トップページへ戻る

スポーツ用品サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

スポーツ用品サイトのデザイン・コンテンツを解説!

「競合に負けない魅力的なホームページを作りたい!」
「親しみやすくユーザーに選ばれるホームページに変えたい!」
「サイトをリニューアルして集客できるように改善したい!」

新しい事業としてサービスを展開する人、サイトをリニューアルしようと考えている人などで、上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、スポーツ用品のサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
スポーツ用品のオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「ここに依頼したい」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

スポーツ用品のサイトデザイン・UI

メインビジュアル

スポーツ用品(5サイト)を中心にサイトを確認し、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には以下のようなメインビジュアルが設定されていました。※2021年1月時点

●メインビジュアル例

メインビジュアルに設定されている画像は、上記の「asics」や「MIZUNO」ように「キャンペーン」が多い傾向にあり、思わず購入をしたくなるような画像が使われています。またオリンピックなどをイメージさせる写真や動画がスライドショー形式になっている傾向です。
キャンペーンだけではなく「新作アイテムの紹介」や「コラボアイテムの紹介」など、その時に合わせたメインビジュアルが用意されているパターンもありました。

サイトカラー

スポーツ用品のサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

5サイトのサイトカラー

調査した5サイト中で最も多いベースの色は「ホワイト」でした。メインカラーには「ブラック」や「ネイビー」が多く使われています。ネイビーといったブルー系は、「知的」「クール」「信頼感」などの印象があります。ネイビーを使うことで「このサイトは信頼感がある」ことを伝える演出が、できるためロゴやメインカラーによく使われるのです。

また、アクセントカラーはサイトによって様々ですが、メインカラーと同系色を使っている傾向にあります。スポーツ用品のカラフルな写真をサイト内で表示することが多いため、全体的に大人しい印象のカラーにしている会社が多いようです。実際、スポーツ用品に使われる色の中には、かなりビビットなパープルやレッドなどがあります。サイト全体も明るい色にし過ぎると、ごちゃごちゃした印象になり、見難くなるため配色のバランスを整えるのはとても大切です。

サイトによってユーザーにイメージさせたいテイストがあるはずなので、それに合ったサイトカラーを選択してくださいね。

フォントサイズとフォントファミリー

スポーツ用品サイトのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみました。

5サイトのフォント

TOPページ内の本文フォントサイズを調査したところ、平均サイズは145pxでした。5サイトの中で、最も小さいサイズで14px、最も大きいサイズで16pxです。全体的には、そこまで大きな違いもなく、標準的なフォントサイズを採用しているのがわかります。

また、フォントファミリーについては独自書体を採用しているサイトが多い傾向にあります。次点で「ヒラギノ角ゴ Pro W3」や「sans-serif」が多いです。また、「Roboto」や「Verdana」も一部サイトで設定されているのが確認できます。ちなみに今回調べた中でも特に珍しいフォントファミリーが「Droid Sans」が挙げられます。「Droid Sans」は、Androidでの利用のために作られたフォントファミリーです。
低解像度の小さな画面でも見やすいのが特徴となっており、様々な業界でも使われ始めています。世界的に見ると、Androidスマホを利用している人の方が多いため、今後主流となっていくかもしれないフォントファミリーのひとつです。どれを使うか迷う人も少なくありません。同じ種類によってウェイトやサイズの違いがありますので、色々試しながら自社サイトのテイストに合うものを選びましょう。

これはあくまでもたった5サイトの傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?

…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、スポーツ用品業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった330円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとスポーツ用品のサイト傾向を知ろう!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

商品詳細ページのコンテンツ

スポーツ用品のサイトで、欠かせないコンテンツと言えば「商品詳細ページ」です。

ブランドのファンで、新作アイテムが公開されるたびにサイトに来る人でも、初めてサイトに訪れた人でも、スポーツ用品のサイトにやってきた人の目的は「スポーツウェアを買う(見る)」ためです。そのため、各商品ページにはユーザーの判断材料になるように、なるべく多くの写真を載せてあげましょう。また写真だけではなく、こだわりの部分があれば、テキストで補ってあげると親切です。

また、スポーツウェアは身に着けるものなので、サイズが合わなければ不格好になってしまいますし、場合によっては着用できず意味がないものになってしまいます。店頭購入の人ばかりであれば、サイト内にサイズが記載していなくても問題ないかもしれません。しかし、インターネットでしか購入できないユーザーもいますので、商品詳細ページには必ず「サイズ」も一緒に提示してあげましょう。

店舗案内ページのコンテンツ

店舗があるスポーツ用品ショップの場合、インターネット上の販売だけではなく店舗での販売も重要な売上です。そのため、スポーツ用品ショップのサイトにおいて「店舗情報」は欠かせないコンテンツです。

今回調査をした10サイトにおいても「店舗情報」をまとめたページがあります。その中で「店名」「お店の写真」「営業時間」「営業日」「お店の住所・地図」「連絡先」「アクセス方法」などの基本情報はマストで掲載されています。

特に「お店の写真」は、店舗に初めて訪れる人にとって、その場所に向かう際の目印にもなりますので、住所や地図を掲載する際に、外観の写真も一緒に掲載しておきましょう。また、店舗によって取り扱っているスポーツ用品が異なる場合もあると思いますので、基本情報に加えて「取り扱いしている商品やブランド」についても明記してあげるとより親切です。

ユーザーが知りたい情報を充実させて、写真やデザインで店舗の良さを引き出し、わかりやすく伝えることが大切です。こうした基本の考えを元に、自店舗の良さと強みを伝えられるスポーツ用品ショップのサイト制作をしましょう。

よくある質問ページのコンテンツ

スポーツ用品の購入時に不安を抱えるユーザーは少なくありません。
例えば、「サイズはこれで本当に合っているのか?」「イメージしている商品と異なった場合、返品できるのか?」「直接質問したいけどどこにお問い合わせをしたら良いのか?」など、様々な不安や疑問が挙げられます。

どんなに商品ページや各種情報ページを作って紹介していても、必ずそのページを見る人ばかりではありません。そのため、ユーザーから良くお問い合わせがくる内容があれば、事前にまとめた「よくある質問ページ」を作っておくとよいでしょう。よくある質問ページを作り、そこを読めば解決できる状態にしておければ、ユーザーの疑問が解決されるのはもちろん、ショップ側の問い合わせ対応も減ることになります。

スポーツ用品の集客やプロモーション方法

スポーツ用品をプロモーションする方法としては、スポーツ用品店などと連携して宣伝をする方法が挙げられます。
また、近年はインターネットが発達したこともあり、マスメディアやチラシなどの方法以外に、インターネットを使ったプロモーションをしている企業が多いです。

スポーツ用品で、アナログ的な集客方法以外で良く行われているのが「ソーシャルメディア広告」「リスティング広告」などです。
特に、ソーシャルメディア広告は、スポーツ用品との相性も良いことから、多くの企業で活用されています。
また、スポーツ用品の運用SNSを見てみると、以下の通りでした。

●5サイトの運用SNS

TwitterとFacebookを運用しているサイトが多く、LINEアカウントと連携しているサイトも多いです。また、ショップ側で撮影した写真を投稿して共有するのも良いのですが、実際にレンタルしてくれたユーザーが撮った写真に反応してコミュニケーションを取ることでリピーターやファンの育成にもつながります。定期的に利用してくれるユーザーが増えたり、自発的に友人や知人に紹介してくれたりするなど、様々な良い効果が期待できますので、SNS運用及びソーシャルメディアのプロモーションを試してみてはいかがでしょうか。

スポーツ用品サイトについて~まとめ~

国内スポーツ用品市場規模は東京オリンピック・パラリンピック開催にともなう需要によって市場が伸びています。
しかし、一方でコロナウイルスによってイベントの機会が減っていること、少子化による問題のためスクール用のウェアは縮小傾向にあります。スポーツがなくならない限り、スポーツ用品の需要がなくなることはありませんが、生き残って行くには難しい立場となることが予想されます。

今後も、Webサイトの活用が必要になってきますので、サイトをオープン、リューアルする際には今回紹介したことなどを加味して、ユーザーに選ばれるサイト制作をしましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ