トップページへ戻る

薬剤師求人サイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

薬剤師求人サイトのコンテンツとデザインを解説!

薬の調剤や服薬指導、医薬品の研究開発などを担う「薬剤師」は、ドラッグストアから医薬品メーカーに至るまで、薬を扱う職場においては欠かせない職業と言えます。古くから「喰いっぱぐれない職業」として薬剤師の名前が挙がるケースも多く、令和の時代においてもその需要の高さは健在です。おまけに薬剤師は生涯有効の国家資格であるため、資格を取得しただけの「休眠資格者」も少なくありません。

そんな「高い需要」と「多くの供給」が入り乱れている薬剤師業界では、薬剤師の資格所有者だけを対象とした求人サイトが数多く存在するのです。専門職を扱う求人サイトの中でも、薬剤師の求人サイトを作りたいと考えるシステム会社、または薬剤師の派遣会社の中には、求人サイトに掲載する「コンテンツの選び方」や「サイトのデザイン」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな薬剤師の求人サイトを開設したい方に向けて、実際のサイトを参考に「サイトのコンテンツとデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

薬剤師の求人サイトのコンテンツを学ぼう

まずは、実際に稼働している薬剤師の求人サイトにどんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。上記サイトは、「薬剤師 求人」のGoogle検索で10位以内に表示される、薬剤師求人の大手サイトです。



以下では、これらサイトにも掲載されている共通のコンテンツを詳しく解説します。

求人検索フォーム

薬剤師の求人サイトは「求人」という特性上、どこのサイトにも求人案件の検索フォームが必ず掲載されています。検索フォームの「希望するエリア」、「雇用形態」、「希望給与」、「業種」などのカテゴリは、一般的な求人サイトと変わりありません。ですが、薬剤師は調剤薬局や病院、製薬会社といった場所が中心となるため、「業種」のカテゴリに関してはこれらの施設やお店から検索できるようになっています。特定の業種から求人案件を探せるのは、エンジニアや保育士といった専門性の高い求人サイトではよく用いられる方法です。

「質の高い求人案件が掲載されている」、「希望通りの求人案件を探せる」というのは、求人サイトの評価に直結をするため、どのサイトでも細かな条件を指定したうえで検索ができるように配慮されています。

また薬剤師は、派遣や契約社員といった雇用形態を選びやすいという特徴がありますが、一般的な職種と比較をしても時給が高めに設定されていることもしばしばです。そのため、薬剤師の求人サイトにおける検索フォームでは、時給2,000円以上や3,000円以上などの給与から検索ができるようになっています。求人サイトによっては、「時給の高い求人案件」という特集コンテンツを作って、集客に繋げるケースも少なくありません。

転職ガイド

転職の具体的な方法やコツを記した転職ガイドも、多くの求人サイトで採用されるコンテンツの1つです。ガイドの内容は求人サイトによって異なりますが、履歴書の書き方や面接対策、円満退職の仕方など、転職や復職を検討するユーザーが知りたい情報が詰まっています。ユーザーが「転職や復職を成功しやすくするため」のコンテンツと言えるでしょう。薬剤師の求人サイトでも、転職ガイドを設けているケースが多くなっています。とりわけ薬剤師の求人サイトでは、「薬剤師のキャリアアップに役立つ資格」や「施設業態別で見る働き方」など、ノウハウの内容も薬剤師に特化したものが掲載されています。

薬剤師の求人サイトによっては、薬剤師専門の「転職アドバイザー」や「コンサルタント」を常駐させて、ユーザーからの相談を受け付けているサイトもあるほどです。転職ガイドと同様、いずれも「多くの方の転職や復職を成功させたい」という目的でサービスが設けられています。

会員登録フォーム

薬剤師だけに限らず、求人サイトはユーザーに最適な訴求しやすくする目的で、サイト内に会員登録フォームを設けています。これは、求人検索フォームと同じくユーザーに対して希望する勤務地や業種などを入力してもらい、サイトの会員となってもらうフォームです。登録をした希望条件をもとに、ユーザーにあった求人案件を訴求しつづけることができます。求人サイトの中には、会員登録をしたユーザー限定の求人案件を用意したり、後述するサポート制度を受けられるようにしたり、独自の特典を設けて会員数の向上に努めるケースもあります。

サポート制度

薬剤師の求人サイトの多くは、薬剤師に必要な法律や保険制度、調剤技術を学べる研修制度を用意しています。転職や復職の際に「知識やスキル不足が心配」というユーザーに対して、スムーズな形で転職や復職を実現できるようにする、というサイト側の配慮です。とくに国家資格である薬剤師の資格には更新制度がなく、一度取得した後は生涯有効となっています。そのため、現場から離れて数年や十数年後に復職をする方も多く、薬剤師として働く前に「知識や技術を学び直したい」という方に向けてサポート制度を充実させているのです。看護師や保育士といった更新制度がない国家資格の求人を扱うサイトでは、「ペーパー」の状態から脱却したうえで働きたい方に向けて、サイト内で研修制度を設けていることが多くなっています。

採用担当者向けのコンテンツ

先に挙げたコンテンツは、すべてサイトを利用する「ユーザー向け」のコンテンツですが、薬剤師の求人サイトには、実際に薬剤師を採用したい「採用担当者向け」のコンテンツも備わっています。求人情報の掲載方法や具体的な掲載料、応募者との面接までの流れなど、採用に至るまでのフローが分かりやすく掲載されているのが特徴です。「優秀な人材がすぐ見つかる」という求人サイトであれば、採用担当者からの評価も高くなります。そのため、どの求人サイトでもユーザー向けのコンテンツと、採用担当者向けのコンテンツの両方を充実させているのです。

このほか薬剤師の求人サイトによっては、特定の業種やエリアに絞って求人を特集したり、サイト利用者の声をコンテンツとして掲載したり、独自のコンテンツまたはコラムを設けて集客を行っています。求人サイトという特性上、薬剤師の求人サイトは一般的な求人サイトとコンテンツ内容が類似しています。ですが薬剤師に限らず、特定の業界や職業に特化した求人サイトでは、対象の業界や職業の情報に特化したコンテンツが掲載されているのです。

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとフィギュア買取サイトの傾向を知ろう!

薬剤師の求人サイトはどんなデザインで設計されている?

薬剤師の求人サイトで掲載されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行します。薬剤師の求人サイトでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょう。

薬剤師の求人サイトのファーストビュー

薬剤師の求人サイトでは、ファーストビューに求人情報の検索フォームや会員登録フォームを設けるサイトがほとんどです。薬剤師だけに限らず、求人サイトに訪れるユーザーは「求人案件を探している」というケースがほとんどのため、余計な情報を含ませずにすぐ求人案件を探せるように配慮をしています。中には、ファーストビューに「掲載求人数」を掲載して、ほかの求人サイトよりも数多くの求人を扱っている点をアピールするサイトもあります。

薬剤師の求人サイトのカラーリング

薬剤師の求人サイトは、背景色やバナーに「白」や「青」、または「緑色」といった色が好んで使用されます。薬剤師に限らず、看護師や歯科衛生士など医療系の求人を扱うサイトは、清潔感のある色が好まれるのが特徴です。反面、黒や茶色といった目立つ色、不衛生な印象を与えやすい色はあまり使用されません。とはいえ、サイト内の特集ページや検索フォームといった「ユーザーにアピールしたいコンテンツ」に関しては、赤のような目立つ色が使われることもあります。

薬剤師の求人サイトの写真

薬剤師の求人サイトでは、コンテンツのバナーやヘッダーに「薬剤師の人」の写真を掲載していますが、積極的に使用されるケースは少なくなっています。一般的な求人サイトの多くは、求人情報ページに「職場の写真」や「スタッフの写真」といった写真を掲載するケースがほとんどです。しかし、薬剤師の求人サイトにおいては、違う求人情報ページでも同一の写真が掲載されることも多く、あくまでも写真は「サイト内に彩りを添える素材」として扱われています。薬剤師の求人サイトの中には、文字情報だけで求人情報ページを構成しているサイトもあるほどです。

サイトを設計するうえで、「そこまで写真は重要ではない」と考えていることの表れと言えるでしょう。写真素材の少なさが目立つ一方、薬剤師の求人サイトではイラスト素材が多用されるケースもあります。求人サイトの使用方法や転職ガイドなどのコンテンツをイラスト(または漫画)形式で掲載するサイトも多く、ユーザーが視覚的に解りやすく理解ができるよう配慮をしているケースもしばしばです。

薬剤師の求人サイトのレイアウト

薬剤師の求人サイトは、パソコンやスマートフォンといったどのデバイスからでも見やすい「レスポンシブ」に対応したサイトが多くなっています。スマホやタブレットからの応募を想定したり、サイト改修の手間を省いたりしたい場合においては、レスポンシブデザインを取り入れることをおすすめします。複数のデバイスからの閲覧や応募を想定している分、薬剤師の求人サイトは1カラムのように「どのデバイスからでも見やすいレイアウト」を採用しているケースがほとんどです。ですが特集ページやコラムを無理に1カラムに収めようとすると、かえって視認性が悪くなることも多いため、サイトによっては情報を分別しやすい2カラムを採用することもあります。

薬剤師の求人サイトはSNSを運用してる?

薬剤師の求人サイトは、「おすすめの求人情報を紹介する」という用途で、SNSのアカウントを開設するケースも珍しくありません。SNSの中でも、とりわけ手軽な投稿がしやすいTwitterや、企業アカウントの多さに定評があるFacebookなどが人気を博しています。中には、LINEを通じて人気の求人特集や、薬剤師向けの情報を発信するサイトも多いほか、複数のアカウントを同時に運用することもあります。とはいえ、SNSでのコンテンツ投稿数やフォロアー数などから判断すると、薬剤師の求人サイトはあくまでSNSを「運用しているだけ」のケースがほとんどです。

求人サイトという特性上、SNSで発信するコンテンツも求人にちなんだ内容が多くなっています。分かりやすく言えば、求人サイトのSNSは「面白味のないコンテンツ」、「ユーザーに刺さりにくいコンテンツ」になりやすく、ただコンテンツを投稿するだけに終始するケースが多くなっているのです。どのSNSも、サイト以外で「インターネット上で情報発信を行う」というケースにおいては優れた方法と言えますが、求人情報だけを発信してもサイトの集客やプロモーションに繋げることは困難でしょう。

アカウントの開設や運営には相応の手間が発生するため、以上の点を踏まえれば、SNSのアカウントを無理に解説する必要こそありません。どうしても運用したい場合は、SNSの運営者をキャラクター化したり、求人情報にそこまで関係のない日常的な投稿を行ったり、サイトやサービスの認知度向上などを目的に運用するのも手です。

薬剤師の求人サイトはどうやって集客すべき?

求人サイトという特性を考慮すれば、薬剤師の求人サイトも「扱っている求人数の多さ」がサイトの評価や信頼性に直結するのは言うまでもありません。とはいえ、新たに薬剤師の求人サイトを立ち上げた上で、求人数をゼロから増やして行くのは並大抵のことではないでしょう。いきなり手広く求人情報を扱っても、ほかの大手求人サイトに勝るサイトを作ることは困難です。もしも、ゼロから求人サイトを立ち上げるのであれば、優位性を持たせる意味合いで、「東京都の薬剤師求人」や「ドラッグストアの専門の求人」など、何かしらの条件を絞ったうえで徐々に求人案件を増やして行くことをおすすめします。

コンテンツの項で紹介した通り、専門職である薬剤師は業種こそ限られるものの「多様な雇用形態を実現しやすい」のが特徴です。そのため、薬剤師の求人サイトにおいても雇用形態ごとに求人案件を探せるように配慮がなされていますが、その特性を逆手に取るのも面白い方法と言えます。例えば、「派遣」や「正社員」など特定の雇用形態の薬剤師求人だけを集めても、ほかにはない優位性を求人サイトに持たせやすいでしょう。

もしも、すでに別の求人サイトを運営している場合は、運営する既存の求人サイトから独立をさせる形で、薬剤師の求人サイトを立ち上げるのも手です。この方法なら、新しいサイトを立ち上げるよりも、既存の求人サイトのネームバリューや求人案件を活かしやすいというメリットを得られます。既存の求人サイトの構造を流用できるので、サイト設計にかかる人的なコストも抑えることができるでしょう。

コンテンツのまとめ

今回は、薬剤師の求人サイトのコンテンツやデザインについて解説をしました。

もちろん、求人サイトの開設や運営をするうえで、「サイト以外」の部分で集客に繋げるのも構いません。薬剤師の求人サイトの中には、薬剤師向けの情報発信を行うアプリ開発を行ったり、イベント会場を設けて薬剤師の転職相談会を実施したり、求人サイトとは違った形でプロモーション展開を行っています。

冒頭の通り、「高い需要」と「多くの供給」が入り乱れている薬剤師業界では、数多くの求人サイトが運営されています。サイトの利用者も、薬剤師資格を取得したばかりの若年層も入れば、長らく資格を休眠させている高齢者層まで、多様な層のユーザーに分かれるのが特徴です。そのため、特定の層をターゲットとする場合でもない限り、薬剤師の求人サイトは「誰にとっても使いやすいサイト設計」が重要となるでしょう。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ