トップページへ戻る

酒造サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

酒造サイトのデザイン・コンテンツを解説!

日本酒の製造と販売を手掛ける「酒造」の中には、数百年間近く営業を続けている歴史のある酒造も少なくありません。

そんな老舗の酒造は、インターネット社会に対応すべくWebサイトの作成や運営を行っています。名の知れた日本酒の製造を手掛ける酒造などは、販売網をインターネット上に広げ、海外展開を試みるケースもあるほどです。実際に酒造を経営している方の中には、「サイトを開設して酒造のPRに繋げたい」、「日本酒の良さを世界に広めたい」と願う方も多いことでしょう。

今回は、酒造のサイト開設を検討する経営者や担当者の方に向けて、実際のサイトを参考に「酒造のサイトのコンテンツやデザイン」についてィわそぃ解説します。サイト制作の際には、ぜひ当ページをご参照くださいませ。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

酒造・日本酒のサイトコンテンツを学ぼう

まずは、実在の酒造しているサイトにどんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。



上記は、米どころとしてお馴染みの新潟県の中でも、老舗の酒造が運営するサイトです。以下では、これらサイトにも掲載されている共通のコンテンツを詳しく解説します。

商品情報

酒造のサイトの中でも、メインコンテンツとも言えるのが商品情報です。その名の通り、酒造で作られたお酒を紹介するコンテンツですが、値段やアルコール度数など情報に加えて「味わい」についても記されています。とはいえ、味わいの表現は抽象的になりやすいため、酒造ごとに多彩な表現が使われているのが特徴です。「辛口」や「甘口」といった分かりやすいストレートな表現から、「エレガントな風味」や「モダンな味わい」といった詩的な表現に至るまで、その種類は多岐にわたります。

また、酒造によっては商品情報と併せて「おすすめの飲み方」や「相性の良い料理」などを紹介するサイトもあります。「自慢のお酒を賞味してもらいたい」という、酒造の心配りと言えるでしょう。商品情報のコンテンツに直接購入フォームを設けている酒造も多く、サイトを通じてお酒を購入できるようになっています。

オンラインショップ

商品情報とは別に、酒造のサイトではオンラインショップのページを設けてお酒の販売を行っています。先に挙げた購入フォームをクリック(タップ)すると、酒造が運営するオンラインショップに移動する仕組みです。日本酒をはじめとした酒類は「二十歳から」という決まりがあるので、オンラインショップに移動した際に「二十歳以上の方かどうか」を確認するポップアップを表示するサイトもあります。

なお、オンラインショップを扱っていない酒造の場合、「商品を変えるお店」や「飲めるお店」という形で、卸売をしている酒店や飲食店の紹介するサイトもあります。オンラインショップとお店の紹介のどちらも、ユーザーの「酒造のお酒が欲しい(飲みたい)」という目的を叶えるためのコンテンツです。どの酒造のサイトでも、自慢の日本酒を大々的にPRして、ユーザーへの訴求を行っています。

また酒造によっては、日本酒だけではなく「リキュール」や「スパークリングワイン」などの製造販売を手掛けていることもありますが、「メイン商品」として扱われていることは稀です。このほか、日本酒にあう肴などをオンラインショップに陳列するケースもありますが、こちらも「その他」という扱いになっています。

酒蔵見学

酒造の中には、プロモーションの一環で日本酒の製造現場の見学を受け付けています。そのため、酒造のサイトでは見学の予約ができる専用のフォームを設けているのです。予約フォームと併せて、具体的な所要時間や蔵までの地図、見学コースの内容などが掲載されています。このような工場見学のツアーは、小学校や中学校の社会学習においても人気が高く、団体の見学を受け付けている酒造も珍しくありません。このほか、見学ツアーと併せて雑誌やテレビの取材などを受け付けている酒造も多く、こちらも専用の連絡フォームを設けて対応しています。

酒造によっては、酒蔵のそばで「直営店」を経営していることも多く、酒蔵見学に訪れたユーザーのために日本酒を販売しています。サイト内で直営店の営業時間などを掲載している酒造も多く、普段は一般の方のために営業をしていることもしばしばです。

酒蔵の歴史

酒造のサイトには、酒造の歴史を記述したコンテンツが必ず掲載されているのも特徴です。創業からこれまでの沿革、日本酒造りにおけるこだわり、代表者のあいさつなど、酒造の歴史や思いなどが記されています。わかりやすく言えば、一般企業における「会社概要」にあたるコンテンツなのですが、日本酒銘柄のブランドイメージにも直結をする重要なコンテンツと言えます。長い歴史を持つ企業は「創業〇〇年」という言葉が「古くから愛される老舗」というアピールポイントに繋がるため、酒造においても創業の長さをサイト内で強調するケースも珍しくありません。

酒造りの工程

酒造の多くは、サイト内で「日本酒の製造工程」を説明しているのも特徴です。いわゆる企業秘密にあたる詳細な工程こそ公開されていませんが、分かりやすい製造工程をサイトに掲載することで、酒造と商品の信頼性を高める効果が期待できます。

このほか、酒造によっては新商品の試飲会や販売会などを開催することもありますが、サイト内にイベントカレンダーを設置して、開催日や場所などの宣伝を行うケースもあります。以上の点から、どの酒造のサイトでも「取扱い商品の販売促進」や「酒造(企業)のPR」のためにサイト運営をしていることが分かります。

もっとサイトの傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

今回は、あくまでも5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと酒造サイトの傾向を知ろう!

酒造・日本酒のサイトはどんなデザインで設計されている?

コンテンツについて学んだところで、酒造のサイトデザインの解説に移行しましょう。酒造のサイトではどのようなデザインをもって、商品の販売促進や酒造のPRに繋げているのでしょうか。

酒造のサイトのファーストビュー

先に挙げた通り、酒造のサイトは「企業サイト」の側面を持ち合わせているため、ファーストビューに「企業理念」を掲載しているサイトが多くなっています。理念と併せて酒蔵の外観や製造現場、代表する日本酒などの写真を掲載し、ブランドイメージの確立や維持に努めているのです。老舗の酒造の中には「創業当時の酒蔵の写真」をファーストビューに掲載しているサイトもありますが、これは酒造の長い歴史をユーザーにアピールする有効な方法と言えるでしょう。

酒造のPRという用途にちなんで、サイトのファーストビューには「酒造のロゴマーク」も併せて掲載されているケースが大半です。ちなみに日本酒のロゴやパッケージは、筆で描かれた「習字のデザイン」が使われるケースが多くなっていますが、同様に酒造のロゴデザインの多くも「筆で描かれた習字のデザイン」が採用されています。実際、筆で描かれたデザインは、「古風な日本」という印象が強く、老舗の酒造ではポピュラーなデザインとして取り入れられているのです。

酒造のサイトのカラーリング

酒造のサイトは、白と黒の二色で設計されたサイトが多くなっています。「背景色を黒、フォントを白」または「背景色を白、フォントを黒」のいずれかを採用する酒造が多く、反対に、パステルカラーのような淡い色合いをサイトに使用する酒造は少なくなっています。黒と白は、どちらも「高級感」や「清潔感」、「上品さ」などを演出するのに適した配色であるため、酒造や日本酒が持つ「質の高さ」をアピールしたい時に最適な組み合わせです。ほかにも、酒造によっては田畑を連想させる「緑」や、青空を思わせる「青」など、様々な色がサイトに使用されています。

酒造のサイトで使用される写真

酒造のサイトで使われる写真は、「酒蔵の写真」と「商品の写真」の2種類が存在します。酒蔵の写真こと酒蔵の外観や設備、蔵人(従業員)などを写した写真は、主にサイト内で酒造をPRする用途に使用され、商品写真はそのまま取扱い商品のPRに使われるというわけです。老舗の酒造ともなれば、サイト内に酒造創業時の「白黒写真」を掲載しているケースも少なくありません。

酒造の商品写真は主に日本酒がメインとなりますが、パッケージの写真だけではなく「グラスに注いでいる写真」や「食卓に置かれた写真」、「実際に賞味している写真」などを掲載して、ユーザーの購買意欲を掻き立てるように配慮をしています。商品の販売促進を目的にしている以上、ユーザーに対して「飲みたい」と思わせる写真を掲載するのがセオリーです。なお、酒造のサイトは写真こそ数多く使用されていますが、イラストやアイコンなどが使われるケースはほとんどありません。

また酒造のサイトによっては、日本語表記と英語表記に切り替え対応したサイトも数多く存在します。日本酒は、国内だけではなく海外にも多くのファンを持つため、グローバルな商品展開を目指す酒造も少なくないことが分かります。

酒造・日本酒のサイトはSNSを運用してる?

酒造の多くは、サイトと併せてSNSのアカウントを所有しています。

中でも、企業アカウントの多い「Facebook」や写真投稿がしやすい「インスタグラム」の人気が高く、商品のPRやイベントの告知などが主な用途です。宣伝以外の用途では、日本酒や酒造りにまつわるちょっとしたコラムを投稿する酒造も珍しくありません。このほか、動画投稿を行う酒造の場合は、YouTubeを利用するケースも多く、こちらは日本酒の製造工程やプロモーションビデオの公開にしばしば使用されます。

とりわけ、企業SNSはユーザーの親しみやすさや交流のしやすさを重視して、マスコットキャラクターやイメージキャラクターがSNSの投稿を担うこともあります。ですが、酒造はキャラクターを所有しているケースがそもそも少なく、SNSの運用も「酒造の名前」で行われているのが一般的です。人気の高い日本酒を生産する酒造のアカウントは、数万単位のフォロアーを持っていることも多く、サイトのみならずSNSをマーケティングに活用していることが分かります。

酒造・日本酒のサイトはどうやって集客すべき?

結論から言えば、「サイトだけ」を作って集客に繋げることは中々難しいでしょう。ブランド力が備わっていない酒造や日本酒だと、検索エンジンからユーザーが訪れる自然検索流入は期待できません。ほかの酒造のサイトを参考にすれば、商品紹介をサイト上で行うかたわら、飲食店に商品を卸したり、酒蔵見学を実施したり、酒造と商品の両方をPRして認知度を向上させることが不可欠です。無尽蔵に資金を捻出できるのであれば、リスティング広告やテレビCMなどの方法を用いるのも手です。

サイトに訪れたユーザーに商品を購入してもらうためにも、商品の紹介ページと購入ページの両方をサイトに設けておくことをおすすめします。商品を購入できるお店を紹介するだけでも構いませんが、購入までの手順が長く複雑になるほど、ユーザーの購買意欲は減退していくことを留意しておきましょう。

単純に「商品をネット販売したい!」という目的であれば、サイトを作らずに楽天やAmazonのようなショッピングモールに登録をするだけでも良い方法です。登録や運営に費用こそ発生しますが、労力をかけずにインターネット上でお店を開くことができます。企業ページの開設や、広告の出稿が容易に行えるという点を考慮すれば、Facebookに酒造のページを作って商品の販促活動などを行うのも良いでしょう。サイトだけにこだわらずとも、酒造や商品のPRまたは販売を行うこと自体は可能なのです。

とはいえ、食品の製造販売を手掛ける企業が「オフィシャルサイトを持っていない」というのは、令和の現代では「時代遅れ」にも等しく、ユーザーからの信用を落としかねません。酒造の信頼性を高めるためにも、まずは一からサイトを立ち上げることをおすすめします。

コンテンツのまとめ

今回は、酒造のサイトコンテンツやデザインについて解説をしました。

繰り返しになりますが、老舗が多いからこそ経営戦略として「伝統製法」や「昔ながら」というポイントをアピールする酒造は数多く存在します。「〇〇年間変わらぬ味」という言葉に「完成された味わい」、「とても美味しそう」という印象を抱く人は少なくないでしょう。日本酒に限らず、「伝統」という言葉には人を引き付ける不思議な魅力があるものです。

とはいえ、商品の販売方法や販促方法まで昔と変わらないままでは、時代とともに淘汰されていくことは明白です。こういった状況を察知し、多くの酒造がインターネット社会に対応するべく、サイトの開設やSNSの運営に乗り出しています。もちろん、長い歴史の中で培われてきた日本酒製造の知識や技術をないがしろにはできません。

そのため酒造のサイトの多くは、「伝統と革新」を両方重んじることを理念に掲げ、酒造の経営とサイトの運営に臨んでいるのです。実際に経営理念を曲げる必要こそありませんが、酒造のサイトを作る際も、伝統と革新の両方を大事にするという方針で制作を行うことを推奨します。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ