トップページへ戻る

遺品整理サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

遺品整理サイトのデザイン・コンテンツを解説!

新しく自社サイトを作りたい、あるいは古くなったサイトをリニューアルしたい。しかし、サイト作りは作ることが最終目的ではありません。サイトをオープンした後、訪問してほしい消費者がたくさん集まり、自社サービス・商品を知っていただき、最後に自社のお客様になっていただくことが目的です。

「自社のサービスやこだわりが伝わるWebサイトを作りたい!」
「あのライバル社よりも人が集まるサイトのデザインにしたい!」
「時代遅れの古いホームページを、リニューアルさせたい!」

など、やりたいことはたくさんあるけれど、何から手をつけたらよいのか、どうすれば集客できるサイトが作れるのか、正直わからないのが本音ではないでしょうか。ここでは、そんな悩みを解決するために、遺品整理サイトを調査し、その内容を元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説します。

遺品整理会社のWebサイト企画担当者、あるいは遺品整理会社からWebサイト制作を依頼されたデザイン会社のデザイナー、プランナー、コピーライターなど制作に関わる方や、サイト制作で「成果を上げたい」とお考えの方は、参考にしてみてください。

あなたが制作したWebサイトを訪問した消費者が「ここの企業のサービスを利用してみたい!」と思ってもらえるような魅力的なサイトを作っていきましょう。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

遺品整理サイトのデザイン・UI

メインビジュアル

遺品整理は、故人が残した品を整理するセンシティブなサービスです。生前の人生を尊重しつつ、残された品々を一つ一つ丁寧に扱う仕事ですので、遺品整理を検討中の方がサイトを訪問した際、企業や担当者に「信頼性」を感じるかどうかが選ばれるポイントになります。特にメインビジュアルは、最初に見るところですので、ここでいかに「信頼性」を表現するかが重要になります。

メインビジュアルで参考にした「遺品整理プログレス」では、ファーストビューに遺品整理に取り組むスタッフの写真を背景に、「年間実績数」「即日対応可能」「遺品整理協会認定優良事業所」「遺品整理士在籍」など、遺品整理サービスの信頼性を証明する要素をふんだんに取り入れ、サイト訪問者に信頼性を訴求する意図を持たせたものになっています。

サイトカラー

遺品整理サイトのカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

5サイトのサイトカラー一覧

サイト ベース (背景色) ロゴ・キーカラー アクセントカラー
A ホワイト オレンジ、ブラック ブルー
B ホワイト グリーン ライトグリーン
C ホワイト グリーン ブルー
D ホワイト イエロー、ブラック ブラウン
E ホワイト ブラック グリーン

ベースカラーは、5サイト全てが「ホワイト」でした。ホワイトには、「神聖」「無垢」「清潔」といったカラーイメージがありますので、遺品整理サービスにも相応しいカラーではないでしょうか。ロゴカラーやアクセントとなるカラーも、癒しを感じさせるグリーンやブルーを活用する傾向が見られます。

フォントサイズとフォントファミリー

遺品整理サイトのフォントサイズとフォントファミリーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

5サイトのフォント一覧

サイト フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A ヒラギノ角ゴ Pro W3 ヒラギノ角ゴ Pro W3 MS Pゴシック
B メイリオ ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ
C メイリオ MS Pゴシック MS Pゴシック
D ヒラギノ角ゴ Pro W3 ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ
E ヒラギノ角ゴ Pro W3 ヒラギノ角ゴ Pro W3 MS Pゴシック

フォントサイズの平均は15.6pxでした。調査したサイトの中で最小サイズは14px、最大サイズは18pxです。最小サイズにしているサイトは、フォントサイズが小さめなだけではなく、サイトのデザインや文字の間隔などが、ぎゅっと集まった状態になっていたため、読みにくいと感じる人も少なくないはずです。フォントサイズが小さめでも、行間がある程度空いていれば、読みやすくなります。

また、フォントファミリーは、定番の「ヒラギノ角ゴ」に設定しているサイトやメイリオが設定されているのが確認できます。フォントサイズもフォントファミリーも、サイトの空気感をつくりだす要素のひとつです。デザイン的な使い方もできますが、いかにユーザーに読みやすく、わかりやすく視認させるかが重要となります。

今回紹介している調査データは、たった5サイトの傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさん隠されています。より多くのサイトデータを集めて、その傾向を分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーです。

とはいえ、集めなければならないデータを一人で調査して分析するとなれば、時間も労力も相当かかるでしょう。5サイトを調べてまとめるだけでも、4~5時間は要します。一人でやるのも面倒な作業を、ワンクリックで一瞬のうちに調査・分析してくれる方法があれば、どんなに助かることでしょう。

data maisonなら、その面倒な作業をワンクリックで「見える化」します!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。
あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、占い業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

今までの面倒な調査から解放される、魔法のような調査体験をぜひ経験してみてください。
もっと遺品整理サイトの傾向を知ろう!

絶対に欠かせない遺品整理サイトコンテンツ

サービス内容

遺品整理と一口に言っても、ユーザーが求めるニーズはさまざまです。「遺品の仕分け」「遺品供養」「遺品買取」「貴重品の探索」「生前整理」「特殊清掃」「不動産整理」など、サービスを詳しく紹介するコンテンツを用意しておきましょう。

サービス料金

遺品整理に関するトラブルの中で最も多いのが「料金」です。一度、現場を見てもらい、見積もりを出してもらってみたものの、「想定より物量が多かった…」という理由をつけて、見積もりになかった料金を勝手に追加請求する業者もいます。当然ユーザーは、依頼先を決める際、料金トラブルについても調べていますので、その不信感を払しょくするための、料金設定が大切です。「どの作業にいくらかかるのか」明朗会計であることをWebでもしっかり訴求しましょう。

対応エリア

サービス内容に興味を持ったとしても、「自分の依頼は対応エリア内なのだろうか…」と気になる方も多いでしょう。せっかく問い合わせしても、エリア外では相手をがっかりさせてしまいます。そこで、サービスが提供できる範囲を、Webサイト上でマップにして「見える化」しておくなど、サービス対応エリアも明確にしておく必要があります。

遺品整理業界のSEOリテラシー

遺品整理業者の規模によって、SEOリテラシーに大きな開きがありますが、全体的にみるとやや低い傾向にあります。サイト制作の予算がある場合には、SEOに力を入れて施策できているので、サイトデザイン、UI、コンテンツ、SNS対策も充実しています。一方で、数十年前に主流だったデザインを今も継続しているサイトも少なからず見受けられました。

サイトデザインの良しあしが、そのままサービスの良しあしを決めるわけではありません。しかし、古いタイプのサイトデザインや、モバイル対応ができていないサイトは、ユーザーに与える印象として良いとは言えません。せっかくサイトを訪問しても、デザインや文字の大きさ、書体などが見えづらくて読みにくい、他のページも見たいのに、どこを押せばよいのか分からず操作しにくい…、といった理由で離脱されてしまう可能性も十分あり得ます。

PC版のみならず、スマホ版での問い合わせや申し込みも増えることが予想されますので、新規オープン、またはリニューアルをする際には、しっかりPC・スマホ両方からの問い合わせに対応できるデザイン・UI・コンテンツの設計に注力しなくてはなりません。

遺品整理業界の集客やプロモーション方法

リスティング広告

インターネット広告の主流で、「検索連動型広告」とも呼ばれます。知りたい情報を検索した時、サイトの上位に「広告」と表示されますが、それがリスティング広告です。常時、サイト上位に掲載されるため目に留まるメリットがありますが、そのために多くの広告費を必要とします。

Googleマップ広告

「サービス名+地名」をGoogleで検索した時に、リスティング広告の次に出てくるのがGoogleマップです。例えば「遺品整理+東京」と検索したとしましょう。すると、Googleマップで東京の地図が表示され、かつ都内にどのような業者が存在するのか、会社の位置が「ピン留め」される仕組みです。自分が住むエリアに存在する業者の連絡先、Webサイトが分かるので大変便利です。

SEO対策

公式サイトをGoogleで上位表示させるには、「何のキーワードで上げたいのか」SEO対策を行う必要になります。リスティング広告と異なり、費用をかけずに自分で行えるメリットがあります。しかし、SEO対策の専門的な知識や時間が必要になりますので、外部委託するケースが多い傾向にあります。

広告掲載サイト

公式サイトをオープンしても、Googleでの上位表示が自力で行えない場合、すでに検索結果で上位表示されている「みんなの遺品整理」などの広告掲載サイトに掲載する方法もあります。遺品整理サービスにまつわる口コミ、評判、実績などを紹介することができます。

まとめ

遺品整理業界サイトについて調査してきましたが、デザイン、UI、コンテンツなどについては発展途上なサイトも多くありました。そのため、業界最大手の企業が業界全体のリテラシーを底上げしていってくれれば、より良いサイトやサービスが生まれるかもしれません。新たにサイトを開設するか、あるいは古くなったサイトのリニューアルを検討しているなら、ユーザーに快適に利用してもらえるよう、「デザイン性」「可読性」「操作性」にもこだわったサイト作りに取り組むことが大切です。そのためには、何より「先行事例」に学ぶことが一番の近道です。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。
 
 

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ