トップページへ戻る

ウエディングドレスサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

ウエディングドレスサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「競合に負けない魅力的なホームページを作りたい!」
「親しみやすくユーザーに選ばれるホームページに変えたい!」
「サイトをリニューアルして集客できるように改善したい!」

新しい事業としてサービスを展開する人、サイトをリニューアルしようと考えている人などで、上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、ウエディングドレス・衣装のサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
ウエディングドレス・衣装のオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「ここでドレスを買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

ウエディングドレス・衣装のサイトデザイン・UI

全体的なサイトのデザインやUIを考えるのも大切ですが、Webサイトにおいて最も力を入れるべきポイントは「ファーストビュー」です。

Webサイトの顔とも呼ばれるファーストビューにおいて、ウエディングドレス・衣装サイトの場合はどんな要素が入っているのか見てみましょう。

メインビジュアル

ウエディングドレス・衣装(7サイト)を中心にサイトを確認し、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には以下のようなメインビジュアルが設定されていました。調査したサイトの中で最も多かったのが、ウエディングドレスを着用した女性が映し出されるメインビジュアルです。

●メインビジュアル例

上記に載せている、「IBJ wedding」の場合は、発売している雑誌と同じ写真を採用しています。

一方、「TUTU」は、ウエディングドレスを着たイメージモデルの写真を1枚設定しているメインビジュアルです。
どちらもウエディングドレスを着用した女性を採用することで、ユーザーに「私も着てみたい!」と憧れを持たせるようなメインビジュアルにしています。

サイトカラー(ベースカラー・メインカラー・アクセントカラー)

サイトの印象を決めるのは、メインビジュアルだけではなく、「サイトカラー」も大切です。

決めておきたい基本的なサイトカラーとしては、「ベースカラー、メインカラー、アクセントカラー」の3つが挙げられ、選んだカラーの組み合わせによってサイトの印象、雰囲気も変わってきます。

実際に、ウエディングドレス・衣装のサイトのサイトカラーも調べてみたところ、以下のような結果になりました。

●7サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A ホワイト ブラック・ピンク レッド
B ホワイト ゴールド ネイビー、ゴールド
C グレー ブラウン ブラウン、ピンク
D ホワイト グレー、ベージュ ピンク、グレー
E ホワイト ピンクベージュ ピンクベージュ
F ホワイト ブラウン ブラウン
G ホワイト ブラック ブルー、ブラウン

調査した7サイト中で最も多いベースの色は「ホワイト」です。ロゴ・メインカラーとして「ブラック」、「ブラウン」などのシックなカラーが多く使われています。落ち着いたカラーを使うことで、本来見て欲しい部分(ウエディングドレス・衣装の写真)を際立たせる演出ができるためです。

また、アクセントカラーはサイトによって様々ですが、シンプルなメインカラーが多いことから「レッド」「ピンク」「オレンジ」などの強いカラーが多い傾向です。全体的にシンプルなカラーだからこそ、はっきりしたカラーをアクセントとして使うことで、ユーザーに見て欲しいポイントが分かりやすくなっています。サイトによってユーザーにイメージさせたいテイストがあるはずなので、それに合ったサイトカラーを選択しましょう。

フォントサイズとフォントファミリー

ウエディングドレス・衣装サイトのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみました。

7サイトのフォント

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 15px Noto Sans JP 游ゴシック ヒラギノ角ゴ ProN W3
B 14px 游ゴシック ヒラギノ角ゴ ProN ヒラギノ角ゴ Pro W3
C 14px Noto-serif 游明朝 ヒラギノ明朝 ProN
D 12px ヒラギノ角ゴ Pro 游ゴシック メイリオ
E 13px 游ゴシック sans-serif
F 13px 游ゴシック ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ
G 14px ヒラギノ角ゴ Pro W3 游ゴシック メイリオ

TOPページ内の本文フォントサイズを調査したところ、平均サイズは13.5pxでした。7サイトの中で、最も小さいサイズで12px、最も大きいサイズで15pxです。全体的には、やや小さめか標準的なフォントサイズを採用していました。

また、フォントファミリーについては「游ゴシック」を採用しているサイトが多い傾向にあります。次点で「ヒラギノ角ゴ」シリーズという順で設定されているのが確認できます。ちなみに「游明朝」は、「時代小説が読めるような明朝体」をテーマにしたフォントファミリーです。伝統的な字形をいかしつつ、現代的なフォントで読みやすさ・わかりやすいフォントとなっています。

これはあくまでもたった7サイトの傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、ウエディングドレス・衣装業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。
ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとウエディングドレスのサイト傾向を知ろう!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

Webサイト内は、様々なコンテンツが組み合わさって作られているページです。サイトの種類や規模によってマストで置いておくべきコンテンツも変わります。ウエディングドレス・和装のサイトの場合、今回調査したサイトで共通していた必須コンテンツは以下の5つです。

  • 「コンセプト」に関するページのコンテンツ
  • 「ウエディングドレスの一覧」に関するページのコンテンツ
  • 「店舗紹介」に関するコンテンツ
  • 「お役立ち情報・コラム」に関するページのコンテンツ
  • 「よくある質問」に関するコンテンツ

「コンセプト」に関するページのコンテンツ

今回調査した7サイトで必ず掲載されていたのが「自社サービスの特徴・実績ページ」です。

●コンセプトのページ例
上記のように、自社の特徴・強み、今までの実績内容などが必ず掲載されています。
これはウエディングドレス・衣装からユーザーに向けた「強み・売り」を伝えるページとなっており、サイト内で欠かせないコンテンツのひとつです。なぜなら、アンケート調査・市場調査などを依頼したいと考えウエディングドレス・衣装を探しているユーザーの中には、一体どこに依頼をしたら良いのかと迷っている人もいます。

そんな、どのウエディングドレス・衣装を選んだらいいのか迷っている人は色々と比較をしていることが多いため、他の会社と比較した際に、思い出してもらえるような「特徴」や「実績」がなければ印象にも残らず選ばれません。また、特徴があったとしてもサイト内でしっかりアピールできていなければ、ユーザーもわからないままで意味がありません。そのため、ユーザーに知ってほしい、「特徴」「強み」「売り」などを伝えるために、「自社サービスの特徴・実績」ページは欠かせないコンテンツとなっているのです。

「ウエディングドレスの一覧」に関するページのコンテンツ

ウエディングドレスのサイトで、欠かせないコンテンツと言えば「商品詳細ページ」です。

ブランドのファンで、新作アイテムが公開されるたびにサイトに来る人でも、初めてサイトに訪れた人でも、ウエディングドレスのサイトにやってきた人の目的は「ドレスを買う(レンタルする)」ためです。そのため、各商品ページにはユーザーの判断材料になるように、なるべく多くの写真を載せてあげましょう。また写真だけではなく、こだわりの部分があれば、テキストで補ってあげると親切です。

また、ウエディングドレスは身に着けるものなので、サイズが合わなければ不格好になってしまいますし、場合によっては着用できず意味がないものになってしまいます。そのため、商品詳細ページには必ず「用意しているサイズ」も一緒に提示してあげましょう。

店舗案内ページのコンテンツ

店舗があるウエディングドレスの場合、インターネット上の販売だけではなく店舗での販売も重要な売上です。そのため、ウエディングドレスのサイトにおいて「店舗情報」は欠かせないコンテンツです。

今回調査をした5サイトにおいても「店舗情報」をまとめたページがあります。その中で「店名」「お店の写真」「営業時間」「営業日」「お店の住所・地図」「連絡先」「アクセス方法」などの基本情報はマストで掲載されています。

特に「お店の写真」は、店舗に初めて訪れる人にとって、その場所に向かう際の目印にもなりますので、住所や地図を掲載する際に、外観の写真も一緒に掲載しておきましょう。また、店舗によって取り扱っているドレスが異なる場合もあると思いますので、基本情報に加えて「取り扱いしている商品やブランド」についても明記してあげるとより親切です。

ユーザーが知りたい情報を充実させて、写真やデザインで店舗の良さを引き出し、わかりやすく伝えることが大切です。こうした基本の考えを元に、自店舗の良さと強みを伝えられるウエディングドレスのサイト制作をしましょう。

ウエディングドレス・衣装の集客やプロモーション方法

ウエディングドレス・衣装をプロモーションする方法としてはインターネットが発達したこともあり、マスメディアやチラシなどの方法以外に、インターネットを使ったプロモーションをして集客をしていることもあります。

ウエディングドレス・衣装で、アナログ的な集客方法以外で良く行われているのが「ソーシャルメディア広告」「リスティング広告」などです。
特に、ソーシャルメディア広告は、近年多くの企業・店舗で活用されています。

ウエディングドレス・衣装の運用SNSを見てみると、以下の通りでした。

●7サイトの運用SNS

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE YouTube Pinterest
A
B
C
D
E
F
G

InstagramとFacebookを運用しているサイトが多く、次いでTwitterとなっています。

ウエディングドレス・衣装で撮影した写真は、華やかで非日常的なシーンとなり、まさに「映える写真」です。特にInstagramとの相性も良いので、日々の投稿にも使いやすいSNSです。ショップ側で撮影した写真を投稿して共有するのも良いのですが、実際に利用をしてくれたユーザーが撮った写真に反応してコミュニケーションを取ることでリピーターやファンの育成にもつながります。

定期的に利用してくれるユーザーが増えたり、自発的に友人や知人に紹介してくれたりするなど、様々な良い効果が期待できますので、SNS運用及びソーシャルメディアのプロモーションを試してみてはいかがでしょうか。

ウエディングドレス・衣装業界の現状と今後について

消費者のニーズの多様化したことにより、結婚式といってもその形式は多種多様です。一般的なホテルでの挙式だけではなく、費用を抑えたスマ婚、家族だけで行う家族婚など、新郎新婦の要望が多様化していて、それに合わせた様々なプランがあります。そしてそれは、プランだけではなく、ウエディングドレスやタキシードなどのブライダル衣装に関しても同じです。

多様な結婚式の形に合わせて、今までウエディングドレスや和装といったスタンダードなものだけではなく、コンセプト・テーマに合わせてカジュアルな衣装を身にまとい挙式を挙げるカップルも増えています。そうしたことから、ウエディングドレス・衣装を販売、レンタルする会社にはより様々なタイプの衣装を用意することが求められているのです。

そして近年は、結婚式の費用を新生活に回したいという考えから、あえて式を挙げない「ナシ婚」が増えてきているのも現状です。現在は少子化ということもあり、婚姻件数が今後、飛躍的に伸びるということは期待できない状況といえるでしょう。

時代の変化と共にサービス内容を変更するように、一度制作したWebサイトも定期的に見直すべきです。
今までのサイトから新たなサイトへリューアルする際には今回紹介したことなどを加味して、ユーザーに選ばれるサイト制作をしましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ