トップページへ戻る

専門学校サイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

専門学校サイトのコンテンツとデザインを解説!

特定の資格取得や技術の習得に役立つ「専門学校」の中でも、デザインを学べる専門学校は数多く存在します。これは、ひと口に「デザイン」と言っても、グラフィックデザインや映像デザイン、絵画など様々なものが該当するためです。求められる技術も相応に異なる分、専門学校も目的に合わせたものが存在するのです。そんな、デザイン専門学校のほとんどは、学校ごとにサイトを設けて入学を検討する方への情報提供とアピールを行っています。

国内の教育機関は大学や高校などに関わらず、ほとんど「学校のサイト」を運営していますが、専門学校においても同じことが言えるのです。実際にデザイン専門学校を運営する担当者の中には、専門学校のサイトに掲載する「コンテンツの選び方」や「サイトのデザイン」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなデザイン専門学校のサイトを開設したい方、またはリニューアルをしたいに向けて、実際のサイトを参考に「サイトのコンテンツとデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

デザイン専門学校サイトのコンテンツを学ぼう



まずは、実際に運営されているデザイン専門学校サイトに、どんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。上記サイトは、都内で開校されている大手のデザイン専門学校です。以下では、これらサイトにも掲載されている共通のコンテンツを詳しく解説します。実際に掲載されているコンテンツを把握することで、「サイトに何を載せればいいのか」が把握しやすくなります。

学科案内

専門学校に限らず、どの教育機関のサイトでも必ず掲載されているのが、学科案内(または学部案内)です。冒頭で記述した通り、デザインはグラフィックから彫刻に至るまで、知識の技術や幅が広い分、専門学校の学科も数が多いという特徴があります。学科案内のページでは、「何を学べるのか」といった基本情報を掲載しつつ、「卒業後に目指せる職業」や「在校中に取得ができる資格」などを載せています。このほか、具体的なカリキュラムや担当講師、授業で使用する機材などの紹介を行い、ユーザーに対して入学後のイメージを把握できるよう配慮をするサイトも少なくありません。

とりわけ「デザイン」の分野は、どの学科であっても作品という形で結果が残るため、サイト内に在校生や卒業生の作品を展示しています。「百聞は一見に如かず」という言葉の通り、実際の作品を見てもらったほうが、ユーザーに対して「自分もこんな作品を作れるのか」というイメージを伝えやすいでしょう。中には、学校入学前の作品と卒業後の作品を両方展示して、「これだけ成長する」という点を内外にアピールするサイトもあります。

学校紹介

学校紹介は、先に挙げた学科紹介よりも広い視点で専門学校の詳細を記述するコンテンツです。具体的には、学校の歴史や教育理念、学校の地図や学校長からの挨拶など、専門学校の全体像を紹介しています。学科紹介と併せて、学校紹介も教育機関に欠かせないコンテンツとなっていますが、先に挙げた学科紹介の方がメインコンテンツとなっているサイトのほうが大半です。ユーザーにとっては、「何をどのように学べるのか」という点のほうが重要となっています。

このほか学校紹介のコンテンツでは、在校生の出身校や姉妹校の有無、年間スケジュールなど、多彩な内容を掲載しています。情報量が多いほど、ユーザーも進学先を決めるうえで比較検討を行いやすくなるため、学科と併せて必要な情報を載せるほうが賢明です。

入学案内

入学案内は、その名の通り学校への出願方法や募集要項、学費などを記しています。とりわけ専門学校は、高校や大学のように一般入学、推薦入学、AO入学など幅広い入学方法を導入するケースが多く、出願資格や出願書類などを細かく掲載しているのです。そのほか、特待生制度や奨学金制度、留学生の受け入れなどを導入している専門学校は、入学案内のコンテンツに制度の利用方法などを記述するサイトも多くなっています。

とりわけ専門学校では、書類選考や面接などを通じて合否が決まるケースが大半です。美術大学などの入学にはデッサン力などをはかる試験を設けているケースが多くなっていますが、専門学校においては入学時の技術試験を設ける学校は少なくなっています。

就職状況

専門学校は「仕事に繋がる知識やスキルを身につけられる」という点が特徴です。そのため、実際に学校の卒業生がどのような仕事に就いているのかを専門学校のサイト内で紹介しています。デザインという特性上、就職状況もデザイン会社を中心に掲載しているケースが多くなっていますが、出版や広告業界、Webデザイン会社などを載せるサイトもあります。

専門学校のサイトの多くは、卒業生の就職状況から就職率を算出して「就職率の高さ」をアピールポイントとして扱うこともしばしばです。中には、第一線で働く卒業生のインタビューをコンテンツとして掲載するサイトもあります。いずれも、入学を検討するユーザー(または保護者)に対して「この専門学校なら大丈夫」という点を強調するコンテンツ内容です。

デビュー・受賞作

イラストや漫画、映像作品などが該当する「デザイン」という分野は、数多くのコンペやコンクールが存在します。在校生(または卒業生)の受賞作品をサイト内に掲載して、専門学校の販促やアピールに用いるケースも少なくありません。授業のカリキュラムや卒業制作などを利用して展覧会を行う学校も多く、中には、専門学校の校舎内にオープンギャラリーを設けて、在校生や卒業生の作品を展示している学校もあるほどです。内外に作品を発表することで、間接的に専門学校の集客に繋げることができます。

オープンキャンパス

高校や大学のサイトと同様、専門学校においてもオープンキャンパスを紹介するコンテンツは欠かせない存在です。サイト内ではオープンキャンパスの具体的な日時や内容、予約フォームなどを設けています。奨学金や学費サポートなどの制度を受け付けている専門学校などは、オープンキャンパスと併せて制度の説明会などを開催するケースもあります。オープンキャンパスの内容如何で「入学するか否か」を決めるユーザーも多く、専門学校だけに限らず、どの教育機関でも注力しているコンテンツです。

デザイン専門学校においては、学校の講師または在校生の方から、デザインの体験授業、著名デザイナーの実演配信、Photoshopやillustratorといったデザインソフトの使い方講座など、ユニークなオープンキャンパスを開催しています。

もっとサイトの傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

今回は、あくまでも5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと専門学校のサイト傾向を知ろう!

デザイン専門学校のサイトはどんなデザインで設計されている?

デザイン専門学校のサイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。冒頭で紹介したデザイン専門学校のサイトでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょうか。

デザイン専門学校のサイトのファーストビュー

どのサイトにおいても、最も目立たせたいコンテンツをファーストビューに掲載するのがセオリーですが、デザイン専門学校のサイトは、学校によってファーストビューが大きく異なります。スライドショー形式で、ファーストビューに複数のコンテンツを掲載するケースもありますが、例えば、学科紹介として実際の授業風景の写真(または動画)を掲載するサイトもあれば、オープンキャンパスの開催状況を載せるサイトもあり、共通性があまりありません。

デザイン専門学校のサイトのカラーリング

専門学校では、特定の色に偏らず、様々な色を使用してサイトを設計しています。そのため、一見するとカラフルな印象を受けがちですが、特集するコンテンツや学科ごとにメインカラーを使い分け、紛らわしくならないように配慮をしています。「デザインを教える」という特性上、色使いにセンスが見受けられないと「学ぶ気が減退してしまう」ため、色彩学やカラーデザインに則った統一感のある配色でサイトを整えているのです。ちなみに、専門学校がカラフルな配色が多いのに対し、美術大学のサイトは白や黒、または単色で統一されたようなシンプルな色使いをするサイトが多くなっています。

デザイン専門学校のサイトの写真

専門学校のサイトは、実際の授業風景や学校内の設備など数多くの写真が使用されています。写真素材の撮影は、プロのカメラマンやフォトスタジオに依頼をするケースが多く、在校生や卒業生に対してモデルの依頼をするケースも少なくありません。写真もカラーリングと同様、学校側のセンスを間接的にユーザーへ伝わってしまう要素なので、プロの手によって品質の高い写真が採用されているのです。

なお、専門学校は写真素材が中心となるため、サイト内にイラストが使用されるケースは少ないという特徴があります。ですが、イラストや漫画などの学科を設けている専門学校などは、卒業生や在校生の作品という形でページ内にイラスト素材を掲載するサイトが多くなっています。

デザイン専門学校のサイトはSNSを運用してる?

専門学校では、オープンキャンパスの案内や作品紹介などの用途に、TwitterやFacebookといったSNSを運用するケースが多くなっています。とりわけ、画像や写真を掲載しやすいインスタグラムなどは、専門学校への入学を希望する若年層との親和性も良く、多くの学校がアカウントを所有するほどです。

また、映像デザインや動画編集のように「動画」に関わる学科を運営する専門学校などは、集客やプロモーションのために、Youtubeを通じて映像作品を公開するケースもしばしばです。動画に関わる学科を運営していなくとも、学校によってはテレビCMやオープンキャンパスの様子などを動画で配信するケースもあります。

ちなみに、昨今は「Pixiv」や「TINAMI」といったグラフィック作品のSNSサイトも多く、専門学校の在校生が「卒業制作」や「授業課題」という形で作品を投稿するケースも珍しくありません。間接な形ですが、これもSNSを利用した専門学校のプロモーションを担っていると言えるでしょう。

デザイン専門学校のサイトはどうやって集客すべき?

「入学希望者を増やす」という点を目的とするならば、ユーザーに対して「学校の魅力を伝えること」が必須となります。入学のメリットや具体的な進路などを提示しつつ「将来のために入学しても大丈夫か」という疑問を払拭してもらうことが欠かせません。ほかの専門学校のサイトと同様に、学校紹介や学科紹介、卒業後の進路に関するコンテンツは必須となるでしょう。とくに、専門学校への入学希望者は、高校生や大学生などの若年層が中心となりますが、子供の進路は「親の意思」にも左右されるため、入学金・授業料の一覧や資料請求のフォームなどを設置した「保護者向けのページ」を設けるのも良い方法です。

また、デザインに対する興味が人一倍強い方でも「自分もこんな作品を作りたい!」と思われる専門学校でなければ、入学したいという意識は芽生えることはないでしょう。そのため、デザイン専門学校のサイトにも「どのような作品を作れるのか」、「どのくらいデザイン力が上達するのか」という実例を展示することをおすすめします。

とはいえ、専門学校はサイトだけで集客を行うのは難しいかもしれません。学校によっては、テレビCMや教育機関への資料(パンフレット)配布などを行い、専門学校の集客やプロモーションを行うケースも少なくありません。サイトまたはSNSなどの運営を行うかたわら、講師の採用や魅力的なカリキュラムの開発なども並行して行う必要があります。

コンテンツのまとめ

今回は、デザイン専門学校のサイトのコンテンツやデザインについて解説をしました。

とりわけ「デザイン」という分野は、巷に教本や動画講座などが数多く出回っている分、独学でも技術が上達しやすいという特徴があります。そのため、デザインという分野に興味を持っていたとしても、「わざわざ学校に通う必要はない」という意識を持っている方も少なくないのです。すべての方に当てはまる話ではありませんが、デザイン専門学校のサイトを作る際は、その認識を覆すほど魅力的な学科やカリキュラムを提示する必要があるでしょう。

しっかり技術を身につけられる、センスのある作品が作れる、将来に役立つという三点が伝われば、集客に繋がりやすくなるのは間違いありません。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ