トップページへ戻る

リゾートバイトサイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

リゾートバイトサイトのコンテンツとデザインを解説!

日本国内には、海水浴場やスキー場のような「リゾート地」が数多く存在します。

このリゾート地を中心とした求人情報をリゾートバイトと呼び、リゾートバイトを専門に扱う求人サイトも珍しくありません。夏休みやゴールデンウィークが近づけば、全国のリゾート地からサイト内へ求人情報が掲載されます。アルバイトを探す方の中には「高いお給料で楽しく働きたい」という欲張りな思考で仕事を探す方も大勢いますが、行楽地で働けるリゾートバイトは、「楽しさ」と「収入」を両立しやすい勤務場所と言えるでしょう。

さて、求人情報サイトなどの運営やデザインを手掛ける方の中には、この「リゾートバイト専門の求人サイト」を運営したいというもしくは「サイトを持っているが集客できていない」という方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなリゾートバイトのサイトを開設またはリニューアルをしたい方に向けて、実際のサイトを参考に「リゾートバイトのサイトコンテンツやデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

リゾートバイトのサイトコンテンツを学ぼう

まずは、運営されているリゾートバイトの求人サイトを基に、いずれのクリニックでも掲載されている共通のコンテンツを紹介しましょう。

● リゾートバイトの求人サイト


初めての方向けの案内

アルバイトを探す方の中には、「そもそもリゾートバイトとは?」という疑問を抱く方もいます。語感から何となく想像こそできますが、より詳しく知りたい方に向けて、リゾートバイトの求人サイト内では「リゾートバイトに対する基本情報」を紹介するコンテンツを掲載しているのです。サイトによって掲載している内容は様々ですが、リゾートバイトのメリットや、応募から採用までの流れなどを紹介しているサイトが多くなっています。

リゾートバイトの職種

リゾートバイトは、働くリゾート施設のフロント(受付)や仲居、アトラクションの裏方スタッフなど多彩な職種が存在します。これらは一般的なアルバイトではあまり見られない職種なので、リゾートバイトの求人サイトでは、コンテンツを設けて「どのような仕事内容なのか」を紹介しているのです。仕事内容に加えて「向いている人」や「働くメリット」などを掲載しているサイトも散見されます。

実際、リゾートバイトは「住み込み」や「リゾート施設の割引」などの特殊な制度を導入しているケースが多く、一般的なアルバイトとは異なるポイントが少なくないのです。そのため、採用後にトラブルが発生しないよう、ユーザーに対して「サイト内でリゾートバイトについて理解してもらおう」という狙いがあります。とはいえ、リゾートバイトのデメリットや欠点などを紹介しているサイトはほとんどなく専ら「楽しく働ける」や「高時給である」といった利点をアピールする書き方が多くなっています。

おすすめのリゾートバイト特集

海水浴場やスキー場など、リゾートバイトは一般的なアルバイトと比較しても「季節限定の求人が多い」という特徴があります。季節限定の求人は募集期間が短くなりやすいため、リゾートバイトの求人サイトでは「特集ページ」を組んで、おすすめの求人案件を積極的にアピールしています。リゾートバイトに限らず、求人の特集ページはサイトの目玉として彩りを添えるとともに、案件への応募数を向上させる方法と言えます。

特集内容はサイトによって様々ですが、「旅館特集」や「遊園地特集」のようにリゾート地ごとの特集や、「年末年始のバイト特集」「夏休みのバイト特集」など、特定の期間に絞った特集などが多くなっています。中には「住み込みバイト特集」のように働き方単位で特集を組むケースも少なくありません。

検索フォームと応募フォーム

求人サイトという特性上、求人情報の検索フォームは、どのサイトでもメインコンテンツとして扱われています。とりわけ「希望するエリア」や「働く期間」、「職種」などを指定してリゾートバイトを探せる検索フォームが多いほか、「未経験歓迎」や「時給〇〇円以上」といった一般の求人サイトでも使用される条件を指定できるサイトもあります。扱われているリゾートバイトの求人数は、数百件から数千件までサイトによって大きく異なりますが、リゾートバイトは期間限定の仕事が多くなる分、算出される数値も変動しやすくあまりアテになりません。

なおリゾートバイトのサイトの中には、登録をしたユーザーに対してスタッフから求人を紹介する、いわゆる「登録型」の求人サイトもあります。登録型の求人サイトの場合、ほかのサイトと同様に検索フォームが備わっているほか、ユーザーの登録フォームを備えているのが特徴です。登録から勤務開始までの具体的な流れをコンテンツ内で紹介しているのも、登録型の求人サイトだけの特徴と言えます。

求人情報ページ

リゾートバイトの求人情報は、勤務地や勤務時間、具体的な仕事内容などが掲載されています。一般的な求人サイトとの大きな違いは、リゾート地の写真(または動画)が大々的に掲載されているケースが多いという点です。リゾートバイトは「楽しさ」を強調する勤務地が多く「素敵な職場環境で働ける」という部分を写真や動画を通じてアピールしているのです。

さしずめ、観光地のツアーや宿泊プランなどを取扱う「旅行サイト」をイメージしてもらうと、想像がしやすいでしょう。旅行サイトと求人サイトを上手にミックスしたWebサイトが、リゾートバイトの求人サイトと言っても過言ではありません。どのような求人サイトであっても、

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとリゾートバイトの求人サイト傾向を知ろう!

リゾートバイトのサイトはどんなデザインで設計されている?

コンテンツについて学んだところで、リゾートバイトのサイトデザインを解説します。

サイトのカラーリング

リゾートバイトのサイトは、背景色やフォントカラーをシンプルにしているという特徴があります。とりわけ「白」や「ライトグリーン」のような、目に優しい配色をしているサイトが多く、極端な色彩をしているケースは稀です。これは、サイトのTOPページや求人情報といったコンテンツページのどちらにも当てはまります。

サイトのレイアウト

リゾートバイトのサイトは、サイドバーを使用しない「1カラム」でレイアウトされているケースがほとんどです。1カラムは、コンテンツのスペースを最大限に利用できるため、画面の小さいスマホからも閲覧がしやすいというメリットがあります「スマホからの応募を想定する求人サイト」には最適なレイアウトと言えるでしょう。反面1カラムは、サイト内のコンテンツを見つけにくくなるため、「情報量が多いサイトには不向き」という特性もあります。

リゾートバイトのサイトに採用する場合は、メニューやGナビを分かりやすい場所に配置をして、「目的の情報の辿り着きやすくする」配慮が不可欠です。なお、求人サイトによっては「2カラム」のレイアウトを採用することもあります。コンテンツを目立たせにくくなるものの、サイドバーを設置できる分、ユーザーが必要な情報を見つけやすくなるのがメリットです。

ファーストビュー

リゾートバイトの求人サイトは、ファーストビューで「特集ページ」が表示されるサイトが大半です。一般的な求人サイトは、検索フォームがファーストビューとするサイトが多いものの、リゾートバイトは「おすすめの求人」を最優先でアピールするケースが目立ちます。

サイトデザインの全体を総称すると、リゾートバイトのサイトは「勤務地となるリゾート地の写真」が数多く掲載されている分、サイト全体が華やかになりやすい特徴があります。そのため、TOPページやコンテンツページが見辛くならないよう、「何を目立たせたいのか」、「ユーザーに一番伝えたい内容は何か」をはっきりさせる必要があるでしょう。掲載されているものすべてをアピールしようとすると「ただうるさいだけ」のサイトになりがちです。

リゾートバイトの求人サイトで言えば、「特集コンテンツのバナー」や「検索フォーム」など、強調したいポイントを絞ってサイトを設計すれば、メリハリのある見やすい求人サイトをデザインしやすくなります。とりわけリゾートバイトの求人サイトは、ファーストビューに特集ページやおすすめの求人をたくさん掲載して、「ページをスクロールするほどシンプルなデザインにする」というサイト設計が多くなっています。一見するとバランスの悪い極端な配置に見えますが、これも「メリハリを持たせてサイトを見やすくする」という意味では優れた方法です。

ほかのサイトと差別化をはかる方法はあるの?

リゾートバイトの求人サイトは「扱っている求人数」や「求人内容の多彩さ」などをアピールして、ほかの求人サイトと差別化をはかるケースが多く散見されます。これは一般の求人サイトにおいてもしばしば使われる方法ですが、リゾートバイトにおいては「ユーザーへのサポート体制」を強みとしている求人サイトが多いのが特徴的です。

例えば「給料の前払い制度」や複数人の応募でボーナスが支給される「友達紹介制度」、運営スタッフが首都圏への引越しと就職をサポートする「上京支援制度」など、応募者にとってメリットとなる制度が数多く導入されています。サイトによっては、外国人派遣サービスと提携をしたり、求人サイトを多言語に対応させたりして、応募者の間口を広げることに注力をするサイトもあるのです。

このほか、「リゾートバイトに応募をする人」ではなく「リゾートバイトの採用担当者」に向けて情報発信を行うサイトも珍しくありません。リゾートバイトに限らず、求人サイトは「仕事に応募する方」と「人材を募集する方」の双方が揃って初めて成り立つサービスです。そのため、リゾート地の担当者が抱く「人を採用するにはどうすればいいのか」、「いつまでに募集をかければいいのか」といった疑問を、コンテンツを通じて分かりやすく解説しています。

以上の点を踏まえると、リゾートバイトの求人サイトを開設する際は、求人の応募者と募集者の両方を意識したサイト作りが必要となるでしょう。検索フォームや求人情報ページといった、「求人サイトに必ず必要となるコンテンツ」を載せるとともに「サイトの強みを何にするか」という点にも意識を向けることが賢明です。

リゾートバイトのサイトはSNSを運用してる?

リゾートバイトのサイトは、写真映えのしやすい行楽地の求人を扱っている分、SNSとの抜群も相性です。多くのサイトで、TwitterやFacebookのアカウントを所有しています。
勤務地となるリゾートの写真を投稿しながら、プロモーションや集客に注力しているケースは少なくありません。SNSの中でも、写真の投稿に適したインスタグラムを運用するサイトが多く、風光明媚な観光地を映した数多く投稿を目にすることができます。

また、SNSの中でも若年層の利用者が多いLINE(ライン)を使って、リゾートバイトに関する情報発信を行うサイトもありますが、登録型の求人サイトの中には、LINEから直接ユーザー登録ができるサイトも珍しくありません。手軽な形で登録ができる分、多くのユーザーに情報を届けられる方法と言えます。

ですが、リゾートバイトのサイトが所有するアカウントは、数こそ多いものの「上手にプロモーションに利用できているか」という点に関しては今一つの印象を受けます。実際、サイトを運営するアカウントをフォローしているユーザーは多くなく、投稿そのものが「バズっている」形跡も見受けられません。美しい観光地の写真を数多く投稿していても、その多くが宣伝の用途に使われているため、ユーザーからは「よくある企業アカウント」と判断されている、と考えられます。

SNSを上手く利用して集客に繋げている企業アカウントほど、「アカウントのキャラクター性」などを押し出して、プロモーションを行っていますが、リゾートバイトのサイトには際立った個性を持っているアカウントは皆無です。以上の点を踏まえると、リゾートバイトのサイトが運営するSNSは、「投稿する写真素材に恵まれているものの、集客には上手く繋げられていない」と言えるでしょう。

リゾートバイトのサイトはどうやって集客すべき?

先に挙げたサイトを参考にすれば、実際にリゾートバイトの求人サイトを制作する場合、求人情報を検索するフォームや応募フォームなどの設置は不可欠です。また、リゾートバイトの「季節ごとに求人案件が大きく入れ替わる」という特性を考えれば、「サイトを制作すればおしまい」というワケにもいきません。定期的に求人特集を組んだり、おすすめのリゾートバイトを大々的にアピールしたり、絶え間ない更新が不可欠となります。

また、サイトやサービスの集客に繋げる方法として、ほかの求人サイトと同様にSNSを運営する手もありますが、SNS広告や動画広告という形で認知度の向上を狙っても良いでしょう。Web広告だけに限らず、電車の中刷り広告やダイレクトメールのような、現実世界の広告であっても、リゾートバイトのサイトやサービスの「名前を覚えてもらうこと」は可能です。

以上の点を踏まえると、リゾートバイトのサイトは個人で運営することが難しく、特集ページのバナーを作るデザイナーや、更新を担うエンジニアなどの助力が必要となるでしょう。規模が大きいサイトを設計しようと思えば、応募者や企業からの問い合わせに対応するスタッフなども欠かせません。一般的な求人サイトの大半が「企業」によって運営されていることから分かる通り、リゾートバイトのサイト制作や運営も単独では難しいのです。

もちろんSNSから集客を行うために、Facebookやインスタグラムなどのアカウントを所有&運営をするという手もありますが、ほかのサイトの様相を考えると、「ただ情報発信を行うだけ」では集客に繋げにくいでしょう。フォローキャンペーンやクーポンの配布などを行ってフォロアーを増やすという手もありますが、先を見据えて「増えたフォロアーに何を訴求するか」という点は常に念頭に置いておく必要があります。

コンテンツのまとめ

今回は、リゾートバイトのサイトにおけるコンテンツやデザインについて解説をしました。

昨今は世界的に流行したコロナウィルスの影響に伴い、観光業の全体が経済的に大打撃を受けている現状があります。政府による対策こそ行われていますが、閉鎖せざる得ないリゾート施設も少なくないでしょう。当然、観光地や行楽地の求人数も減少しやすくなるため、リゾートバイトのサイトにも何かしらの影響を及ぼす可能性があります。

とはいえ、経営不振により営業を停止する観光地こそあっても、人々が持つ「どこか旅行に行こう!」という感情が無くならない限り、世界から観光地や行楽地が消滅することはあり得ません。観光地が存在し続ければ、観光地で働く人も不可欠となるため、リゾートバイトの求人サイトも一定の需要を保ち続けるでしょう。この点を踏まえれば、リゾートバイトの求人サイトは「流行り廃りに左右されない安定したWebサイト」と言えます。

一過的に減少している求人数も、コロナウィルスの猛威が過ぎ去れば、長期間抑圧をされていた分「観光ブーム」が訪れる可能性は高いでしょう。猛威がいつ過ぎ去るかどうかは判断が難しいものの、観光業が盛んになれば求人数もそれだけ増加が見込めるため、数多の求人に対応できるようサイトのリニューアルを今のうちから行っておくのも良い方法です。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ