トップページへ戻る

フォトスタジオサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

フォトスタジオサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「競合サイトに負けない魅力的なホームページを作りたい!」
「親しみやすくユーザーに選ばれるホームページに変えたい!」
「サイトをリニューアルして集客できるように改善したい!」

これから写真スタジオを開業する、または店舗をリニューアルするタイミングなどで、上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、写真・フォトスタジオのサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
フォトスタジオのオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「商品が欲しい、今すぐ買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

写真・フォトスタジオのサイトデザイン・UI

メインビジュアル

主要都市に店舗を構える写真・フォトスタジオ(7サイト)を中心にサイトを確認し、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)にはスタジオで撮影されたメインビジュアルが設定されていました。

メインビジュアル例

   

上記のメインビジュアル例として載せている通り、実際に撮影できるイメージ写真が5~6枚分用意されていて、スライドショー形式で表示されます。具体的には、七五三シーズンや成人式であれば、着物を着た姿で撮影された写真が最初に設定され、撮影できる写真の雰囲気を伝えています。

写真・フォトスタジオのサイトということもあり、メインビジュアルの画像は特に力を入れた写真を設定した方が良いでしょう。
なぜなら、メインビジュアルは、サイトの「顔」となるもので、第一印象を決める重要な要素となっているためです。サイトに訪れたユーザーに、感動や共感を与えられるような写真を見せて心を掴めればこっちのもの。しかし、そのためには写真のクオリティが重要で「こんなに素敵な写真が撮れるなら取ってほしい!」とユーザーに思ってもらえるような仕上がりの写真が必要です。

わざわざ写真・フォトスタジオに来てまで来て撮影するのは、日常とは違う特別な写真を撮ってほしいからです。そのため、写真・フォトスタジオに一番に求めるのは非日常的な体験と写真のクオリティなので、その期待を裏切らないような…むしろ期待を上回るような写真をメインビジュアルに設定することでユーザーの期待値を上げる演出ができるでしょう。

サイトカラー

写真・フォトスタジオのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

6サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A ホワイト グレー、ブルー ブラック
B ホワイト イエロー、ブラック グリーン、ベージュ
C ホワイト ブラック ベージュ、グレー
D ホワイト、柄有 グレー、ブルー イエロー、ブルー
E グレー ブラウン ブラック、オレンジ

7サイト中7サイトで、ベースの色は「ホワイト」でした。ロゴ・メインカラーは1色展開をしているところから、4~5色といった複数の色を使っているサイトもあります。メインビジュアルの例でも紹介している、「スタジオアリス」、「スタジオマリオ」がまさに複数の色を上手に組み合わせてポップでかわいらしいサイトにしています。

また、アクセントカラーはサイトによって様々ですが、ピンクやレッドがやや多い傾向です。
ロゴ・メインカラーと系統を揃えるタイプ、反対色を使用してメリハリをつけるタイプなどもあります。サイトによって「キュート路線」「クール路線」「ナチュラル路線」など、ユーザーにイメージさせたいテイストがあるはずなので、それに合ったサイトカラーを選択しましょう。

フォントサイズとフォントファミリー

写真・フォトスタジオサイトのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみました。

6サイトのフォント

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 12px メイリオ Lucida Grande Verdana
B 14px Hiragino Sans sans-serif
C 12px ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ MS Pゴシック
D 14px Helvetica Neue Hiragino Sans ヒラギノ角ゴ ProN
E 16px Roboto 游ゴシック ヒラギノ角ゴ Pro W3

TOPページ内の本文フォントサイズを調査したところ、13~16pxで、最も多く設定されているサイズが14pxでした。
全体的には、そこまで大きな違いもなく、標準的なフォントサイズを採用しているのがわかります。

また、フォントファミリーについては「游ゴシック」を採用しているサイトが多い傾向にあります。次点で「メイリオ」が多く、「ヒラギノ角ゴ Pro W3」という順で設定されているのが確認できます。

ちなみに他業界では、使用しているフォントファミリーがバラバラな傾向ですが、写真・フォトスタジオのサイトは比較的同じような設定をしているサイトが多い印象です。「主要都市に店舗を構える写真・フォトスタジオ」と限定してサイト調査をしていることが結果に影響しているかもしれません。あくまでも、サイトのコンセプトに合わせてフォントサイズ・フォントファミリーを選びましょう。

これはあくまでもたった6サイトの傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?

…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、フォトスタジオ業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

写真・フォトスタジオの特徴ページのコンテンツ

今回調査した6サイトで必ず掲載されていたのが「写真・フォトスタジオの特徴」です。

写真・フォトスタジオの特徴ページ例

上記のように、写真・フォトスタジオのコンセプトや特徴、取り組んでいる内容などが必ず掲載されています。
写真・フォトスタジオからユーザーに向けた「スクールの強みや売り」を伝えるページとなっており、サイト内で欠かせないコンテンツのひとつです。なぜなら、写真撮影をしたいと考え、フォトスタジオを探しているユーザーの多くは、どこに予約をしたら良いのか迷っている人もいます。

どの写真・フォトスタジオを選んだらいいのか迷っている人に対しては、様々なスタジオと比較した際に思い出せるような「特徴」がなければ印象にも残らず選ばれません。また、特徴があったとしてもサイト内でしっかりアピールできていなければ、ユーザーもわからないまま…。

そのため、ユーザーに知ってほしい、「特徴」「強み」「売り」などを伝えるために、「写真・フォトスタジオの特徴」ページは欠かせないコンテンツとなっているのです。

プラン・料金案内に関するページのコンテンツ

ユーザーが写真・フォトスタジオを決める際に気にするのが「どんな撮影プランがあるのか?」「料金はいくらなのか?」といった「商品や料金」に関することです。

プラン・料金案内のページ例①

例えば、「スタジオアリス」では、撮影できるメニューを一覧で上記のように表示しています。どんな撮影ができるのかが一目でわかるので、目的の撮影ができるかユーザーも判断しやすくなります。
また、料金に関しても、「撮影料」「商品代」「衣装代」などがわかるページを用意して、どれくらいの費用がかかるのかをユーザーにしっかり伝えましょう。

「その時にしか撮れない写真を思い出に残したいけどプランはある?」「記念日を家族で撮影したいけど、料金は高くない?」など、様々な想いがあります。撮影に対して不安に思っているユーザーも少なくないため、できるだけ取り除ける不安があるのなら最初からなくせるようにサイト側で用意をしてあげましょう。料金やプランに納得した上で、撮影予約をしてもらうことが大切です。

レンタル衣装(ドレス・着物等)に関するページのコンテンツ

写真・フォトスタジオのサイトに欠かせないものと言えば「衣装」ページです。今回調査したサイトでも必ず用意されています。

レンタル衣装(ドレス・着物等)に関するページ例

上記のように、貸し出しができる「衣装」を一覧で表示させましょう。ユーザーの判断材料になるように、なるべく多くの写真を載せてあげることで、実際に撮影した際のイメージをわかせるようにしてあげるとなお良いです。また、写真だけではなく、こだわりの部分があったり、注意点がある場合にはテキストで補ってあげると、より親切ですね。

ユーザーにとって撮影してもらうだけではなく、気に入った衣装で撮影したいと思う人もいます。「どんなデザインの衣装が選べるのか」「衣装を持ち込んで撮影ができるのか」など知りたいものです。だからこそ、衣装に関しても事前にわかるようにしておきましょう。

また、当たり前ですが、衣装によって着用可能なサイズが設定されているはずです。サイズが合わなければ意味がないので、「対象サイズ」も一緒に提示してあげましょう。

撮影の流れに関するページのコンテンツ

はじめて撮影をするユーザーの多くが知りたいと思うのが「予約をしてから当日の撮影までの流れ」です。

2パターンの「撮影の流れ」紹介

上記のように、アイコンを使って大まかな撮影の流れを紹介するパターンもあります。また、アイコンで簡単に紹介するよりも詳細に伝えたい場合は、イラストや写真、テキストを交えながらステップごとに分けて当日までの流れを紹介してあげましょう。

基本的に、どのサイトでも同じような流れになるはずですが、撮影に関する流れが記載されていない場合、疑問を持ったユーザーは不安になって、予約をやめてしまう人もいるかもしれません。そうならないためにも、「撮影の流れ」をまとめたコンテンツがあれば、ユーザーは安心して利用できるでしょう。

アクセス・店舗情報に関するページのコンテンツ

店舗にお客様が来てくれないと意味がありません。
そのため、写真・フォトスタジオのサイトにとって「店舗情報」は必須中の必須コンテンツです。実際、どの写真・フォトスタジオのサイトにおいても「店舗情報」をまとめたページを作成しています。
その中でも「店名」「営業時間」「営業日」「お店の住所・地図」「連絡先」「アクセス方法」などの基本情報がマストで掲載されていました。

また、情報をまとめたページ以外にも、サイトのヘッターやフッターなどに「営業時間」や「定休日」、「電話番号」などを掲載しているサイトも多いです。こうすることで、営業時間や連絡先を探す手間が省けてユーザーにとって親切ですし、パッと見て「いつ営業しているのか」「どこに連絡したら良いのか」など、すぐに理解してもらえますよね。

写真・フォトスタジオの集客やプロモーション方法

写真・フォトスタジオをプロモーションする方法として、大手企業であればマスメディアを利用したプロモーション方法を活用していることがあります。また、人気モデルやタレントさんを起用してイメージキャラクターになってもらったり、コラボレーションをしたりして、プロモーションしている写真・フォトスタジオも多いです。

近年は、インターネットが発達したこともあり、マスメディアやチラシなどの方法以外に、インターネットを使ったプロモーションをして集客をしていることもあります。

写真・フォトスタジオで、アナログ的な集客方法以外で良く行われているのが「ソーシャルメディア広告」「リスティング広告」などです。
特に、ソーシャルメディア広告は、写真・フォトスタジオとの相性も良いことから、多くの企業で活用されています。

また、写真・フォトスタジオの運用SNSを見てみると、以下の通りでした。

6サイトの運用SNS

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE YouTube
A
B
C
D
E

InstagramとFacebookを運用しているサイトが多く、次いでTwitterとなっています。

写真・フォトスタジオで撮影した写真は、華やかで非日常的なシーンとなり、まさに「映える写真」です。特にInstagramとの相性も良いので、日々の投稿にも使いやすいSNSです。ショップ側で撮影した写真を投稿して共有するのも良いのですが、実際に利用をしてくれたユーザーが撮った写真に反応してコミュニケーションを取ることでリピーターやファンの育成にもつながります。

定期的に利用してくれるユーザーが増えたり、自発的に友人や知人に紹介してくれたりするなど、様々な良い効果が期待できますので、SNS運用及びソーシャルメディアのプロモーションを試してみてはいかがでしょうか。

写真・フォトスタジオ業界の現状と今後について

日本は少子化に向かっているが、写真・フォトスタジオ市場は伸長傾向にあります。この理由としては、子供の成長を記録することに対する価値観の高まりがあると言われています。また、写真スタジオの利用シーンと言えば、七五三、入学卒業、成人式、結婚記念日、還暦など祝いが一般的でした。しかし近年ではマタニティフォトや1/2成人式など、新たな撮影シーンが増えています。

写真・フォトスタジオのニーズは多様化していますし、高い撮影技術やクオリティ、そしてサービスが求められています。
特別な衣装を着て様々なポーズで撮影をするという非日常的な体験は、なかなかできることではありません。ユーザーも撮影をするだけではなく「思い出」作りの場としても写真・フォトスタジオを利用しているのです。

~まとめ~

写真・フォトスタジオという写真のプロのサイトだからこそ、サイトコンテンツとして利用するビジュアル各種は高クオリティであるべきです。
サイトをオープン、リューアルする際には今回紹介したことなどを加味して、ユーザーに選ばれるサイト制作をしましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円~※からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐdata maisonに会員登録しましょう!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ