トップページへ戻る

鍵交換・修理サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

鍵交換・修理サイトのデザイン・コンテンツを解説!

「鍵業界のWebサイトってどんな感じ?」

こうした疑問をお持ちの「Web担当になった方」、「鍵周りでアフィリエイトを考えている方」、「鍵業界に営業をかけたいと考えている方」に向けた記事内容となっています。

こんなお悩みが解決できるよ
・Web担当になってサイトリニューアルに携わることになったけど、デザインはどういった感じにすればいい?
・鍵業界のWebサイトでは、どんなコンテンツ・情報を伝えればいいの?
・営業をかけたいと思っているけど、鍵業界のWebサイトにはどんな傾向がある?

さて、今回フォーカスするのは鍵業界のWebサイトです。
はじめにお伝えしますと、今回は「鍵交換」で検索した時に上位に表示されている鍵交換・修理をサービスとして提供している8サイトをじっくりと観察して、共通点や相違点を確認します。業界のWebサイト傾向を知りたいと考えて調べてみて実感している方もいるかと思いますが、これ自分1人で調べるのには相当時間がかかるうえに、根気も必要です。ざっくりと傾向が知りたいなあという方のため、当記事を執筆。あくまで目安として「鍵のWebサイトにはこんな特徴があるよ」というなんとなくの傾向としてみてもらえればと思います。

「いやいや、8サイトで傾向とか言えないんじゃ…?」
ですよね。そう感じる方もいますよね。「ビジネスで使うのにもっと正確な情報が知りたい」、「Webサイトリニューアルで失敗したくない」そういう方のために、data maisonを開発しました。1人で調べたら数ヶ月もかかるような情報量で、しかも最新の情報を一瞬にして手にすることができます。

Webサイトのデザインで周りから評価してもらえる人や、情報量で周りの営業に圧倒的な差をつけている人を見て、どのタイミングでどう時間を作ってるの?なんでそんなに知ってるの?そう疑問に思ったことはありませんか?
成功している人には秘密があります。
何十時間、何百時間とかかる調査を、data maisonなら月々165円~ 払うだけでデータを手にすることができます。

成功しているビジネスパーソンには秘密があります。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

鍵業界のWebサイトで使われるデザイン・UIはどんな感じ?

以下3つの観点からWebサイトのデザイン・UIを確認していきます。

・メインビジュアル
・フォント(フォントファミリー / フォントサイズ)
・配色(ベースカラー / メインカラー / アクセントカラー)

メインビジュアルはどうなってる?

クリックした時にまず目に入る画像や動画。この部分をメインビジュアルと呼びます。このWebサイトの顔とも言えるメインビジュアル。鍵のWebサイトはどんなメインビジュアルを設定しているのでしょうか?

鍵業界のWebサイトに使われるメインビジュアルには、以下に紹介する3つの要素があることが特徴的です。

  • 電話番号
  • 対応可能時間
  • 鍵のトラブルに対応できることを記載した画像

これはユーザーのニーズに即した作りと言えるでしょう。というのも、まず自分がサイトを使う立場になったことを考えてみてください。
「どんな時に鍵交換・修理のサイトを見ますか?」

鍵が壊れた時、壊れそうになっている時ではないでしょうか?もちろん(私が今やっているように)Webサイトの分析したい、業界を知りたいと思って検索する人もゼロではありません。しかし、基本的には鍵の交換や修理をしたいと思った時に「鍵交換」と検索するはずです。そのため、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)で、鍵交換・修理の依頼ができるように、電話番号や対応可能時間が書かれています。

特に鍵が壊れて検索する場合には、すぐにでも修理をしたいと焦っているユーザーが想定されます。この鍵が壊れるシチュエーションとしては昼間だけでなく、深夜の場合も考えられます。こうした場合に検索したユーザーが一番知りたいのは、「今、対応してもらえるのか」「すぐ修理してもらえるのか」「どこに、どう連絡したら良いのか」ということです。緊急時の場合にはネット経由ではなく、電話で連絡するケースが多いでしょう。そのため、上述した緊急時に検索したユーザーが最も知りたい情報「電話番号」「対応可能時間」「鍵のトラブルに対応できることを記載した画像」は、サイトをクリックしてすぐに見えるファーストビューに配置すべきです。
ユーザーにより使いやすいサイトを。Webサイトを作る方、Web担当者の方は意識したいですね。

● メインビジュアル例

フォント(フォントファミリー、フォントサイズ)はどうなってる?

鍵業界のWebサイトを知るため、続いてはフォントについて確認しましょう。この業界ではどんなフォントファミリーやフォントサイズが使われているのでしょうか。

鍵業界でよく使われているフォントファミリー

フォントファミリーに関しては 「メイリオ」 を使用しているサイトが多く見られました。
Webサイトでは代表的なフォントを設定し、そのフォントファミリーが表示できないブラウザのために、代替のフォントファミリーを設定します。
その代替のフォントファミリーに関しても丸みがかったフォントを使用しているケースが大半でした。

● 鍵業界でよく使われているフォントサイズ
H2タグ:22px~40px
本文:14px~16px

一般的なWebサイトのフォントサイズとしては本文を16px以上がおすすめされることが多いです。それに対して鍵業界では少し小さめのフォントサイズが使われています。ただし、ファーストビューなどを中心に画像を使っているサイトが多く、実際にはフォントサイズが大きいサイトが大半です。
フォントサイズを小さく設定しているサイトの中には、ビジュアルを中心に見せているところも多いですが、鍵業界のサイトではビジュアルではなく、画像の中のテキストで見せているものが多いです。

配色(ベースカラー・メインカラー・アクセントカラー)

Webサイトの色選びでは、3つの「カラー」を考える必要があります。

  • ベースカラー:サイトの土台となる色味。
  • メインカラー:ベースカラーに次いで使われている色味。
  • アクセントカラー:目を引くためにアクセントとして追加する色味。

★鍵業界で使われている配色

ベースカラー
白色 #FFFFFF

メインカラー
青色 #0080FF
水色 #8CD8FD
赤色 #DC0000
緑色 #E8FFD0

アクセントカラー
黄色 #FFFF00
赤色 #E41215
黄緑色 #99CC00

ベースとなる背景が白色のものが多く、それに各サイトを印象づけるメインカラーを配色しています。他のサイトに倣うのであれば、背景を白色としつつメインカラーにお店やサイトのイメージとなるカラーリングにしましょう。なお、その際にも注意したいのは、電話番号や営業時間等、ユーザーに知ってほしい要素に注目されるような配色にすることです。お店やサイトのイメージも大切ですが、Webサイトの装飾で大切なのは、ユーザーの目線に立ち、知りたい情報がパッと見て分かることです。要素の配置だけでなく、配色にも気を配ることでユーザーに寄り添った良いサイトとなります。こうした理由から、派手で様々な色を使うのではなく、サイト全体をベースカラーとメインカラーである程度まとめたうえで、重要な部分はアクセントカラーで目立たせるよう工夫すると良いでしょう。

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと鍵交換サイトの傾向を知ろう!

どんなコンテンツ内容を載せている?

以下3つの観点からサイトに載せているコンテンツ内容を確認していきます。
・鍵業界のサイトに欠かせないコンテンツ内容
・スクロールした時に追従するもの

鍵業界のサイトに欠かせないコンテンツ内容とは?

鍵業界のサイトに欠かせないコンテンツ内容には、以下のものが挙げられます。

  • 鍵のトラブルに対応できること
  • 電話番号
  • 対応可能時間
  • 営業所
  • 店舗の場所
  • 料金と施工事例

鍵のトラブルに対応できること

当たり前の内容ですが、「鍵交換」と検索するユーザーの中には、鍵が壊れ、一刻も早く修理を依頼したい方もいます。焦った状況の中で検索する場合、クリックしたサイトが鍵交換・修理のサービスを提供しているかを瞬時に判断し、そうでないサイトや、何のサイトか分からない場合にはすぐに離脱されて他のサイトを再検索されてしまうこともあるでしょう。

当然機会損失となってしまうので、そのような状況は絶対避けたいと思います。避けるためには、クリックした時に「鍵のトラブルに対応できるサービスを提供していること」が分かるようにしておくことが重要です。大きな文字、目立つ色味で記載しましょう。

電話番号

電話番号を記載しているサイトがほとんどです。「鍵交換」などと検索するのは、鍵が壊れた時や、壊れていないけれど鍵を交換したい時でしょう。鍵が壊れて緊急で検索する際には、すぐに依頼したいと考える場合があります。そうした場合には、ネット経由で依頼するよりも、電話で依頼したいですよね。そこで、電話番号を記載しています。さらに、依頼しやすくするため、電話番号はクリック(タップ)すると発信するように設定してあるサイトがほとんどです。

対応可能時間

鍵交換・修理に対応できる時間が記載されています。鍵交換できるとしても、緊急時に対応できるかどうかを伝えています。緊急時に検索するユーザーのことを考えると、対応してもらえるのかどうかをすぐに判断できることは大切です。もし料金などを確認して電話した後に、今の時間で対応してもらえないことを把握した場合、ストレスを感じてしまうはずです。もしかしたら次回以降は、このサイトを利用しないと思い決めてしまう方もいるかもしれません。

対応時間外の場合にはユーザーを逃してしまいますが、それがもったいないからという理由で明確に記載していないと、ユーザーにストレスを与えます。それが結果的に次回以降のユーザーを逃すというように、機会損失につながってしまうこともあるでしょう。

店舗の場所

店舗がある場所もユーザーが知りたい情報の1つです。鍵交換・修理をしたい場所の近くに、店舗の場所があるかどうかも気になるポイントでしょう。修理する際にすぐに来てもらえるかを知りたいところです。店舗がどこにあるかということ、可能であれば依頼から何分くらいで修理に来てもらえるのかも記載すると良いでしょう。

料金と施工事例

料金を記載することも大切です。トラブルごとに料金が異なる場合もあるため、ある程度のパターン別で料金や施工事例を見られると、料金を想定しやすいです。どういったトラブルでどのくらいの料金がかかるかを記載してください。以下のようなパターン別で事例や料金を知ることができればより分かりやすいでしょう。

  • トラブルの種類
  • 鍵のメーカー
  • 鍵の設置場所(玄関の鍵 / 自動車の鍵 等)

また、一部のサイトでは「クレジットカードが使用できること」を記載しているサイトもあります。急に修理が必要になった際に、手持ちの現金がなくても利用ができるかどうかを知りたい方もいます。そのため、クレジットカード払いができるのであれば、見やすい位置にクレジットカードが利用できることを記載しましょう。

スクロールした時に追従するもの

サイトを見る時には、画面を下にスクロールしていくと追従してくる要素があります。業界によって追従する要素が異なるのですが、鍵業界の場合には「電話をかけられるボタン」が追従してくるサイトが多いです。
8サイト中5サイトはスマホで閲覧する時に、電話をかけられる追従ボタンを用意しています。この追従ボタンはクリッカブルになっていて、クリックもしくはタップですぐに発信できるようになっています。

ただ、特徴的なのはこの追従ボタンがついているのはスマホで閲覧した時に限っているサイトが多いことです。パソコンで閲覧する場合、電話できる追従ボタンがあるのは、2サイトのみです。これは非常に戦略的のように感じます。鍵が壊れるなどして急きょ対応が必要な場合にはスマホで検索すると想定して、電話番号の追従ボタンを設定しています。一方で、パソコンで検索する場合には、急きょ対応が必要というより、じっくり比較検討する方と想定し、電話番号の追従ボタンは配置していないと考えられます。

ここで、これから鍵業界のWebサイトを作る方に1つ提案ですが、パソコンで検索すると想定される比較検討ユーザーに対して役立つ情報を、追従ボタンで設けると良いでしょう。例えば、資料請求のためのボタンや、料金・事例が分かるページへ遷移するボタンを用意することで、ユーザーに満足してもらいやすいサイトになります。どの要素をアピールするかも吟味しながら、追従ボタンの設置をご検討ください。

集客方法には何がある?

集客の方法としては、以下のような手法が考えられます。

プッシュ型:電車広告、テレビやラジオCM、折り込みチラシ、ダイレクトメール
プル型:リスティング広告、SEO、Googleマイビジネス、SNS

どのような戦略で広告するかにより効果には差が出ます。餅は餅屋ですから、費用をかけて集客に力を入れたい場合は、広告代理店に相談してみてもよいでしょう。
一方で、お金をかけたくない、あるいはお金をかけられない場合もあります。費用をかけず、かつ効果的な集客方法としてはGoogleマイビジネスへの登録が挙げられます。

Googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスとは、Googleの検索やGoogleマップなどに店舗情報を表示させるためのツールのことです。Googleで検索した時に、Googleマイビジネスに登録した鍵交換の店舗情報が表示されることがあります。例えば、「鍵交換 新宿」と検索した時には以下のようにマップの下に店舗の情報が表示されます。

店舗の住所や電話番号、営業時間、WebサイトのURLなどを登録しておくと、利用者の目に触れる機会が増えるはずです。もし登録をしていないのであれば、今すぐにでも登録すべきでしょう。

まとめ

今回は鍵業界のWebサイトについてご紹介しました。
Webサイト制作者の場合は、流行のおしゃれなデザインにするよりも、ユーザーがどんな情報を欲しているか、何を求めているのかを吟味し、そのニーズに応えられるようなデザインを考える必要があります。業界のサイトが「どんなデザインにしているのか」「どんな内容のコンテンツを載せているのか」を調べ、そこからユーザーが何を求めているのか推測してみてください。もちろんそれだけでは不十分です。鍵利用者が何を求めているのか実際の声を聞いたり、利用者の立場になって考えてみたりして、サイトの利用者の満足度を高めていきましょう。
ちなみに…先ほどはさらっと「業界のサイトが『どんなデザインにしているのか』『どんな内容のコンテンツを載せているのか』を調べ」とお伝えしましたが、これ実際にやってみると思った以上に労力がかかります。2~3サイト見るだけでも、細かいところまで見始めると1日以上かかるなんてことも…。
自分の業務を行いながらも、調査をするのってかなり骨が折れます。
鍵業界に営業をかけようと思っている方や、アフィリエイターも同じようなお悩みをお持ちでしょう。

そんな方はぜひdata maisonをご活用ください。最新の情報を、膨大な情報を一瞬で手にすることができます。
data maisonで効率良く情報収集して、ライバルのあの人に圧倒的な差をつけましょう。

 
 

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ