トップページへ戻る

中古車買取サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

中古車買取サイトのデザイン・コンテンツを解説!

「中古車の買取査定サイトを作りたいけれど、何から始めたら良い?」
「もっと使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」
「売上が伸びるような通販サイトに改善したい」

この記事では、中古車の買取査定のサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
中古車の買取査定を行う会社のオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は「中古車△買取査定」で検索をして上位に表示された5サイトを確認しています。(2020年12月時点)

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

中古車の買取査定サイトのデザイン・UI

メインビジュアル

今回調査した中古車の買取査定サイト(5サイト)を確認したところ、ファーストビューは以下のような、ユーザーがサイトを訪れてすぐに「買取査定ができる機能」が設置されています。

●メインビジュアル例

買取査定サイトの多くは愛車をいくらで売却できるかチェックできる「査定システム」をファーストビューに設定しており、上記の「カーセンサー」や他のサイトでも同じ形式になっています。

中古車の買取査定サイトを利用するユーザーの多くは、「愛車を売ろう」と考えています。そのため、ユーザーがサイトを訪れて、すぐに目的の査定ができるように「簡易的な査定システム」が設置されているのです。

また、「BIGMOTOR」のように「買取査定システム」ではなく、実績やキャンペーンを案内するメインビジュアルを採用しているサイトもあります。この場合もメインビジュアルの直下には、「査定システム」を設置していますが、ユーザーが最初に目にするのはメインビジュアルになります。実績やキャンペーンを案内するメインビジュアルを使用することで、ユーザーに安心感や信頼感を印象付けることができます。

メインビジュアルに持ってくる写真や動画のテイストで、ユーザーの興味関心が変わってきます。
対象としているユーザーにも刺さるようなメインビジュアルを作成しましょう。

サイトカラー

中古車の買取査定サイトのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●5サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A ホワイト オレンジ オレンジ
B ホワイト レッド グリーン
C ホワイト グリーン グリーン、イエロー
D ホワイト ネイビー、イエロー ネイビー、イエロー
E ホワイト レッド レッド、ブルー

ベースカラーは「ホワイト」が設定されていました。ロゴやメインカラーは「レッド系」が多く、他は「オレンジ」、「イエロー」などのはっきりとした色味のサイトカラーとなっています。また、アクセントカラーはメインカラーと同じ色味に設定されており、サイト全体が単色カラーとなっている印象です。

中古車買取査定のサイトでは、動画や画像が多く使われていることもあり、サイト全体のカラーも派手にしてしまうと、まとまりがなく、乱雑な色味のサイトになってしまうため、なるべくシンプルなサイトカラーになっていると考えられます。また、サイト全体のコンセプトなどによって、ユーザーに「どう見せたいか」を考えた上で、あなたのサイトに合うカラーを選ぶようにしてくださいね。

フォントサイズ・フォントファミリー

中古車の買取査定サイトのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみたところ、以下のような結果になりました。

●5サイトのフォント

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 12px Arial ヒラギノ角ゴ ProN メイリオ
B 12px メイリオ ヒラギノ角ゴ Pro ヒラギノ角ゴ Pro W3
C 16px sans-serif
D 14px ヒラギノ角ゴ Pro ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ
E 14px YakuHanJP Noto Sans Japanese sans-serif

中古車の買取査定のサイトで使われているTOPページ内のフォントサイズの平均は13pxでした。
今回調べたサイトの中で最小サイズは12px、最大は16pxで、全体的にやや小さめのフォントサイズに設定しているサイトが多いようです。また、フォントファミリーを調べてみたところ、全体的には「ヒラギノ角ゴ Pro」シリーズの採用が多い傾向にあります。

サイトの空気感に影響を与えるのが「ファントサイズ」と「フォントファミリー」です。

なんの意味もなく選ぶのではなく、サイト全体のバランスを考えた上でフォントを選びましょう。もし、どんなフォントを使ったら良いのか迷ったときは、こちらを参考として活用してください。ただし、ここで紹介しているのは、たった5サイトから得られた調査情報でしかありません。

もっと正確な傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

今回は、あくまでも5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと中古車買取サイトの傾向を知ろう!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

「査定診断」のコンテンツ

中古車の買取査定のサイトに欠かせないものと言えば「査定診断」ですよね。
愛車を売却する際に必ず参考にする項目で、「どれくらいで売れるのか」という部分は、ユーザーが必ず知りたい情報です。

● 査定診断
カーセンサーの査定診断を例にすると、「メーカー」「車種」「年式」「走行距離」などの項目を選んで申込ボタンを押すことで、自動で売却額を算出して確認できるようになっています。この診断で確認できる買取価格は、あくまでも仮の査定金額なので正確ではありませんが、おおよその金額がわかれば、ユーザーも検討する際の役に立ちます。こうした前段階があれば、実際の買取査定に関する申込に対するハードルも下がるので、買取査定を行うサイトにとっては欠かせないコンテンツと言えます。

また、ユーザーが事前にチェックして役立つコンテンツとして「買取ランキング」が挙げられます。どんな車種が中古車買取の中でも人気なのかがわかれば、タイミングを見て売却する際の参考にできるのでユーザーのためにも、コンテンツとして用意しておくことをおすすめします。

「買取・査定の流れ」に関するコンテンツ

ユーザーが確認しておきたお情報として「買取や査定をしてもらう際の流れ」について知りたいものです。

● 買取・査定の流れの例

基本的に、どのサイトでも受付から当日の流れまでは、そこまで大きくズレることはないのですが、査定に関する流れが記載されていない場合、疑問を持ったユーザーは不安になって、申込をやめてしまう人も出てくるかもしれません。
そうならないためにも、「買取・査定の流れ」をまとめたコンテンツを用意しておけば、気になるユーザーは内容を確認して安心して利用できるでしょう。上記のように、詳細に流れを伝えたい場合は、注意点などを交えながらステップごとに分けて当日までの流れを紹介してあげましょう。

「利用者の声」に関するコンテンツ

ユーザーが確認しておきたお情報として「買取や査定をしてもらう際の流れ」について知りたいものです。

● 利用者の声の例

今まで乗ってきた愛車を売却するとなると、なかなか勇気がいるものです。特に思い入れがある場合、ただ売却すれば良いというわけではなく、「なるべく高く売りたい」「ちゃんとした買取業者に引き取ってほしい」など思うユーザーも少なくありません。
そんなユーザーの想い・不安を払拭してくれるのが、「利用者の声」や「体験談」などです。このコンテンツは、どの買取業者にも必ず用意されているコンテンツで、ユーザーに見てもらい納得してもらうためには欠かせません。

買取査定のサイトによって見せ方は変わりますが、内容としては利用したユーザーの「感想」「売却した車種」「年齢」などが記載されているとより参考になるでしょう。

「中古車の買取・査定に関するコラム」のコンテンツ

中古車の買取査定サイトの中には、コンテンツとして「中古車を売る時、査定する時のお役立ちコラム」を定期的に発信しているところもあります。

● 中古車の買取・査定に関するコラム

実際の契約には直接的に影響するものではありませんが、コラムを記載することで得られるメリットがあるのです。
それが、サイトへのアクセス数を増やすこと、サイトを使う頻度を上げファンを増やすことにつながります。中古車の買取査定サイトに訪れる人は、様々な人がいます。特に「今すぐ愛車を売却したい!」と考えている人もおり、そうした人には、すぐに売却できる方法などを紹介する良いでしょう。また、初めて愛車を売却しようと考えている人には、何から手を付けたら良いのかわからない人もいます。

親切丁寧な内容で、車の買取査定に関わるあらゆる情報を発信していければ、それを読んだユーザーにとっての価値が高くなります。困っている、悩んでいる人は多くいますので、そうした人達を助けるコンテンツ(コラムに限らず、動画、専門雑誌など)があれば、様々なことに役立つでしょう。ぜひ、今のサイトのアクセス数や利用者数の少なさに対してお悩みのWeb担当者は、コラムの導入をしてみてはいかがでしょうか。

中古車の買取査定サイトの集客やプロモーション方法

中古車の買取査定サイトをプロモーションする方法として、大手買取業者の場合、マスメディアを利用したプロモーション方法を活用しています。しかし、中小企業の買取査定サイトの場合は、マスメディアを使った広告を行うよりも、インターネットを活用したプロモーションをしていることが多くなってきています。

特に、代表的なものとして「リスティング広告」「ソーシャルメディア広告」「YouTube広告」などがあります。
これらの中で、中古車の買取査定サイトと相性が良く、集客が期待できるのが「ソーシャルメディア広告」です。

中古車の買取査定サイトの運用SNSを見てみると以下の通りでした。

中古車の買取査定サイトのSNS運用状況

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE YouTube
A
B
C
D
E

ソーシャルメディア広告やYouTube広告を行うには、SNSアカウントの登録が必要です。
5サイトの中で、どれだけSNSが運用されているのかを調べてみたところ、上記のような結果になりました。最も多かったのは「Twitter」と「Facebook」です。次いで、「YouTube」のチャンネルを持っている買取査定業者も多いです。

中古車の買取査定業界の現状と今後について

2019年に実施された消費増税の影響で、駆け込み需要が発生。さらに、毎年、晩夏から秋にかけての台風がもたらした水害によって代替需要も発生し、中古車小売販売市場は活性化していました。大手中古車販売事業者がユーザーからの中古車買取に本腰を入れています。同事業者は小売販売のノウハウや流通ルートを確立しながら高めてきた資本力とブランド力を武器に、中古車買取専業に比べて高値での中古車買取を可能にしているのです。

一方、従来の中古車買取ビジネスは、仕入れた車両をすぐにオートオークションで売却するフロー型ビジネスであることから、根本的に小売販売よりも一台当たりの収益は小さい傾向にあります。そのため、ユーザーからの直接買取においては、中古車買取専業事業者が中古車販売大手事業者よりも高値を提示することが難しく、ユーザー獲得競争においては大手の中古車販売事業者が優位なポジションに立ちつつある状況なのです。

ネットからの買取査定の需要が増えれば、売上が上がるチャンスとなります。
今のうちにユーザーがいつでも使いやすく、探しやすい中古車の買取査定のサイトを制作したり、オープンさせたりして準備をしておきましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々165円~

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。
 
 

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ