トップページへ戻る

ハウスクリーニングサイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

ハウスクリーニングサイトのコンテンツとデザインを解説!

家電製品の進歩に伴い、掃除や洗濯といった家事は「時代が進むほど楽になっている」と言っても過言ではないでしょう。とはいえ、毎日仕事や子育てに追われている人にとって、家の掃除が大変であることに変わりありません。そんなユーザーが抱える「手軽に部屋をキレイにしたい」、「掃除を誰かに依頼したい」という需要を反映して、家の掃除を代行する「ハウスクリーニング」が人気を集めています。

そんなハウスクリーニング業者の中には、サイトを開設して集客やプロモーションを行うケースも多く、多彩なサービスをもって事業の拡大をはかっているほどです。

家事代行業を営む企業担当者または経営者の中には「ハウスクリーニングのサイト」や「サービスの予約ができるサイト」の開設を検討している方もいるのではないでしょうか。今回は、そんなハウスクリーニングのサイトを開設したい方に向けて、実際のサイトを参考に「ハウスクリーニングのサイトのコンテンツやデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

ハウスクリーニングのサイトのコンテンツを学ぼう

●メインビジュアル例

まずは、実際に運営されているハウスクリーニングのサイトを参考に、サイト内でどんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。サイト内のコンテンツを把握することで、ハウスクリーニングのサイトを作成する際に「何を載せれば良いか」が把握しやすくなります。

サービス一覧

ハウスクリーニングのサイトにおけるメインコンテンツとなるのが、サービス一覧です。ひと口にハウスクリーニングと言っても、「どこを掃除できるか」や「具体的な料金プラン」などは業者ごとに大きくことなります。そのため、ハウスクリーニング業者はサイト内で提供しているサービスを詳しく紹介しているのです。「エアコンのフィルターを掃除してもらいたい」、「キッチンの油汚れを何とか落としたい」など、ハウスクリーニングを検討するユーザーごとに要望は大きく異なる分、サービス内容も細かく区分されています。

中には「トイレ・お風呂・洗面台」のように、クリーニングの箇所を複数まとめたプランを割引価格で提供するサイトも散見されます。ほかのサイトとの差別化をはかる一方、「水回りをすべてキレイにしたい!」や「業者を呼ぶからには徹底的に清掃したい」というユーザーの声を反映したサービスと言えるでしょう。

このほか、サイトによってはコンテンツ内にクリーニングで使用する洗剤や機材、要する時間などを記述して、サービスの内容をより分かりやすく伝わるように配慮するケースも少なくありません。どのような形でクリーニングが行われるのかが分かれば、ユーザーも安心してサービスを利用しやすくなります。

法人向けサービス

「ハウス」という名前ながら、ハウスクリーニングの中には企業や法人向けのサービスを提供している業者があるのも特徴です。オフィスや病院、飲食店の清掃は家庭よりも規模が大きくなりやすい分、業者に清掃を依頼することが多くなっています。家庭と法人の両方をターゲットとして「大口の契約も取得をしたい」という業者向けのコンテンツと言えます。

ですが、ハウスクリーニングのサイトはあくまで「家庭」がメインです。実際にオフィスクリーニングのサービスを提供していない限り、サイトに記述する必要は無いでしょう。なお、ハウスクリーニングのサイトに掲載されている法人向けのサービスは、専門性の高い「オフィスクリーニングの業者」と比較をすると、小規模のものが多くなっています。

ご利用ガイド

初めてハウスクリーニングを利用する方に向け、注文方法や料金の支払い方法などを紹介するコンテンツはサイト内に必須となります。どのサイトでも、サービスの予約から清掃作業の完了までのフローを分かりやすく掲載しています。サービスを手軽に依頼できるほど、ユーザーの心理的なハードルが下がりやすくなり、契約の受注に繋がりやすくなります。サイトごとに予約のフローこそ異なるものの、ご利用ガイドをサイト内に掲載する際は「カンタンにサービスを利用できる」という点をアピールすることをおすすめします。
このほか「清掃を行うスタッフを派遣する」という都合上、ハウスクリーニングのサイトにはサービス対応エリアが必ず掲載されています。地域ごとに市町村名を掲載し、「具体的に出張可能なエリア」を分かりやすくサイト内に掲載しているのです。サービスの利用を検討するユーザーに必要となる情報なので、ご利用ガイドのコンテンツに含ませる形で掲載しても良いでしょう。多くの支店を持つ業者ほど対応エリアが広く、「47都道府県すべて出張可能」という点を強みとするハウスクリーニング業者もあります。

サービス利用者の声

ハウスクリーニングのサイトでは、サービス利用者のアンケートや口コミなどを公開することもしばしばです。これは、ハウスクリーニングを初めて利用する方ほど「本当にキレイになるのかな?」という不安を抱きやすいためです。サービス利用者のアンケートや口コミを掲載することで、サイトやサービスの信頼性を高めることに繋がります。

このほか、ハウスクリーニングの業者によっては清掃にまつわるコラムなどを掲載し、サイトコンテンツの充実をはかるケースも珍しくありません。中には、独自で洗剤やクリーニング機器を開発しているケースも多く、サイト内で清掃用具や機材の販売を行う業者もいます。ことハウスクリーニングは、「住宅の清掃」というサービス内容がハッキリしている分、コラムや通販と言った別軸で差別化をはかるケースも多いのです。

ハウスクリーニングのサイトはどんなデザインで設計されている?

ハウスクリーニングのサイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行します。冒頭で紹介したハウスクリーニングのサイトでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょう。

ハウスクリーニングのサイトのファーストビュー

ハウスクリーニングのサイトは、ファーストビューで「サイトの目玉となるサービス」、またはキャンペーンを掲載するケースが目立ちます。例えば、「エアコンクリーニング2万円」や「キッチン清掃1万円」など、クリーニングをする箇所と料金を、分かりやすい形でユーザーに伝えているのです。ハウスクリーニングに限らず、清掃サービスは具体的な料金を算出するのに「見積もり」を必要とするケースが多く、パッと見ただけでは料金体系の分かりにくいケースもあります。そこで、サイトのファーストビューにサービスと料金を大々的に掲示し、ユーザーに対して訴求を行っているのです。サイトによってはファーストビューにスライドショーを配置し、複数のサービスやキャンペーンをPRするケースもあります。

ハウスクリーニングのサイトのカラーリング

ハウスクリーニングは、サービス内容が清掃という都合上「清潔感のある色」が好まれます。そのため、ハウスクリーニングのサイトの多くは、背景色に「白色」が採用しているのが特徴です。このほか、バナーやフォントに青系統の色が好まれるのも、清潔さを意識していることの表れと言えます。なお、サービス内容が清掃という点で類似している点で言えば「オフィスクリーニング」や「布団の丸洗いサービス」などのサイトでも同系統の配色が好まれる傾向があります。完全に模倣をする必要こそありませんが、サイトの背景色やバナーに黒や茶色といった汚れを連想させる配色は避けたほうが賢明でしょう。

ハウスクリーニングのサイトの写真

ハウスクリーニングのサイトでは、スタッフが実際にクリーニング作業を行っている写真が多数掲載されています。文章だけでは、ユーザーに対してサービスの内容を完全に伝えるのは難しいため、写真で視覚的に把握できるように配慮しているのです。このほか、クリーニング前の写真とクリーニング後の写真をそれぞれ掲載して、「これくらいキレイに清掃できます」ということをアピールするサイトもあります。エアコンやコンロ周りのように、汚れが目立ちやすい箇所ほどクリーニング後の美しさも際立ちやすく、「サイトに掲載する写真向き」と言えます。

中には、流し台の排水管やトイレタンクなどの「ひどい汚れの写真」を掲載しているサイトもあります。これは、ユーザーに危機感を持ってもらい、ハウスクリーニングの訴求に繋げる方法として効果的です。とはいえ、サイト全体の印象が汚くなってしまう可能性もあるため、あまり極端な写真を掲載するのは控えたほうが良いでしょう。

ハウスクリーニングのサイトのレイアウト

ハウスクリーニングのサイトは、サイドバーを使用しない「1カラムのレイアウト」が好まれます。1カラムは、スマホ(またはタブレット端末)ように画面の小さいデバイスからでもコンテンツが見やすく、スマホからの予約を受け付けたいサイトに最適です。一方、1カラムはサイドバーを使用しない分、情報が煩雑化しやすいという欠点もあります。サービスやプランの多いサイトで1カラムを使用する場合は、ユーザーがサービスを選ぶ際に迷いが生じないよう工夫をする必要あるでしょう。溢れるサービスやプランをそのまま掲載してしまうと、延々とスクロールをしないと全容が把握できないサイトが不便な完成してしまうこともしばしばです。サービスごとにカテゴリを設定したり、ハンバーガーメニューにサービスを収納したり、細かな整理が必須となります。

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとフィギュア買取サイトの傾向を知ろう!

ハウスクリーニングのサイトはSNSを運用してる?

ハウスクリーニングのサイトは、TwitterやインスタグラムといったSNSを通じてコンテンツやキャンペーンの発信を行うことも少なくありません。ハウスクリーニングのサービスを運営している分、どのサイトでも「掃除に関するノウハウ」を所有しています。この知識と技術を活かし、SNSを通じて家庭向けの掃除や洗濯のテクニックなどをコンテンツとして投稿しているのです。

SNSの中でも、ハウスクリーニングのサイトはLINEに人気が集まっています。ことLINEは、企業アカウント向けの「クーポン配布機能」や「アンケート機能」などを搭載している分、ちょっとしたキャンペーンをSNS上で行いたい際にも適しています。

このほか、ハウスクリーニングのサイトによってはYouTubeのアカウントを所有し、動画コンテンツの配信を手掛けることもあります。とりわけ「実際にスタッフがクリーニングを行っている姿」を動画で配信し、サービスの内容を分かりやすくユーザーに訴求するサイトが多くなっています。よりリアルな情報をユーザーに伝えたい場合は、写真よりも動画コンテンツが重宝するでしょう。YouTubeに投稿した動画を、そのままサイト内に掲載して「サイトコンテンツ」として扱うケースも散見されます。

ハウスクリーニングのサイトはどうやって集客すべき?

冒頭で紹介したサイトを参考にすれば、提供するサービスや利用方法などを紹介したコンテンツは、ハウスクリーニングのサイトに必要不可欠です。とはいえ、ハウスクリーニングのサイトだけで集客をしようとすると、単純な「価格比べ」や「サービス比べ」になってしまいます。昨日今日でほかのサイトを圧倒する価格やサービスを実現するのは、よほど大規模なハウスクリーニング業者でもなければ難しいでしょう。

どのハウスクリーニング業者でもできる方法としては、季節によって「サイトで打ち出すサービスやキャンペーンを変える」という手段をおすすめします。ハウスクリーニングというサービスは、季節に応じて需要が大きく異なるため、サイトやSNSを通じてサービスやキャンペーンをアピールしましょう。分かりやすく言えば、夏のようにエアコンが稼働する季節は、エアコンのクリーニングを希望するユーザーが増えるため、サイトのファーストビューに「エアコンクリーニングのプランやキャンペーンを掲載する」といった具合です。

このほか冬のような寒い季節は、冷たい水を使うのに抵抗がある分、風呂場や流し場といった「水回りのクリーニング」の需要が伸びます。ユーザーが思わず「この掃除は業者に依頼したい」というクリーニングのサービスやプランを提供すれば、はからずとも集客に繋がりやすくなるのです。もちろん、ほかのサイトでも同様のプランやキャンペーンを展開することも多く、完璧に成功する方法とまでは言えませんが、集客やプロモーションに有効なテクニックとして留意しておきましょう。

コンテンツのまとめ

今回は、ハウスクリーニングのサイトのコンテンツやデザインについて解説をしました。

ハウスクリーニングを担う業者は、清掃以外にも整理収納や料理などのサービスを提供することもあります。同じように、家事に関わるサービスを提供しているようであれば、サイト制作を担う際にも「家事代行」という形でハウスクリーニングを含めたサービスを提供するのも良いでしょう。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ