トップページへ戻る

介護施設・老人ホームサイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

介護施設・老人ホームサイトのコンテンツとデザインを解説!

食事や入浴といった日常的な介護を受けられる「有料老人ホーム」は、介護に関わる家族の負担を軽減できる特徴から、介護施設の中でも人気を博しています。「超高齢化社会」と謳われる令和の現代では、高齢者住宅や老人保健施設といった「高齢者向けの介護施設」が社会に必須です。出生率の低下も著しい点を考慮すれば、これらの施設は将来的にも需要は伸びることでしょう。高齢化は大きな社会問題として「解決を目指すべき」という声が挙がる一方、高齢者を対象としたサービスは、皮肉にも多くの企業が参入する「一大産業」となっているのです。

さて、実際に有料老人ホームのサイト制作を行う企業担当者の中には、有料老人ホームのサイトに掲載する「コンテンツの選び方」や「サイトのデザイン」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな介護施設のサイトを開設したい方、またはリニューアルをしたいに向けて、実際のサイトを参考に「有料老人ホームのサイトのコンテンツとデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

有料老人ホーム・介護施設のサイトのコンテンツを学ぼう

特別養護老人ホーム 小平グリーンてらす

東京都の介護付き有料老人ホーム グランマ八王子

東京都中央区の有料老人ホーム – サンシティ銀座EAST

まずは、実際に運営されている有料老人ホームのサイトに、どんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。実際に掲載されているコンテンツを把握することで、「サイトに何を載せればいいのか」が把握しやすくなります。

施設概要

有料老人ホームには、施設の内装や周辺情報、スタッフの数や客室数に至るまで、施設の詳しい情報が記載されています。老人ホームは、いわば高齢者が生活を送る「家」のような存在となるため、施設概要を公開して「安心して暮らせる」という点をアピールしているのです。旅館やホテルなどのサイトも、「安心して宿泊できる」という点を強調するべく、施設概要を赤裸々に公開していますが、「根っこ自体は同じ」と言えます。

コンテンツ内で有料老人ホームの内装や周辺情報を紹介する際は、写真を掲載するサイトが大半です。とはいえ、サイトの中には「VR(仮想現実)動画」などを用いるケースも少なくありません。「施設の細部まで見られる」という点は、施設によってメリットにもデメリットにもなり得ますが、よりリアルな形で施設を紹介したい場合は、サイト内にVRを掲載するのも手です。

施設の特徴

施設ごとに内装や周辺情報が違うように、有料老人ホームは「サービス内容」もそれぞれで異なります。そのため、有料老人ホームのサイトでは、「食事の献立」や「医療体制」といった、サービスをコンテンツ内で分かりやすく紹介しているのです。施設の特徴という区分で紹介をされているものの、端的に言えば「施設のメリット」や「いかに快適に暮らせるか」をアピールするコンテンツになります。なお、サイトによっては、施設の特徴をすべて施設概要のコンテンツに含ませるケースもあります。

また、有料老人ホームは入居者のレクリエーションとして、季節にちなんだ行事や誕生日会などのイベント行事が行われています。そのため、コンテンツ内で年間スケジュールを施設の特徴としてプロモーションを行うケースもしばしばです。

入居条件

有料老人ホームは、施設ごとに入居方法やプランなどが異なります。そこで、有料老人ホームのサイトでは、家族(介護者)の方に向けて、申込から入居までの条件をコンテンツ内で説明をしているのです。入居にかかる料金の内訳や具体的な支払い方法なども、入居条件のコンテンツに掲載するサイトが多くなっています。

ちなみに介護施設は、入居者がリハビリを行う「老人保健施設」や、認知症の方が少人数で共同生活をする「グループホーム」など、用途や目的に応じて種類が細かく区分されるほか、施設の種類によっても入居条件や料金が異なります。老人ホーム以外の施設も運営している企業の場合、それぞれの入居条件や料金をコンテンツ内に掲載するケースもあるのです。

資料請求フォーム

有料老人ホームの多くは、サイト内で紹介しきれない情報を掲載する目的、またはパソコンやスマホを使えない方に情報を伝える目的で、紙媒体の資料を用意しています。サイト内の専用フォームを通じて、依頼をすることで、家族や介護者の方に資料が届く仕組みです。顧客のデータ収集を行うため、資料請求フォームにちょっとしたアンケート機能を設けるサイトも珍しくありません。

ちなみに「老人ホームを実際に見てみたい」という方に向けて、サイトによっては資料請求と併せて「施設見学」を受け付けているケースもあります。そこで、資料請求のフォーム内に、見学希望者に向けた予約フォームを設けているサイトもあるほどです。見学や資料請求の希望者は、入居の意思がある見込み客となるため、請求フォームや予約フォームは「施設の入居者を増やす」のに重要となるコンテンツと言えるでしょう。

介護スタッフ・ヘルパー募集

有料老人ホームは、介護スタッフや看護スタッフ、日々の食事を作る調理員など、資格を有した様々な専門家が働いています。サイトによっては、有料老人ホームで働くスタッフを募集しているケースも少なくありません。コンテンツ内には、求人サイトのように応募資格や就業時間、具体的な給与などが掲載されているほか、そのまま応募ができるフォームを設けているサイトもあるほどです。介護業界は高まる需要と裏腹に、慢性的な人手不足に苛まれているため、サイトを通じて求人募集を行っているというわけです。サイト内で求人募集を行うと、求人サイトに出稿をする手間や費用を節約できるほか、中間業者を通さない分、素早く人材を確保できるのもポイントです。

検索フォーム

なお、有料老人ホームをはじめとした介護施設は、運営会社が「複数の施設を管理している」というケースが多くなっています。サイトの中には、同じ系列の老人ホームを検索できるサイトを作り、下層ページにそれぞれの施設を紹介するページを設けるケースもあります。有料老人ホームを紹介するだけのコンテンツだと必要性は薄いものの、「複数の老人ホームを紹介するポータルサイト」を作る上では、検索フォームは必要となるコンテンツとなるでしょう。

有料老人ホーム・介護施設のサイトはどんなデザインで設計されている?

有料老人ホームで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。冒頭で紹介した有料老人ホームでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょうか。

有料老人ホーム・介護施設のサイトのファーストビュー

有料老人ホームのサイトは、ファーストビューに「老人ホームの写真」を掲載するケースが多くなっています。「どんな施設なのか」を視覚的に分かりやすく紹介することで、家族や入居希望者の心理的なハードルを下げるという配慮が見て取れます。掲載する写真は、施設の外観や内装、入居者の日常風景やレクリエーション中の写真など様々ですが、いずれもファーストビューを通じて「安心できる施設」や「楽しい施設」などの部分をプロモーションしているのです。

有料老人ホーム・介護施設のサイトのカラーリング

有料老人ホームは、サイトのバナーや背景色に、橙色や小豆色のような暖色系、または木々や植物を思わせる緑色が好んで採用されます。いずれも「温かみのある落ち着く色」であるため「入居者が落ち着いて暮らせる」という雰囲気を出す上で最適な色です。介護施設を運営する企業のロゴマークなども、同系統の色が採用されるケースが多くなっています。ほかにも、清潔感のある青系統の色彩で老人ホームのサイトが構成されるケースも少なくありません

このほか、介護施設を運営する企業ロゴやイメージカラーに合わせる形で、サイト内の配色を決めているケースもあります。例えば、企業のロゴに緑または黄緑のカラーリングを使用している企業であれば、サイトのバナーや背景色も、同系統に近い色が採用されるというわけです。必ず使用するべきではありませんが、統一感のある色を使用したほうが、運営企業の理念やイメージをより伝えやすくなるでしょう。

有料老人ホーム・介護施設のサイトのレイアウト

有料老人ホームでは、サイドバーを使用しない1カラムのレイアウトがほとんどです。サイドバーを使わない1カラムは視認性が高く、高齢者の方にも閲覧しやすいサイトを設計できます。情報量の多いサイトの場合、レイアウトに2カラムが採用されることもありますが、有料老人ホームをはじめとした介護施設のサイトにおいては少なくなっています。

有料老人ホーム・介護施設のサイトの写真

コンテンツの項でも紹介した通り、老人ホームのサイトは施設の外観や入居者の写真など、掲載する写真がとても多い特徴があります。とりわけ入居者やスタッフの写真は、食事風景やレクリエーション中の写真など、見る人に対して「楽しさ」を喚起させるものが多く、入居後の生活をより鮮明に想像ができるよう工夫されています。老人ホームだけに限った話ではありませんが、写真の良さはサイトや施設の信頼性に繋がる要素なので、写りの良いもの掲載するに越したことはありません。

有料老人ホーム・介護施設のサイトはSNSを運用してる?

有料老人ホームのサイトは、SNSのアカウントを所有しているケースが少ないという特徴があります。様々な老人ホームを紹介する「介護施設のポータルサイト」であれば、サイトの販促やPRのために、TwitterやFacebookで介護や健康に関わる情報発信をすることもしばしばです。しかし、老人ホームそのものがSNSを所有することは少なくなっています。施設によっては、アカウントを「作りっぱなし」で、まったく更新されていないケースもあるほどです。

そもそも介護施設は、「写真映えする商材情報」などを発信しづらいため、SNSとの相性はあまり良くありません。おまけに有料老人ホームへの入居を検討する高齢者、または親を入居させたい中高年層は、若年層よりもSNSを使いません。端的に言えば、老人ホームは「SNSで投稿しにくい」、「投稿しても見込み客に刺さりにくい」のです。

とはいえ、完全に効果が期待できないというわけではなく、YouTubeなどのアカウントを所有して、テレビCM映像やPR動画などの動画コンテンツを配信するサイトもあります。投稿するコンテンツさえ用意できるのであれば、SNSを通じた情報発信などを行っても良いでしょう。

有料老人ホーム・介護施設のサイトはどうやって集客すべき?

有料老人ホームの多くは、サイト運営こそ行っているものの、「サイトのみ」で集客を行うことは稀です。規模の大きな施設であれば、テレビやラジオCMなどで販促を行っていますし、規模の小さい施設でも電車内広告やダイレクトメールといった様々な方法でプロモーションをはかっています。例えば、地域に密着した有料老人ホームを目指す場合、直接訴求ができる分チラシや新聞広告のような物理的な集客方法も効果を発揮しやすいでしょう。

入居者を増やす目的でサイト運営をする場合、見る方に対して「入居したい」または「家族に入居してもらいたい」という気にさせる必要があります。ほかの施設を参考にすれば、運営する有料老人ホームの特徴やメリットなどをプロモーションするのは必須となります。有料老人ホームは、「紙媒体の資料」を所有しているケースが大半なので、サイトを設計する際に資料をもとにコンテンツ作成を行うのも良い方法です。

コンテンツのまとめ

今回は、歯科医院のサイトにおけるコンテンツやデザインについて解説をしました。

冒頭の通り、将来的にも「高齢化社会」が確実視されています。「老化を抑制するテクノロジー」でも発見されない限り、有料老人ホームをはじめとした「介護に関わる施設」の需要は増大すると考えて良いでしょう。「放っておいても顧客が増える」という状況下においては、集客やプロモーション活動をする必要さえ無いかもしれません。

とはいえ、独占企業でもない限り、需要が増えれば供給も増えます。高い需要にかまけて経営が放漫になれば、ほかの介護施設に出し抜かれてしまい、業績の悪化は避けられません。集客の方法はインターネットだけに限られるわけではありませんが、入居者や見込み客の増加を目指す場合は、サイト運営を行うのも良い方法です。サイトを通じて、運営する有料老人ホームの特徴や魅力を存分に訴求できれば、高い需要の中で群雄割拠する介護施設を出し抜き、業績をアップさせやすくなります。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ