トップページへ戻る

合宿免許サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

合宿免許サイトのデザイン・コンテンツを解説!

「合宿免許サイトを作りたいけれど、何から始めたら良い?」
「もっと使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」
「予約が伸びるようなサイトに改善したい」

この記事では、合宿免許のサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
合宿免許のポータルサイトを運営するオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ申し込みたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は「合宿免許」で検索をして上位に表示された6サイトを確認しています。※2021年1月時点

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

合宿免許サイトのデザイン・UI

メインビジュアル

今回検索した合宿免許のサイト(6サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)は以下のようなメインビジュアが設定されていました。

●メインビジュアル例

例えば、「合宿免許WAO!!」では、合宿免許サイトのイメージキャラクターを務める有名人が登場するメインビジュアルとなっています。下有名人・芸能人などを起用することで安心感・信頼感などをユーザーに与えることができるのです。一方、「合宿免許ナビ」の場合は、「春休みの受付キャンペーン」を伝えるメインビジュアルを最初に設置しています。様々あるプランの中でも、安いプランを最初のメインビジュアルに設置することで、人によっては思わず「お!」と目をひき興味を持ってクリックしてくれるかもしれません。

ちなみに、どの合宿免許のサイトも2枚目以降に「キャンペーン案内」に関する画像がスライド表示される仕様となっており、メインビジュアルに大きな差はありませんでした。

サイトカラー

合宿免許サイトのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●6サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A ピンク ホワイト、ピンク イエロー
B ホワイト グレー、オレンジ オレンジ、イエロー
C ホワイト 5色 オレンジ、ブルー
D ホワイト ブルー オレンジ、グリーン
E ホワイト ブラック オレンジ、ブラウン
F ホワイト ブルー ピンク、ブルー、イエロー

調べた6サイトの中5サイトがホワイトをベースカラーに設定していました。1サイトは、特徴的なピンクに設定しています。

ロゴカラーやメインカラーは、企業のロゴカラーが使われており、共通した色合いはあまりなくバラバラでした。多いサイトで5色のロゴ・メインカラーに設定してあり、ややカラフル過ぎる印象を受けました。アクセントカラーは、やや目をひくオレンジやイエロー、ピンクといった、ややビビットなカラーを使用している率が多いことがわかります。これはメインカラーが全体的に落ち着いていることが理由と考えられます。

メインビジュアルでも触れていますが、「合宿免許WAO!!」のページは、独特のピンクが印象的なサイトです。とてもインパクトがあるカラーリングで好き嫌いが別れる可能性もある冒険的な色味です。他の合宿免許サイトでは、なかなか使われていない色なのでブランディングとしては最適でしょう。

フォントサイズ・フォントファミリー

今回調べた6サイトの中で、合宿免許サイトのフォントサイズ・フォントファミリーは以下の結果になりました。

●6サイトのフォント

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 12px ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ Osaka
B 16px Lucida Grande ヒラギノ角ゴ Pro Osaka
C 16px メイリオ Arial MS Pゴシック
D 14px ヒラギノ角ゴ Pro W3 ヒラギノ角ゴ ProN W3 メイリオ
E 16px ヒラギノ角ゴ Pro W3 Verdana 游ゴシック
F 16px Noto Sans Japanese sans-serif

合宿免許サイトで使われていたTOPページ内のフォントサイズ平均は14pxでした。
調べたサイトの中で最小サイズは12px、最大は16pxです。どのサイトも大きな違いはなく、やや小さめか、標準的なフォントサイズに設定しているサイトが多いようです。また、フォントファミリーを調べてみたところ「ヒラギノ角ゴ ProN W3」が採用されている傾向にあります。次点で「メイリオ」や「Osaka」となっており、基本的にどの業界でも使われる定番のフォントファミリーが設定されているのがわかりました。

今回は、あくまでも6サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと合宿免許のサイト傾向を知ろう!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

各教習所の詳細ページのコンテンツ

合宿免許のサイトに最も欠かせないコンテンツが「教習所の詳細」ページです。

●教習所の詳細ページ例
「合宿免許に参加してみたいけど、どんな授業が受けられる?」と不安に思っているユーザーも少なくありません。

合宿免許のサイトにとって、取り扱っている教習所は他と同じものです。そのため、教習所そのもので差別化を図るのは、なかなか難しくなっています。合宿免許のサイトによって、様々な組み合わせや内容にしたり、料金を変えたりするなどによって、他の合宿免許サイトとの差別化を図っています。

上記の例では、基本情報などをしっかり明記した上で、「セール情報」や「お得な情報」を記載しています。実際の写真や口コミ情報なども載せることで、ユーザーの理解度も増すでしょう。

よくある質問ページのコンテンツ

合宿免許に参加する際に、疑問や質問を抱えるユーザーは多いです。例えば、「料金体系はどうなのか?」「キャンセルはできるのか?」「延長料金はかかるのか?」「予約方法はどうしたら良いのか?」など、挙げればキリがないほどです。

ご利用方法や料金プランなどで紹介をしていても、情報をくまなく見ている人ばかりではないため、知りたいことを的確に素早く解決するためにも、よくある質問ページを作り、そこを読めば解決できる状態にしておきましょう。そうすれば、ユーザーの疑問が解決されるのはもちろん、ショップ側の問い合わせ対応も減ることになり、Win-Winの関係となり得ます。

合宿免許サイトの集客やプロモーション方法

合宿免許をプロモーションする方法として、マスメディアを利用したプロモーション方法を活用しています。また、合宿免許サイトの規模によっては、メディアを使った広告というよりも、インターネットを使ってプロモーションをしていることが多くなってきています。

マスメディア以外の集客方法として、代表的なものとして「リスティング広告」「ソーシャルメディア広告」「YouTube広告」などがあります。
これらの中で、合宿免許と相性が良く、効果が期待できるのが「ソーシャルメディア広告」「YouTube広告」です。

ソーシャルメディア広告やYouTube広告の強みは、届けたいユーザーに詳細にターゲティングして広告を見せられる点です。
様々なデータを基に、年齢や性別などを限定してターゲティングできるようになっているので、近年活用している企業も多くなっています。

合宿免許サイトのSNS運用状況

ソーシャルメディア広告やYouTube広告を行うには、SNSアカウントの登録が必要です。
6サイトの中で、どれだけSNSが運用されているのかを調べてみたところ、上記のような結果になりました。最も多かったのは「Twitter」と「Facebook」です。合宿免許に関する案内、キャンペーン案内などが定期的に投稿されているものとなっています。

また、YouTubeの公式チャンネルを持っている合宿免許が4つありました。
内容としては、テレビCMや音楽レッスンの様子を伝える内容と幅広いものとなっています。体験レッスンに行くほどではないけど、興味があるという人に向けて、一部の楽器については、楽器の使い方、音の出し方などの講座も紹介しているので、そこから興味を持ってレッスンを受けてみようと思う人もいるのかもしれません。

合宿免許とソーシャルメディアは相性も良いので、集客方法のひとつとして活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

合宿免許業界は、新型コロナウイルスの影響により、大きな打撃を受けています。
一時的に、政府による対策も取られましたが、それも長続きせずに終わり、苦しい状況に追い込まれているのはかわりません。
とはいえ、免許の取得は一定需要があるものなので、新しいサービスを取り入れたり、感染症予防を行ったりしながら続けて行くでしょう。

今後はオンラインも上手く活用しながら進めて行くことになるかもしれません。そのためにも、今から対応できるサイトをしっかり作成したり、リニューアルしたりしましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々165円~

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ