トップページへ戻る

バイク買取サイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

バイク買取サイトのコンテンツとデザインを解説!

バイクは中古車の需要が高く、自動車と同様に日本国内には中古バイクの買取を担うお店がたくさんあります。とはいえ、バイクは店舗に持っていって査定や買取を依頼するには労力がかかるため、インターネットを通じて査定や買取依頼を受け付けているバイクショップも少なくありません。

インターネットにサイトを公開したいと考えるバイクショップの経営者またはスタッフの中には、「サイトになにを載せたらよいか分からない」、「デザインはどうすべき?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回は、そんなバイク買取のサイトを開設したい方に向けて、実際のサイトを参考に「バイク買取のサイトのコンテンツやデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

バイク買取・査定のサイトのコンテンツを学ぼう

まずは、実際にバイクの買取を行っているバイクショップのサイトに、どんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。上記バイクショップのサイトは、Google検索における「バイク買取」のキーワードで10位以内に表示される、バイク買取の大手サイトです。以下では、これらサイトにも掲載されている共通のコンテンツを詳しく解説します。

オンライン査定フォーム

バイク買取サイトのメインコンテンツとも言えるのが、「オンライン査定フォーム」です。これは、売却を検討するバイクの車種や走行距離などをユーザーに入力してもらい、買取金額の目安を算出するコンテンツとなっています。バイクに限らず、品物の売却を検討する方は、「いくらぐらいで売れるのだろう」という疑問を必ず抱くので、サイト内で手軽に買取金額を割り出せるようにしているのです。

とはいえ、バイクは状態によって買取金額が変動します。そこで「査定フォームと実際の買取金額が違う」という事態を防ぐ目的から、算出される金額は「上限買取金額」と「平均買取金額」の二つを算出するサイトがほとんどです。また、バイクは市場人気や供給台数などによって価値が大きく変動するため、オンライン査定フォームのデータも定期的に更新される仕組みになっています。

電話査定フォーム

オンライン査定フォームに加えて、バイク買取のサイトでは電話の査定を受け付けています。スタッフがユーザーと直接やり取りをして、バイクの買取金額を伝える仕組みです。このほか、電話口で出張買取の予約や乗り換えの相談などの対応も行っているので、オンライン査定よりもフレキシブルな対応がしやすくなっています。電話査定フォームをサイト内に設置する場合は、実際にユーザーとやり取りを行うオペレーターの配置なども必要となるでしょう。

バイク買取を依頼するメリット

バイク買取を依頼できるサイトは数多く存在するため、どのサイトでも「自社や店舗の強み」をコンテンツとして公開しています。「手数料無料」や「全国出張買取可能」などサイトごとに特徴は異なりますが、中でも「高額でバイクを買い取る」という点を強調するケースが多くなっています。バイク買取を検討するユーザーが最も気にするポイントは「一番高く買い取ってくれる所はどこか」であるため、どのサイトでも高額買取を強調しているのです。

買取の流れ

バイク買取のサイトでは、「買取依頼の手順」をサイト内で分かりやすく公開しています。買取の主な方法は、スタッフが直接ユーザーのもとに出向いて査定と買取を行う「出張買取」と、最寄りの店舗に持ち込んでもらう「店舗買取」の二通りがありますが、サイトで受け付けている方法の手順を紹介する仕組みです。このほか現金が支払われるまでの日数や廃車手続きに必要な日数なども、併せて掲載されています。店舗を運営しているサイトの場合、サイト内に全国の店舗情報を掲載しているのも特徴です。

先のフォームと併せて、どのサイトでも「カンタンに金額が分かる」、「手軽に買取を依頼できる」という二つの点をアピールしています。ちなみに、バイクの名義変更や廃車手続きなどは、買取後に店舗で代行されることがほとんどです。買取を依頼したユーザーには、書類を発送して登録証の名義が変わっているかを確認してもらうだけとなっています。

買取強化車種

査定フォームの項でも紹介した通り、バイクは市場人気や供給台数などによって価値が変動します。そのため、バイクの買取サイトでは「売り時の車種」を紹介して特定の車種の売却を検討するユーザーに対してアピールを行っているのです。国産車や外車、絶版車などのカテゴリに分けたうえで買取教科車種を公開するサイトも多いほか、実際に買取を行った実績を公開するサイトも珍しくありません。なお、バイクの買取サイトは「事故車」や「バイクのパーツ」などの買取を受け付けているケースも多く、買取教科車種とは別に実績を公開していることもあります。

バイクを高く売る方法

バイク買取のサイトによっては「より高くバイクを売りたい」と考えるユーザーに向けて、「バイクを高く売る方法」をコンテンツとして公開しています。バイクを査定基準はサイトごとに異なりますが、「きれいな状態であること」や「純正パーツが付属していること」など、査定額をアップさせるコツは共通であることがほとんどです。バイク買取のサイトも、状態の良いバイクを売却してもらったほうが再販などに繋げやすくなるため、ユーザーと運営側の両方にメリットがあるコンテンツと言えます。

もっと正確な傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

今回は、あくまでも5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとバイク買取サイトの傾向を知ろう!

バイク買取・査定のサイトはどんなデザインで設計されている?

バイク買取サイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。冒頭で紹介したバイク買取のサイトでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょう。

バイク買取サイトで使用される写真

バイク買取サイトでは、買取車種や買取実績などを紹介するために、バイクの写真を数多く掲載しています。実際にバイク買取を行った際に撮影した写真を、具体的な買取金額や車種名などと供に、サイト内に掲載するケースがほとんどです。中には、買取実績として事故車や不動車の写真を掲載して、「バイクの状態に関わらず買取ができる」という点をアピールするサイトもあります。ちなみに、バイクの写真は車体の全体像を確認しやすいように横向き、もしくは斜めから撮影した写真がほとんどです。写真が多用される分、バイク買取サイトではイラストやアイコンが使用されることが少なく、サイト内のバナーも写真を基に作成されているケースが多くなっています。

バイク買取サイトのレイアウト

バイク買取サイトは、サイドバーを使用しない視認性に優れた「1カラム」のデザインを採用しているケースがほとんどです。1カラムは、スマートフォンやタブレットのような画面の小さい端末からでも見やすいサイトを構築しやすいという特徴があります。また1カラムは、サイト内で使用されるコンテンツや写真が大きく表示されるというメリットもあるため、バイクの写真を多く掲載しているサイトに適したレイアウトです。バイク買取サイトの多くが、様々なデバイスからの閲覧を想定していることの表れと言えるでしょう。オンライン査定フォームに情報を入力する際も、サイドバーを使用していないほうが入力もしやすいため、操作性という面でも1カラムは最適と言えます。

バイク買取サイトのカラーリング

バイク買取サイトは、タイトルロゴに赤が使用されることが多いという特徴があります。そのため、サイト内のフォントやメニューバー、キャンペーン用のバナーなどもロゴに合わせて赤系統の色が用いられる傾向が散見されます。赤系統のメニューバーやバナー、バイクの写真を際立たせるため、サイト内の背景色はシンプルに「白」が採用されるケースが多くなっています。

バイク買取サイトのファーストビュー

バイク買取のサイトのファーストビューは、スライドショーを配置して「高価買取」や「即日買取」、「出張買取」などをアピールするサイトがほとんどです。バイクの売却を検討するユーザーが不安視しがちな、「実際に売れるのかどうか」や「高く売れるのかどうか」という点を、サイトのファーストビューで解消をはかっているわけです。サイトによっては、ファーストビューにオンライン査定フォームや電話査定フォームを配置して、すぐに査定金額を知りたい、実際に査定を依頼したいというユーザーに対する配慮を行っています。

バイク買取・査定のサイトはSNSを運用してる?

バイク買取のサイトは、TwitterやFacebookなどのアカウントを所有して、買取強化車種やキャンペーンなどを宣伝するサイトも少なくありません。SNSの中でも、YouTubeのアカウントを所有する買取サイトが多く、「バイクのメンテナンス方法」や「ツーリング」を撮影した動画をバイクや店舗のプロモーションとして配信しています。このほか、職場紹介や社員インタビューなどを動画で配信し、スタッフの採用に繋げるバイク買取サイトもしばしばです。テレビCMなどを手掛けているサイトなどは、実際のCM動画やメイキング映像なども配信しています。

自動車と同様、バイクの魅力は写真よりも走行中の車体を撮影できる動画のほうが伝えやすいため、動画を用いて集客やプロモーションに繋げるサイトが多いのです。「バイク買取」とはあまり関係ない動画を配信しているケースもありますが、とりわけバイクは世代によって「不良の乗り物」という印象を抱くユーザーが多く、バイクの販売台数も年々減少傾向にあります。そのためバイク買取サイトでは、中古車市場を活性化させるべく「健全な乗り物」という点を動画を通じてアピールしているのです。

ちなみにバイク買取のサイトでは、コンテンツページにSNSの共有ボタンやバナーを配置して、SNSのアカウントを所有していることを強調するサイトもあります。いずれも、サイト内のコンテンツをSNSで拡散させたり、フォロアーの拡大をはかるのに効果的な方法と言えます。

バイク買取・査定のサイトはどうやって集客すべき?

ほかのサイトを参考にすれば、バイクの買取を検討するユーザーの「より高い値段でバイクを買い取ってほしい」、「バイクの具体的な買取金額を知りたい」という目的を解消するコンテンツは、サイト内に掲載することをおすすめします。とはいえ、ほかのサイトよりも高い買取を実現できなければ、集客やプロモーションに繋げるのは難しいでしょう。金額面で優位性を保つことが難しい場合は、「特定の車種に特化したサイト」や「旧車や絶版車専門の買取サイト」など、独自の強みをサイト内でアピールすることは不可欠です。

サイトだけで集客やプロモーションを行うのが難しい場合は、ほかのサイトに倣いSNSを運営するのも手ですが、投稿するコンテンツが無い場合は無理にアカウントを所有する必要は無いでしょう。このほか、地域密着型の店舗が多い地方のバイクショップなどは新聞のチラシやDMで販促を行うことも多く、サイト以外にも物理的な広告で集客やプロモーションを行うのも良いでしょう。「特定の地域に強い」という特徴があれば、ほかのサイトには無い優位性を持たせることにも繋がります。

またバイクの買取以外にも、バイクの新車や中古車販売を手掛けている場合であれば、バイクの乗り換えを検討しているユーザーに向けたコンテンツを設けても構いません。バイクの買取金額をそのまま新しいバイクの購入にあてがうユーザーに向け、サイト内で下取りキャンペーンなどを提供するのも良い方法です。

コンテンツのまとめ

今回は、バイク買取のサイトコンテンツやデザインについて解説をしました。

乗り物の中でも、バイクは「一人乗り」や「風雨を防ぎにくい」という特徴がある分、自動車の購入に合わせて乗らなくなってしまうユーザーも珍しくありません。また、カンタンに持ち運びや所有もできないため、新生活や引っ越しなどを境にバイクを手放す方もいます。一方で、通勤やツーリングなどの用途に自動車よりも手軽なバイクを求めるユーザーも多く、バイクの中古車市場は一定の需要を保ち続けているのです。数多くのバイクの買取サイトが運営され続けている理由も、ここにあります。

バイク市場事態は年々縮小傾向にあるため「バイクの買取だけができるサイト」を運営し続けることは難しいかもしれませんが、中古バイクの買取サイト自体は無くなることは無いと考えてもいいでしょう。中古市場を活性化させるためには、サイト内やSNSを通じて「バイクの良さ」や「バイクの楽しさ」を発信して、バイク業界そのものの活性化をはかるのも良いでしょう。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々165円~

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ