメインビジュアルは「ファーストビューいっぱいに式場をアピールする写真・動画を使用している」サイトがほとんどでした。「ホテルウエディング」「専門式場・ゲストハウスウエディング」「神社・仏閣挙式」の上位10サイト(各タイプ)のメインビジュアルの傾向を紹介します。

ホテルウエディングのメインビジュアル

フォーマルな印象を持っている人も多いホテルウエディング。「ホテルの外観」「挙式・披露宴会場」「ロケーション」「新郎新婦」などの複数の写真をメインビジュアルとして使い、スライドショーで見せるデザインにしているサイトが10サイト中8サイト、2サイトは動画でした。全体的にメインビジュアルで「会場の雰囲気を伝える」様なデザインになっています。ホテルによっては、エントランス、内観、披露宴会場などの豪華さをアピールする写真・映像が良く使われています。

専門式場・ゲストハウスウエディングのメインビジュアル

ホテルウエディングに比べてカジュアルな印象の専門式場・ゲストハウスウエディング。ホテルウエディングと同じように10サイト中6サイトがスライドショーでメインビジュアルを見せるデザインになっており、3サイトは動画、1サイトはスライドショーなしのサイトでした。今回確認した専門式場・ゲストハウスウエディングは、欧風のウエディングスタイルを提案しているサイトということもあり、10サイト中8サイトが外国人モデルを採用していました。また、全体的に写真や映像にフィルターやエッジの加工がかかっており、人物と背景がはっきり認識しやすくなっています。これによりユーザーが自然とメインビジュアルに注意が向くようになっています。

和婚(神社・仏閣挙式)のメインビジュアル

格式が高く伝統的なイメージの神社・仏閣挙式。所謂、和婚となるため、日本人モデルを起用している率が高いです。(10サイト中8サイト)
ただ、あえて外国人モデルを使っている和婚サイトもありました。そこでは、和装だけではなくドレスも用意しているため、外国人モデルを起用することで自然な印象を与えつつ、和装も洋装も可能なことをアピールしています。和婚サイトもホテルや専門式場と同様に、複数の写真を用意しスライドショーを使っている率が高く、式場サイトでは定番デザインとなっているようです。

式場のタイプによって傾向にやや違いはあるものの、どのサイトも共通してメインビジュアルに力を入れていますよね。それもそのはず、メインビジュアルはサイト(式場)の第一印象を決める、最も重要な部分。人は見た目の第一印象をたった数秒ほどで判断し、その第一印象は後の評価や好感度に大きな影響を及ぼすと言われています。第一印象が良ければ、ユーザーは「続けて見よう」と思いますし、印象が悪ければ「別のサイトに行こう」と思い行動するでしょう。だからこそ、興味を持ってサイトに訪れたユーザーを逃さないための、関心を持ってもらうメインビジュアルを用意しているのです。

結婚式場の探しやすさがポイント(ポータルサイト)

ポータルサイトのファーストビューは、式場サイトとは異なるデザインをしています。実際に上位10サイトのポータルサイトを調べてみたところ、「結婚式場の検索機能+花嫁の画像」のファーストビューデザインが10サイト中8サイト。残り2サイトだけメインビジュアル(新郎新婦の写真)を見せるデザインにしているサイトでした。そもそもポータルサイトに訪れるユーザーは、結婚式場に関連する情報を探しに訪れています。そのためポータルサイトを訪問したユーザーの目的である情報探しに役立つ“結婚式場を探せる機能”があれば、ユーザーは迷うことなく次の行動(検索)に移れるのです。ポータルサイトの場合、メインビジュアルに重きを置くよりも、サイトに訪れるユーザー心理を考えたUI面に重きを置いたファーストビューになっています。

じゃあ、ポータルサイトには「メインビジュアルが全くないのか…?」というとそう言うわけではありません。
ポータルサイトでもメインビジュアルは用意されていて、その違いを比較することで「サイトのコンセプト」と「ターゲット」の違いが少し垣間見えます。例として、「ゼクシィ」と「みんなのウエディング」を見てみましょう。

同じ結婚式場のポータルサイトなのにも関わらず、雰囲気が異なりますよね。これは、ゼクシィとみんなのウエディングでサイトのコンセプトが違うためです。
ゼクシィでは、結婚式場を探す花嫁をメインターゲットにして花嫁に役立つ情報を中心に紹介しています。そのため、メインビジュアルも「花嫁だけ」の写真を使っています。一方、みんなのウエディングは「一緒にサイトを見ながら結婚式場を探す」ことをコンセプトにしているので「新郎新婦」の写真をメインビジュアルに、かつキャッチコピーでも「ふたり」を強調しています。ゼクシィやみんなのウエディングのように、同じ「タイプ・ジャンル」のサイトでも、コンセプトやターゲットが違うことでデザインも変わるのです。

ピンクとブルーが主流!結婚式場サイト・ポータルサイトのカラー

式場サイトとポータルサイトの各10サイトの色味を調べてみました。全体的に多かったのは「ピンク」と「ブルー」。
特にポータルサイトは10サイト中5サイトが「ピンク」を基調にしています。次に多かったのが「ブルー」です。ブルーというと、結婚式のイメージにない人もいるかもしれませんが、海外では「ブルー」は幸せを呼ぶ色とされていますし、花嫁の純潔や清らかさを表す色として人気です。ポータルサイトだけではなく結婚式場サイトでも色の意味にあやかって「ブルー」を基調としたサイトも増えています。他にも「ゴールド」や「グリーン」「ターコイズブルー」などもサイトのテーマカラーとして良く使われて、ホテルウエディングのサイトの場合は、上品で高級感を醸し出す「ブラック」も人気です。

フォントサイズはかなり小さ目!結婚式場サイト・ポータルサイトのフォントサイズ

上位20サイト(結婚式場サイト・ポータルサイト)のフォントサイズ、フォントファミリーを調べました。
結婚式場サイト・ポータルサイトで使われていたTOPページ内の平均フォントのサイズは12~14pxでした。調べたサイトの中で最小サイズは9px、最大は14pxです。見出しとなる部分などもフォントサイズが小さめなので、こまごまとした印象もありますが、適宜テキストを太字にしたり、色味を変えたりして読みやすさを工夫しています。

式場サイト・ポータルサイトのフォントファミリーを調べてみたところ「ヒラギノ角ゴ」を使用しているサイトが多く、20サイト中13サイトで採用されています。ヒラギノフォントは様々なジャンルのサイトで使われており、どんなデバイスでも「読みやすく、美しい」と好評のため設定しているサイトが多いのでしょう。また、日本ではiPhoneユーザーが多いため、サイトを見るときのデバイスも必然的にiPhoneが多くなります。マジョリティでもあるiPhoneユーザーを起点に考えると、「ヒラギノ角ゴ」にするのは、間違いない(あるいは無難)な選択と言えるでしょう。その他、和婚サイトでは「ヒラギノ明朝」「游明朝」「游ゴシック」などに設定しています。

ここで紹介している「フォントサイズ」や「フォントファミリー」の傾向は、今回調査した10サイトをまとめた結果です。
本来であれば、これ以上のサイトを調査し分析することで、あなたのサイトに活用できる十分なデータになるでしょう。
とはいっても、こうしたサイト調査をするのにも時間や労力もかかるもの…。
場合によっては、調査してくれる人を雇ってお願いをしなければならず、お金もかかってしまいます。

毎日コツコツ調査しても限度がありますし、競合サイトもずっと同じままというわけでもありません。
常に変化するサイトを、いかに素早くデータを集め分析するのかが、サイト調査に求められること。

「いやでも、それはわかっているけど、できないんだよ…。」と、お悩みのWeb担当者やデザイナー、マーケターに朗報です!!

あなたが知りたいサイトの調査を、あなたの代わりに引き受けます!しかも、あなたがするのは「気になるサイト」をクリックして選択するだけです!
ベンチマークしている競合サイト、新しく参入した企業サイト、はたまた違う業界のサイトなど…。あなたが調べたいと思うサイトのデザイン要素、コンテンツ要素、業界の順位状況に至るまで、ワンクリックすれば一瞬で全ての情報を提供します。
しかも…月額165円という圧倒的な低価格で提供します。

こんなサービス他にはありません。そして提供する情報は、きっとあなたにとって宝の山となるはずです。
悩んでいる暇はありませんよね?今すぐ登録して、わずらわしいサイト調査から快適なサイト調査へシフトチェンジしましょう!

もっとサイトの傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

今回は、あくまでも5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと結婚式場サイトの傾向を知ろう!

結婚式場サイトで謳っているコンテンツについて

比較検討に必要な「挙式・会場の案内」

ユーザーにとって挙式・披露宴会場の情報は、比較検討時に必ず参考にする項目です。どんな挙式スタイルで結婚式が挙げられるのかが「挙式・会場」を紹介するページで展開されています。結婚式には「チャペル式」「人前式」「神前式」などの種類がありますので、自社が提供する挙式スタイルは、どれに対応しているのか明記してあります。また、結婚式場によって複数会場を用意していることもあります。その場合は、種類別に分けて写真やテキストで違いを出しながら、それぞれの特徴を紹介しており、ユーザーが挙式・披露宴会場の空間をイメージしやすくなるよう写真もふんだんに使われています。

さらにユーザーの役立つ情報として、収容人数や席数を一緒に記載しているサイトも多くありました。ただし、「料金」を書くサイトはほとんどなく、これは、ユーザーに「こんなチャペルで結婚式を挙げられたらいいなぁ」と思ってもらえても、目に見える範囲に「料金」が書かれていると現実味を帯びてしまい、感情が冷めてしまう可能性を考えてかもしれません。

また、挙式や会場案内のページでは360°カメラ、ドローンを使った動画や写真を利用している結婚式場サイトやポータルサイトもあります。気になった結婚式場サイトがあっても全ての会場に足を運ぶのは難しいので、なかなか来店できないユーザーにとっては嬉しく、式場側はリアルな会場の雰囲気を手軽に感じてもらえる機会になるのでしょう。

こだわりポイントの「料理」

結婚式でこだわるポイントとして料理があります。結婚式に参列するゲストをもてなすもので、花嫁や花婿だけではなくゲストにとっても楽しみのひとつ。マイナビウエディングのアンケート調査でも、「料理が美味しい結婚式場」の満足度が高いという結果が出ています。

結婚式会場によって異なりますが、披露宴で出す「料理のコース内容」は必須項目です。コースが複数ある場合は、色々なコースの前菜からデザート、ドリンクに至るまでを丁寧に紹介します。ただし、提供する料理が季節によって変わる場合があれば、メインとなる料理数品の写真だけ見せる方法をとっています。またユーザーの中には、コース内容だけではなく「シェフの紹介」「料理長の想い」など、どんな人がどんな想いで料理を作っているのかを知りたい人もいます。特に有名なシェフ、パティシエを起用しているのであれば、ネームバリューを活かしてアピールしているサイトもありました。また、料理に関しては実際にユーザーに見て食べて納得してもらうのが一番です。そのため「コースメニューの試食会」ができるブライダルフェアを開催しており、同じページ内で来店訴求していることが多いです。

花嫁の欠かせないポイント「衣装・アイテム」

結婚式を挙げる際の花嫁のこだわりポイントになるのが「衣装」です。ウエディングドレスといっても、純白のドレスからカラードレスがありますし、和婚なら定番の白無垢から色鮮やかな着物など様々です。結婚式場でも衣装のレンタルをしているところが増えていますので、衣装にこだわりたいユーザーからするとじっくり吟味したいポイントとなります。

衣装ページは、ただマネキンに着せた衣装の写真を並べれば良いというわけではありません。マネキンに着せただけの写真を掲載する結婚式場サイトもありますが、あまりに味気ないですし、せっかくの衣装の良さも半減してしまいます。また、衣装を着た人物やマネキンの全身写真を1枚だけ載せている結婚式場サイトも多いのですが、ユーザーからするとフロントだけではなくサイドやバックの写真も載せてほしいところ。その点、優良サイトでは、実際にウエディングドレスやタキシードを着た人の全身写真を載せており、しかも何パターンも載せていて、ユーザーの痒い所に手が届くスタイルです。

また、ウエディングドレスだけに限らず、着物の場合も同様です。特に白無垢の場合、全身写真だけだと細かい柄が見えにくいため、アップの写真も掲載しているサイトもありました。ページ内で紹介している衣装の数、アイテム数が少ないと選ぶ楽しみがない、というネガティブな印象を与えることにもなりかねないため、出し惜しみせずに出せる情報はどんどん出していくのが良いのでしょう。

実現可能か考えるための「料金プラン」

料金プランが複数ある場合は、プランの種類ごとに金額を載せている結婚式場サイトが多いです。このとき、料金プランに含まれる内容と料金の内訳(挙式や披露宴の会場代、衣装代、撮影代など)を載せるとユーザーにとっても参考になります。結婚式場サイトによっては期間限定の特別プランやキャンペーンがあるので、適用する期限がいつまでなのか書くのは必須となっており、特に期間が短い1ヶ月限定のプランの場合は、わかりやすく赤字などで期限を記載していました。

どんなに「この結婚式場が良い」と思っても、料金がわからなければ判断できません。また、どんなにプラン内容が良かったとしても具体的な金額がサイト内のどこにも記載されていない場合、ユーザーとしてもどこか不安が残ります。実際に来店して見積もりを出してもらったり、問い合わせたりして確認するユーザーも一定数いますが、そうした確認が面倒だと感じて別の結婚式場に流れていってしまうユーザーもいるかもしれません。余計な不安や手間を与えてユーザーを逃してしまっては意味がありませんので、しっかりとわかりやすい料金プランを載せることが大切ですね。

実際に足を運んでもらうための「ブライダルフェア(キャンペーン)」

結婚式場の一部を除いてブライダルフェア(見学会)を定期的に開催するのが定番となっています。式場サイトやポータルサイトを見てみると、毎日どこかの式場でブライダルフェアが開催されていることがわかります。これは「まだこの会場に決めたわけではないけどちょっと気になる…」というユーザーにとって、気軽に式場を見学しながら「料理の試食」や「模擬挙式」などを体験できるお得なキャンペーンで、式場サイトにとってもブライダルフェアは「直接ユーザーに式場の魅力を伝える機会」になるのです。

ブライダルフェアといっても種類があり、「見学会」「模擬挙式」「試食会」「演出体験」「ドレス試着(花嫁体験)」「相談会」というように分かれています。ユーザーによって結婚式でこだわりたいポイントが異なりますので、結婚式場ではそれぞれのニーズに合ったブライダルフェアを用意していることが多いです。近年では「試食会」「模擬挙式」が人気で、ブライダル需要が高まるシーズンになると様々なイベントが毎週のように開催され、人気になるとキャンセル待ちも出ているほどに…。そのため、ブライダルフェアのスケジュールは、直感的にわかりやすい「カレンダー形式」で案内しているサイトがほとんどです。

予約&エントリーフォーム(プチ情報)

ちなみにブライダルフェアの予約や来店申し込み相談をする際には「エントリーフォーム」が必要ですよね。ユーザーを最終的な「予約」へ繋ぐ重要なポイントで、ユーザーにとってもなるべく入力項目は少なくしてほしいところ…。だからこそ予約フォームでは「名前」「メールアドレス」「電話番号」「希望のブライダルフェア」といった必要最低限の情報だけを入力してもらい、項目が多すぎて途中で面倒だなと思われないように完結にするのが良いですね。

ゼクシィとみんなのウエディングのブライダルフェアの予約フォームを見てみましょう。


ゼクシィとみんなのウエディングに共通する選択・入力必須項目は「参加人数」「お名前(漢字・フリガナ)」「メールアドレス」「電話番号」の5つ。ゼクシィのみ「参加時間帯」にチェックを入れる必要がありますが、5~6項目であれば選択や入力にそこまでの手間があるとは感じないでしょう。また、ゼクシィであれば、「プロフィールの呼び出し」ボタン。みんなのウエディングなら「会員の方はログイン」ボタンが設置してあるので、会員ユーザーの入力の手間を極限まで省いて予約してもらう工夫がされています。

第三者の声が聞ける「ウエディングレポート(口コミ・評判・体験談)」

結婚式場サイト・ポータルサイトどちらにも重要なウエディングレポート。ユーザーにとって口コミ、評判、体験談は結婚式場を決めるための材料となる重要なコンテンツです。どんなに結婚式場が魅力を伝えても、第三者の意見は欲しいもの…。気になっている式場で結婚式を挙げた人の感想はとても参考になります。ウエディングレポートを見て「同じような結婚式をしたい」と考える人もいるのではないでしょうか。そのため「写真」と一緒に「結婚式当日に使用した会場の情報」「挙式スタイル」「ゲストの数」などの補足情報も一緒に記載している結婚式場サイトも多いです。第三者からの情報の方が多く、「良い」と評価されていると信頼性が増し安心できる性質があるそうです。

マーケティング機会を増やす「結婚にまつわるコラム」

結婚式場サイトで最近増えてきているのが「結婚にまつわるノウハウ」の掲載です。ポータルサイトや比較サイトなどでは昔からありましたが、結婚式場サイトでもコラム記事の掲載が増えています。結婚式にまつわるユーザーが抱える悩みを解決するような読み物コンテンツが多く、例えば「結婚式の準備リスト」「式場の探し方」「ドレスの選び方」「結婚式のマナー」などが挙げられます。コラム記事を作成し情報発信をすることで、ユーザーの悩みに答え信頼度を上げたり、検索結果からの流入数を増やしたりするメリットがあるので、結婚式場サイトでもコラムを導入するところが増えてきているようです。ただし、記事を作成するにはライティングできる担当者が必要なので、記事を作成したくてもできないというパターンが良くあります。そんな場合、社内ではなく外注に依頼をしてコラム記事を作成することも可能ですが、それなりの費用が必要になりますのでできるだけ社内で作成するのをおすすめします。

また、コラム記事とは少し異なりますが、コンテンツとして「よくある質問」や「Q&A」のようなユーザーが知りたいであろう疑問について答えるページを作るのも良いでしょう。例えば、「ウエディングの相談はいつでもできる?」「ブライダルフェアはひとりでも参加できる?」など、ユーザーが知りたい情報を追加しているサイトも多くありました。

結婚式場のSEOリテラシーについて

結婚式場のポータルサイトはSEOリテラシーが高い傾向にあります。ポータルサイトの運営元の多くが大手企業(リクルート・マイナビなど)のため、SEOに力を入れていることも多く、制作会社にSEOを含めた施策を行い、自社でチームを作りインハウスSEOとして日々分析検証しているところもあるからです。一方、結婚式場サイトは、中小企業も多く、SEOリテラシーに開きがあります。Webマーケティングの予算がある、または予算を割ける場合にはSEOに力を入れて施策できるものの、予算が限られている企業では難しいため、気がつけばサイトを放置してしまい、ポータルサイトからの流入に頼らざるを得ない状況になってしまうこともしばしばあるのです。式場サイトの場合、特に陥りやすいのがサイトを制作したものの、更新が止まっていたり、いつまでも過去の案件を掲載していたり、モバイルに対応していないなどが挙げられます。

結婚式場サイトの外部プラットフォームの活用(SNS)について

結婚式場探しや結婚にまつわる情報収集にSNSを活用するユーザーが増えてきています。特に、トレンドツールとしてインスタグラムが若い女性を中心に普及したこともあり、現在 結婚式場の検索についても2人に1人がSNSを利用している状況です。(ゼクシィ結婚トレンド調査2018調べ)

実際の花嫁の投稿から、式場や挙式に関するリアルな感想や口コミを確認し、結婚式情報を収集して見学・イベント参加、式場決定などの各段階でSNSの利用が増加しているため、結婚式場サイトおよび、ポータルサイトでも外部プラットフォームとしてSNSを利用しているところがほとんどです。そのため今回は、SNSのプロモーション方法を中心に紹介していきます。(ポータルサイトでのプロモーションはまた次回…!)

式場サイトとポータルサイトのSNSアカウント有無

式場サイト・ポータルサイトで最も利用されているSNSは「インスタグラム」です。20サイト中20サイトが「インスタグラム」のアカウントを運用しており、その活用率や人気は折り紙付きです。結婚式場とインスタグラムは相性が良く、写真映えする会場やアイテムを持っているところも多いので、更新頻度が多いアカウントなら1日に2回以上、少ないところでも2日に1回程度は投稿してユーザーへのアピールをしていました。

インスタグラムの次に利用されていたのが「Facebook」です。20サイト中17サイトでアカウントの取得・投稿がされています。ただし、全体的にインスタグラムに比べて投稿頻度は落ちていて、最も更新されているアカウントで1日1回程度。少ないアカウントで1週間に1回以下でした。SNS創世記に誕生したFacebookは、日本ではやや人気とアクティブユーザーが減っています。結婚式を挙げたいと考えるユーザー層が少ないこともあり、アカウントはあるもののFacebook内での活用が少なくなってきているようです。

また、インスタグラム、Facebookの次に多かったのが「Twitter」「YouTube」。こちらもFacebook同様に更新頻度はそこまで高くありません。しかしTwitterもYouTubeも人気プラットフォームではあるので、今後は式場サイト・ポータルサイト共に活用の幅が広がっていくかもしれません。

結婚式場サイトのプロモーション方法について

式場サイト・ポータルサイトなどを多くのユーザーに知ってもらうためのプロモーション方法として「SNS運用」と「広告」が挙げられます。「外部プラットフォームの活用について」でも話している通り、結婚式場サイトでは「インスタグラム」「Facebook」などのSNSを積極的に活用しているところが多く、「自社アカウントを所持して運営しています。SNSで投稿することでユーザーに露出する機会を増やせますが、よりダイレクトなプロモーションではSNSの「広告機能」も使われています。

SNS広告(インスタグラムを使った広告)

アーンドメディアでも紹介している通り、結婚式とインスタグラムはとても相性が良いコンビです。そのため、ダイレクトに花嫁または花嫁候補にプロモーションできるインスタグラム広告を使う式場サイトやポータルサイトが多数存在します。インスタグラム広告には「画像広告」「動画広告」「ストーリーズ広告」「カルーセル広告」といった種類があり、それぞれ特徴があります。

画像広告:正方形、縦長、横長の画像を使っての広告が可能なため、その画像に写っている商品やサービスに合ったサイズを選んで広告を出稿できるもので、ブランド認知、商品の販売促進など幅広い目的に使えます。
動画広告:最大60秒の動画をアップして、多くのメッセージを伝えられます。たくさんの人にリーチしたい、サイトの訪問者を増やしたい、申し込み者を増やしたいなど、興味をかきたてるための広告として活用できます。
ストーリーズ広告:通常投稿のようなコメントはできない仕様となっており、縦長の画像(1枚あたり5秒の表示)、もしくは、最大15秒間の動画を使った広告形式となっていることが特徴です。
カルーセル広告:画像広告の一種で、正方形のフォーマットで表示され、最大10枚の画像や動画を表示できます。それぞれ別にリンクをつけられるのが大きな特徴で多くの商品やサービスなどのアプローチが可能です。

最近、通常のアカウントとは別に結婚式・結婚準備専用の「花嫁アカウント」を作成し、結婚式のこだわりや演出、衣装や装飾テーマなどをレポートすることが流行しています。装飾のおしゃれさ、DIY(自作)アイテムのクオリティの高さ、結婚式のテーマ性など、真似したくなるポイントがたくさんある花嫁アカウントはフォロワー数も非常に多く、彼女たちは“インフルエンサー”になりつつあります。

また、インスタグラム自体が画像や動画中心のSNSであるため、式場の設備や演出内容などアピールしたい部分を打ち出しやすいことも広告を出す側としては見逃せません。式場のアピールしたい部分が、ユーザーの「結婚式のあこがれ」とリンクしやすく、中長期視点での潜在的なファン層を形成することができると考えられるからです。インスタグラムで話題に挙がれば、ユーザーが実際に式場選びをする際、想起してもらえることも期待できます。

メディアでも多く取り上げられているように、「インスタ映え」するアイテムや場所を求めた消費行動が盛んになっており、社会現象化しています。結婚式場が得意とする美しいロケーション写真や感動的な式の動画などは「インスタ映え」する、魅力的なコンテンツとして広告へ転用できるのです。

結婚式の現状と今後について

結婚式にまつわる現状

日本では、少子化や晩婚化が進んでいることもあり、年々結婚する人が減ってきています。日本で結婚ピークと呼ばれていたのが1970年で、その年の婚姻届けの件数は1,029,405件でした。それから50年以上たった現在は、ピークに比べておよそ半数近くの583,000件にまで件数が減っているのです。今後も緩やかに婚姻組数は減っていくことが予想されます。つまり、仮に挙式・披露宴実施率が横ばいで推移したとしても結婚式を実施するユーザー数は減っていき、なおかつ挙式・披露宴実施率も年々下がってきていることから事業者は厳しい展開の中を進んでいくことになると考えられます。

今後の結婚式場について

結婚にまつわる現状として、厳しい予想があることを紹介したことで、今後のサービスの在り方、事業内容について考える点があったかもしれません。ただし、悲観的な予想があるものの、希望がないかというとそういうわけでもありません。挙式・披露宴実施率が年々減っていると言いましたが、実は反比例するように1組当たりの結婚式にかける費用が増加傾向にあるのです。

ではなぜ、結婚式の費用が年々増加傾向にあるのでしょうか?
これはユーザーの結婚式へのこだわりが強くなったためと言えます。かつては、「結婚式はマナーとしてやらなくてはならない儀式」のひとつで、結婚式の選び方もパッケージプランとして決まった形の中から選んで結婚式を挙げていました。しかし今は「自分たちがやりたければ結婚式をするし、やりたくなければ結婚式はしない」という選択が自由にできる時代です。そのため、ユーザーは何のために結婚式を挙げるのかをしっかり考えたうえで「自分たちらしい結婚式を挙げる」ためなら、その分のお金を払ってでも「必ず成功させたい」と考えるカップルが増えているのです。さらに会場や場所を重視するよりも、自分たちのこだわり、スタイル、テーマを重視したオリジナルウエディングの需要が高くなっています。そのため、結婚式会場のパッケージプランを販売するという時代は既に終わりを迎え、1組1組の要望に合わせたオーダーメイドの結婚式が求められていることから、1組あたりの結婚式の費用が上昇傾向にあるのです。

今までは「マスマーケティング」として、大量生産・大量消費の時代にマッチするようなマーケティングが結婚式場でも盛んに行われてきました。しかし、今は趣味嗜好が多様化しており、結婚式場を探すユーザーも「自分らしい結婚式」を実現してくれる式場やプランナーを求めています。
それにより、業界全体にも「One to Oneマーケティング」(顧客ひとりひとりを意識したマーケティング)の波がきているのです。
今後は抽象的なコンセプトの結婚式場よりも、特定ユーザーの心を射止めるようなコンセプトを定めた結婚式場サイトの需要が高まっていくのではないでしょうか。

まとめ

今後の日本の経済、環境、価値観の変化などにより、今までにない結婚式の在り方を考える必要があります。特に、新型コロナウィルス、自然災害などにより、今までの通り結婚式場に人が集まって晴れやかな挙式披露宴をすることが難しくなっていく可能性もあるでしょう。しかもバブル期に比べて大人数が参列する結婚式の需要は減っていることもあり、ますます「少人数」「家族だけ」の結婚式の需要が伸びていく可能性もあります。

2010年頃に、スマ婚、少人数婚、家族婚が一時期流行りました。このときは、経済的に余裕がない若者をメインに訴求していましたが、これからはニューノーマル(新しい常識・状況)の時代。幸せな結婚式を安心して迎えられるように、スマ婚や少人数婚が定番になる可能性もあるのではないでしょうか。また、結婚式というとリアルな場で人が集まり新郎新婦を祝福するのが基本でしたが、様々な状況下によりITを活用した「オンライン結婚式(WEB婚)」「VR結婚式」などを提供するサービスも増えています。今後、よりインターネットとテクノロジーが進化することで、結婚式場そのものの在り方も変化していく時代もくるのではないでしょうか。

最後に。サイトを制作するのは、あくまでもスタートラインに立ったということでしかなく、サイトを活用してユーザーに自社サービスを訴求して行くには継続的な運用が必要です。並々ならぬライバルが多い式場サイト・ポータルサイトの中で生き残るためにも、自社の魅力と他にはないサービスを打ち出してユーザーに選ばれるサイトに改善していきましょう。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ