トップページへ戻る

保育園サイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

保育園サイトのコンテンツとデザインを解説!

保育園(または幼稚園)に入園ができない、所謂「待機児童」は、令和の現代でも社会問題となっています。この根深い問題を解消すべく、都心部を中心に保育園が新設されていますが、著名な保育園は、保護者の方に向けて「オフィシャルサイト」を運営しているケースも珍しくありません。

待機児童が問題となる一方、保育園の数が増えたことで、保護者の方の選択肢も広がりました。保育園の数が増えるほど、子供を持つ方であれば、「我が子をどこに入園させるべきか」と迷ってしまうのも道理です。そこで保育園の運営者は、選択がしやすくなるように、サイトを通じて情報提供を行っているというわけです。

さて、実際に保育園の運営している経営者の方、もしくは運営企業の担当者の中には、保育園のサイトに掲載する「コンテンツの選び方」や「サイトのデザイン」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな保育園のサイトを開設したい方、またはリニューアルをしたいに向けて、実際のサイトを参考に「保育園のサイトのコンテンツとデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

保育園のサイトのコンテンツを学ぼう



まずは、実際に運営されている保育園のサイトに、どんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。先に挙げたサイトは、東京都内で運営されている保育園のサイトです。実際に掲載されているコンテンツを把握することで、「サイトに何を載せればいいのか」が把握しやすくなります。

保育園の概要

企業のコーポレートサイトで「企業理念」や「事業内容」を記述するように、保育園のサイトではコンテンツ内で園の概要を詳しく紹介しています。サイトによって項目は異なりますが、「園内施設の紹介」や「1日の流れ」、「保育理念」など、子供を預ける保護者が知りたい情報を掲載している保育園がほとんどです。保育園に限らず、幼稚園や小学校といった教育機関のサイトでも、似たコンテンツが紹介されています。

ここで言う「保育理念」は、言わば「どのように子育てするか」という表明です。例えば、ほかの園児と仲良くする「協調性」や、自由に考えて行動する「創造性」など、伸ばす能力を掲載する保育園もあれば、「食育」や「ヨコミネ式」などの教育方針を掲載するケースもあります。園の特色が最も表れる項目と言っても過言では無いでしょう。このほか、サイトによっては保育園の沿革やクラス編成、職員構成などの項目が掲載されることもあります。

入園案内

入園案内は、実際に保育園へ子供を預けたい保護者のために、「募集要項」や「入園までの流れ」を詳しく説明するコンテンツです。保育園の定員数や入園対象となる子供の年齢、入園料などの情報が網羅的に掲載されています。中には、ほかの保育園との差別化や申込みの増加を見込んで、特定の条件を設けて入園料の割引キャンペーンを展開するサイトもあります。

また、ひと口に保育園と言っても、従業員の乳幼児を中心に預かる「企業内保育」、夜の間だけ開園をする「夜間保育」、短期間の間だけ乳幼児を預けられる「一時保育」など、その特色は園によって大きく異なります。2種類以上の受け入れのプランを設けている保育園の場合、分かりやすさを重視して入園案内を複数作るサイトもあります。

なお、保育園によっては保護者に向けて「入園説明会」を開催している保育園も珍しくありません。そのため、説明会の開催日時や場所の紹介も、入園案内のコンテンツに含ませているサイトが多くなっています。

保育士の募集

保育園のサイトでは、先に挙げたような「保護者向けのコンテンツ」だけではなく、保育園で働きたい「保育士向けの求人情報」も掲載されています。一般的な求人サイトと同様に、募集要項や必要となる資格、給与額などが細かく掲載されています。求人における応募フォームや問い合わせフォームなどを、併せて掲載しているサイトも多くなっています。

ちなみに保育園は、子育てを担う保育士以外にも、日々の給食を作る調理員や栄養士、子供の健康管理を担う看護師など、数多くの専門家が働く施設です。そのため、サイトによっては保育士以外の求人情報を掲載するケースもあります。外部の求人サイトに委託をして募集をする方法もありますが、求人サイトの利用は費用が生じるため、費用を抑えて求人募集をしたい時に重宝するでしょう。

問い合わせフォーム

保育園だけに限った話ではありませんが、サイト内で紹介しきれない情報に関しては、問い合わせフォームを通じて個々に対応することになります。網羅的に情報を掲載することも必要ですが、細かな質問をしたいユーザーに向けて、サイトの管理元に連絡を送れるようフォームを設けておくことは欠かせません。問い合わせフォームに届いた内容を基に、サイトを使いやすい設計にリニューアルするのも良い方法です。

また、昨今はAI(人工知能)を使った「質問応答システム」なども登場しているため、細かな質問に対する解答を人工知能に任せるケースもあります。メールに対して個別の対応を行うのは、大きな労力がかかるので、必要に応じてシステムの導入を検討しても良いでしょう。

検索フォーム

なお、保育園や幼稚園といった施設は、運営会社が「複数の施設を管理している」というケースが多くなっています。サイトの中には、同じ系列の保育園や幼稚園を検索できるサイトを作り、下層ページにそれぞれの施設を紹介するページを設けるケースもあります。「複数の保育園を紹介するポータルサイト」を作る上では、検索フォームは必要となるコンテンツとなるでしょう。

もっとサイトの傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

今回は、あくまでも5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと保育園サイトの傾向を知ろう!

保育園のサイトはどんなデザインで設計されている?

保育園のサイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。冒頭で紹介した保育園のでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょうか。

保育園のサイトのファーストビュー

保育園のサイトは、ファーストビューに「園児の写真」を掲載しています。とりわけ、保育園の施設内や園外で遊ぶ様子を写した写真が多く、「子供が楽しく過ごせる」という点を強調するサイトがほとんどです。スライドショーで複数枚の写真を表示させたり、動画として流したり、掲載方法に工夫を凝らす保育園もあります。中には、写真と併せてファーストビューに「保育理念」を掲載するケースも多く、「どのような保育園なのか」をひと目で伝えられるように配慮しています。

保育園のサイトのカラーリング

保育園や幼稚園のような子育てに関わる施設のサイトは、背景やバナーの配色に「パステルカラー」のような、優しい色合いを採用するサイトがほとんどです。彩色の方法として、色鉛筆や絵の具のような塗り方をするサイトも多く、さしずめ「絵本」のような雰囲気を醸し出すサイトが多くなっています。端的に言えば、子供を預かる保育園という特性上、サイトにも「子供らしさ」を取り入れて設計するケースが多いのです。サイト内で使用されるイラストなども、硬さを感じにくい「手書き風」で描かれたものが多くなっています。

保育園のサイトのレイアウト

保育園のサイトでは、サイドバーを使用しない1カラムのレイアウトがほとんどです。サイドバーを使わない1カラムは視認性が高く、誰にとっても閲覧しやすいサイトを設計できます。情報量の多いサイトの場合、レイアウトに2カラムが採用されることもありますが、保育園をはじめとした教育や子育てに関わるサイトにおいては少なくなっています。

保育園のサイトの写真

ファーストビューの項で紹介した通り、保育園のサイトでは「園児の写真」や「施設の写真」が掲載されています。保育園の様子を視覚的に分かりやすく伝えたい際には、写真または動画などが重宝するでしょう。ただし、園児の写真を「無許可で掲載する」のは、著作権侵害に該当するため、必ず保護者の方に許可を取った上で掲載してください。

なお、「人物を特定できない写真」であれば掲載許可は不要であるため、「園児の顔だけをぼかす」という形で写真を掲載することも可能です。これは小学校や中学校のオフィシャルサイトでしばしば使われる方法ですが、サイト全体が不気味な雰囲気になるデメリットがあるため、あまりおすすめのできない方法です。ちなみに、施設の写真であればサイトへ問題なく掲載できますが、所有権がない被写体に関しては、園児の写真と同様に許可が必要です。

保育園のサイトはSNSを運用してる?

保育園のサイトは、TwitterやFacebookといったSNSをあまり利用していません。中には、七夕やクリスマス会といった保育園で行われた行事イベントをSNS上で行うケースもありますが、「子供の写真をSNSに使われたくない」と考える保護者も多く、積極的な投稿は困難です。投稿のたびに許可を取るのにも、逐一写真を修整するのにも、多大な労力が発生しますし、SNSの運営管理を担う人材を確保できる場合は、アカウントを所有してコンテンツの投稿を行うのも手ですが、仮にSNSのアカウントを所有するにしても「園児や保育士の募集」などが無難な用途です。

とはいえ、保育園の宣伝や販促にSNSを使うのは難しいものの、「連絡網」としての用途などは問題なく利用できるでしょう。例えば、LINEのように「特定の人だけに情報発信がしやすいSNS」を使えば、子供の保護者に対してお便りや給食の献立表などを発信できます。通信機器が世間に普及した令和の現代においては、保護者が「スマホを持っていない」というケースも少なく、安心して導入ができます。

ちなみに、保育園の運営母体である企業またはNPO法人などは、子育てや教育などの事業展開を行っているケースも多く、SNSを通じてコラムやニュースなどの情報発信を行うケースも少なくありません。使い方次第で、保育園の運営にもSNSを活用できるというわけです。

保育園のサイトはどうやって集客すべき?

保育園のサイトは複数の用途で利用されるケースが多い分、開設の際は「サイトの目的」をはっきりさせることが欠かせません。例えば「入園希望者を増やしたい」場合は、保育園の特徴やメリットを紹介するコンテンツを充実させましょう。サイトを通じて、保護者の方に「保育園の魅力」を十二分に伝えられれば、入園者の増加が期待できます。機械損失を防ぐために、入園の流れを詳しく紹介したり、申込書のダウンロード用フォームを用意したり、スムーズな形で入園手続きができるよう配慮しておくことも欠かせません。

反対に、入園者は十分でも「施設で働く職員を募集したい」という場合は、サイト内で採用情報のコンテンツを充実させる必要があります。もちろん求人情報は、賃金や福利厚生などによって応募者が増減するものの、ファーストビューのようにサイトの目立つ場所に採用情報を配置して、応募しやすい状態に整えておくことは必須です。

なお、保育業界は「人手不足に苛まれやすい」という特徴もありますが、サイトやSNSを稼働する際は、運営を担う人またはチームを決めておくほうが良いでしょう。中には、数年近くまったく更新されていない保育園のサイトなどもありますが、あまりに長期間の放置を重ねていれば、保育園の印象も悪くなってしまいます。デザインの古さや使い辛さを感じた際は、リニューアルを検討するのも手です。

コンテンツのまとめ

今回は、保育園のサイトにおけるコンテンツやデザインについて解説をしました。保育園のサイトによっては、英語表記の切り替えに対応させているケースもあります。国籍に囚われず、グローバルに園児を受け入れるという方針の保育園であれば、サイト内でも言語の配慮が必要です。ちなみに保育園のサイトは、施設の特徴が似通っている分、「幼稚園のサイト」と類似した設計になっています。保育園は「子供の育児」を担い、幼稚園は「子供の教育」を担うという違いこそあるものの、サイトを設計開発するうえでは、どちらのサイトも参考になるでしょう。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ