トップページへ戻る

スポーツ・フィットネスジムサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

スポーツ・フィットネスジムサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「スポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトってどんな感じ?」

こうした疑問をお持ちの「Web担当になった方」、「フィットネス周りでアフィリエイトを考えている方」、「スポーツ・フィットネスジム業界に営業をかけたいと考えている方」に向けた記事内容となっています。

こんなお悩みが解決できるよ
・Web担当になってサイトリニューアルに携わることになったけど、デザインはどういった感じにすればいい?
・スポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトでは、どんなコンテンツ・情報を伝えればいいの?
・営業をかけたいと思っているけど、スポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトにはどんな傾向がある?

さて、今回フォーカスするのはスポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトです。
はじめにお伝えしますと、今回は「フィットネス」で検索した時に上位に表示されている10サイト(ページ)をじっくりと観察して、共通点や相違点を確認しました。業界のWebサイトの傾向を知るために、調べてみて実感している方もいるかと思いますが、自分1人で調べるには相当時間がかかるうえに、根気も必要です。ざっくりと傾向が知りたい方のため、当記事を執筆しました。「スポーツ・フィットネスジム業界にはこんな特徴がある」という傾向としてみてもらえればと思います。

「いやいや、10サイトで傾向とか言えないんじゃ…?」
ですよね。そう感じる方もいますよね。「ビジネスで使うのにもっと正確な情報が知りたい」、「Webサイトリニューアルで失敗したくない」そういう方のために、data maisonを開発しました。1人で調べたら数ヶ月もかかるような情報量で、しかも最新の情報を一瞬にして手にすることができます。

Webサイトのデザインで周りから評価してもらえる人や、情報量で周りの営業に圧倒的な差をつけている人を見て、どのタイミングでどう時間を作ってるの?なんでそんなに知ってるの?そう疑問に思ったことはありませんか?
成功している人には秘密があります。
何十時間、何百時間とかかる調査を、data maisonなら月々165円~ 払うだけでデータを手にすることができます。

成功しているビジネスパーソンには秘密があります。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

スポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトで使われるデザインは?

3つの観点からデザインを確認します。
・メインビジュアル
・フォント(フォントファミリー、フォントサイズ)
・配色(ベースカラー・メインカラー・アクセントカラー)

メインビジュアルはどんな見た目になってる?

クリックした時にまず目に入る画像や動画。この部分をメインビジュアルと呼びます。サイトの第一印象を決めるメインビジュアルは、まさにサイトの顔と言えるでしょう。
スポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトにおいて主流となっているのはスライダーです。スライダーというのは、複数枚の画像が用意されていて、一定時間すると自動的に画像がスライドで切り替わるものです。多いもので14枚、少ないものでも3枚程度の画像が用意されています。興味のあるトピックがあれば、クリックして遷移できるようにリンクが設定してあることがほとんどです。

画像に使われるモデルには、日本人で、しゅっと引き締まった人物が多い傾向がありました。一部外国の方をモデルに起用しているサイトもありましたが、自分事として捉えてもらうためには日本人の一般人を起用も検討してはいかがでしょうか。また、体が引き締まった人だけでなく、中肉中背のモデルも載せるのもいいかもしれませんね。

また、新型コロナウイルスの影響があり、様々な業界では、感染症への取り組みが重要視されています。特に利用者の中には感染症対策の取り組みがされていない施設や店舗は利用しない選択をする方もいます。そのため、Webサイトにおいては感染症に対してどのような取り組みを行っているか、目立つところに分かりやすく掲載する必要があるでしょう。
これは基本的にすべての業界で言えることですが、スポーツ・フィットネスジム業界では、顕著です。

メインビジュアル:スライダー(3枚)

メインビジュアル:スライダー(10枚)

メインビジュアル:動画

フォント(フォントファミリー、フォントサイズ)はどうなってる?

Webサイトの印象を決めるのは、画像やコンテンツの配置だけではありません。フォントの種類や大きさも重要な役割を担っています。スポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトではどういったフォントファミリーが使われ、どのくらいの文字の大きさを設定しているのでしょうか?

★よく使われているフォントファミリー
スポーツ・フィットネスジム業界のフォントファミリーとしては「ヒラギノ角ゴ」シリーズが人気のようですね。代替のフォントとして設定してあるのも、メイリオやMeiryoなど少し丸みがかった種類のフォントが使われています。

★よく使われているフォントサイズ
H2タグを中心に少し目立たせたい部分は20~40pxほどのフォントサイズとなっています。また、本文に関しては12~18pxほどです。
一般的なサイトよりもジャンプ率が高い(文字の大きさの強弱がある)印象です。
細かい文字を読ませるより、短めの文言やキャッチコピーを用いたうえで、画像や動画を見せている箇所が多いのが特徴です。

配色(ベースカラー・メインカラー・アクセントカラー)

Webサイトの色選びでは、3つの「カラー」を考える必要があります。

  • ベースカラー:サイトの土台となる色味。
  • メインカラー:ベースカラーに次いで使われている色味。
  • アクセントカラー:目を引くためにアクセントとして追加する色味。

ベースカラーとしては白色を使用している傾向があります。メインカラーやアクセントカラーとしては、赤色や黄色のように暖色が使われています。暖色はエネルギッシュな印象があるうえ、脂肪が燃焼しているイメージが浮かびます。ジムでイメージカラーが決まっているのであれば、それに沿って配色を考えていくと良いでしょう。

★よく使われる配色
ベースカラー:白色 #FFFFFF
メインカラー:赤色 #B60014 / 黒色 #434343 / グレー #F2F2F2 / 青色 #0E5FB0 / 水色 #E2ECF5
アクセントカラー:茶色 #8F806A / 赤色 #C21632 / 黒色 #000000 / 黄色 #FCA500 / オレンジ #EB7400 / 緑色#167103

どんなコンテンツ内容を載せている?

どんなコンテンツを載せているか、以下5つの観点から確認します。
・TOPページに載せている内容
・どういったコンテンツ内容が必要?
・どのようなキャッチコピーが使われている?
・グローバルナビゲーションで何を見せている
・スクロールした時に追従するもの

TOPページに載せている内容

サイトのTOPページにはどのような内容を掲載しているのでしょうか。
TOPページの内容を考える時には、何を掲載するかだけでなく、どのような順番で掲載するかも大切です。なお、以下には例として3サイトのTOPページに表示されているコンテンツを紹介します。番号「①、②、③…」は掲載している順番を表しています。
サイト上部のグローバルナビゲーションやメインビジュアルに関しては他の段落で説明していますので、ここでは割愛します。

どういったコンテンツ内容が必要?

スポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトを作る際にマストで入れたい内容は5つあります。

・施設検索(店舗検索)
・入会の流れ
・施設の活用方法
・施設の強み
・感染症に対する取り組み

この他にあると良いものとして、初めての方に向けたページ(利用することのベネフィット、利用方法など)や、もし行っているのであればキャンペーン情報が挙げられます。
これらの情報を載せるべきというのは、同じ業界の他のサイトがやっているからではありません。利用者の気持ちになった時に、本当に必要な情報が何か考えてみると自ずと載せるべき情報が見えてきます。

「施設の特徴が知りたい!」、「キャンペーン期間中にお得に入会したい」など利用者のニーズを洗い出した上で、どの順番で掲載するか、どういうデザインで掲載するかが大切です。当記事で紹介した他のサイトの情報も参考にしながら、利用者が使いやすい・分かりやすいと思える順序・デザイン・UIを考えてみてください。

どのようなキャッチコピーが使われている?

サイトのブランドを決めるのは、デザインとコンテンツ内容です。加えて「キャッチコピー」も重要な要素です。スポーツ・フィットネスジム業界のTOPページで使われているキャッチコピー(文言)を確認してみました。

大きく分けて以下の3つのタイプがありました。
・悩みや要望に対して訴求しているキャッチコピー
・知名度・利用者の多いことからジムの信頼度をアピールするキャッチコピー
・感染症対策における安心感をアピールするキャッチコピー

●悩みや要望に対して訴求しているキャッチコピー
「諦めずに通い続けたい」「時間がないけどジムに行きたい」など利用検討者が抱く悩みや要望に対して、解決できることをアピールするキャッチコピーが使われています。ジムの利用者には単純に筋力アップを目指している方の他にも、ダイエットを目的としたり、健康を目的としたりしている方もいます。広くニーズを拾うために「ダイエット」「筋力アップ」という文言を使っています。以下にはメインビジュアルに使われている文言だけピックアップしましたが、「健康」に関しての文言もサイトのTOPページ内に散見しました。

例)JOY FIT 24(スライダー1枚目)
だから、つづく。 JOY FIT

例)スポーツクラブNAS(スライダー1枚目)
直ジム
着替えずジムへ直行・直帰。
ロッカー不要の時短フィットネス。
※一部実施していない店舗もございます。

例)KONAMI SPORTS CLUB
ダイエットや筋力アップなど
あなたにぴったりな運動を。

●知名度・利用者の多いことからジムの信頼度をアピールするキャッチコピー
会員数や施設をアピールし、多くの人が使用しているという安心感を訴求するキャッチコピーや、大手の会社が運営していることを紹介するキャッチコピーがあります。

例)GOLD’S GYM🄬
ゴールドジムは世界30カ国・700カ所以上・300万人のメンバーを誇る世界最大級ネットワークのフィットネスジムです。

例)快活CLUB FIT24
AOKIグループが運営する新たなフィットネスジム誕生
満足をそろえた24Hジム

●感染症対策における安心感をアピールするキャッチコピー
このご時世、感染症に対してどのように取り組んでいるのか説明することも重要です。ジムの利用検討者は、少なからず気にしているはずです。まず安心感を伝えるという意味で、メインビジュアルで感染症対策についてのキャッチコピー(文言)が使われているサイトもありました。

例)セントラルスポーツ(スライダー1枚目)
新型コロナウイルス 感染症対策中 お客さまと従業員の安全のために
※当クラブの対策はスポーツ庁による感染防止対策ガイドラインを参考に策定しております。

例)ルネサンス
ルネサンスは、新スタイル。
この安心感、実感してください。

グローバルナビゲーションで何を見せている

グローバルナビゲーションはWebサイトのすべてのページに共通して設置された案内リンクのことです。どのページを閲覧していてもクリックできるリンクとなりますので、訴求したいサービス情報、利用者がよく使うページなどに向けたリンクが設置されることが多くあります。
スポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトのグローバルナビゲーションには以下4つは、ほぼマストで入っています。

・店舗検索(施設検索)
・入会案内
・プログラム紹介
・よくある質問

スクロールした時に追従するもの

Webサイトの画面を下にスクロールする時に、画面上に一部のバナーが残ったり、追従したりすることがあります。例えば画面上に「資料請求」「会員登録」といったCVボタンを常に表示させることでCVの機会を増やすことができます。
スポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトでは、下記3つを追従させているWebサイトが多かったです。

・グローバルナビゲーション
・CVボタン(見学申込・入会予約)
・TOPへ戻るボタン

CVボタンとしては「見学・体験の申込」、「入会予約」の2つがよく見られました。

プロモーション方法の手法には何がある?

プロモーション方法としては、以下のような手法が考えられます。

プッシュ型:電車広告、テレビやラジオCM、折り込みチラシ、ダイレクトメール
プル型:リスティング広告、SEO、Googleマイビジネス、SNS

どのような戦略で広告するかにより効果には差が出ます。餅は餅屋ですから、費用をかけて集客に力を入れたい場合は、広告代理店に相談してみてもよいでしょう。
一方で、お金をかけたくない、あるいはお金をかけられない場合もあります。費用をかけず、かつ効果的なプロモーション方法としてはGoogleマイビジネスへの登録と、SNSへの投稿があります。

Googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスとは、Googleの検索やGoogleマップなどに店舗情報を表示させるためのツールのことです。Googleで検索した時に、Googleマイビジネスに登録したジムの店舗情報が表示されることがあります。例えば、「ジム 新宿」と検索した時には以下のようにマップの下に店舗の情報が表示されます。

店舗の住所や電話番号、営業時間、WebサイトのURLなどを登録しておくと、利用者の目に触れる機会が増えるはずです。もし登録をしていないのであれば、今日にでも登録すべきでしょう。また、Googleマイビジネスには感染症についての対策関連情報を追加できるようになっているため、こちらも併せて記載しましょう(「スタッフはマスク着用」「要検温」など)。

SNSへの投稿

日々のトレーニングをSNSに投稿しモチベーションを保ったり、引き締まっていく体を記録のためにSNSに投稿したり、ジムに通う人の中にはSNSを活用している人も多くいます。
そのため、TwitterやインスタグラムなどSNSのアカウントを登録し施設の広告に利用してはいかがでしょうか。以下のようなハッシュタグを使って投稿すれば、目に触れる機会も増えますから活用してみてください。

#ジム #ジム通い #ジムなう #ジム再開
#筋トレ #筋トレ好きと繋がりたい  #筋トレ男子 #筋トレ女子
#腹筋 #ワークアウト #workout #パーソナルトレーニング
#ヨガ #フィットネスジム #フィットネス
#ダイエット #ボディメイク #美尻 #引き締め
#プロテイン #サプリメント

もしキャンペーンを行うのであれば、特定のハッシュタグで呟いた方に何かをプレゼントするなどの手法も面白いかもしれませんね。
うまく話題に乗れば、想像以上のプロモーション効果を得られることでしょう。

今回はスポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトについてご紹介しました。
Webサイト制作者の場合は、流行のおしゃれなデザインにするよりも、ユーザーがどんな情報を欲しているか、何を求めているのかを吟味し、そのニーズに応えられるようなデザインを考える必要があります。業界のサイトが「どんなデザインにしているのか」「どんな内容のコンテンツを載せているのか」を調べ、そこからユーザーが何を求めているのか推測してみてください。もちろんそれだけでは不十分です。ジム利用者が何を求めているのか実際の声を聞いたり、利用者の立場になって考えてみたりして、サイトの利用者の満足度を高めていきましょう。
ちなみに…先ほどはさらっと「業界のサイトが『どんなデザインにしているのか』『どんな内容のコンテンツを載せているのか』を調べ」とお伝えしましたが、これ実際にやってみると思った以上に労力がかかります。2~3サイト見るだけでも、細かいところまで見始めると1日以上かかるなんてことも…。
自分の業務を行いながらも、調査をするのってかなり骨が折れます。
スポーツ・フィットネスジム業界に営業をかけようと思っている方や、アフィリエイターも同じようなお悩みをお持ちでしょう。

そんな方はぜひdata maisonをご活用ください。最新の情報を、膨大な情報を一瞬で手にすることができます。
data maisonで効率良く情報収集して、ライバルのあの人に圧倒的な差をつけましょう。

さて、今回フォーカスするのはスポーツ・フィットネスジム業界のWebサイトです。
はじめにお伝えしますと、今回は「フィットネス」で検索した時に上位に表示されている10サイト(ページ)をじっくりと観察して、共通点や相違点を確認しました。業界のWebサイトの傾向を知るために、調べてみて実感している方もいるかと思いますが、自分1人で調べるには相当時間がかかるうえに、根気も必要です。ざっくりと傾向が知りたい方のため、当記事を執筆しました。「スポーツ・フィットネスジム業界にはこんな特徴がある」という傾向としてみてもらえればと思います。

「いやいや、10サイトで傾向とか言えないんじゃ…?」
ですよね。そう感じる方もいますよね。「ビジネスで使うのにもっと正確な情報が知りたい」、「Webサイトリニューアルで失敗したくない」そういう方のために、data maisonを開発しました。1人で調べたら数ヶ月もかかるような情報量で、しかも最新の情報を一瞬にして手にすることができます。

Webサイトのデザインで周りから評価してもらえる人や、情報量で周りの営業に圧倒的な差をつけている人を見て、どのタイミングでどう時間を作ってるの?なんでそんなに知ってるの?そう疑問に思ったことはありませんか?
成功している人には秘密があります。
何十時間、何百時間とかかる調査を、data maisonなら月々165円~ 払うだけでデータを手にすることができます。

成功しているビジネスパーソンには秘密があります。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ