トップページへ戻る

ネイルサロンサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

ネイルサロンサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「ネイルサロンを始めるにあたってサイトを作りたいけれど、何から手を付けたら良い?」
「今のサイトをもっと使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」
「もっと予約が入るサイトに改善したい」

この記事では、ネイルサロンのサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
エステ事業を手掛けるオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ予約したい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は「ネイルサロン」で検索をして上位に表示された6サイトを確認しています。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

ネイルサロンのサイトのデザイン・UI

メインビジュアル

今回調査したネイルサロンのサイト(6サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、以下のようなメインビジュアが設定されていました。

●メインビジュアル例
 

ネイルサロンのメインビジュアルは、スライドショー形式になっており4~5枚の画像が用意され表示されるものとなっています。メインビジュアルの内容としては、色とりどりのネイルチップが並べられた写真、ネイルが施された手元・足先が写り込むような写真などです。ユーザーに「このサロンではこんなネイルができます」と最初に伝えられるようなメインビジュアルとなっています。

上記に例として出している「Nail Quick」の場合、綺麗にネイルが施された写真2~3枚と、ネイルサロンのキャッチコピーがメインビジュアルとして用意されていて、スライドショーで表示が切り替わるようになっています。どんなネイルサロンなのか情報を知るためにサイトを訪れているユーザーが多いので、美しい指先の写真が最初に目に入ることで「私もやってみたい」と思わせる演出となっているのです。他にも上記の例に出している「abbie」では、ユーザーに多彩なデザインのネイルができることをアピールできるような、色とりどりのネイルチップがランダムに並んでいる写真をメインビジュアルとして採用しています。

このように、同じネイルサロンでもメインビジュアルを変えることで、雰囲気や印象を変えられます。あなたのサイトは、どんなイメージをユーザーに与えたいと考えているのでしょうか?決まっている方向性によって、用意するべきメインビジュアルも変わってくるので、しっかりテーマを固めた上で進めましょう。

サイトカラー

ネイルサロンのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●6サイトのサイトカラー

今回調査したネイルサロンのベースカラーは「ホワイト」だけではなく、「ピンク(グラデーション)」も設定されていました。
また、ロゴ・メインカラーは「ピンク」が圧倒的人気で、女性向けサイトの優しく可愛らしい色味が多いです。一方で、2サイトはロゴ・メインカラーを「ブラック」に設定して、シックで上品なイメージを与えるような色味のサイトもあります。

アクセントカラーに設定されている色も「ピンク」が圧倒的に多いです。しかし一口に「ピンク」といっても、明るいものから暗いもの、ビビットから柔らかいものと少しずつサイトによって採用している「ピンク」に違いがあります。傾向としては、紫に近い「ピンク」、ベージュに近い「ピンク」が採用されていますので、その明度や彩度によって印象も変わるのです。

サイトカラーはメインビジュアルと同様に、サイト全体の雰囲気・イメージを決めるのが「サイトカラー」です。ユーザーに伝えたいサイトのコンセプト、サービスのイメージに合わせた自分たちらしい配色などを選びましょう。

フォントサイズ・フォントファミリー

ネイルサロンのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみたところ、以下のような結果になりました。

●6サイトのフォントサイズ・フォントファミリー

6サイトのフォントサイズを調べたところ、平均フォントサイズは、14pxでした。調査した中で最小サイズは12px、最大サイズが16pxとやや小さめか、標準的なフォントサイズです。一部サイトではフォントサイズが小さく、さらに行間が詰まり過ぎていることもあってテキストが読みにくい部分もありましたが、全体的には読みやすく・見やすいフォントサイズと言えます。

またフォントフォミリーについても調べたところ、全体的に「ヒラギノ角ゴシリーズ」が多く採用されていました。6サイトとも、そこまで大きなバラつきはありませんでしたが、Bサイトのみ「MS Pゴシック」のみを設定しています。

「MS Pゴシック」というと、Windows OSのパソコンを使っている人であればお馴染みのフォントですよね。これ自体は、見慣れていますし使っても問題はないのですが、デザイン面ではちょっと残念な部分があるフォントでもあります。いくつか残念な部分はあるものの、特に「ひらがな」は文字の太さがバラバラで統一感がないためデザイナーからはあまり支持されていないフォントです。そのためサブのフォントファミリーとして採用されることがあっても、メインで使われることはほとんどありません。

しかし今回、調査した中の1サイトで「MS Pゴシック」が採用されていました。これは、サイト自体が古いデザインであることから数年前のままリニューアルがされることがなく今まで来ているため、このような結果になっているのだと考えられます。「MS Pゴシック」が悪いわけではないのですが(むしろ馴染み深いけど)、もし最新のデザインにサイトをリニューアルする場合には、なかなか合わせにくいフォントファミリーかもしれません。近年はデザイン性と読みやすさ・分かりやすさのバランスが取れている人気の「ヒラギノ角ゴシリーズ」が色々なサイトでも採用されやすくなっています。

今回のデータは、6サイトをまとめた傾向値でしかありません。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、ネイルサロン業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

「プラン内容・料金紹介」に関わるコンテンツ

ネイルサロンのサイトに欠かせないコンテンツと言えば「プラン内容・料金紹介」に関わることですよね。

● プラン内容・料金紹介ページ

ネイルと言っても種類は豊富で部位によって「手元のマニキュア」「足元のペデキュア」、ネイル自体の種類の違いで「ジェルネイル」「スカルプネイル」など多種多様です。「どんなネイルができるのか?」をユーザーは知りたいため「プラン内容・料金紹介」は、ネイルサロンには欠かせないコンテンツとなっています。

プラン内容・料金紹介ページを見るユーザーは、「このネイルサロンではどんなコースがあるのか?」「コース内容はなんなのか?」「金額はいくらなのか?」などの疑問・不安をもっています。それらを解消するためにも、「コース内容」「金額」は最低限記載するべき内容です。

「ネイルデザイン」に関するコンテンツ

今回調査したネイルサロンに共通していたコンテンツのひとつとして「ネイルデザイン」に関するコンテンツがあります。

● ネイルデザインに関するページ

ユーザーに対して、どんなネイルを施せるのか紹介できるコンテンツとして「ネイルデザインの紹介ページ」は重要です。というのも、「どんなネイルをしてもらえるのか?」が具体的にわかれば、やってほしいネイルができるのか、できないのかの判断がしやすくなります。
また、様々なネイルデザインを紹介することで、ユーザーが「良い」と思ったデザインを見せることができれば、「私もこのネイルをやってみたい」と思わせて来店に繋がるかもしれません。

上記の例のように、ネイルのデザインを紹介したり、カラーやテイストから紹介したりするとユーザーも自分に合った探し方で見つけることができますよ。また、このサイトでは「利用シーン」から探す方法もあり、「ビジネス」「イベント」「結婚式」などによっておすすめのネイルデザインを紹介することで、よりユーザーは自分の好みに合ったネイルを探せるようになって親切です。

店舗情報・アクセス情報に関するコンテンツ

ネイルサロンのサイトの最終目的は、店舗への集客です。どんなにサイトに集客ができても、ネイルサロン(店舗)にユーザーが来なければ意味がありません。そのためネイルサロンのサイトにとって、実店舗への案内は欠かせないコンテンツとなっています。

店舗情報としては、全国展開をしている大手ネイルサロンであれば全国にどれだけあるのかわかりやすく都道府県別で紹介したり、最寄り駅から検索できたりするシステムを使って紹介する方法がありますので活用しましょう。

また、店舗ページを作成したら基本情報を掲載しましょう。
店舗情報として載せるべき内容は「店舗名」「住所」「電話番号」「営業時間」「最寄り駅からのルート案内」などです。最寄り駅からのルート案内をする場合には、見た目でもわかりやすいようにGoogleマップなどを用いて場所を見せてあげると親切と言えます。

「ネイルサロンの特徴ページ」のコンテンツ

今回調査した6サイトで必ず掲載されていたのが「ネイルサロンの特徴・品質ページ」です。

● ネイルサロンの特徴

上記のように、ネイルサロンのコンセプトや特徴、選ばれる理由などが必ず掲載されています。
これは、ネイルサロンからユーザーに向けた「サロンの強み・売り」を伝えるページとなっており、サイト内で欠かせないコンテンツのひとつです。

なぜなら、ネイルサロンを探しているユーザーの中には、どのネイルサロンを選んだら良いのか迷っている人も多くいます。多くのユーザーは、複数のネイルサロンを比較して選ぶのですが、その際に「特徴」がなければ印象にも残らず選ばれません。また、特徴があったとしてもサイト内でしっかりアピールできていなければ、ユーザーもわかりません。

そのため、ネイルサロンではユーザーに知ってほしい「このサロンならではの特徴、強み、売り」などを伝えるために「ネイルサロンの特徴・品質」ページを作成しているのです。

ネイルサロンの集客やプロモーション方法

ネイルサロンの予約サイトへの登録をする

ネイルサロンをオープンさせ、サイトも制作したら関連するジャンルのキーワードで上位表示をさせて、ネットで集客をしたいところですよね。しかし、近年はサロン予約サイトが多くあり、そこからユーザーが予約をして選んでくることが多くなっています。
知名度があるネイルサロンやリピーターは、直接公式サイトに訪れることもありますが、オープンして知名度もほとんどないネイルサロンは、店舗やサイトへの集客のためにも予約サイトに登録するのが得策です。

ネイルサロンの予約サイトと言えば、ホットペッパービューティー、minimo(ミニモ)、ネイルブックなどがあります。
これらの外部プラットフォームは、利用者も多いため掲載することでのサイトや店舗への送客は一定数見込めます。ただし、外部プラットフォームによっては掲載費もかかるため、やみくもに登録をすると手数料がかさんで経営が苦しくなってしまうことも考えられます。外部プラットフォームは、必ず利用しなければならないものでもありませんので必要に応じて登録してください。

ネイルサロンのSNS運用状況

ネイルサロンの規模によって集客方法は若干変わりますが、近年多く利用されているのがインターネットを使ったプロモーション方法です。
その中でも、特に活用され始めているのが、ソーシャルメディア広告となっています。

ソーシャルメディア広告の強みは、届けたいユーザーに詳細にターゲティングして広告を見せられる点です。
年齢、性別などはもちろん、様々なデータを元にターゲティングできるようになっているので、活用しているサイトも多くなっています。
ソーシャルメディア広告を出稿するにはアカウントが必要となるため、ネイルサロンの運用SNS状況も確認しました。

● SNSの運用状況

今回調査した6サイトの運用SNS状況を確認したところ、「Instagram」が多く運用がされていました。次いで「Twitter」「Facebook」の順となっています。ネイルサロンとInstagramはとても相性が良い組み合わせです。というのも、ネイルサロンのメインターゲットでもあるユーザーが多く利用しているSNSであることと、ネイル自体が「写真映え」するものとなっているためです。

「ネイルサロンに欠かせないコンテンツ」として「ネイルデザイン」について話しましたが、デザイン例として「Instagram」の投稿と連動させてコンテンツとして掲載をしているサロンも少なくありません。Instagramではサイトに埋め込めるようなタグもあるため、簡単に掲載ができます。SNSでの集客として投稿した内容をコンテンツとしてそのまま活用できるのでInstagramの運用をオススメします。

また、「YouTube」や「CHANNEL」といった動画を使った集客もできます。写真や動画で映えるネイル写真を撮影して投稿することで、有名無名にかかわらずファンを増やせるきっかけ作りができるかもしれません。「ネイルの訴求」だけではなく、「ネイルサロンのブランドイメージ向上」などにも役立ちますので、ぜひSNSを活用してみましょう。

ネイル業界の現状と今後について

ネイルサロン数は、2019年の調査によると約25,000店あるとされています。(※NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)より)
今後もネイルサロンの数は増加すると思われる」という見解があり、ますます競合が増えていくと考えられているのです。
確かに、主要都市を歩いてみると、そこかしこにネイルサロンがありますよね。

ネイルサロンは、テーブルとイスさえあればできるので、狭いフロアの片隅でもお店を作り集客することが可能なのです。
さらに、個人のネイリストの場合では自宅をネイルサロンとして仕事をしている人もいますし、出張ネイルなどもあるので新規店舗の数は確実に増えています。その一方で、閉店・廃業してしまう店舗や個人事業も確かにあるため、新規参入がしやすい一方で生き残っていくには営業努力も必要です。

ネイルサロンのプロモーション方法として、インターネットの活用が年々増えているように、大手ネイルサロンではWebサイトに力を入れています。まだまだ、SEOリテラシーは全体的に見て高くはない業界のため、大手ネイルサロンが先導をしていくことに期待をしています。
新たにネイルサロンをオープンしたり、リニューアルをしたりする祭には、よりインターネットを使った集客方法が取り入れていきましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円~※からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐdata maisonに会員登録しましょう!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ