トップページへ戻る

食材宅配サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

食材宅配サイトのデザイン・コンテンツを解説!

新しい食材宅配事業を売出したいと考えている方、なかなか売上が上がらず悩んでいる方はいませんか?

「食材宅配の通販サイトを作りたいけれど、何から始めたら良い?」
「もっと使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」
「売上が伸びるような通販サイトに改善したい」

この記事では、食材宅配のサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
食材宅配を販売するオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は「食材宅配通販」で検索をして上位に表示された7サイトを確認しています。※2021年1月時点

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

食材宅配の通販サイトのデザイン・UI

メインビジュアル

検索上位に表示している食材宅配の通販サイト(7サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、商品を紹介するメインビジュアが設定されていました。

●メインビジュアル例

食材宅配の通販サイトのメインビジュアルは、商品やキャンペーン案内を紹介する画像が4~5枚程用意され、スライダー形式で紹介するものとなっています。上記に例として出している「CO-OP」や「YOSHIKEI」では、人気商品や新商品を紹介しており、サイトに訪れたユーザーの目をひく構成ですよね。

サイトカラー

食材宅配の通販サイトのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●7サイトのサイトカラー

食材宅配の通販サイトのベースカラーは「ホワイト」が多く、ロゴ・メインカラーでは「グリーン」や「ブルー」「オレンジ」などが多い傾向です。信頼感があるブルー、健康・安全などの印象があるグリーンなどをメインに使うことで、販売している食材宅配が安心で安全であることを印象付けるものとなっています。アクセントカラーには、メインカラーとの相性も良いブラウンが多いです。

食材宅配と一口に言っても、取り扱っている商品が異なります。ユーザーにどんなイメージを与えたいかによって、選択するべきカラーも変わりますので、サイトのコンセプトやサービスのイメージに合わせてサイトカラーを選びましょう。

フォントサイズ・フォントファミリー

食材宅配の通販サイトのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみたところ、以下のような結果になりました。

●7サイトのフォントサイズ・フォントファミリー

食材宅配の通販サイトのフォントサイズを調べたところ、平均フォントサイズは、16pxでした。調査した中で最小サイズは14px、最大サイズが18pxで、そこまで大きな差はなく、標準的なフォントサイズとなっています。本文のフォントサイズは上記の通り標準的ですが、メインビジュアルやバナーなどで使われているフォントは、かなり大きめです。また、一部のサイトでは見出しのフォントサイズも30px以上に設定されていました。

これは、食材宅配の通販サイトを利用するユーザーの年齢層が高いためと考えられます。あまり小さなフォントサイズにすると、ユーザーから読みにくい、わかりにくいサイトと思われてしまいかねません。標準的なフォントサイズを本文にしようしつつも、見出しや強調したい部分はフォントを大きめにしたり、太文字にしたりしてわかりやすくしているのです。

ちなみに、フォントフォミリーについても調べたところ、「ヒラギノ角ゴ」シリーズが多く採用されていました。他の業界ではあまり見なかった、「ヒラギノ丸ゴ ProN W4」を設定しているサイトもあります。「ヒラギノ丸ゴ ProN W4」は、自然な柔らかみがある優しいゴシック体です。優しさを表現したい時、柔らかい印象を与えたい時におすすめです。

今回は、あくまでも7サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、食材宅配業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと食材宅配のサイト傾向を知ろう!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

「商品」に関わるコンテンツ

食材宅配の通販サイトに欠かせないコンテンツと言えば、「商品ページ」ですよね。食材宅配を探しているユーザーにとって、商品情報は必ず参考にする項目です。「どんな商品があるのか、成分は何なのか、金額はいくらなのか」など知りたいものです。

食材宅配は実際にユーザーが口にするものです。どんなに効果があると謳われても安全性がわからなければユーザーは購入するのを躊躇ってしまいます。そのため各社は、商品の効果や安全性をアピールする内容を商品ページで含めているのです。

例えば、多くの商品ページに以下のような内容を紹介しています。

・購入した人の悩んでいた理由
・商品の成分について(歴史、安全性など)
・他商品との違いやこだわり
・愛用者の口コミ・満足度
・商品に関するQ&A
・商品の金額(メインの商品、関連する商品)

この中でも特に重要なコンテンツと言えば、「生産に関わること」です。生産者の想い、安全性などの紹介をすることで、ユーザーに対して安心感を与えることができます。この他に独自のこだわりについても紹介できれば、他商品やブランドとの差別化も図れるでしょう。

ちなみに、商品ページの中でユーザーが商品を検討する際に気にするのが「愛用者の口コミ」や「商品のレビュー」です。食材宅配の通販サイトにおいて、実際に利用する人の「生の声」は購入を判断するものとして有益なので欠かせないコンテンツと言えるでしょう。

「お役立ち情報」に関するコンテンツ

食材宅配の通販サイトには、ユーザーのためになる「お役立ち情報」に関するコンテンツが掲載されています。特に多いのが、「商品を使ったレシピ」「脳や身体などに対する改善情報」などです。通販サイト内でコンテンツを展開しているところもあれば、オウンドメディアとして新たにサイトを立ち上げて、役立つ情報を発信しています。

アレンジレシピの紹介があれば、商品の購入を検討している人にとっては参考になります。脳や身体の改善方法についても学べるので、ユーザーにとっても有益な情報源となるでしょう。

よくある質問ページのコンテンツ

疑問や質問を抱えるユーザーは多いです。例えば、「料金体系はどうなのか?」「キャンセルはできるのか?」「予約はどうしたら良いのか?」など、挙げればキリがありません。

ご利用方法や料金プランなどで紹介をしていても、情報をくまなく見ている人ばかりではないため、知りたいことを的確に素早く解決するためにも、よくある質問ページを作り、そこを読めば解決できる状態にしておきましょう。そうすれば、ユーザーの疑問が解決されるのはもちろん、ショップ側の問い合わせ対応も減ることになり、お互いに良好な関係となり得ます。

食材宅配の集客やプロモーション方法

食材宅配をプロモーションする方法として、マスメディアを利用したプロモーション方法があります。テレビCM、雑誌、駅や電車の看板などで、食材宅配に関する紹介を度々見ることってありますよね。また、食材宅配といえば「テレビショッピング」です。
大手の食材宅配であれば、商品について「どんな特徴があるのか」「どんな効果があるのか」などを有名人が解説しながら紹介してくれるプロモーション方法が一般的となっています。テレビショッピングを見るユーザー層には、健康に気を使っている人も少なくないため、食材宅配を紹介するにはうってつけ場です。

しかし近年は、InstagramやTwitter、YouTubeなどのソーシャルメディアも人気です。
食材宅配の通販サイトでは、上記のようなソーシャルメディア(インターネット)を使ったプロモーションで集客を増やしているところもあります。食材宅配は年齢層が高い人だけではなく、若い人に向けた商品も取り揃えています。そのため、インターネットを活発に利用するユーザーがいるSNSを使ってプロモーションを行っているのです。

食材宅配業界の現状と今後について

『H・B フーズマーケティング便覧 2019』(株式会社富士経済)によると、食材宅配業界の市場規模は2010年には1兆円程度でしたが、その後拡大を続け、2018 年には1兆5000億円近くまで規模を拡大しています。

食材宅配のターゲットには、美容に関心のある女性だけでなく、男性も含まれています。また、今後超高齢社会が進むにつれ「いつまでも健康でいたい」というシニアの需要が大きくなることが予想されるため、市場としての伸び代は非常に大きいと考えられているです。

食材宅配は不況にも強く、かつこれからの伸び代が期待できる市場ということで、これまで全く関係のなかった異業種からの参入が目立つようになりました。特に他分野で高い技術力を持っていた大企業が、その技術力を美容や健康に活かせるように転換し、参入してくるケースが増えたのです。

新規参入したメーカーのうち、その半数以上は創業して 1 年以内に潰れてしまうというデータもあり、多くのメーカーが参入しては、競争に負け消えているのが現状です。新規メーカーの参入は今後も減少することはなく、ますます増えていくことが予測されます。市場での競争の激化は避けることができないと言えるでしょう。

需要が増えれば、売上が上がるチャンスとなります。今のうちにユーザーがいつでも使いやすく、探しやすい食材宅配の通販のサイトを制作したり、オープンさせたりして準備をしておきましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ