トップページへ戻る

引越しサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

引越しサイトのデザイン・コンテンツを解説!

公式サイトはあるのに思ったような集客ができず、これからどうしたら良いのかと、悩んでいませんか?

「自社のサービスやこだわりが伝わるホームページを作りたい!」
「あのライバル企業よりも優れたサイトのデザインにしたい!」
「古いホームページを、新しく生まれ変わらせたい!」

など、思っていることはたくさんあるけれど、どうやってサイトを良くしていったら良いのかわからないという人も少なくないでしょう。
ここでは、そんな悩みを解決するために、引越し業者のサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。引越し会社のオーナー、Webサイト担当者、デザイナーやマーケターなどでサイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、参考にしてみてください。

このWebサイトを訪れたユーザーに「ここに引越しを依頼したい!」と思ってもらえるような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

引越し業者のサイトデザイン・UI

メインビジュアル

引越し企業のサイト(5サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、動画または複数の画像が表示されるスライドショー形式のメインビジュアルが設定されていました。(2020年12月時点)

●メインビジュアル例①

メインビジュアル例として挙げている「サカイ引越センター」では「動画」が使われており、内容としては「スタッフの1日の動きをまとめた動画」となっています。

引越しを依頼したいけどどんな雰囲気なのかわからずに、不安に思っているユーザーも少なくありません。そうしたユーザーの不安を、メインビジュアルの段階で払拭するように「スタッフの1日」として動画を持ってくることで、ユーザーに安心や信頼を与えられるでしょう。ユーザーも前提の雰囲気がわかっていれば、ユーザーも料金プランやサービス内容を受け入れやすくなる心理効果もあり、依頼に対するハードルが下がる人もいるでしょう。

●メインビジュアル例②

アート引越センター」の場合は、スライドショー形式でキャンペーンやサービスの案内を紹介しているメインビジュアルが設定されています。このタイプが残りの3サイトにも当てはまる形で、引越し業者サイトに限らず王道のWebサイトパターンです。
引越し業界の中でも「アート引越センター」は、様々な企業やサービスと連携しているため、コラボ企画やキャンペーンが充実しています。動画を使って雰囲気を伝える「サカイ引越センター」に比べると、全面的にサービスやお得感を打ち出すタイプのメインビジュアルとなっていて、違ったタイプとなっています。

サイトカラー

引越しのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●5サイトのサイトカラー一覧

サイト ベース (背景色) ロゴ・キーカラー アクセントカラー
A ホワイト ブラック イエロー
B ホワイト ネイビー×レッド ネイビー
C ベージュ レッド×ネイビー ネイビー
D ホワイト ピンク×ブラック グリーン
E ホワイト ネイビー×ホワイト レッド系

ベースカラーは「ホワイト」で、一部「ベージュ」でした。ロゴ・メインカラーは、それぞれの企業ロゴに合わせたカラーが使われています。また、アクセントカラーも、基本的に企業のロゴ・イメージカラーが使われているので配色を見てなじみ深く思う人もいるでしょう。

これは蛇足ですが…。ロゴやメインカラーが似ている引越し業者もあります。寄せ過ぎていると人によっては混乱するかもしれません。(私もアート引越センターとアーク引越センターをいつも間違えそうになるので)これは企業の戦略によるものですし、あえて寄せるという戦法もありますが、サイト制作だけではなくロゴや企業名、サイトカラーなどは事前に調査しておくことで、それぞれの思惑を考える良い機会になりますよ。

フォントサイズとフォントファミリー

引越し業者のフォントサイズとフォントファミリーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●5サイトのフォント一覧

サイト フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ MS Pゴシック
B メイリオ ヒラギノ角ゴ Pro W3 MS Pゴシック
C メイリオ ヒラギノ角ゴ Pro W3 MS Pゴシック
D ヒラギノ角ゴ Pro W3 Osaka MS Pゴシック
E ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ MS Pゴシック

フォントサイズの平均は17pxでした。調査したサイトの中で最小サイズは12px、最大サイズは22pxです。
最小サイズにしているサイトは、フォントサイズが小さめなだけではなく、サイトのデザインや文字の間隔などが、ぎゅっと集まった状態になっていたため、読みにくいと感じる人も少なくないはずです。フォントサイズが小さめでも、行間がある程度空いていれば、読みやすくなります。
また、フォントファミリーは、定番の「ヒラギノ角ゴ Pro W3」に設定しているサイトが多く、時点でメイリオが設定されているのが確認できます。

フォントサイズもフォントファミリーも、サイトの空気感をつくりだす要素のひとつです。
デザイン的な使い方もできますが、いかにユーザーに読みやすく、わかりやすく視認させるかも重要となります。

今回、引越し企業のサイトを調査する中で、デザイン性だけではなくSEOリテラシーという面で企業によって大きな差があることを実感しています。
詳しい内容は、「SEOリテラシー」のパートで紹介しますので、気になる方はそちらもご覧ください。

ここで紹介している調査データは、たった10サイトの傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?

…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。
あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、引越し業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと引越しのサイト傾向を知りたい!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

料金プラン・コース案内のコンテンツ

「単身のお引越し」と「家族のお引越し」で分けて紹介していることが多いです。

●料金プラン・コース案内

というのも、家族と単身では荷物の量が違いますし、持っている家具の大きさなどにも違いがあります。料金プランを最初から分けておけば、ユーザーにとっても安心ですよね。そうしたことからプランの種類ごとに金額を載せている引越しサイトが多いのです。

このとき、料金プランに含まれる内容と料金の内訳を載せるとユーザーの参考になります。引越しサイトによっては、期間限定の特別プランやキャンペーンがあるので、適用する期限がいつまでなのかを一目でわかりやすくするために赤字などで期限を記載していました。こうしたひと手間がユーザーに喜ばれることなのです。

どんなに「このプランが良いなぁ…」と思っても、料金がわからなければ判断できません。また、具体的な金額がサイト内のどこにも記載されていない場合、ユーザーとしてもどこか不安が残ります。実際に来店して見積もりを出してもらったり、問い合わせたりして確認するユーザーも一定数いますが、そうした確認が面倒だと感じて別の結婚式場に流れてしまうユーザーもいるかもしれません。余計な不安や手間を与えてユーザーを逃してしまっては意味がありませんので、しっかりとわかりやすい料金プランを載せることが大切ですね。

引越しの流れ・サービスガイドのコンテンツ

引越しを利用するユーザーの多くが「知りたい!」と思うのが「引越し申込みから当日に至るまでの流れ」です。

●引越しの流れ

基本的に、どのサイトでも同じような流れになるはずですが、どんな流れなのか記載がされていない場合、疑問を持ったユーザーの中には不安になって、申込みをやめてしまう人も出てくるかもしれません。そうならないためにも、上記のように「引越しの流れ」などをまとめたコンテンツがあれば、ユーザーは安心して利用できるでしょう。より詳細に伝えたい場合は、イラストや写真とテキストを交えながらステップに分けて紹介してください。

引越しの見積もり・シミュレーションのコンテンツ

引越しサイトに訪れたユーザーの最たる目的は、引越しをすることです。申込みをする前に確認をしておきたいことは「引越しにかかる料金」です。まるで料金がわからなければ、申込みをするのにも躊躇してしまいます。料金プランを載せていたとしても、もっと具体的に自分の家ならどれくらいの料金になるのかがわかれば、安心して申込みできるはずです。そのため、各サイト内には申込みの一歩手前の確認として、「見積もり」や「シミュレーション」を設けています。

アート引越しセンターを例にすると、オンライン見積もりとして必要項目を入力したら、後は自動で見積もりが出るシミュレーションが用意されています。
今すぐ、おおよその料金で良いから知りたいという人や他社と比較したいという人には、こうしたシミュレーションがあると役立ちますよね。
正式な見積もりを出すには、どの引越しセンターもオペレーターと電話やZoomで話した後、スタッフが部屋に訪れてチェックすることで正しい金額が出せます。そのため、あくまでもシミュレーションは仮の料金であることは、十分にユーザーに伝えておく必要があるでしょう。

引越し業界のSEOリテラシー

引越し業者によって、SEOリテラシーに大きな開きがあり、全体的にみるとやや低い傾向にあります。Webサイトへの予算がある、または予算を割ける場合にはSEOに力を入れて施策できているので、サイトデザイン、UI、コンテンツ共に申し分がありません。一方で、数十年前に主流だったデザインを今も利用して運用していているサイトもあり、時代とサイトとのギャップが生まれています。

サービスの良さは、サイトのデザインで決めるわけではありませんが、古いデザインやモバイル対応ができていない状況は、ユーザーに与える印象として決して良いとは言えません。今後はもっとインターネットを使った申込みが増えるはずなので、改めてリニューアルをする際には、しっかり状況に合わせたサイトデザイン・UI・コンテンツを入れるようにしましょう。

引越し業界集客やプロモーション方法

メディアやインターネットの広告

引越し業者のプロモーション方法として、マスメディアを利用した集客・広報があります。引越しシーズン(1月~4月)頃になると、テレビCMをよく見るようになりますよね。一番の商戦期でもあるタイミングで、テレビや雑誌などでプロモーションを行っています。しかし、それだけでは集客方法として足りていない部分もあるため、引っ越し業者の中では、インターネットを使ったプロモーションをして集客を行っているところもあります。

インターネットを使った集客方法としてよく使われているのが「リスティング広告」です。費用対効果も一定数あり、即効性がある広告として引越し業者だけではなく様々な企業で利用されています。

引越しトラックがプロモーションの一環としても機能

引越し業者ならではのプロモーション方法としては、引越し時に必ず使う「トラック」を使った方法が挙げられます。各社、引越しトラックに「企業の名前」や「キャッチコピー」「イメージキャラクター」などをペイントしています。遠目から見ても引越しトラックだということがわかりやすいため、注目もしやすい存在感となっています。

主要都市などであれば、引越しシーズンになると色々な場所で駆け回る引越しトラックが目に入ることになり、自然とプロモーション効果を果たしていたりするのです。ただし、この方法はとても間接的に潜在顧客にアピールする方法に近いので、即効性を求めるのであれば向いていません。あくまでも引越しトラックをデコレーションしたことで生まれる付加価値です。

引越し業界の現状と今後について

引越し業界の現状としては、新型コロナウイルス感染症の影響により、新設住宅着工戸数の減少や転勤等に伴う移動者が減少した結果、引越し需要が低下しました。例年、進学や就職、転勤といった人の移動が重なる3月~4月が繁忙期で、この時期は引越し業者が受注できないほどの、引越し需要が発生するため、引越しができなくなる人(いわゆる引越難民)が発生するほどです。

そうした際には、引越し業者だけではなく、自力で荷物を運んだり、別のサービスを利用したりする人もいます。近年であれば、運送会社(日通、クロネコヤマトなど)でも兼業で引越しサービスをしているところもあります。

引越し業界の今後について、新型コロナウイルス感染症の拡大が落ち着き、人の移動が活発になれば、再び引越し需要が増加すると思われます。一方でテレワークの普及によりオフィス需要が低下すると、それに伴って引越し需要がさらに低下する可能性もあると考えられます。
また、日本全体で少子高齢化や人口減少が進むことにより人の移動が少なくなり引越しの需要が低下する可能性もあると考えられているのです。

まとめ

引越し業者のサイトについて調査してきましたが、デザイン、UI、コンテンツなどについては発展途上なサイトも多くありました。
そのため、業界最大手の企業が業界全体のリテラシーを底上げしていってくれれば、より良いサイトやサービスが生まれるかもしれません。そうすれば、もっとインターネット経由の契約なども広がるかもしれませんので、よりサイト制作に力を入れていきましょう。

これからサイトをリニューアルしたり、オープンしたりする際には、今回紹介した内容を参考にしてみてください。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円~※からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々165円~

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ気になる業界データを購入しよう!
気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ