トップページへ戻る

製薬会社サイトのデザイン・コンテンツを解説する!

この記事を書いた人 :

製薬会社サイトのデザイン・コンテンツを解説する!

製薬会社が作る薬は、薬局やドラッグストアで販売されている「市販薬」から、医師が患者に処方する「医療用医薬品」に至るまで、その数は無数に存在します。製薬会社によって、取り扱う薬は大きく異なるほか、中には100年以上も販売が続けられる超ロングセラーの薬もあるほどです。そんな製薬会社の多くは、企業のコーポレートサイトを運営し、一般消費者や医療関係者に向けて様々な情報発信を行っています。大手の製薬会社ともなると、グローバルな企業展開を行うケースも珍しくなく、世界中の人を対象としたサイトを設計することもしばしばです。

さて、実際に製薬会社のサイト運営を担っている方、もしくは実際に製薬会社を経営している方の中には、製薬会社のサイトに掲載する「コンテンツの選び方」や「サイトのデザイン」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな製薬会社のサイトを開設したい方、またはリニューアルをしたいに向けて、実際のサイトを参考に「製薬会社のサイトのコンテンツとデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

製薬会社のサイトのコンテンツを学ぼう

メインビジュアル例

まずは、実際に運営されている製薬会社のサイトに、どんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。いずれも、日本国内における大手の製薬会社ばかりです。実際に掲載されているコンテンツを把握することで、「サイトに何を載せればいいのか」が把握しやすくなります。

市販薬の紹介

製品紹介は、製薬会社をはじめとした「メーカーのサイト」に不可欠なコンテンツです。どのサイトでも、風邪薬や胃腸薬、健康ドリンクなどのカテゴリを細かく分けた上で、自社の市販薬を紹介しています。中には、肩こりや肌荒れなどの症状から「最適な市販薬」を記述する形で、商品紹介を行うサイトもあります。「ユーザーの悩み」から「解決策を提示する」のは、古典的ではあるものの、スムーズな形で購買意欲を喚起するのに有効な方法です。

製品の紹介と併せて、成分や分量、効果効能、使用上の注意なども、同コンテンツ内に記述するサイトが多くなっています。ちなみに、膨大な量の商品を取り扱っている製薬会社などは、サイトが使い辛くならないように、「市販薬の情報だけを掲載したサイト」を別に設けることもしばしばです。

医療用医薬品の紹介

製品紹介の中でも、医師が患者に処方する医療用医薬品は、市販薬とは別に紹介されています。製品写真や成分などが掲載されている点は市販薬と同一ですが、副作用や安全性に関わる情報、インタビューフォーム(薬剤師向けの医薬品解説書)といった、医療関係者向けの情報が記載されているのが特徴です。

なお、製薬会社のサイトで「医療用医薬品のコンテンツ」を閲覧しようとすると、「医療関係者のみを対象としたページです」という注意が発生するようになっています。この注意に強制力こそありませんが、注意によって医師や薬剤師の方だけにコンテンツを見てもらえるように配慮をしているのです。なお、このコンテンツは一般の消費者への情報提供を目的としたページではないため、医学用語に注釈が付けられることもありません。

企業概要

コーポレートサイトに欠かせない企業概要のコンテンツは、製薬会社のサイトでも必ず存在します。社長の挨拶や経営理念、企業の歴史に至るまで、様々な項目で構成されるコンテンツです。とくに大手の製薬会社の場合、全国のグループ会社一覧などの、大企業ならではの概要が掲載されています。中には、個人投資家や株主に向けて、業績や財務に関わる情報を公開しているケースもあります。いずれも、企業の投資価値を分析するうえで必要となる項目です。製薬会社特有の項目としては、実際に医薬品を製造している工場の概要などが、企業概要の項目に掲載されています。

採用情報

製薬会社のサイトでは、採用情報を掲載しています。MRや研究職などの募集要項と共に、求める人物像や具体的な採用フローなどの情報が載っている仕組みです。いずれも、企業への就職を目指す新卒や中途採用者に向けた情報です。以上の点を踏まえれば、製薬会社のサイトには一般消費者、医療関係者、投資家、就職希望者など様々な人を対象としたコンテンツを掲載しているのです。

海外向けページ

製薬会社によっては、日本国内以外にも生産拠点を設けているケースもあります。グローバルな事業展開を行う製薬会社は、多言語に対応したサイトを作って、国外のユーザーに向けた配慮を行っていることも珍しくありません。単純に日本語と外国語をトグル方式で切り替えられるだけのサイトもあれば、国ごとに別個にコンテンツページを作るサイトもあり、サイトによって見せ方は大きく異なります。内部のコンテンツ自体は国ごとに大きく異なるというケースは少ないものの、好まれる色使いや流行などが異なる点から、配色やフォントデザインといった細かな部分を変更するサイトがほとんどです。

オンラインショップ

このほかにも製薬会社のサイトには、コンテンツとして製品の購入ができる、ECサイトとしての機能を持つサイトもあります。一般的なECサイトと変わらず、商品紹介や購入フォームなどが設けられ、直接メーカーから購入できる仕組みです。製薬会社ならではの特徴として、サプリメントや健康食品のように「継続して続ける商品」は定期購入を申請できるサイトが多くなっています。定期購入を使えば、いちいち商品を購入する手間がかからないというメリットがあります。

しかし、医療用医薬品や要指導医薬品はインターネットを通じた販売ができず、対面販売のみに限られます。そのため製薬会社のオンラインショップでは、メーカーのすべての商品を扱っているわけではなく、健康食品や化粧品、サプリメントなどの商品が多くなっているのです。

製薬会社のサイトはどんなデザインで設計されている?

製薬会社のサイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。冒頭で紹介した製薬会社のサイトでは、ファーストビューや画像素材をどのように設計しているのでしょうか。

製薬会社のサイトのファーストビュー

製薬会社のサイトでは、ファーストビューに「新商品の紹介」や「展開中のキャンペーン」、「企業理念」などが公開されています。複数の情報を同時に公開するため、スライドショーを設けるサイトがほとんどです。ファーストビューの商品情報の紹介は、季節にちなんだものが多いという特徴があります。分かりやすく言えば、夏場は熱中症や夏風邪、冬場は身体の冷えやインフルエンザなど、時期によって患いやすい病気は決まっているため、予防薬や対策グッズの紹介が行われるのです。

製薬会社のサイトのカラーリング

製薬会社は、医薬品を扱うという特性上、医療施設と同じく衛生管理が徹底されています。そのため製薬会社のサイトにおいても、清潔感のある配色が好まれるのが特徴です。例えば、背景色やバナーは白や青のような汚れた印象を与えにくい色がよく使われます。反対に、黒や茶色のような真逆の配色は製薬会社のサイトではあまり採用されません。

製薬会社のサイトのレイアウト

製薬会社のサイトで使われるレイアウトは、サイドバーを使用しない1カラムのレイアウトが大半です。コンテンツページへの移動は、ヘッダーに掲載されたGナビを使う仕組みです。コンテンツが多いサイトなどは、ナビにサブカテゴリなどを設けて、迷うことなく目的のページに移動できるように配慮されています。中には、商品紹介や企業概要などのページだけ、サイドバーを使用した2カラムのレイアウトを採用するサイトもあります。2カラムは、サイトの煩雑化を防ぎやすいため、商品紹介のように情報量が多いページにおいては最適と言えるでしょう。

製薬会社のサイトの写真

製薬会社では、商品写真や企業代表者の写真、キャンペーンのイメージキャラクターを務める著名人など、様々な写真が使われて入れます。写りの良い写真を使うに越したことはありませんが、密に写真を掲載すると、かえってサイトが見づらくなってしまいます。複数の写真を掲載する際は、余白などを設けて視認性を高める配慮をすると良いでしょう。

製薬会社のサイトはSNSを運用してる?

医薬品や健康グッズ、サプリメントなどを豊富に取り扱っているという特性上、製薬会社のサイトはSNSを積極的に運営し、自社商品の販促を行っています。商品情報だけではなく、サイトによっては健康に関するコラムやニュースを配信して、ユーザーに飽きられないよう多彩なコンテンツをSNSに投稿しています。このほか、大手の製薬会社ともなれば、テレビCMや商品プロモーション動画などをSNSに投稿することもあるほどです。豊富な商品情報とコンテンツ力を持って「サイト以外」の部分においても、販促活動を行っていることが分かります。

特に人気の高いSNSは、拡散性に優れるTwitterや写真投稿がしやすいインスタグラム、企業アカウントを開設しやすいFacebookなどが挙げられます。また、動画コンテンツを投稿しやすいYouTubeなども、動画プロモーションを手掛ける大手製薬会社には人気のあるSNSです。企業によっては、オフィシャルでイメージキャラクターを作ってSNSのアカウントを開設したり、企業担当者の名前を出したうえでSNSを更新したり、オフィシャルとユーザーとの距離を縮めてSNSを運用するサイトも多くなっています。

とはいえ、製薬会社に限った話ではありませんが、いきなり手広くアカウントを開設すると更新作業がままならないこともあります。最初は特定のSNSに絞ったり、必要な人員を確保したり、段階を踏んでSNSを運用していくことをおすすめします。

製薬会社のサイトはどうやって集客すべき?

サイト、テレビCM、SNSなど多様な集客やプロモーションを行っている点を考慮すれば、必ずしもサイトだけで集客を行う必要はないでしょう。とはいえ、オフィシャルサイトは企業の顔とも言える存在です。企業イメージや信頼性を考慮すれば、先で紹介したようなコンテンツやデザインなどを整えたうえで、公開したいところです。もしもサイトを開く目的が、自社製品の販売を強化である場合は、ECサイトとして機能させてもいいですし、人材募集であるならサイトに募集要項を掲載したり、応募フォームを設けたり、サイトの目的に合った形でサイトを設計するのが理想です。

コンテンツのまとめ

今回は、製薬会社のサイトにおけるコンテンツやデザインについて解説をしました。製薬会社によっては、目薬や胃薬など特定の医薬品に特化した商品開発を行うケースも少なくありません。「〇〇と言えば目薬」、「△△は胃薬の会社」といったブランドイメージを定着させたい場合は、サイト内でPRを行っても良いでしょう。自社の強みとユーザーが抱くブランドイメージが合致していれば、製品をより販売しやすくなります。

ちなみに製薬会社のサイトを作る際は、薬事法を中心とした法律に詳しい専門家やアドバイザーの手を借りることをおすすめします。例えば、医薬品の表示に「絶対に症状が良くなる」や「確実に治療できる」などの表示は、景品表示法により禁止されているため、商品の概要やパッケージに掲載することができません。こういった法律に抵触する表現を使用すると、サイトや企業の信頼性にも影響を及ぼすため、サイトやコンテンツの公開前は必ず「法律に抵触していないか」を確認するようにしてください。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ