トップページへ戻る

美容院・ヘアサロンサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

美容院・ヘアサロンサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「気になる競合他社に負けない魅力が伝わるホームページを作りたい」
「最新の優れたデザインのホームページに変えたい」 
「大手サロンポータルサイトからだけではなく、自分のホームページからも予約が来るようにしたい」

店舗をリニューアルしたり、新しくオープンしたりするタイミングでサイト制作をしていて、上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、美容院・ヘアサロンのサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
美容院・ヘアサロンのオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「商品を欲しい、買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。

※美容院・ヘアサロンの数は膨大で、全国各地に店舗が多数あります。今回調査した対象サイトは、OZmallが発表した東京で人気の美容院・ヘアサロンTOP5に絞って確認しました。※

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

美容院・ヘアサロンのサイトデザイン・UI

メインビジュアル

今回調査した美容院・ヘアサロンのサイトでは、お店の雰囲気を伝える「外観や内観の写真」または「カットモデルを使った写真」をメインビジュアルとして設定していました。

お店の外観・内観の写真を使ったメインビジュアル例

メインビジュアルの例として挙げている「Hair Salon WORKS」と「Rita」は、ファーストビューいっぱいにお店の外観や内観の写真をメインビジュアルに設定しています。サイトを訪れたユーザーに対して、こだわりの空間を伝えられるようなメインビジュアルです。
写真は複数枚用意されており、スライドショー形式で様々なパターンで表示されるようになっています。

カットモデルの写真を使ったメインビジュアル例

例として挙げている「Harris」と「LDK hair」は、カットモデルの写真がメインビジュアルに設定されているタイプのサイトです。カットモデルの写真を使えば、お店が得意とするヘアスタイルのテイストや、全体的な雰囲気を伝えることができます。外観・内観の写真と同様に、メインビジュアルに設定している画像は複数枚用意されており、スライドショーで表示されるスタイルとなっています。

サイトカラー

今回調査した美容院・ヘアサロンのサイトの結果は以下の通りです。

6サイトのサイトカラー一覧

6サイト中3サイトがベースカラーとして「ホワイト」設定していました。
ロゴ・メインカラーは、ホワイト、ブラック、グレーなどのモノクロが多いです。アクセントカラーには、ゴールドやブラウンなどが使われており、全体的にシック、モダン、上品なイメージのサイトが多い傾向にありました。

こうしたサイトカラーは、美容院・ヘアサロンのコンセプト・テーマによって大きく異なるものです。サイトカラーを変えるだけで、ユーザーに与える印象も異なりますので、どんなイメージをユーザーに与えたいのかを考えてサイトの色味を選択しましょう。

フォントサイズとフォントファミリー

美容院・ヘアサロンのフォントサイズを調査しました。
また、ユーザーのデバイスに表示されるフォント形式を指定する「フォントファミリー」についても調査しています。

6サイトのフォント一覧

サイト ベース ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A 写真 ホワイト ブラック
B ホワイト、ベージュ ブラック、ゴールド ゴールド
C ホワイト ブラック ダークグリーン
D ホワイト ゴールド ゴールド
E レース柄 グレー グリーン、ピンク
F ベージュ グレー ブラウン

フォントサイズの最小は11px、最大で16pxと、GoogleやAppleなどが推奨しているフォントサイズ(16px)よりもやや小さめの設定にしているサイトが多い傾向にあります。人によっては、読みにくいと感じる人もいるかもしれませんが、使用しているフォントや太さ、行間などが調整されているため、どのサイトの文字も個人的には読みにくさを感じることはありませんでした。

また、フォントファミリーを調べてみたところ「ヒラギノ角ゴ」「游ゴシック」などを使用しているサイトが多い結構にあります。
ヒラギノ角ゴ、游ゴシックなどは様々なジャンルのサイトでも使われており、サイト制作においてよく使われる定番のフォントファミリーです。全体的な傾向として、美容院・ヘアサロンの場合は、視認性が高く、人の目を引きやすいゴシック体が設定されています。

今回調査しているのは、任意でピックアップした6サイトのデータです。
本来、Webサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

Web担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。
ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

お店のコンセプト・サロン情報ページのコンテンツ

サイトを訪れたユーザーに「店舗の魅力」や「どんなお店なのか」を伝えるために「コンセプト」が掲載されています。
調査した美容院・ヘアサロンの場合は、コンセプトページを設けて、ユーザーに想いやこだわりを伝えていることが多いです。

お店のコンセプト・サロン情報ページ例

「about」や「コンセプト」、「サロン情報」などのページを作成して、「お店のこだわり」や「ホスピタリティ」などを紹介します。また、オーナーの言葉やこだわりの施術方法、オープンまでのサクセスストーリーなどを丁寧に伝えることができます。ユーザーにお店の魅力を知ってもらえるように、店舗の魅力やこだわりをアピールできるような内容にしましょう。

ヘアメニューページのコンテンツ

美容院・ヘアサロンにおいて欠かせないコンテンツが「メニュー」です。

ヘアメニューのページ例

どんなメニューがあるのか、料金はいくらなのかがわからない状態では、ユーザー側からすると不安しかなく、予約しようとはなかなか思えません。
キャンペーンやイベントを開催することによって、一時的に料金が変わることはありますが、「ヘアカット」「カラー」「スタイリング」における施術の方法は、こまめに変わるものでもありませんので、しっかりメニューページを作成し明記しておきましょう。

また、上記のように、それぞれの施術メニューにどういったスタイルを作る施術なのかも記載してあると、ただ「カット:〇〇〇円」「カラー:〇〇〇円」と書いてあるより内容よりも理解しやすくなり親切ですね。

店舗案内・アクセスページのコンテンツ

美容院・ヘアサロンの場合、店舗にお客様が来てくれないと意味がありません。
そのため店舗がどこにあるのかを周知する「店舗情報」はサイト内で欠かせない重要なコンテンツです。

当たり前ですが、すべてサイトで「店舗情報」をまとめたページが存在します。作成した「店舗情報」ページでは、「店名」「営業時間」「お店の住所・地図」「アクセス方法」などの基本情報がマストで掲載しましょう。

また、店舗情報ページ以外にも、サイトのヘッターやフッターなどに「営業時間」や「定休日」などを掲載しておけば、ユーザーが営業時間や連絡先を探す手間が省けてユーザーにとって親切ですし、パッと見て「いつ営業しているのか」「どこに連絡したら良いのか」など、すぐに理解してもらえますよね。

美容院・ヘアサロンの集客やプロモーション方法

美容院の予約サイトへの登録をする

美容院・ヘアサロンをオープンさせ、サイトも制作したら関連するジャンルのキーワードで上位表示をさせて、ネットで集客をしたいところですよね。しかし、近年は美容院などのサロン予約サイトが多くあり、作成した個人のサロンサイトはなかなか太刀打ちできないのが現実です。そのため、オープンしてまだ知名度もほとんどない美容院・ヘアサロンは、店舗やサイトへの集客のためにも美容院の予約サイトに登録するのが得策です。

美容院の予約サイトの大手と言えば、ホットペッパービューティー、楽天ビューティーなどがあります。
これらの外部プラットフォームは、利用者も多いため掲載することでのサイトや店舗への送客は一定数見込めます。ただし、掲載費もかかるため、やみくもに登録をすると手数料がかさんで経営が苦しくなってしまうことも考えられます。外部プラットフォームは、必ず利用しなければならないものでもありませんので、必要に応じて登録してください。

Googleマイビジネスの登録をする

美容院・ヘアサロンの集客方法として、Googleマイビジネスも活用できます。

Googleマイビジネスとは、無料で使えるGoogleのサービスで、店舗情報(店舗の住所、電話番号、営業時間、店舗サイトなど)を登録することで、Google検索やGoogleマップなどで検索した際に一定条件で表示されるようになります。

Googleマイビジネスに登録することで、ユーザーからの口コミや評価がされるようになりますし、店舗サイトへアクセスできるようにURLも登録可能です。無料で利用できるサービスなので、ぜひ登録して集客に活かしましょう。

ソーシャルメディアを活用する

美容室の予約サイトやGoogleマイビジネス以外の、インターネットを使ったプロモーション方法として、「ソーシャルメディア広告」も有効です。
ソーシャルメディア広告であれば、届けたいユーザーを決めてダイレクト広告を配信できます。年齢、性別などはもちろん、様々なデータからターゲティングでき、活用しているサイトも多いです。

6サイトの運用SNS

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE
A
B
C
D
E
F

ちなみに、今回調査した6サイト中4サイトがInstagramを運用していましたが、2サイトはSNS自体運用していませんでした。
上記はあくまでも6サイトの結果なので、SNSの運用が必要かどうか吟味してから、必要に応じてはじめてみてはいかがでしょうか。

美容院・ヘアサロンの現状と今後

新規参入が活発な市場でもあるため、個人の店舗、法人経営の多店舗展開などが多く出店しています。その数は、年々増えていて、エリアによっては美容院・ヘアサロンが密集している場所もあるほどです。それだけ相次ぐ出店が続くと、美容師不足にもなり、その点も問題となっています。

実際、美容師免許取得者は毎年2万程いるので、通常であれば美容師不足に陥ることはないと考えられます。しかし、実は美容師の離職率は、70%以上と高い数値になっています。さらに美容院のオーナーである経験者も全体的に高齢化していることもあり、後継者不足となっている美容室も増えているのです。

今後、美容院は様々な局面に立たされることが予想されています。問題をひとつずつクリアするためにも、サービスの向上もさることながら、経営面でもテコ入れが必要になってくるでしょう。

美容院・ヘアサロンにとってインターネットでの集客が重要になってきます。大手サロンポータルサイトに頼るだけではなく、自社サイトを上手く活用して手数料などの経費を削減して利益を増やすようにしましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円~※からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐdata maisonに会員登録しましょう!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ