トップページへ戻る

シェアハウスサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

シェアハウスサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「シェアハウスのポータルサイトを作りたいけれど、何から始めたら良い?」
「今あるホームページをもっと最新のデザインにしたい!」
「契約数が増えるようなサイトに改善したい!」

新規事業としてシェアハウスのポータルサイトを運用しようと考えている人
既に運用している人などで、こんな悩みを抱えている人はいませんか?

この記事では、シェアハウスのポータルサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
ポータルサイトの運営オーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ住みたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は「シェアハウス」で検索をして上位に表示された5サイトを確認しています。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

シェアハウスサイトのデザイン・UI

ファーストビュー

検索上位に表示しているシェアハウスサイト(5サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)は、以下のようなタイプが多いです。

メインビジュアル例

シェアハウスポータルサイトのファーストビューには、メインビジュアルとなる部分に「おすすめの物件」が紹介されていたり、シェアハウスの様子がわかる動画が設定されていたりします。

例えば、「SHARE PARK」では、オススメのシェアハウスが5~6件程用意され、スライドショー形式で表示されています。シェアハウスを探しているユーザーが最初に見る場所でもあり、魅力的な物件があれば自ずと注目するはずです。
また、「Share Clip」であれば、おすすめの物件を紹介するだけではなく、実際にあるシェアハウスの様子を伝えるために動画も活用されています。写真やテキストだけでは伝わりにくい内容も、動画であればより伝わりやすくなるのでおすすめです。

他には、メインビジュアル部分に「現在の物件数と部屋数」を紹介しているサイトもありました。シェアハウスのポータルサイトにおいて、保有または掲載している物件数は、ユーザーにとっても知っておきたい情報のひとつ。なぜなら、多くの物件が取り扱われていれば、1サイトだけを見れば一度に比較検討ができるので、わざわざ他のサイトを見なくて済むからです。そのため、物件数を多く掲載しているサイトであれば、ファーストビューで紹介してあげることで「サイトを利用する有無」を決める判断基準のひとつになります。

サイトカラー

シェアハウスサイトのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

5サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A ホワイト グレー、ブルー ブラック
B ホワイト イエロー、ブラック グリーン、ベージュ
C ホワイト ブラック ベージュ、グレー
D ホワイト、柄有 グレー、ブルー イエロー、ブルー
E グレー ブラウン ブラック、オレンジ

シェアハウスサイトのベースカラーは「ホワイト」が多く、「柄付き」や「グレー」なども一部あります。
ロゴ・メインカラーでは「グレー」や「ブルー」などが、やや多い傾向です。アクセントカラーには、やや落ち着いた色合い「グリーン」「ベージュ」「グレー」などが採用されており、基本的にシンプルなサイトカラーになっています。サイトカラーがシンプルな理由としては、TOPページに物件を紹介するために各シェアハウスの写真が多く使われていることが挙げられます。

掲載されている写真が多くなるほどTOPページは色鮮やかになるため、メインカラーやアクセントカラーも派手な色にしたり、多くの色を設定したりしてしまうと、うるさい印象になってしまいます。色が多すぎると注目すべき部分がわからなくなってしまうので、シンプルにできる部分はシンプルにするのが良いでしょう。

これから制作するものについて、ユーザーにどんなイメージを与えたいかによって、選択するべきカラーも変わりますので、サイトのコンセプトやサービスのイメージに合わせてサイトカラーを選びましょう。

フォントサイズ・フォントファミリー

シェアハウスサイトのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみたところ、以下のような結果になりました。

5サイトのフォントサイズ・フォントファミリー

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 12px メイリオ Lucida Grande Verdana
B 14px Hiragino Sans sans-serif
C 12px ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ MS Pゴシック
D 14px Helvetica Neue Hiragino Sans ヒラギノ角ゴ ProN
E 16px Roboto 游ゴシック ヒラギノ角ゴ Pro W3

シェアハウスのポータルサイトのフォントサイズを調べたところ、平均フォントサイズは、14pxでした。調査した中で最小サイズは12px、最大サイズが16pxで、そこまで大きな差はなく標準的なフォントサイズとなっています。あまり小さなフォントサイズにするとユーザーから読みにくい・わかりにくいサイトと思われてしまいかねませんので、標準的なフォントサイズが一番良いのかもしれません。

ちなみに、フォントフォミリーについても調べたところ、特に共通しているフォントはなく、バラバラでした。傾向としては「メイリオ」や「ヒラギノ角ゴ」シリーズがやや多い印象です。今回調べたサイトの中で、特徴的なフォントファミリーを設定していた1サイトで「Verdana」を採用しているところがありました。「Verdana」は、Microsoftが開発したサンセリフ体のフォントです。視認性の良さ、安定感などを備えている定番のフォントなのでおすすめです。

今回は、あくまでも5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックで取得できたら良いですよね?

…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、シェアハウス業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとシェアハウスのサイト傾向を知ろう!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

「物件」に関わるコンテンツ

シェアハウスサイトに欠かせないコンテンツと言えば、「物件ページ」ですよね。シェアハウスを探しているユーザーにとって、物件情報は必ず参考にする項目で「どんなシェアハウスか?」「部屋の広さは?」「家賃はいくら?」など、基本的な情報を知りたいものです。

物件ページの例

上記のように、物件ページで欠かせない要素は「写真」です。外観、内観はもちろん、部屋の写真、共用施設(キッチン、風呂、トイレなど)、周辺環境など20枚以上の写真が必要となります。最近は、写真といっても360°で撮れるものや動画などを用いてユーザーに物件の様子を伝えるサイトも少なくありません。

物件がどんなものなのか、を伝える以外に、どの場所にあるのかを示すには、最寄り駅からの距離を伝えたり、地図を掲載したりしましょう。特に、駅チカ物件はシェアハウスに限らず賃貸・分譲にしろ人気です。ユーザーへのアピールポイントにもなることは、積極的に明記しましょう。

ユーザーが物件を気に入った後に必ず調べることとして「家賃」などのお金に関することです。「住みたい!」と思っても、家賃によっては「やっぱりやめよう」とあきらめる人もいます。ユーザーの最終判断のためにも「1ヶ月の家賃」「敷金・礼金」「光熱費」「その他の費用」などを明記してください。

シェアハウスのポータルサイトにおいて、物件ページにおける基本は上記の通りです。この基本情報に、各会社はオリジナル要素として「スタッフからのおすすめポイント」や「キャンペーン情報」「入居条件」なども紹介しています。基本情報を網羅しつつ、他のサイトにはない独自の切り口から物件を紹介できると差別化が図れますね。

特定物件を紹介する「特集ページ」に関するコンテンツ

シェアハウスのポータルサイトでは、ユーザーが探したい条件をある程度まとめてピックアップしておく「特集ページ」が用意されていることが多いです。

特集ページの例

シェアハウスを探しているユーザーの中には、目的を持って探している人もいます。その目的というのが「外国人が多いシェアハウスに住みたい」とか「猫と一緒にくらせるシェアハウスが良い」とか「女性だけのシェアハウスに住みたい」などです。
シェアハウスと一口に言っても、ただ一緒に住んで家賃を安くできればいいという時代は終わり、それぞれ「コンセプト」や「テーマ」を設けてあるシェアハウスが多くあります。

シェアハウスはひとつの家の中で、知らない他人と暮らすことになる物件です。人によっては、「異性と一緒で大丈夫かな?」と本人も家族も心配になってしまう場合もあります。人との信頼関係で成り立ってはいるものの、不安があってはシェアハウスを選ぶことができません。最初のハードルを下げるためにも「女性限定で住めるシェアハウス」「外国人が多いシェアハウス」など、一定条件がある物件でしか住めないシェアハウスがあることをユーザーにアピールして、安心してもらえるようにしていることが多いのです。

シェアハウスの醍醐味は、色々な人とコミュニケーションがとりやすい環境で暮らせること、良い立地だけど家賃が安いことなどが挙げられます。そうした部分についてもアピールしましょう。

「お役立ち情報」に関するコンテンツ

シェアハウスに関するコラムとして「お役立ち情報」を発信しているサイトが多いです。
物件を探しているユーザーの中には「シェアハウスに興味はあるけど、住んだことがないから分からないことだらけで不安」という人も少なくありませんし、「そもそもシェアハウスってどういう物件?」と疑問に思っている人もいます。そうした不安や疑問を解決するためにも「シェアハウスとは何なのか」を紐解くコラムから、「シェアハウスの選び方」や「シェアハウスに住むときのマナー」などシェアハウスに関する様々な情報をユーザーに発信して、理解してもらい、納得して選んでもらえるようにしているのです。

また、お役立ち情報のようなコラムを発信することで、サイトに訪れた人だけではなく、GoogleやYahoo!などの検索で「シェアハウスについて調べていた人」にも情報発信ができます。こうしたコラムは潜在顧客を発掘するひとつの方法(コンテンツマーケティング)としても役立てられるため、各シェアハウスで取り組まれていることが多いのです。

シェアハウスのポータルサイトの集客やプロモーション方法

シェアハウスのポータルサイトに対して集客を行う場合、主にインターネットが活用されています。代表的なものとして「リスティング広告」や「ソーシャルメディア広告」が挙げら、どちらもスタンダードな集客・プロモーション方法です。

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示される広告のことです。ユーザーが検索したキーワードに対して連動して表示される仕組みとなっており、費用は数百円から数万、数十万とかけ方次第でかわるものとなっています。デジタル広告の中でも、特に即効性があるものと知られており、自分のサイトを認知してもらえるきっかけにもなるので、利用しているシェアハウスのポータルが多いのです。

リスティング広告以外では、「ソーシャルメディア」を使った方法があります。
実際に、どれだけのシェアハウスがソーシャルメディアを活用しているのかを知るために、SNSの運用状況を調べてみました。

シェアハウスのポータルサイトにおけるSNS運用状況

TwitterやFacebookなどの基本的なSNSは、ほとんどのシェアハウスのポータルサイトで活用されていました。特にTwitterは、様々な人が利用するSNSで、日本人のみならず世界中の人も使っています。シェアハウスの特性上、外国人向けの物件も多くあり、Webサイトだけでアピールするよりも、拡散しやすいSNSを活用したほうが、利用者が集まりやすくなっています。

さらに、SNS広告であれば、ターゲティングを細かく設定できるのでピンポイントに情報を発信できます。例えば、女性向けのシェアハウスを紹介したければ、ターゲティングの際に女性を選んで投稿すればいいですし、年齢や好きなもの(趣味)なども設定して、よりコアな人に届けるようにすることも可能です。SNS広告はアカウントがなければできないので、こうした集客・プロモーション方法を行う場合に備えて準備しておくと良いでしょう。

シェアハウス業界の現状と今後について

シェアハウスは年々増えており、2018年時点では東京都内だけで2,800件あったものが、2019年には4,800件まで増えています。(※シェアハウス市場調査2019年)
シェアハウス自体は数年前に一度ブームになり、様々なことが起きて一度下火になりましたが、一定数の利用者がいるためニーズは安定していると言えます。シェアハウスを運用する側(オーナー)も、一辺倒なシェアハウスを作るだけではなく、バラエティー豊かな物件を用意しています。

最初のころは、小規模なシェアハウスも多かったのですが、近年は大型マンションのようなつくりの大規模シェアハウスも増えており、町全体をつくるような物件も少なくありません。多様なニーズにこたえるために、シェアハウスも進化しています。

新型コロナウイルスによって、テレワーク・リモートワークなどが一般的になりつつあるため、今後はそれらに対応できるようなシェアハウスが増えていくかもしれません。また、働き方が変われば、都内のシェアハウスだけでなく、地方のシェアハウスも活性化する可能性もあります。シェアハウスのポータルサイトにおいても、都心中心だけではなく、地方エリアのシェアハウス物件を用意しておく必要があるかもしれませんね。

今後日本は、少子高齢化によって多民族を受け入れながら暮らしていくことになるはずです。
シェアハウスは、多国籍な人と知り合える場でもあり、そうした人たちを受け入れる最初の場所にもなり得ます。

一方でシェアハウスのポータルサイトは、新規参入しやすいこともあり競合が多くいます。
他のサイトと差別化を図るには、取り扱う物件もさることながら、Webサイトの使いやすさ・わかりやすさがユーザーに選ばれるための条件として大切なポイントになってくるでしょう。

需要が増えれば、売上が上がるチャンスとなります。
今のうちにユーザーがいつでも使いやすく、探しやすいシェアハウスのサイトを制作したり、オープンさせたりして準備をしておきましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。
 
 
 

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ