トップページへ戻る

ペット保険サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

ペット保険サイトのデザイン・コンテンツを解説!

犬や猫のようなペットを対象とした民間の健康保険こと「ペット保険」は、数多くの保険会社が参入する事業です。日本国内では「社会保険」という国民が加入できる公的な医療保険が存在するため、万が一の病気でも医療費や入院費を安く抑えることができます。とはいえ、社会保険はペットには適応されないため、病気や入院の際に高額な治療費を請求されることもしばしばです。

公的な保険が無い分、ペットを飼っている方の中には「愛犬や愛猫のために健康保険に加入したい!」と考える方も少なくありません。こういったユーザーの声に呼応するように、民間企業が提供するペット保険には高い需要があるのです。不況下においてもペットを飼う方は多く、ペット産業が賑わう一方でペット保険の需要が伸びるのも道理と言えるでしょう。

さて、ペット保険への参入を検討している保険会社の中には、「ペット保険を扱うサイトを作りたい」と考える方も多いのではないでしょうか?今回は、そんなペット保険のサイト開設を検討する保険会社の担当者に向けて、実際のサイトを参考に「ペット保険のサイトのコンテンツやデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

ペット保険のサイトコンテンツを学ぼう

ペット保険の「PS保険」少額短期保険ペットメディカルサポート株式会社

公式|ペット保険シェアNo.1の【アニコム損保】

ペット保険ならアイペット損保【数々のNo.1受賞】

最初に、実際に稼働しているペット保険のサイトにどんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。上記ペット保険のサイトは、Google検索における「ペット保険」のキーワードで10位以内に表示される、ペット保険の大手サイトです。以下では、これらサイトにも掲載されている共通のコンテンツを詳しく解説します。

保険プランの内容

自動車保険や生命保険など、保険会社のWebサイトには必ず「サービスとして提供している保険プラン」が掲載されています。ことペット保険も例外ではなく、具体的な月額の保険料から補償内容、受け取れる保険料の金額に至るまで、サイト内で詳しく紹介されているのです。「より詳しいプランの情報を知りたい」という方に向けて、見積書や資料請求のフォームをコンテンツ内に掲載するサイトも珍しくありません。

このほか、プランの内容と併せて「ペット保険選びのポイント」などを紹介しているサイトもあります。ペット保険だけに限らず、民間保険は「どのプランに加入すべきか」が分かりにくいケースが少なくないため、複数のプランを用意している保険会社は「プランの選び方」をサイト内で詳しく解説しているのです。

犬の保険プランと猫の保険プラン

ペット保険のプランは、犬と猫で区分されていることが多く、サイト内でも犬と猫でコンテンツを分けたうえでプランの紹介を行っています。コンテンツ内では、犬がかかりやすい病気や犬の治療費など、保険プランを検討するうえで必要となる情報も犬と猫のそれぞれで掲載されているのです。保険会社の中には「犬」と「猫」という区分ではなく、「小型犬」や「大型犬」などのペットの大きさでプランを区分しているケースも散見されます。

保険会社によっては、ウサギやフェレットなどが加入できる保険プランなども存在しますが、犬や猫のようにサイト内で専用のコンテンツが設けられているケースは稀です。代わりに、ウサギやフェレットのようなペットは「小動物」というカテゴリで、その他に分類されることが多くなっています。

申込みフォーム

実際に保険へ加入したい方に向けて、申込みを行うフォームもペット保険のサイト内に用意されています。フォームと併せて契約に必要となる書類や加入条件などを掲載し、スムーズな形で契約が完了するように配慮されているのが特徴です。契約に必要な情報を入力するだけで契約が完了するサイトや、具体的な見積もりを出した後で申込みが行えるサイトなど、契約が完了するまでのフローはペット保険のサイトごとに大きく異なります。

「ペット保険とは」を紹介するコンテンツ

訪れたユーザーが「ペット保険の言葉そのものを知らない」というケースを想定して、ペット保険のサイトの多くは初心者向けに「ペット保険とは何か」を解説しています。ペット保険を詳しく紹介するかたわら「ペットには公的な保険が存在しないこと」、「無保険の治療費が高額になりやすいこと」、「加入が早いほど保険料が安くなること」などを強調して、プランやサービスの訴求に繋げているサイトがほとんどです。

中には、プランやサービスを紹介しつつ「ほかのペット保険との違い」を記述して、自社プランやサービスの優位性・メリットをアピールするサイトもあります。ひと通り紹介し終えた後、保険プランへの申込みフォームや見積もりフォームを配置するサイトもありますが、これは自動車保険や生命保険を扱うサイトでもしばしば使用される方法です。保険への加入を検討する見込み客を逃がさないテクニックと言えるでしょう。

ご契約者の方向けのメニュー

集客やプロモーションを担うコンテンツが多い一方、ペット保険のサイトには「すでにプランやサービスを契約してる方向け」のコンテンツも存在します。保険の契約後にも「保険金の受取方法」や「別のプランへの乗り換え方法」などの面で、迷ってしまうユーザーも多いため、契約者専用のコンテンツを設けて疑問の解消に努めているのです。このほか、契約しているプランや月額の料金を確認したいユーザーに向けて、契約内容が確認できるマイページを設けるサイトもあります。

契約者向けのページではなく、「よくある質問」というコンテンツを設けるサイトもあるほか、入力された疑問に対して最適な答えを自動返答するAI制御のチャットボットなどを配置するサイトもあるほどです。ユーザーの疑問を解消する方法は1つではなく、サイトに合わせて様々なコンテンツが配置されているのです。

ペット保険のサイトはどんなデザインで設計されている?

ペット保険のサイトに掲載されているコンテンツを学んだところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。冒頭で紹介したペット保険のサイトでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょう。

ペット保険のサイトのファーストビュー

ペット保険のサイトは、ファーストビューに「自社の強み」や「キャンペーンなどを掲載して、ほかの保険会社との差別化をはかっているサイトが目立ちます。ペット保険のプランは、月額の保険料や補償の充実度などの面で過当競争になりやすく、ユーザーによっては「どこの保険会社も同じに見える」という事態に陥りがちです。そこで、集客やプロモーションの効果を向上させるべく、サイトで最も目立つファーストビューの位置に、保険プランやキャンペーンを掲載しているのです。中には、ファーストビューにスライドショーを設けて、複数のプランやキャンペーンを同時にPRするサイトもあります。

ペット保険のサイトのカラーリング

ペット保険のサイトは、背景色に白や水色といった清潔感のある色、目立ちにくい色がしばしば採用されます。ペット保険のサイトでは、プランの紹介やキャンペーンなどのバナーを掲載するケースが多いため、極端に目立つ色にしてしまうとコンテンツがかえって目立たなくなってしまう可能性もあります。これらの点を考慮すれば、ペット保険のサイトに目立たない色を採用するのも、理にかなった方法です。

ちなみに、白色や青色は見る人に清潔感のある印象を与えやすいという特徴があるため、ペット保険に限らず「医療機関」や「歯医者」などのサイトにも採用されます。掲載する情報量が多いサイトは、背景色の色を控えめにすることで、コンテンツそのものを目立たせる効果が期待できます。

ペット保険のサイトで使用される写真

ペットを対象とした保険であるため、ペット保険のサイトでは様々な犬種や猫種の写真が使用されています。犬と猫が一緒に写る写真を掲載するサイトも多く、犬を飼っている方と猫を飼っている方の両方を見込み客として捉えていることが分かります。ペット保険に限らず、民間保険はプランの内容を分かりやすくするため、「加入対象の写真」がサイト内で多く使用される傾向にあります。極端に言えば、介護保険であれば高齢者の方の写真が、自動車保険のサイトであれば自動車やバイクの写真が使われる仕組みです。

なお、犬や猫以外を対象としたペット保険の場合は、保険に加入できる動物の写真を掲載しているサイトもあります。パっと見るだけで、どんなペットが保険に加入できるかが理解しやすくなるため、視認性の高いサイトをデザインするうえで写真は欠かせない存在です。サイトの印象をより良くするため、可能であればプロの写真家に撮影してもらった写真を使用することをおすすめします。

ペット保険のサイトはSNSを運用してる?

ペット(動物)という「写真映えに優れる素材」を扱っていることから、ペット保険のサイトはSNSを積極的に利用しているのも特徴です。数あるSNSの中でも、ペット保険のサイトはアカウントの作りやすさや写真投稿のしやすさに定評のある「Twitter」または「インスタグラム」のアカウントを所有することが多くなっています。

とりわけ、ペットの譲渡会やプレゼントキャンペーンなどのイベント告知用に使われることが大半です。手軽な情報発信が行えるというSNSの特性を活かし、リアルタイムでユーザーに届けたい情報の発信にSNSが用いられているのです。このほか「犬に与えてはいけない食材」や「猫のシャンプーの方法」などの、ちょっとしたコラムの配信が行われるケースもあります。反対に、直接的なペット保険のプロモーションが行われるケースは少なく、配信したコラムなどをブリッジページとして間接的な形でペット保険の訴求を行うことがほとんとです。

ペット保険のサイトはどうやって集客すべき?

ほかのサイトを参考にすれば、ペット保険のサイトで集客を行う場合「ペット保険について知らない方」と「すでに知っている方」の両方に向けてプロモーションを行うことをおすすめします。ペット保険の知識のないユーザーには「ペット保険の基本情報」や「無保険でペットを飼うことの危険性」、「保険の選び方」などを詳しく紹介してあげることは不可欠です。また、ペット保険についてすでに知っているユーザーには、ほかのペット保険のプランにはない優位性を示して、自社で運営するプランへの加入を促す必要があります。このほか、サイトやプランの信頼性を向上させるという目的で、実際に契約をした方のインタビューやアンケート結果などをサイト内に掲載するのも良いでしょう。

保険の加入を検討するユーザーが求める「うちのペットが加入した時の保険料」を割り出しやすくする目的で、見積もりフォームなどをサイト内に設置するのも良い方法です。このほか、ペットの飼い方や犬種図鑑といった「ペットに関わるコンテンツ」を掲載して、サイトに彩りを添えるのも手ですが、ユーザーにとって最も重要となるのは「プランの内容」や「保険料」、「補償金額」というサービスの根幹に関わる部分ということを留意しておきましょう。

コンテンツのまとめ

今回は、ペット保険のサイトのコンテンツやデザインについて解説をしました。ペット保険は、プランや補償の内容で加入するか否かを決めるケースが多いため、サイト上で良さやメリットを伝えるのはもちろん、「加入条件」や「支払い条件」などをしっかり明記しましょう。

これはほかの保険サービスでも同じことが言えますが、保険の中でもペットは犬や猫をはじめとした様々な動物を対象としています。動物ごとにかかりやすい病気は異なる分、保険プランの内容が複雑になってしまうことも少なくないのです。ユーザーの解釈の違いから、万が一の際に「保険料が支払われない」という事態が発生すると、後々トラブルに発展しかねません。これらの点を留意したうえで、ペット保険のサイト制作を行ってください。

ちなみに、ペット保険だけではなく火災保険や医療保険などを扱っている場合は、全部の保険サービスを紹介するポータルサイトを作るのも手です。ポータルサイトに枝葉のごとく下層ページを設けて、個々の保険サービスを紹介するように設計をすれば、ペット保険を含めたすべての保険サービスを扱うサイトが完成します。制作には相応の労力こそ発生しますが、サービスごとに一からサイトを作るよりも効率的です。なお、「すでにこの方法を実施している」というケースにおいては、新たな下層ページを作ってからペット保険を紹介すると良いでしょう。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ