トップページへ戻る
  • プログラミングスクールサイトのデザイン・コンテンツを解説!

プログラミングスクールサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

プログラミングスクールサイトのデザイン・コンテンツを解説!

スマートフォンのアプリや、コンピューターゲームの開発に欠かせない「プログラミング」は、学習難易度が高く「独学だと学習が思い通りに進められない」という特徴があります。そんなプログラミングを学ぶうえで、学習効率を求める方の強い味方となってくれるのが、講師と一緒に学ぶ「プログラミングスクール」です。全国には数多くのプログラミングスクールが開校されており、スクールごとに多彩なWebサイトが存在します。

さて、このコンテンツを読んでいる方の中には「スクールの宣伝のためにWebサイトを作りたい!」、「生徒の獲得に繋がるコンテンツを知りたい!」と考えている、プログラミングスクールの担当者の方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな悩みを抱えるスクール担当者に向けて、プログラミングスクールのWebコンテンツについて解説します。

ユーザーが求めるコンテンツがふんだんに詰まったWebサイトを公開すれば、プログラミングの習得を希望する生徒の獲得や、スクールの認知度の向上に繋げることも夢ではありません。プログラミングスクールならではのコンテンツを学んで、自身が経営するスクールのサイト制作に役立ててください。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

プログラミングスクールのサイトにはどんなコンテンツが多い?

今回は、プログラミングスクールの中でも大手である上記三校のWebサイトを参考に話を進めていきます。サイト制作に着手をする前に、まずは「プログラミングスクールのサイトに何が掲載されているのか」という点について紐解いていきましょう。

サイトに掲載すべきコンテンツが把握できていれば、サイト制作をスムーズに進めることも難しくありません。以下では、三校のサイトが共通して掲載しているコンテンツの紹介と解説をします。



コース・カリキュラム紹介

スクールという特性上、当然ながらコースやカリキュラムはどのWebサイト上でも公開されています。いずれのスクールにも共通して言えることは、「ユーザーの目的に合わせてコースやカリキュラムを紹介している」という点です。例えば「エンジニアに転職をしたいならこのコース!」、「Webデザイナーとしての技術を身に着けたいならこのコース!」というように、ユーザーの目的のコースを探す手間を省き、スクールへ通う敷居を低くする配慮が見て取れます。

このほかにも、コースやカリキュラムを通じて実際に習得できるプログラミング言語や、使い方を学べるアプリケーションソフトなどを紹介して、「特定の言語やアプリを学びたい」というユーザーに対するケアも行っています。システム開発で使用されるプログラミング言語やアプリケーションソフトは膨大な種類に及ぶため、「学びたいスキル」がユーザーによって大きく異なるケースもしばしばです。これらの点を考慮すれば、学べる言語やアプリを細かく分けたうえで紹介するのは、幅広いユーザーのケアができる賢い方法と言えるでしょう。

無料体験レッスン

無料体験レッスンの紹介は、英会話スクールやスポーツスクールなどのスクール系に該当するサイトではポピュラーなコンテンツですが、上記プログラミングスクールでは「オンラインでレッスンを受けられる!」、「オンラインでもITスキルがしっかり身につく!」という点が強調されています。体験といっても、実際の現地まで赴いてレッスンを受けるという行為は、ユーザーにとってハードルが極めて高い行為です。そのため「手軽にコースを体験できる!」部分をアピールするのは、スクールを受講すべきか否かを悩むユーザーの心理的な障壁を取り除くのに効果的な方法と言えます。

また昨今は、世界的に流行しているコロナウィルスの影響に伴い、「スクールに通う」という行為自体が避けられつつある時代です。これらの点を考慮すれば、オンラインで体験レッスン(または実際の授業など)を受けられる点をユーザーにアピールするのは、二重の意味でメリットに繋がります。ちなみに、上記三校のWebページはすべて無料体験レッスンの紹介をサイトのファーストビュー(Webサイトを表示したときに最初に見える範囲)に配置していることから、無料体験レッスンを「ユーザーを引きつけるポイント」として考えていることが分かります。

受講生の声

いずれのサイトでも、ユーザーに対して「スクールを通じて学ぶメリット」をリアルに把握してもらう目的から、スクールに通う受講生の感想を載せています。とりわけ、プログラミングをはじめとしたIT技術は「素人お断りの難易度の高い技術!」というイメージを持つ方が多いため、「プログラミング初心者でもしっかり上達できる!」という点を強調するサイトが多くなっています。

また、業務でプログラミング技術を用いる職業は幅広くあるため、WebディレクターやWebエンジニア、フリーランスなど「多彩な夢を叶えられる」という点を強調しているケースも散見されます。いずれにしても「このスクールに通って良かった!」という声が多くなっていますが、これは独学で挫折をした人ほど「刺さりやすい言葉」と言えるでしょう。プログラミングのように独学での習得が難しい技術において、スクールの良さを強くアピールするのは、効果てきめんの方法なのです。

キャリアサポート・転職支援

「スクールで学んで仕事に繋げたい!」というユーザーに向けて、上記プログラミングスクールでは「キャリアサポート」や「転職支援」のコンテンツページを設けています。これは、プログラミングをはじめとしたIT技術を習得する理由が、「就職や転職を目的としたユーザーが多い」ことの表れと言えます。ユーザーのニーズを汲み取り、スクールのサービスとしてキャリアサポートや転職支援などを、Webページ上で紹介しているスクールは少なくないのです。

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとプログラミングスクールのサイト傾向を知ろう!

どんなコンテンツでほかのスクールと差別化をはかっている?

上記の通り、独自の要素として「スクールの強み」となるコンテンツはどのサイトでも必ず掲載されています。先の項で紹介した三校を例にあげると、下記のような要素をサイト内部に掲載して、ほかのスクールとの差別化をはかっています。

  • スクールで学べる言語数の多さ
  • スクールに通うことで目指せる職業の種類
  • 著名なメディアへの掲載実績
  • 企業の研修プログラムへの採用実績
  • レッスンへの満足度
  • スクールの魅力を描いたWeb漫画

なかでも研修プログラムへの採用実績や、メディアへの掲載実績などは、ほかのスクールとの差別化をはかると同時に「サイトやスクールの信頼性」を底上げするのにも有効な方法です。サイトに訪れるユーザーに「あの企業でも採用されているスクールなら通ってみよう!」という安心感を抱かせることができれば、それだけスクールの利用者数を増やしやすくなるのです。

ほかにも特筆すべきポイントとして、プログラミングスクールのサイトは「新型コロナウィルスへの対応」をユーザーに対して紹介しているケースも少なくありません。これは、コロナウィルスの感染リスクを不安視するユーザーに向けて、「安全に通えるスクールであること」をアピールする優れた方法と言えます。

プログラミングスクールのサイトはどんなデザインで設計されている?

プログラミングスクールは、端的に言えば「IT技術」を学ぶスクールであり、Webデザインに関わるカリキュラムやコースが少なくありません。そのため、デザイン性に劣るサイトだと、ユーザーから「こんなサイトではとても教わる気にならない」という印象を抱かれるのは明白です。

上記の点を踏まえてか、プログラミングスクールは「ちょっとテクニカルな技術を導入しているサイト」が多くなっています。例えば、YouTubeの動画をサイト内に載せる際も、モニター風のフレームを採用したり、コンテンツや写真を表示させる際も、動きを持たせる技法(CSSアニメーションなど)を使用したり、「細部へのこだわり」を重視するサイトが少なくありません。

このほかにも、プログラミングスクールは扱うコースやカリキュラムが多くなりやすい分、「色を細かく使い分けている」という特徴があります。分かりやすく言えば「プログラミングに関するコースは青」、「Webデザインに関するコースは黄色」といったように、フォントやバナーのカラーリングを使い分けて、視覚的に判別がしやすくなるように配慮をしています。

加えて、掲載するコースやカリキュラムが多い分、プログラミングスクールのサイトは「縦長のサイトデザイン」になっています。サイトの多くで「メインメニューが追従する形式」を採用しているのは、ユーザーが目的のコンテンツにたどり着きやすくするための工夫と言えるでしょう。

実際にサイトを作る際はどんなコンテンツを載せるべき?

ここまで、大手プログラミングスクールのサイトに掲載されている共通のコンテンツやオリジナル要素などを紹介してきました。ですが、実際にプログラミングスクールのサイト制作を検討している方の中には、「結局どんなコンテンツを載せたらいいの?」と感じている方も少なくないでしょう。

先の項で紹介したプログラミングスクールのサイトを参考にすれば、スクールで受講できる「コースやカリキュラムの紹介」はメインとなるコンテンツとしてサイトに必ず入れるべきです。プログラミングスクールに限らず、英会話スクールやスポーツスクールなどのスクール系に該当するページは、主に「スクールの受講者を増やす」という目的で設営&運営されています。そのため、サイトに訪れるユーザーの目的が何であれ「何を学べるのか」が分からなければ、スクールのサイトとして成立しないのは明白です。

プログラミングスクールのサイトで強調したい三大ポイント

1.初心者のユーザーでも手軽にプログラミングを学べる!
2.ユーザーの目的に合わせてコースやカリキュラムを選べる!
3.就職や転職、独立などに必要なITスキルが身につく!

この「コースやカリキュラムの紹介」をメインコンテンツとして主軸にしつつ、無料体験レッスンの紹介ページ(実施してる場合)や、受講生の声を取り上げたページなどをサブコンテンツとしてサイトに掲載しましょう。もちろん「受講料の安さ」や「講師の多さ」など、ほかのスクールに負けない独自の強みを持っていれば、差別化をはかるためにサイト上でアピールしても構いません。

ここでポイントとなるのは図のようなポイントを強調して、プログラミングスクールに抱かれがちな「難しそう」「どれを学べば良いか分からない」というネガティブなイメージを、サイトを通じてユーザーに払拭してもらうという点です。繰り返しになりますが、ユーザーのプログラミングやスクールに対する苦手意識を無くして、心理的なハードルを下げることは、受講者の増加に繋がりやすくなります。

例外として、「熟練者向けのプログラミングスクール」や「エンジニアのスキルアップを目的としたスクール」などのWebサイトを制作する場合は、あえて初心者向けを強調する必要もないでしょう。反対に「上級者に最適なスクール!」という点を上手にアピールできれば、ほかのスクールとの差別化や優位性の確保に繋げることができます。

コンテンツのまとめ

今回は、プログラミングスクールのサイトに掲載されているコンテンツの紹介と解説をしました。ひとくちにプログラミングスクールと言っても、実は「プログラミング技術だけ」を扱うスクールは少なく、IT技術全般のカリキュラムを総合的に扱っているケースが多くなっています。

そのためスクールによっては、各種プログラミング言語やアプリケーション、WebデザインやWebマーケティングに至るまで、受講できるコース数が膨大なものになることもしばしばです。掲載するコース数が多くなればそれだけWebサイトが煩雑化しやすくなるため、プログラミングスクールのサイトを作る際は、「目的のコースが検索しやすい構成やデザインは必須」という点を留意しておきましょう。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ