トップページへ戻る

脱毛サロン業界のWebデザイン・コンテンツ

この記事を書いた人 :

脱毛サロン業界のWebデザイン・コンテンツ

「脱毛サロン事業を始めるにあたってサイトを作りたいけれど、何から手を付けたら良い?」
「今のサイトをもっと使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」
など、お悩みではありませんか?

この記事では、脱毛サロンのサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。脱毛サロンを手掛けるオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は「脱毛サロン」で検索をして上位に表示された6サイトを確認しています。2020年12月時点。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

脱毛サロンのWebサイトのデザイン・UI

よくある脱毛サロンのメインビジュアル例

今回調査した脱毛サロンのサイト(6サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、以下のようなメインビジュアが設定されていました。

● メインビジュアル例
脱毛サロンの脱毛ラボ脱毛サロンのミュゼプラチナム

脱毛サロンでは、イメージキャラクターでもある読者モデルや有名タレントなどの写真と共にキャンペーン案内が掲載されるメインビジュアルがほとんどです。

このイメージキャラクターを前面に押し出すメインビジュアルが多い理由として「憧れ」が挙げられます。脱毛サロンのメインターゲットとなるのが20代~30代の女性です。メインターゲットに近いイメージキャラクター(モデル・タレント)を起用することで、ユーザーは自己投影することができ「自分もあの人のようにキレイになりたい」と思わせる効果があるのです。
さらに、有名なタレントであれば、「あのタレントがCMキャラクターなら大丈夫そう」という安心感に繋がります。
このような理由から、脱毛サロンのメインビジュアルには芸能人を使うことが多くなっているのです。

上記に例として出している業界大手の「脱毛ラボ」の場合、CMや看板などでもお馴染みの芸能人を起用した印象的な写真とキャッチコピーがあります。美しくなりたいと思って脱毛サロンのサイトに訪れているユーザーが多いので、理想的なプロポーションの芸能人の写真が目に入ることで「私も同じようになりたい!」と思わせるようなメインビジュアルとなっているのです。

一方で「ミュゼプラチナム」は、キャンペーン案内、限定企画、おすすめコースなどの案内画像がスライドショー形式で流れるメインビジュアルが採用されています。お得なキャンペーンを最初に紹介することでユーザーの興味をひいて、次の行動にいってもらいやすくしているのです。実際に、サイトに訪れているユーザーの多くが「美しくなりたい」と思って訪れているので「ダイエットチャレンジャー大募集」や「お得なキャンペーン案内」が書かれていると「やってみたい!」と興味を持って、とりあえずクリックしてみる人もいるのではないでしょうか。

あなたのサイトは、どんなイメージをユーザーに与えたいと考えているのでしょうか?
その方向性によって、用意するべきメインビジュアルも変わってくるので、しっかりテーマを固めた上で進めましょう。

脱毛サロンのサイトカラー

脱毛サロンのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

● 6サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A ホワイト ピンク ライトブルー
B ホワイト レッド オレンジ
C ホワイト ライトブルー ピンク、ゴールド
D ホワイト ピンク グリーン
E ホワイト ピンク ピンク
F ホワイト ピンク ピンク、オレンジ

今回調査した脱毛サロンのベースカラーは「ホワイト」が設定されていました。

ロゴ・メインカラーは圧倒的に「ピンク」が多く、次いで「レッド」と「ライトブルー」という配色です。しかし同じピンクと言っても彩度や明度が異なり、少しずつ違う印象になります。「薄いピンク」「ビビットなピンク」「オレンジに近いピンク」など様々なバリエーションがある中で、どんなピンクを選ぶのかが大切です。しかし、ここまでロゴにピンクが多いと、なんとなく似たイメージになってしまいますよね。そこで、BやCサイトのように、ピンクではないレッドやライトブルーといったカラーを採用することで他と差別化が図れ、色のイメージとブランド(企業)を確立するのに役立つのです。

アクセントカラーに設定されているカラーとして「オレンジ」や「グリーン」「ブルー」などが多い傾向にあります。なぜオレンジやグリーンに設定しているのか考えてみると、この2色は比較的どんな色にも合いやすく、脱毛サロンだけではなく様々なサイトでも良く採用されているカラーです。

メインビジュアルと同様にサイト全体の雰囲気・イメージを決めるのが「サイトカラー」です。ユーザーに伝えたいサイトのコンセプト、サービスのイメージに合わせた自分たちらしい配色などを選びましょう。

主要脱毛サロンのフォントサイズ・フォントファミリー傾向

脱毛サロンのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみたところ、以下のような結果になりました。

● 6サイトのフォントサイズ・フォントファミリー

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 13px sans-serif
B 14px 游ゴシック メイリオ sans-serif
C 12px MS Pゴシック sans-serif
D 14px Noto Sans JP sans-serif
E 15px Noto Sans JP sans-serif
F 14px 游ゴシック メイリオ sans-serif

6サイトのフォントサイズを調べたところ、平均フォントサイズは、13.5pxでした。

調査した中で最小サイズは12px、最大サイズが15pxとやや小さ目なフォントサイズです。本文以外の見出しのサイズ(H2タグ)についても調べてみたところ、平均28pxで、最大サイズでは32pxのところもありました。また、ユーザーに読んでほしい強調させたいテキスト部分は、はっきり文字が読めるように太文字にしてあったり、強い印象を与えるブラックにしてあったりするなど工夫が凝らされています。

またフォントフォミリーについても調べたところ、全体的に「游ゴシック」「Noto Sans JP」が多く採用されていました。「游ゴシック」は、スタンダードな角ゴシック体のフォントファミリーで、様々なサイトで使われています。WindowsやMacでも標準搭載されており、読みやすく綺麗なフォントであると定評があるフォントファミリーとして人気ですね。

今回のデータは、6サイトをまとめた傾向値でしかありません。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、脱毛サロン業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。
ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください!

もっと脱毛サロンのサイト傾向を知ろう!

絶対に欠かせない脱毛サロンのサイトコンテンツ

「料金プラン」に関わるコンテンツ

脱毛サロンのサイトに欠かせないコンテンツと言えば「料金プラン」に関わることです。
脱毛と一口に言っても、「全身脱毛」「部分脱毛(顔、腕、足、VIO等)」「組み合わせパターンの脱毛」など種類が豊富です。その中で自分に合ったプランがないか探しているため、ユーザーにとっても脱毛サロンにとっても「料金プラン」はサイトコンテンツに外せないものとなっています。

● 料金プランの紹介ページ
脱毛サロン:ミュゼプラチナムの料金表

ユーザーは「この脱毛サロンではどんなコースがあるのか?」「コース内容はなんなのか?」「金額はいくらなのか?」などは最低限記載するべき内容です。当たり前のことですが、基本的なことこそがユーザーが知りたい情報となるため、しっかり明記することが大切です。

また、テキストでプラン内容が書いてあるだけでは、理解しにくいものもあります。どんな内容なのかをテキストで説明してあげることはもちろん、写真やイラストなどを用いるとわかりやすくなります。特に脱毛する部分については、イラストを用いるとわかりやすいでしょう。
上記のミュゼプラチナムのように、身体のイラストを用いて脱毛パーツを紹介してあげると、かなりわかりやすいですよね。

「脱毛サロンの特徴ページ」のコンテンツ

脱毛サロンを訪れるユーザーの中には、はじめて利用しようと考えている人向けに「脱毛サロンの特徴」を紹介するコンテンツが掲載されています。

● サロンの特徴ページ
脱毛ラボのサロンの特徴

脱毛サロンを利用しようと考えている人の中には、「何から手をつけたら良いのかわからない…」「この脱毛サロンで大丈夫?」など、疑問や不安を抱えていることが多いです。そうした場合、興味はあるものの疑問や不安が頭をよぎり、決心がつかずに「やっぱり辞めよう」と思ってしまうユーザーも少なくありません。ユーザーの疑問や不安を解決できるように「特徴ページ」のコンテンツが必要となるのです。

店舗情報・アクセス情報に関するコンテンツ

脱毛サロンにとって店舗への集客が最も重要なミッションです。
いくらWebサイトにユーザーが集まったとしても、実際に施術を行う脱毛サロンにお客様が来なければ意味がありません。店舗への来店を促す必要があるため、各店舗についての情報は欠かせないものとなっています。

● 店舗情報ページ
ミュゼプラチナムの店舗情報ページ

全国に店舗を展開している脱毛サロンでは、上記のように都道府県・キーワードなどから検索できるシステムを使って紹介します。

ユーザーが店舗を探せるようにした後は、各店舗ページを作成し基本情報を掲載してください。
店舗情報として載せるべき内容は「店舗名」「住所」「電話番号」「営業時間」「最寄り駅からのルート案内」などです。最寄り駅からのルート案内をする場合には、見た目でもわかりやすいようにGoogleマップなどを用いて場所を見せてあげると親切ですね。

脱毛サロンの集客やプロモーション方法

脱毛サロンをプロモーションする方法として、マスメディアを利用した方法があります。
特に全国展開しているような脱毛サロンでは、テレビCM、電車の中刷り広告、折込チラシなどで目にすることも多いでしょう。
また都心部(渋谷・原宿・新宿など)では、脱毛サロンを宣伝する宣伝カーが走っていることも多く、特に広告費にお金をかけてプロモーションしていることが多い業界です。それもそのはず、脱毛サロンは競合他社が多いため、知名度を増やしていかなければ顧客も増えません。そのため、大々的な広告を打ったり、競合との差別化のために「料金の安さ」や「サービスの良さ」をアピールしたりしているのです。

しかし脱毛サロンの規模によって集客方法は若干変わります。
特に中小規模の脱毛サロンであれば、マスメディア広告よりも費用が抑えられるインターネットを活用してプロモーションを行っていることもあります。

インターネットを使った集客方法として代表的なものは「リスティング広告」「ソーシャルメディア広告(SNS広告)」。特にソーシャルメディア広告を出稿するにはアカウントが必要となるため、脱毛サロンで運用しているSNS状況についても確認してみました。

脱毛サロンのSNS運用状況

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE YouTube
A
B
C
D
E
F

今回調査した6サイトの運用しているSNS状況を確認したところ、全てのサイトで主要SNSが使われていることがわかりました。色々なサイトを調査していますが、ここまでSNSを活用できている業界は多くありません。

脱毛サロンで良く使われているSNSは「Instagram」ですが、その内容としてはイメージキャラクターを起用した画像を多く使ったキャンペーン案内です。キャッチーなバナー画像のような作りになっているので、脱毛しようか悩んでいる人にとっては思わず気になってクリックしてしまうような投稿内容となっています。

また、最近ではYouTube広告も多く活用されるようになっています。YouTubeをご覧になっている人の中には、マンガ・アニメ形式の脱毛サロンの広告を見たことがある人もいるのではないでしょうか?
YouTube広告などのSNS広告は、細かいターゲティングができる強みを持っています。そのため、ユーザー層をある程度絞り込んでアピールできるようになっています。

集客のプロモーションは1年中行われていますが、特に肌を露出する機会が増える「春~夏」にかけては、SNS広告及びリスティング広告も増えるのです。SNSを活用することは今では当たり前の集客方法のひとつとなっていますので、どんどん活用していきましょう。

脱毛サロン業界の現状と今後について

脱毛サロンに関する市場は、様々な変化から良好となっていますが、その分新規参入する企業も増えており、顧客競争が起きています。脱毛サロンによって、競合他社との差別化を図るために、最新の脱毛機を取り入れたり、プラスαの付加価値を付けたりして対応しているところも多いのです。

少し前まで脱毛といえば高額(100万円以上)の施術が必要で、そうそう気軽にやってみようと思えるものではありませんでした。
脱毛のために数100万円ものローンを組んで…となると「脱毛しよう」と思う人は狭まり、需要はあるもののニーズと合致しない状況が続いていたこともあるほど。しかし近年は、格安でできる脱毛サロンが登場しています。しかも、月額払い、施術ごとの支払いなどのバリエーションも増えてローンを組む必要もなくなってきています。

そうした脱毛サロンの変化があり、ようやく「脱毛しようかな」と気軽に考えられるユーザーが増えてきているのです。
しかも、今はインターネットが発達しています。スマホから簡単に、脱毛サロンについての情報が手に入りますし、予約もできます。昔は主流だった電話予約も今は減り、ネット予約を利用者するユーザーの方が多いでしょう。

そのため、大手脱毛サロンはWebサイトに力を入れています。ユーザーにとって使いやすくわかりやすいWebサイトが求められており、今後もインターネットを使った集客方法が取り入れられていくと考えられるでしょう。
これから脱毛サロンの開業を行う場合には、施術やサービスが良質であるのはもちろん、Webサイト自体の定期的なアップデートを行いより良くしていってください。

今よりも、もっと改善されたWebサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円~※からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

<40項目の調査を100サイト行った場合>
・期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 

<これがdata maisonを利用した場合>
・期間:即時 で 費用:月々200円前後

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しましょう!
気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ