トップページへ戻る

着物レンタルサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

着物レンタルサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「着物レンタル事業を始めるにあたってサイトを作りたいけれど、何から手を付けたら良い?」
「今のサイトをもっと使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」
「売上が伸びるような通販サイトに改善したい」

この記事では、着物レンタルを行っているサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
着物レンタル事業を手掛けるオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は「着物レンタル」で検索をして上位に表示された5サイトを確認しています。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

着物レンタルサイトのデザイン・UI

メインビジュアル

今回調査した着物レンタルサイト(5サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、以下のようなメインビジュアが設定されていました。

●メインビジュアル例

着物レンタルサイトのメインビジュアルは、着物を着用した女性が映し出される写真、キャンペーン案内を紹介する画像などが4~5枚程用意され、スライダー形式で紹介するものとなっています。

上記に例として出している「きもの365」の場合、大人の女性がメインターゲットです。そのため、上品で気品が溢れる着物を着た女性とキャッチコピーが掲載され「私も着てみたい!」と思わせるようなメインビジュアルとなっています。
一方で「RENCA」では、メインターゲットの年齢層は、大人から子供までと幅広いです。その中でもメインターゲットは20代未満なので、シーズン(七五三・成人式など)に合わせて、人気商品や新商品を紹介しています。また、メインビジュアルの横に、すぐにレンタルできる着物を探せる検索機能が設置されています。レンタルしたい日が決まっている人であれば、検索機能してすぐに結果がわかるので便利ですね。

同じ着物レンタルのサイトでも、メインターゲットの違い、ユーザーに与えたい印象などによって設定するメインビジュアルも異なるものです。これから、あるいは既に制作・リニューアルするサイトは、どんなイメージをユーザーに与えたいと考えているのでしょうか?その方向性によって、上記のように用意するメインビジュアルも変わってくるので、しっかりテーマを固めた上で進めていきましょう。

サイトカラー

着物レンタルサイトのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●5サイトのサイトカラー

今回調査した着物レンタルサイトのベースカラーは「ホワイト」のみでした。ロゴ・メインカラーには「レッド」や「ブラック」などが多い傾向です。アクセントカラーはサイトによってバラつきがありますが、全体的には落ち着いた色合いのが多い印象となっています。サイトカラーだけではなく、着物を扱っていることから、全体の雰囲気として和柄をモチーフにしているラインやアイコンが使われて、和風を演出しているサイトも多くありました。

メインビジュアルと同様に、サイト全体の雰囲気・イメージを決める「サイトカラー」。ユーザーにわかってほしいサイトのコンセプト、サービスのイメージに合わせた自分たちらしいサイトカラーを選びましょう。

フォントサイズ・フォントファミリー

着物レンタルサイトのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみたところ、以下のような結果になりました。

●5サイトのフォントサイズ・フォントファミリー

5サイトのフォントサイズを調べたところ、平均フォントサイズは、17pxでした。調査した中で最小サイズは14px、最大サイズが20pxで標準的なフォントサイズに比べて、やや大きいサイトもありました。フォントサイズが20pxに設定していたサイトはメインターゲットの年齢層が少し高めな印象があるため、読みやすさ・分かりやすさを重視してのサイズと考えられます。

またフォントフォミリーについても調べたところ、比較的「游ゴシック」が多く採用されていました。共通するフォントファミリーは多くなく、比較的バラバラな印象です。中でも珍しいのが「ten-mincho(貂明朝)」フォントです。貂明朝は和文書体で、Adobeのオリジナル書体です。西塚涼子氏によるデザインで、現在では広告、本のタイトルなど様々な場面で仕様されているフォントとなります。伝統的な明朝体を使いつつ、やや丸みを帯びたフォントデザイン。着物という日本的な商品に馴染むフォントとなっており、ぜひ試してみることをおすすめします。

今回のデータは、5サイトをまとめた傾向値でしかありません。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、着物業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと着物レンタルサイトの傾向を知ろう!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

「商品」に関わるコンテンツ

着物レンタルサイトに欠かせないコンテンツと言えば、「商品ページ」ですよね。着物を探しているユーザーにとって、商品情報は必須の項目です。「どんなデザインの着物があるのか?」「いつまでレンタルできるのか?」「金額はいくらなのか?」など知りたいものです。

●商品ページの例

各商品ページには、ユーザーの判断材料になるように多くの写真を載せてあげましょう。写真だけではなく、こだわりの部分があれば、それらを明記したり、注意点がある場合にはテキストで補ってあげたりすると、より親切です。

また、当たり前ですが、着物は身に着けるものです。サイズが合わなければ、レンタルをしても意味がないので、細かい「サイズ」も一緒に提示してあげましょう。この他にも、色違いや柄違いがあれば明記し、レンタル料金についても明記しましょう。

ご利用ガイド・着物レンタルの流れ

着物レンタルを利用しようと考えるユーザーの多くが、着物を選んでから利用し返却するまでの流れや手順はどうしたら良いのか?ということです。

●着物レンタルの流れについて

上記のように、イラストや写真などを適宜使いながら、段階を追ってテキストで流れを説明するとユーザーにもわかりやすいでしょう。

着物レンタルのサイトによって、基本的な部分は同じでも、細かいルール的な部分が異なることもあり、ユーザーに注意してほしい部分については、わかりやすく明記することが大切です。また、レンタルの流れについて、どこにも記載されていない場合、疑問を持ったユーザーは「ここで大丈夫かな?」と不安になって、レンタルするのをやめてしまう人もいるかもしれません。そうならないためにも、「ご利用ガイド」や「着物レンタルの流れ」としてコンテンツ内で紹介してあげられれば、ユーザーは安心して利用できるでしょう。

「お役立ち情報」に関するコンテンツ

着物レンタルサイトには、ユーザーのためになる「お役立ち情報」に関するコンテンツが掲載されています。

●「お役立ちコンテンツ」について

上記のように、着物についての基本知識(着物初心者向けの着付け方法、小物情報等)、用語集、着物ででかける時のマナーなどについて書かれたコラムです。

今からレンタルしようとしている人向けというよりも、着物についてレンタルしようか迷っている人に向けてのコラムとなります。着物は一般的な洋服とは異なり、何かイベントがなければ着用する機会が少ない服装です。今まで着物を着たことがない人もいるので、そうした潜在顧客に対してもコラムを作成することで魅力や知識をアピールでき興味を持ってもらえるきかっけになるのです。

よくある質問ページのコンテンツ

着物をレンタルする際に、疑問や質問を抱えるユーザーは多いです。
例えば、「料金体系はどうなのか?」「キャンセルはできるのか?」「延長料金はかかるのか?」「予約はどうしたら良いのか?」など、挙げればキリがないほどです。

ご利用方法や料金プランなどで紹介をしていても、情報をくまなく見ている人ばかりではないため、知りたいことを的確に素早く解決するためにも、よくある質問ページを作り、そこを読めば解決できる状態にしておきましょう。そうすれば、ユーザーの疑問が解決されるのはもちろん、ショップ側の問い合わせ対応も減ることになり、お互いに良好な関係となり得ます。

着物レンタルショップの集客やプロモーション方法

着物レンタルショップをプロモーションする方法として、マスメディアを利用した方法があります。特に、全国展開している着物レンタルショップであれば、七五三、成人式、入学・卒業式などのシーズンになると、着物レンタルショップのテレビCM、電車の中刷り広告、折込チラシなどで目にする機会も増えますよね。お店の規模によっては、マスメディアを活用せずに、別の方法でプロモーションする場合もあります。

代表的なものは「リスティング広告」「ソーシャルメディア広告(SNS広告)」などです。これらの中で、定番のプロモーション方法として活用され始めているのが、ソーシャルメディア広告となっています。少し前まではダイレクトメールも主流でした。

ソーシャルメディア広告の強みは、届けたいユーザーに詳細にターゲティングして広告を見せられる点です。年齢、性別などはもちろん、様々なデータを元にターゲティングできるようになっているので、活用しているサイトも多くなっています。

ソーシャルメディア広告を出稿するにはアカウントが必要となるため、着物レンタルの運用SNS状況も確認しました。

着物レンタルサイトのSNS運用状況

今回調査した5サイトの運用SNS状況を確認したところ、「Instagram」と「Facebook」、「Twitter」の主要SNSについては、ほとんどのサイトで運用がされていました。多くのユーザーが何かしらのSNSを登録して情報をチェックしているので、活用しない手はありません。

また、着物という特別な日に着用することが多い衣装は、思い出として写真や動画を撮影してSNSにアップする人も多くいます。おめでたいイベントとSNSは非常に相性が良く、自然発生的に「トレンド」が生まれます。そうしたタイミング(トレンド)を上手く活用して広報をすると、思わぬ展開を見せて広がることもありますので、ぜひSNS運用を行ってみてください。

着物レンタル業界の現状と今後について

着物レンタル業界は、少子高齢化に伴い、市場規模は横ばいもしくは下降することが予想されています。グローバル向けにシフトした企業では、一時期売上をプラスにしていたものの、新型コロナウイルスの流行以降は予約なども半減している状態です。

今後も苦しい状況を強いられる可能性は大いにあり、ただ単純に着物をレンタルするだけでは難しい状況と言えます。そのため、最近では、着物レンタル以外に着付けのサービス、写真撮影のサービス、小物セットのサービスなど、付加価値を付けることはマストとなってくるでしょう。サービス面でユーザーの心を掴むことが重要です。

着物レンタルショップでは、店舗の集客からWebサイトを使った集客に切り替わってきています。ますますWebサイトが重要になってくるため、古いサイトのままであれば早めにリニューアルを行い、使い勝手、デザインなどを改善する様にしましょう。

少子高齢化と言えど、定期的に需要が増えるシーズンがあります。
その場面は、売上が上がるチャンスとなりますので、今のうちにユーザーがいつでも使いやすく、探しやすい着物レンタルのサイトを制作したり、オープンさせたりして準備をしておきましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ