トップページへ戻る

格安SIM・スマホサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

格安SIM・スマホサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「大手に負けない魅力が伝わるホームページを作りたい!」
「最新デザインのホームページに変えたい!」

Webサイトはあるものの、なかなか集客や売上に貢献できず、上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、格安SIM・スマホのサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
格安SIM・スマホ事業者のオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「契約したい!」と思えるような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

格安SIM・スマホのサイトデザイン・UI

メインビジュアル

格安SIM・スマホサイトのファーストビューは、お得なプランを紹介するメインビジュアルが設定されています。(2020年12月時点)

●メインビジュアル例

具体的には、最も安い月々の料金プランを紹介する画像、期間限定で契約・購入できるお得なキャンペーン画像などが、4~5枚程用意され、どちらもスライドショー形式で表示されるようになっています。

例えば、「楽天モバイル」であれば、楽天ならではの楽天ポイントと絡めたキャンペーン、他サービスとのキャンペーンなどを、実際のスマホ画像を使いながら打ち出しています。一方、「mineo」の場合は、学生などからも支持を得ている独自の最安プランをコミカルに紹介するため、イラストを多く使ったメインビジュアルとなっています。

このように、ユーザーに伝えたい「内容」はほとんど同じでも、メインビジュアルのデザイン(見せ方)が変わるだけで、与える印象も異なります。どんな内容を、どういうイメージで伝えたいのかは、サイトのコンセプトやサービスの方向性によって違うはずなので、自社にあったデザインのメインビジュアルを用意して設定するようにしてください。

アイコンデザイン

格安SIM・スマホのサイトで特徴的なのが「アイコン」です。
各サービスを紹介するメニューに、シンプルながらも直観的にわかる「アイコン」が使われています。文字だけのメニューが一般的ですが、アイコンも一緒に設定されていれば、文字を読まなくてもなんとなく理解でき直観的な操作が可能です。

●アイコンデザインの例

また、「mineo」のグローバルメニューは、他の格安SIM・スマホサイトと比べても特徴的です。
赤枠で囲っている部分が、グローバルナビゲーションの位置です。画面下にグローバルナビゲーションを持ってくるサイトは、他にもありますが、「mineo」の場合は指での操作性だけではなく、視認性を高めるアイコンとカラーを使い、さらにスライドすることで隠れているメニューが表示するギミックを組み合わせてユーザー体験を向上させているのです。

こうしたサイトの使いやすさの工夫は、直接的な売上をもたらすわけではありませんが、UIデザインは今後もっと重要な存在になるので、今からでも使いやすさに焦点を当ててサイト制作をしていきましょう。

サイトカラー

格安SIM・スマホの7サイトを調査したサイトカラーの結果は以下の通りでした。

●7サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・キーカラー アクセントカラー
A ホワイト ブルー×ネイビー オレンジ
B ホワイト グリーン イエロー
C グレー ビビットピンク ネイビー
D ホワイト ブルー×ピンク グレー、ネイビー
E ホワイト イエロー×ネイビー ネイビー
F ホワイト ブルー ピンク
G ホワイト ピンク グリーン

ベースカラーは「ホワイト」が一番多く、一部サイトで「グレー」が設定されていました。
ロゴやメインカラーは「ブルー」や「ピンク」のサイトカラーが多い傾向です。格安SIM・スマホのサイトは、ロゴのカラーリングをメインカラーになっていることが多いので、新規参入する場合には、既にあるブランドと被らないようなカラーにする方が良いでしょう。

また、アクセントカラーには、メインカラーと同じカラーのパターンと反対色を使用するパターンにわかれます。全体的に、明るい色味が多くポップな印象の色合いが多い傾向です。サイトカラーを決める際には、コンセプト・メインターゲットを考えて、ユーザーに「どう見せたいか」を考えた上で選ぶようにしてくださいね。

フォントサイズとフォントファミリー

格安SIM・スマホサイトのフォントサイズ、フォントファミリーを調べました。

●7サイトのフォントサイズ・フォントファミリー

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 14px メイリオ Noto Sans JP ヒラギノ角ゴ Pro W3
B 12px ヒラギノ角ゴ Pro W3 ヒラギノ角ゴ Pro W3 Hiragino Sans
C 16px Noto Sans JP sans-serif
D 15px Noto Sans JP Droid Sans ヒラギノ角ゴ Pro W3
E 20px Noto Sans JP ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ
F 20px Helvetica Neue Helvetica Arial
G 13px Hiragino Sans ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ

格安SIM・スマホサイトで使われていたTOPページ内のフォントサイズの平均は16pxでした。調べたサイトの中で最小サイズは12px、最大は20pxで、ほとんど違いがなく標準的なフォントサイズに設定しているサイトが多いようです。また、フォントファミリーを調べてみたところ「Noto Sans JP」や「ヒラギノ角ゴ ProN W3」「メイリオ」などが採用されています。

今回は、7サイトのデータなので、傾向値を出すにはやや不十分ですが、サイト制作中に悩みがちなフォントサイズやフォントファミリーの設定においての参考として活用してくださいね。

平均的な傾向値を見たい場合は、もっと多くの格安SIM・スマホのサイトを調査し分析しましょう。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中にたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?

…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと格安SIM・スマホ業界のサイト傾向を知ろう!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

料金プランページのコンテンツ

「格安SIMにしてみたいけど、料金が高くなったらどうしよう?」「もし使えなかったらどうしよう?」など、料金に対して安に思っているユーザーも少なくありません。そんなユーザーの不安をなくしてあげるためにも、わかりやすい「料金プラン」の明記が必要です。

●料金プランのページ例

例えば、楽天モバイルの場合は、明確に「docomo、au、Softbank」の3社と料金を比較する形で、料金プランの安さを紹介しています。明確な金額の比較なのでわかりやすいですよね。また、BIGLOBEモバイルの場合は、複数あるプランの中から「人気のプラン」と「お得なキャンペーン」の料金を比較して紹介しています。ユーザーに「このプランが人気」と知ってもらい選びやすくしています。

今までの携帯会社の料金プランは複雑でわかりにくいイメージがありましたが、格安SIM・スマホのサイトはネット完結型の契約が中心なので、ユーザーが理解できないと申込みもされないため、誰にでもわかりやすくなるようプランを明記しています。
ユーザーが安心してプランを選べるようにするためにも、こうした工夫は欠かせません。

申込みガイドページのコンテンツ

格安SIM・スマホを契約する際に、事前に確認しておくべきことをまとめた「申込みガイド」もサイト内に欠かせないコンテンツです。

●申込みガイドのページ例

はじめて契約をするユーザーが知りたいと思うのが「申込みに必要な書類」や「申込みの流れ」などです。
基本的に、どのサイトでも同じような流れになるはずですが、実際にネットや店舗で契約する際の流れが記載されていない場合、疑問を持ったユーザーは不安になって、契約をやめてしまう人も出てくるかもしれません。そうならないためにも、「申込みガイド」のように、必要な書類や準備、契約までの流れをまとめたコンテンツがあれば、ユーザーは安心して利用できるでしょう。

チャットボットを活用したコンテンツ

最近は、チャットボットを活用する格安SIM・スマホサイトも増えていて、先に挙げている料金プラン、検索、よくある質問などをチャットボットが答えてくれます。

自社サービスについて機械学習をしたAIが様々な問い合わせに応えてくれることで、オペレーターなどの人員の工数軽減が期待できます。予め、答えを準備しておいて答えるパターンのものは便利ですし、ユーザーにとっても気兼ねなく質問ができるのでお互いに利用価値のあるコンテンツと言えるでしょう。

定形分ではなく、より細かい返信をする場合は人が対応するチャットボットもあります。電話で対応するよりも、文字として残るので相互確認もしやすく、複雑なプランを紹介する際などに役に立ちます。今後、チャットボットが進化していけば、誰でも簡単にネット契約で完結できるようになっていくのではないでしょうか。

格安SIM・スマホの集客やプロモーション方法

格安SIM・スマホのプロモーションする方法として、マスメディアを利用したプロモーション方法があります。今回調査した格安SIM・スマホの企業は、大手企業が多いためテレビCMや雑誌などで広告を見ている人も多いのではないでしょうか。

ただし、格安SIM・スマホ事業者は大手ばかりではないため、マスメディア以外を使った方法として、インターネットを使った「リスティング広告」「ソーシャルメディア広告」などが挙げられます。

格安SIM・スマホの企業が運用するSNSを見てみると、以下の通りでした。

●7サイトの運用SNS

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE YouTube
A
B
C
D
E
F
G

Twitterを運用しているサイトが多く、次いでFacebook、YouTubeとなっています。
すべてのサイトで利用されているTwitterの投稿内容の傾向は、次々に打ち出されるキャンペーン案内やイベントシーズンのお得な情報などです。Twitterの利用者は幅広い層がいるため、キャンペーンを打ち出す際にも広報しやすく非常に使いやすいSNSとなっています。

最近は、YouTube広告に格安SIM・スマホの広告が出ることも増えています。新規契約につながるターゲットが多く利用するSNSだからこそ、各社アカウントを運用したり、チャンネルを開設したりしているのです。

また、SNSはユーザーともコミュニケーションを取りやすいツールです。すぐに効果が出るわけではありませんが、潜在顧客やファンの育成にもつながります。定期的に利用してくれるユーザーが増えたり、自発的に友人や知人に紹介してくれたりするなど、様々な良い効果が期待できますので、SNS運用およびソーシャルメディアのプロモーションを試してみてはいかがでしょうか。

格安SIM・スマホ業界の現状と今後について

格安SIM・スマホ事業は、サービス提供会社が増えてきています。顧客獲得のために、より安価で充実したサービスが提供されることが期待でき、今後も利用者数を増やしていくでしょう。また、テレワーク需要により法人での契約が増えていく可能性もあります。

かつて、大手3社サービス提供がなかった頃に比べると、料金プランも豊富になり、価格も安くなって選択肢も広がっています。
今後は、同じようなサービスを提供する会社がさらに増えて「ただ安い」だけでは選ばれなくなってくるでしょう。安さに加えて、サービス面で頭ひとつ抜け出すことができれば、競合他社を大きく引き離しユーザーに支持されるかもしれません。

サービス面と料金面をより良くしていくためにも、コストカットが大切です。元々格安SIM・スマホの申込みは、インターネットから行うのが基本ですが、まだまだ使いにくく店頭で申込みをする人も少なくありません。

今後、申込み窓口となるサイトの使いやすさ、分かりやすさが今よりも良くなり、問い合わせなどもなくなれば、ユーザーにとっても事業者としてもお互いにwin – winな関係となるでしょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々165円~

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。
 
 

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ