トップページへ戻る

リラクゼーションサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

リラクゼーションサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「競合に負けない魅力的なホームページを作りたい!」
「親しみやすくユーザーに選ばれるホームページに変えたい!」
「サイトをリニューアルして集客できるように改善したい!」

新しい事業としてサービスを展開する人、サイトをリニューアルしようと考えている人などで、上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、リラクゼーションのサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
リラクゼーションのオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「ここでマッサージしたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

リラクゼーションのサイトデザイン・UI

メインビジュアル

リラクゼーション(5サイト)を中心にサイトを確認し、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には以下のようなメインビジュアルが設定されていました。

●メインビジュアル例
 

調査したサイトの中で最も多かったのが、イメージキャラクターでもある芸能人やタレントが大きく掲載されるタイプと、キャンペーン案内などの画像が4~5枚程用意されスライダー形式で表示するタイプが多いです。

キャンペーン案内、限定企画、おすすめコースなどの案内画像がスライドショー形式で流れるメインビジュアルが採用されています。お得なキャンペーンを最初に紹介することでユーザーの興味をひいて、次の行動にいってもらいやすくしているのです。サイトに訪れているユーザーの多くが興味を持てるような内容になっており、とりあえずクリックしてみる人もいるのではないでしょうか。

同じリラクゼーションサロンのサイトでも、ユーザーに与えたい印象、見せたいサービスなどによって設定するメインビジュアルも異なるものです。あなたのサイトは、どんなイメージをユーザーに与えたいと考えているのでしょうか?
その方向性によって、用意するべきメインビジュアルも変わってくるので、しっかりテーマを固めた上で進めましょう。

サイトカラー

リラクゼーションのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

5サイトのサイトカラー

調査した5サイト中で最も多いベースの色は「ホワイト」です。一部では「グレー」や「動画」を設定しています。
ロゴやメインカラーは「2色の掛け合わせ」が多く、レッド系かブルー系のどちらかにわかれたサイトカラーとなっています。また、アクセントカラーも控えめな色味が多い印象です。

ダンススクールのサイトでは、動画や画像が多く使われていることもあり、サイト全体のカラーも派手にしてしまうと、まとまりがなく、乱雑な色味のサイトになってしまうため、なるべくシンプルなサイトカラーになっていると考えられます。

フォントサイズとフォントファミリー

リラクゼーションサイトのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみました。

5サイトのフォント

TOPページ内の本文フォントサイズを調査したところ、平均サイズは11.5pxでした。5サイトの中で、最も小さいサイズで11px、最も大きいサイズで12pxです。全体的には、そこまで大きな違いもなく、やや小さめのフォントサイズを採用しているのがわかります。

また、フォントファミリーを調べてみたところ「Noto Sans JP」や「ヒラギノ角ゴ Pro W3」などが採用されています。
ちなみに「Noto Sans JP」はさまざまなサイトで使用されている、Google とAdobe が共同開発したオープンソースのフォントです。

サイトの空気感に影響を与えるのが「ファントサイズ」と「フォントファミリー」です。
なんの意味もなく選ぶのではなく、サイト全体のバランスを考えた上でフォントを選びましょう。もし、どんなフォントを使ったら良いのか迷ったときは、こちらを参考として活用してください。

ただし、ここで紹介しているのは、たった5サイトから得られた調査情報でしかありません。もっと正確な傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?

…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、リラクゼーション業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

「コンセプト」に関するコンテンツ

サイトを訪れたユーザーに「店舗の魅力」や「どんなお店なのか」を伝えるために「コンセプト」が掲載されています。
調査した美容院・ヘアサロンの場合は、コンセプトページを設けて、ユーザーに想いやこだわりを伝えていることが多いです。

●コンセプトページ例

上記のように、自社の特徴・強み、今までの実績内容などが必ず掲載されています。
これはサロンからユーザーに向けた「強み・売り」を伝えるページとなっており、サイト内で欠かせないコンテンツのひとつです。なぜなら、リラクゼーションを探しているユーザーの中には、一体どこにしたら良いのかと迷っている人もいます。

そんな、どのリラクゼーションを選んだらいいのか迷っている人は色々と比較をしていることが多いため、他の会社と比較した際に、思い出してもらえるような「特徴」や「実績」がなければ印象にも残らず選ばれません。また、特徴があったとしてもサイト内でしっかりアピールできていなければ、ユーザーもわからないままで意味がありません。そのため、ユーザーに知ってほしい、「特徴」「強み」「売り」などを伝えるために、「自社サービスの特徴・実績」ページは欠かせないコンテンツとなっているのです。

「コース紹介」に関するページのコンテンツ

サロンのサイトに欠かせないコンテンツと言えば「各コース・プラン紹介」に関わることですよね。エステと一口に言っても、「ボディエステ」「フェイシャルエステ」「脱毛」「ブライダルエステ」など多種多様です。それらの中で、自分に合ったサービスやプランがないか探しているユーザーにとって「各コース・プラン紹介」は欠かせないコンテンツと言えます。

●メニュー・コース紹介のページ例

どんなメニューがあるのか、料金はいくらなのかがわからない状態では、ユーザー側からすると不安しかなく、予約しようとはなかなか思えません。キャンペーンやイベントを開催することによって、一時的に料金が変わることはありますが、施術の方法は変わるものでもありませんので、しっかりメニューページを作成し明記しておきましょう。

また、上記のように、それぞれの施術メニューにどういったスタイルを作る施術なのかも記載してあると理解しやすくなり親切ですね。

「店舗検索」に関するページのコンテンツ

リラクゼーションのサイトで良くあるコンテンツとして「調査レポート・コラム」が挙げられます。

● 店舗検索のページ例

サロンのサイトを行う目的として、店舗への集客が挙げられます。
いくらサイトに集客ができても、実際に施術を行うサロンにユーザーが足を運ばなければ意味がありません。そのため、サロンのサイトにとって、実店舗への案内は欠かせないコンテンツとなっています。

店舗情報としては、全国にどれだけあるのかわかりやすく都道府県別で紹介したり、最寄り駅から検索できたりするシステムを使って紹介するなど、方法はサロンによって様々です。ユーザーが店舗を探せるようにした後は、各店舗ページを作成し基本情報を掲載しましょう。
店舗情報として載せるべき内容は「店舗名」「住所」「電話番号」「営業時間」「最寄り駅からのルート案内」などです。最寄り駅からのルート案内をする場合には、見た目でもわかりやすいようにGoogleマップなどを用いて場所を見せてあげると親切と言えます。

「よくある質問」に関するコンテンツ

疑問や質問を抱えるユーザーは多いです。例えば、「料金体系はどうなのか?」「キャンセルはできるのか?」「延長料金はかかるのか?」「予約はどうしたら良いのか?」など、挙げればキリがありません。

● よくある質問

例えば、「予約はネットからできるのか?」「キャンセルはできるのか?」「直接質問したいけどどこにお問い合わせをしたら良いのか?」など、様々な不安や疑問が挙げられます。

どんなに商品ページや各種情報ページを作って紹介していても、必ずそのページを見る人ばかりではありません。そのため、ユーザーから良くお問い合わせがくる内容があれば、事前にまとめた「よくある質問ページ」を作っておくとよいでしょう。よくある質問ページを作り、そこを読めば解決できる状態にしておければ、ユーザーの疑問が解決されるのはもちろん、ショップ側の問い合わせ対応も減ることになります。

リラクゼーションの集客やプロモーション方法

リラクゼーションをプロモーションする方法としてはインターネットが発達したこともあり、マスメディアやチラシなどの方法以外に、インターネットを使ったプロモーションをして集客をしていることもあります。

リラクゼーションで、アナログ的な集客方法以外で良く行われているのが「ソーシャルメディア広告」「リスティング広告」などです。
特に、ソーシャルメディア広告は、リラクゼーションとの相性も良いことから、多くの企業で活用されています。

また、リラクゼーションの運用SNSを見てみると、以下の通りでした。

●5サイトの運用SNS

今回調査した6サイトの運用SNS状況を確認したところ、「Instagram」と「Facebook」が多く運用がされていました。
ついで「LINE」や「YouTube」で、意外に「Twitter」を運用しているサロンは少なかったです。今回調べたサロンの場合、Twitterのアカウント自体はあるものの、プロモーション用でしかなく普段の投稿はほぼされていませんでした。

日常的に使われているSNSアカウントとしてはInstagramが多いです。特に、有名人を起用した画像を多く使って目を引くような投稿をしているサロンは少なくありません。
また、LINEに関しては、サロンと友達申請をすることで「クーポン」がもらえる特典などを用意しているサロンもあり、活用方法は様々です。SNSを活用することは、今では当たり前の集客方法のひとつとなっていますので活用していきましょう。

リラクゼーション業界の現状と今後について

リラクゼーション業は比較的簡単に設備を導入できるため、他業種と比べて開業する人が増えています。厚生労働省の統計によると、2016年には13万6460カ所が存在しており、全国のコンビニ店舗数の約2倍の数にのぼります。また、リラクゼーション業界全体の傾向同様、出張型マッサージサービスを提供する店も年々増加傾向にあると言われています。

店舗の数が増加している一方で、年々倒産する事業者も増えており、その過半数を個人企業が占めているという実態もあります。これらのことから、リラクゼーション業界全体で、セラピストの労働条件と環境の改善が急務であり、集客を含めたビジネスモデルの転換が必要になってきていると考えられます。

サイトをオープン、リューアルする際には今回紹介したことなどを加味して、ユーザーに選ばれるサイト制作をしましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円~※からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐdata maisonに会員登録しましょう!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ