トップページへ戻る

レディースファッションサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

レディースファッションサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「競合サイトに負けない商品の魅力が伝わるホームページを作りたい」
「ブランドにふさわしいデザインのホームページに変えたい」
「大手ECショップからだけではなく、自分のホームページからも商品を売れるように改善したい」

お店のWebサイトがあるものの、思ったような集客や売上に繋がらず、上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、レディースアパレルブランドのサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
レディースアパレルブランドのオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「商品が欲しい、今すぐ買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。

※レディースアパレルブランドと言っても幅が広いため、今回は、20代~30代向けのレディースアパレルブランドのサイト(6サイト)を確認しました。
またファッションブランドの傾向はカジュアルテイストのアパレルが中心となっているため、全体的にECサイトに寄った傾向となっています。また別の機会に、他ジャンルのアパレルサイトも調査しますので、こうご期待ください。※

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

レディースアパレルブランドのサイトデザイン・UI

メインビジュアル

調査した6サイトとも、ファーストビューにメインビジュアルが設定されています。画像は4~5枚ほど用意され、スライダー形式で流れていくメインビジュアルとなっています。

●メインビジュアル例
     

メインビジュアルに設定されている画像は、上記のように「会員限定のキャンペーン」が多い傾向にあり、思わず会員登録をしたくなるような画像が使われています。スライドショー形式になっているので、キャンペーンだけではなく「新作アイテムの紹介」や「コラボアイテムの紹介」など、その時に合わせたメインビジュアルが用意されているのです。

今回はグローバル寄りのアパレルサイトが中心だったこともあり、メインビジュアルに登場する人は海外モデルの方のみでした。日本人の女優さん・タレントさんなども起用されているブランドもありましたが、全体的に少ない印象です。

サイトカラー

レディースアパレルブランドのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●6サイトのサイトカラー一覧

ベースカラーは「ホワイト」または「グレー」に分かれています。
ただし「グレー」と言っても、まったく同じ色ではなく「薄いグレー」と「限りなくホワイトに近いグレー」のように、やや明度に違いがありました。

また、ロゴ・メインカラーは1サイトを除いて「ブラック」です。テイストが似ているレディースアパレルブランドではありますが、思っていたよりも傾向が似ていたので正直なところ驚いています。近年はロゴを展開する際に、あえて無彩色にする企業も多くファッション業界でも、シンプルでモダンな「ブラック」をロゴやメインカラーにするところが増えているのです。ちなみに「ブラック」はニュートラルなイメージがあり、ユーザーに対して「色のイメージ」を付けたくないという思いから採用されているケースも多いです。アクセントカラーも、ホワイトやブラックか、テイストを邪魔しない「グレー」が採用されており、今回調べたサイトカラーの傾向はモノトーンで統一されています。

フォントサイズとフォントファミリー

ジュエリーショップサイトのフォントサイズとフォントファミリーを調べてみたところ以下のような結果になりました。

●6サイトのフォントサイズ(本文フォントと見出しフォント)

今回調べたサイトの本文フォントサイズの平均は12pxで、最小サイズが10px、最大サイズが15pxと全体的に小さめになっていました。レディースアパレルブランドのサイトのTOPページでは、文字を読むことがメインではなく、ファッション雑誌のように「写真」をメインに見てもらいながら、補足要素としてテキストを見るくらいのユーザーも少なくありません。そのため、本文フォントサイズが今回のように小さめでも特に問題はないでしょう。

また、今回は本文フォントサイズ以外に見出し(H2)のサイズも調査しました。一部小さめサイズのサイトもありますが25~30pxのサイズが多く、見出しサイズだけを見るとやや大きめに感じるかもしれません。しかしサイト全体がシンプルなので、見出しが大きめでも調和がとれています。なぜなら見出しとなるフォントはほとんど装飾がされておらず、色もブラックやグレーが中心なので調和がとれているからです。
見出しのフォントサイズを小さめにしてしまうと、ジャンルやアイテムの区切りがわかりにくくなってしまいます。今回調査したサイトのように、あえて大きな見出しにしてバランスを取るようなサイズにしましょう。

●6サイトのフォントファミリー

調査した6サイトの中で、使用されているフォントファミリーに規則性はなくバラバラでした。
「游ゴシック体」「メイリオ」「Osaka」が2サイトずつ共通して設定されているくらいで、突出した傾向はみられませんでした。

フォントサイズも、フォントファミリーもサイトのコンセプトに合わせたものを選ぶことで、デザインの印象をぐっとまとめるのに役立ちます。
デザイン的な使い方もできますが、いかにユーザーに読みやすく、わかりやすく視認させるものとして重要です。オシャレさやオリジナリティを求めすぎると機能的な面が落ちてしまうので、バランスを取ったちょうど良いフォントを選びましょう。

今回の調査データは、6サイトの傾向でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。
あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、レディースアパレルブランド業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができるのです。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

商品詳細ページのコンテンツ

レディースアパレルブランドのサイトで、欠かせないコンテンツと言えば「商品詳細ページ」です。

ブランドのファンで、新作アイテムが公開されるたびにサイトに来る人でも、初めてサイトに訪れた人でも、レディースアパレルブランドのサイトにやってきた人の目的は「洋服を買う(見る)」ためです。そのため、各商品ページにはユーザーの判断材料になるように、なるべく多くの写真を載せてあげましょう。また写真だけではなく、こだわりの部分があれば、テキストで補ってあげると親切です。

また、洋服は身に着けるものなので、サイズが合わなければ不格好になってしまいますし、場合によっては着用できず意味がないものになってしまいます。
店頭購入の人ばかりであれば、サイト内にサイズが記載していなくても問題ないかもしれません。しかし、インターネットでしか購入できないユーザーもいますので、商品詳細ページには必ず「サイズ」も一緒に提示してあげましょう。

●商品詳細のページ例

上記の紹介詳細ページ例の写真は、どれも同じコートです。
色は違いますが、同じデザイン・サイズのコートで「156cm」「163cm」「170cm」の人が着たらどんな着丈になるのかを写真付きで解説してくれています。実際の人が着用をしている写真を使うだけで、マネキンに羽織らせているだけより、もっと具体的に自分に落とし込んで考えられますよね。

このような写真を用意するとなると、ブランド側としては手間もかかってしまうところでしょう。しかし、こうした丁寧な紹介がある方が、ユーザーにとっては嬉しいことです。

アパレルショップの集客やプロモーション方法

メディアに衣装提供

集客をする方法として、真っ先に浮かぶのがマスメディアを利用したプロモーションではないでしょうか。しかし、アパレルブランドでの集客方法には、それ以外の方法もあります。それが自社で取り扱う「洋服」「小物アイテム」などをメディアに提供して、モデルやタレントさんに着用してもらい、実績として紹介する方法です。ファッション雑誌やテレビドラマなどに提供することで、それらのメディアを見ていたユーザーが興味を持つきっかけになります。特に、人気のドラマや映画などで使用されれば、それだけで宣伝効果があると言われています。

また、近年はSNSやYouTubeなどが人気です。数万、数十万人のフォロワーを抱えるインフルエンサーやYouTuberなどに、衣装として提供することもプロモーション方法の一環です。この他にも、インターネットを使ったプロモーションで集客をしていることもあります。

インターネットの活用とソーシャルメディア広告

インターネットを活用したプロモーション方法として代表的なのが「ソーシャルメディア広告」と「リスティング広告」です。
特にレディースアパレルブランドであれば、定番のプロモーション方法としてソーシャルメディア広告が有効でしょう。先ほど紹介した、インフルエンサーに衣装提供をするのもSNSを使ったプロモーションですが、ソーシャルメディア広告はもっとダイレクトにターゲットに訴求する方法となっています。

ソーシャルメディア広告の強みは、届けたいユーザーに詳細にターゲティングして広告を見せられる点で、年齢、性別などはもちろん、様々なデータを元にターゲティングが可能です。広告を配信した後の分析も各種SNSできるようになっているので、上手くいったのか悪かったのかなど、判断がしやすいでしょう。

ソーシャルメディア広告を行うには、各種SNSのアカウントが必要なので、必要な場合は登録をしておくとよいでしょう。ちなみに、レディースアパレルブランドの運用SNSを見てみると、以下の通りでした。

●6サイトの運用SNS

今回調査した6サイト中6サイトで「Instagram」を運用していました。サイト次いでFacebook、LINE、Twitterの順となっています。
Instagramは、ターゲット層となる20~30代の女性が利用していることもありますし、写真や動画だけで気軽に投稿できることからレディースアパレルブランドにとっても相性が良いSNSです。

また、レディースアパレルブランド側で用意した写真を投稿して共有するのが基本ですが、実際に洋服を購入してコーディネートしているユーザーの写真に反応してコミュニケーションを取ることでリピーターやファンの育成にも繋がります。Instagramの投稿で、毎日のコーディネートを撮影し投稿しているユーザーが多数います。そうしたユーザーは、ハッシュタグなどでブランド名をしっかり入れて投稿してくれていることが多いので、それらをキャッチアップしてリアクションをしてあげましょう。

たったひとつの「いいね」で定期的に利用してくれるユーザーが増えたり、自発的に友人や知人に紹介してくれたりするなど、様々な良い効果が期待できますので、SNSをもっと活用してみてはいかがでしょうか。

レディースアパレルブランド業界の現状と今後について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、外出控えや消費の冷え込み、インバウンド(訪日外国人客)の低迷などによって、レディースアパレルブランドおよび、アパレル全体で大幅な市場規模の縮小が見込まれています。家にいる時間が増えると、外に出る必要もなくなり、新しい洋服を買う人が減少しているためです。また、店舗自体も休業せざるを得ない地域もあり、難しい局面に立たされています。

店舗での売上が減っている中で、通販サイトのシェアが高まっていく見込みがあります。それにより、ネット通販やOMO(Online Merges with Offline)戦略などのデジタルテクノロジーの導入が加速しているのです。今後は、オンラインとオフラインを融合させることで、顧客体験を向上させなければ差別化は難しいとされ、EC化の波は続いていくでしょう。

公式サイトのECショップ化は、今後も続いていく流れになっています。今後は、ブランドの魅力や価値をユーザーに伝えるだけではなく、サイト内でショッピングを楽しんでもらえるようなUIも考えられたサイト作りをしてくださいね。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円~※からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐdata maisonに会員登録しましょう!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ