トップページへ戻る

転職エージェントサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

転職エージェントサイトのデザイン・コンテンツを解説!

働き方改革という言葉が社会浸透した日本国内では、一つの企業に定年まで勤める「終身雇用」という働き方や考え方が廃れつつあります。そんな「一度や二度は転職をして当たり前」という社会においては、転職者のサポートを担う「転職エージェント」のサイトが数多く存在します。転職を経験したことのある方の中には、「実際にお世話になった」という方も少なくないでしょう。転職の斡旋を担うサービスの中には、「ハローワーク」のように国によって運営されているケースもありますが、大半のサービスは民間企業によって運営されています。

さて、サービスとして転職斡旋を提供する企業担当者には、「転職エージェントのサイトを作りたい」もしくは「サイトを持っているが集客できていない」という方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな転職エージェントのサイトを開設したい方に向けて、実際のサイトを参考に「転職エージェントのサイトに掲載すべきコンテンツ」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。※2021年1月時点

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

転職エージェントのサイトコンテンツを学ぼう

転職エージェントのサイト制作やリニューアルに着手する前に、大手転職エージェントのサイトがどのようなコンテンツをサイト上に掲載しているかを学びましょう。大手サイトで掲載されているコンテンツが分かれば、自社サイトに載せるべきコンテンツも把握しやすくなります。上記3サイトは、Google検索の「転職エージェント」というキーワード検索において、TOP10以内に掲載されている大手サービスです。それぞれのサービスが共通してサイト上に掲載しているコンテンツは以下の通りになります。



「転職エージェントそのもの」を説明するコンテンツ

転職エージェントのサイトでは、「そもそも転職エージェントとは何か」をコンテンツ内で紹介しています。端的に言えば、転職エージェントとは人材を採用したい企業と転職希望者とをマッチングさせるサービスを指す言葉ですが、転職を経験したことのない人にとっては馴染みの薄い言葉です。そのため多くの転職エージェントサイトでは「普通の求人サイトとは何が違う?」、「利用するメリットは?」などユーザーが抱く疑問をサイト内で解消しています。どんなサイトであっても、ユーザーが疑問を抱えたままサービスを利用することは少ないため、これらのコンテンツは「初心者の方にサービスを理解してもらうための配慮」と言えるでしょう。

転職ノウハウ

初心者に向けたコンテンツという点では、いずれの転職エージェントサイトでも「具体的な転職ノウハウを公開している」という共通点があります。数多の企業を渡り歩いたジョブホッパーでもあれば話は別ですが、多くの方はそう何度も転職するケースも少ないため、経験則で最適な行動するのが困難です。そのため転職エージェントのサイト上では「自己分析の仕方」や「職務経歴書の書き方」などのノウハウを掲載し、転職者の不安や疑問を取り除くように配慮をしています。

このようにサイト上で「具体的なノウハウ」を掲載するのは、自動車販売や注文住宅のサイトでもしばしば散見される方法です。転職と同様に、車や自宅の購入は「人生で何度も経験することが少ない」ため、大半のユーザーが初心者ということを想定して、分かりやすいノウハウをサイト上に掲載しているのです。

申し込みフォーム

サービスの特性上、転職エージェントを利用するための申し込みフォームは、どのサイトにも掲載されています。転職エージェントのサービスは、転職者が希望する条件を提示して、キャリアアドバイザーが希望通りの求人情報を見つけ出して提示をするサービスです。そのため転職エージェントのサイトには、転職者のプロフィールや職歴、希望条件などを入力するフォームが備わっています。フォームと併せて、具体的な入力方法や利用手順などを記した「サービスの利用方法」が掲載されているのも特徴です。

中には、「求人情報を自分で探したい」という方に向けて、一般の求人サイトと同様に「求人情報の検索フォーム」を備える転職エージェントサイトも少なくありません。ですが、転職エージェントサイトの登録者にのみ紹介する求人情報に関しては、一般公開をせず「非公開求人」にしているケースが多くなっています。

採用を検討する企業向けのコンテンツ

転職エージェントのサイトは、求人サイトと同様に「仕事を求める方」と「人材を求める企業」によって成り立っています。そのため、サイト上には先に挙げたような転職者や求職者向けの情報だけに限らず、採用企業向けの情報も掲載されています。端的に言えば、「サービスの利用料はどのくらいかかるのか」、「どのように人材を紹介してくれるのか」などの採用企業が気になるポイントをサイトを通じて紹介しているのです。

また、企業向けのコンテンツの中に「ほかのサービスとの比較」を載せて、自社サービスの優位性をPRするケースも少なくありません。このほか、海外現地採用を検討する企業に向けて、企業向けのコンテンツをすべて英語表記で掲載している転職エージェントサイトもあります。

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと転職サイトの傾向を知ろう!

転職エージェントのサイトごとに特徴は異なる?

このほかにも転職エージェントサイトによっては、転職希望者向けのメールマガジンを配信したり、転職成功者の声をコンテンツとして掲載したり、転職活動に有益なコンテンツを取り揃えています。中には、サイトの運営元が主催をする転職フェアや転職相談会、またはセミナーなどのイベント開催情報をサイト内で紹介しているケースもあります。

とはいえ、冒頭で紹介した転職エージェントの大手サイトは、コンテンツにそこまで大きな違いはありません。「転職希望者へのサポート体制」や「サイトに登録されている有名企業」、「非公開求人数」などを強みとしてアピールしているサイトもありますが、「ここならでは」というコンテンツを掲載しているサイトは少なくなっています。

代わりに転職エージェントのサイトでは、上記のようにサービスを細かく区分しているという特徴があります。

分かりやすく言えば、第二新卒向けやエグゼクティブ層向けなど、転職エージェントを利用する転職希望者や採用企業のニーズに合わせて専門性の高いサービスを用意しているのです。このほか、専門職を探す転職希望者に向けて、転職エージェントのサイトでは特定の職業に特化したサービスも公開しています。

このように細かくサービスを分ける方法は、転職希望者が仕事を探しやすくなるだけではなく、採用企業が目的の人材を発掘しやすくなるという二つのメリットがあります。当然、サイトを細かく分けると管理コストが高くなる上、専門性の高いキャリアアドバイザーの育成が必要となるデメリットもあるので、すべての転職エージェントサイトで取り入れられている方法ではありません。

これらに関しては、豊潤な予算と人員を持つ「大手のサイトだからできること」と言えるでしょう。一長一短な方法ですが、サービスの行き届いた高品質の転職エージェントサイトを作りたいというケースにおいては、必要に応じて取り入れてみるのも手です。

転職エージェントのサイトを作る際に必要なコンテンツ

転職エージェントというサービスの特性上、サービスを利用する転職希望者のための「申し込みフォーム」は欠かせません。

こと転職は、多くの人にとって「人生の分岐点」となり得る行為のため、検討をする際に大きな不安を抱える方もいます。先に挙げた転職エージェントのサイトを参考にすれば、転職エージェントのサイトを作る際は、転職ノウハウのような「ユーザーの不安を取り除くコンテンツ」が必須となるでしょう。ほかのエージェントサイト同様、初心者に易しいサイト設計にすることをおすすめします。

とはいえ、企業を渡り歩くジョブホッパー向けの転職エージェントサイトであれば、上記のような初心者向けのコンテンツにそこまで注力をしなくとも構いません。代わりにサイト独自の強みをアピールしたほうが、他サイトとの差別化をはかりやすくなり、集客により繋げやすくなるでしょう。なお。転職エージェントのサイトを作る上で「何を強みとするか」は、運営元によって異なりますが、大手を除く転職エージェントサイトでは「女性に最適!」や「30代向けの転職サイト!」のように、ターゲットを絞った上で強みをアピールすることが多くなっています。

転職エージェントのサイトを作る際の注意点として、「個人でサイトを管理するのが難しい」ということを留意しておきましょう。転職エージェントだけに限らず、求人情報を扱うサイトは「数多の企業が関わる」という都合上、サイトも大規模なものになりやすいという特徴があります。分かりやすく言えば、転職エージェントのサイト制作には管理や運営を担う人材が不可欠なのです。

企業で転職エージェントのサイトを作る場合は、サイト制作を担うエンジニアや、転職支援の実務に携わるキャリアアドバイザーなど、事前に必要な人材を集めておくことをおすすめします。

転職エージェントのサイトはどんなデザインで設計されている?

さて、転職エージェントサイトのコンテンツを学んだところで、サイトデザインの解説にシフトしましょう。

先に挙げた大手の転職エージェントサイトでは、白や青のカラーリングを基調としているサイトが多くなっています。サイト内で使用されるフォントも、とくに強調したい部分は青を仕様しているケースが目立ちます。分かりやすく言えば、「清潔感と落ち着いた印象を与える配色」を採用してサイト設計を行っているのです。

● dodaの例

また、転職エージェントサイトは写真素材が多く使用される傾向が強く、イラストなどが使われるケースは少なくなっています。サイト全体で使われている写真も、フレッシュな印象を受ける「ビジネスマン」や「オペレーター」の写真を採用しているケースが多いのが特徴的です。仮にイラストが使われていたとしても、ピクトグラムのように機能性を重視したイラストが多く、コミカルなイラストなどが使われるケースはほとんどありません。

以上の点から、転職エージェントサイトでは「ユーモアさ」を取り入れるケースはほとんどなく、サイトデザインの面で「清潔さ」や「真面目さ」などを強調するサイトが多いことが分かります。とりわけ、転職活動を通じて結ぶ「雇用関係」は、企業と人材が互いを信頼して初めて成り立つ関係性です。これらを反映してか、転職エージェントのサイトにおいても、相手から信頼感を得るために「真面目で誠実な印象を与えるデザインを採用している」と言えるでしょう。実際に、転職エージェントのサイトを作る上でも、これらのポイントを取り入れてみてはいかがでしょうか。

● マイナビエージェントの例

とはいえ、転職エージェントサイトによっては「視覚的な分かりやすさ」を重視するため、サービスの利用方法などをWeb漫画で紹介している場合もあります。真面目な印象というのは、裏を返せばユーザーに対して過度に堅い印象を与えてしまいかねないため、コンテンツなどを通して適度にバランスを調整しているケースもしばしばです。

コンテンツのまとめ

今回は、転職エージェントのサイトに掲載されているコンテンツの紹介と解説をしました。

なお、「自社で求人サイトをすでに運営している」という企業であれば、新たに転職エージェントのサイトを作った際に、「求人サイトの関連サイト」としてリンクしておくのも良い方法です。ほかの転職エージェントサイトと同様、複数のサイトを同時に運営できれば、「就職希望者」と「転職希望者」のどちらにも訴求することができます。

転職エージェントのサイトは、「転職希望者」と「採用企業」の二者をターゲットにしている分、両方を見据えたコンテンツの準備が欠かせません。大手の転職エージェントのサイト上でも、転職者向けと企業向けのコンテンツを配置しています。ターゲットが二者という点は、一般的な求人サイトにおいても同様に当てはまりますが、実際にサイトを作る上では必ず念頭に置くようにしましょう。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ