トップページへ戻る

フィギュア買取サイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

フィギュア買取サイトのコンテンツとデザインを解説!

アニメや漫画、特撮といったサブカルチャーの人気作品ともなれば、数多くのキャラクターグッズがリリースされます。子供の頃に、好きな作品に加えて「お気に入りのグッズがあった」という方も少なくないでしょう。中でもソフビ人形やガレージキットといった所謂「フィギュア」は、子供の玩具という次元を通り越して、大人でも熱心な収集家が居るほどです。

そんなファンの熱意に呼応するように、フィギュア買取または販売を担う専門店も数多く存在します。実際にフィギュア買取・査定サイト制作を行おうと考えている店舗担当者、またはフィギュア買取・査定サイト制作を依頼されたエンジニアの中には、フィギュア買取のサイトに掲載する「コンテンツの選び方」や「サイトのデザイン」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなフィギュア買取のサイトを開設したい方、またはリニューアルをしたいに向けて、実際のサイトを参考に「フィギュア買取のサイトのコンテンツとデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

フィギュア買取・査定サイトのコンテンツを学ぼう

まずは、実際に運営されているフィギュア買取のサイトに、どんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。

●フィギュア買取の主要サイト

フィギュア買取のもえたく
フィギュア買取ネット
フィギュア買取のあみあみ

実際に掲載されているコンテンツを把握することで、「サイトに何を載せればいいのか」が把握しやすくなります。

フィギュア買取窓口について

買取窓口は、フィギュア買取サイトのメインコンテンツです。一口に「フィギュア買取」と言っても、その種類は多岐にわたります。例えば、実物をそのまま縮小した「スケールフィギュア」や、可動式の関節を持った「アクションフィギュア」、スーパーロボットをモデルにした「超合金」、ガチャガチャの「カプセルトイ」など、多様なフィギュア買取を行っています。

そのためフィギュア買取サイトでは、「どんなフィギュアを買い取っているのか」、「いくらの値が付くのか」をコンテンツ内で紹介しているのです。先に挙げたフィギュアの種類ごとにカテゴリ分けて、具体的な買値を掲載したり、アニメや漫画作品ごとにカテゴリを分類したり、サイトごとにカテゴリの分類方法は大きく異なります。

また、サイトによっては「買取専用の検索フォーム」を設けて、売りたいフィギュアの値段をダイレクトに検索できるフィギュア買取サイトも少なくありません。これは、フィギュアのキャラクター名や作品名を入力すると、買取対象のフィギュアと具体的な買値が表示される仕組みです。

そのほかの買取商品

フィギュア買取サイトは、フィギュア買取という体でサイト運営を行っているものの、「フィギュア買取のみ」を行っているケースは稀です。例えば、鉄道模型やミニカーのような玩具をはじめ、トレーディングカードや抱き枕カバーなども、フィギュアと同様に買取を行っています。端的に言えば、フィギュアだけではなく「ホビー商品全般の買取」を行うサイトが多いのです。

とはいえ、フィギュア買取サイトにおけるメインとなる買取対象はあくまでフィギュアです。そのため、先に挙げたホビーグッズは「その他」に分類されることが多くなっています。中には、「トレーディングカードの買取サイト」や「鉄道模型専門の買取サイト」といったように、対象を細分化して複数のサイトを運営するサイトもあります。

買取サイトに限らず、1つのサイトに様々な情報を詰め込みすぎると全体が煩雑化してしまいがちです。かえって使い勝手が悪くなってしまうため、「運営サイトを分ける」という方法で、問題解決をはかるサイトも少なくないのです。

フィギュア買取の流れ

フィギュア買取サイトのように、買取サービスを展開するサイトは、「どうやって買取を依頼するのか」をコンテンツで説明しています。サイトごとに買取方法は異なりますが、ユーザーに直接フィギュアを送ってもらう方法、スタッフが直接査定に訪れる方法、店舗に持ち込む方法など、サイトが実施する買取方法を細かく紹介しています。そのほか、買値の見積もりを出す方法なども、コンテンツ内で紹介するケースがほとんどです。

とはいえ、「買取の流れ」だけですべての手順を紹介しきるケースは稀で、多くのサイトは「おおまかな流れ」という体のコンテンツとなっています。その他、ユーザーから想定される細かい質問事項などは、「よくある質問」というコンテンツに別個でまとめているサイトがほとんどです。これも、先の項で紹介したように、情報を分けて「コンテンツの煩雑化を防ぐ方法」と言えるでしょう。

高額買取を実現できる理由

買取サイトを利用するユーザーの多くは、「一番高く買い取ってもらえるサイトを使いたい」と考えています。そのため、フィギュア買取サイトでは、高額買取の理由を掲載して「ほかのサイトよりも買値が高い」という点を積極的にアピールしています。独自の流通ルートや人件費の節約など、サイトごとに高額買取を実現できる理由は異なりますが、多くのサイトで掲載されるコンテンツです。フィギュア買取だけに限らず、バイクや自動車の中古買取サイトでもしばしば採用されます。

ですが、どのサイトでも「高額買取を実現できる」という体で紹介をしていると、ユーザーの視点で見れば、結局どこが一番良いのか分からなくなってしまうのも道理です。そこでサイトによっては、家電量販店が如く「価格保証」などのサービスを設けて、ほかのサイトより「確実に高額」という気骨あるサービスを展開するサイトもあります。

会員登録&ログインフォーム

一般的なショッピングサイトのように、フィギュア買取サイトは会員登録機能を有するサイトがほとんどです。会員登録を行うことで、身分証明や振込口座の入力といった、ユーザーが買取依頼の際に発生する情報入力の手間を省くことができます。またサイト運営者にとっては、会員登録情報を経てサイト利用者のデータ収集を行うことも可能で、経営戦略やキャンペーンの立案などの用途に役立てられます。これらの点を踏まえると、会員登録はユーザーとサイト運営者の両方に役立つ機能と言えるでしょう。

もっと正確な傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

今回は、あくまでも5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとフィギュア買取サイトの傾向を知ろう!

フィギュア買取・査定サイトはどんなデザインで設計されている?

フィギュア買取サイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。冒頭で紹介したフィギュア買取サイトでは、ファーストビューや画像素材をどのように設計しているのでしょうか。

フィギュア買取・査定サイトのファーストビュー

フィギュア買取サイトは、ファーストビューに「買取対象のフィギュア写真」や「検索フォーム」などを掲載するサイトが多くなっています。ひと目でユーザーに「フィギュア買取のサイトであること」を理解してもらうほか、即座に買取や見積もり依頼が出せるように配慮しているサイトが多いのです。

フィギュア買取・査定サイトのレイアウト

コンテンツの項で紹介した通り、フィギュアやホビー用品は商品カテゴリや種類が多彩に存在する分野です。そこでフィギュア買取サイトでは、情報整理がしやすいようにサイドバーを使用した2カラムのレイアウトが好まれます。サイドバーにフィギュアの種類やメーカーなどを掲載し、ユーザーが売りたいフィギュアの情報を見つけやすくしているのです。サイトによっては、フィギュアの買取情報に加えて利用方法などを掲載するために、左右にサイドバーを配置した3カラムのレイアウトを採用するケースもあります。

フィギュア買取・査定サイトの写真

フィギュア買取サイトは「どんなフィギュアを買い取っているのか」を視覚的に分かりやすく説明するため、サイト内にフィギュアの写真を数多く掲載しています。スケールフィギュアの買取ページであれば、スケールフィギュアの写真を、超合金の買取ページであれば超合金の写真といったように、コンテンツや特集ページに分けた上で写真を掲載しています。

とはいえ、サイトのTOPページではジャンルを問わず「買取対象のフィギュアの写真」を掲載するサイトが多く、さしずめ「フィギュアのオールスター」といった雰囲気を醸し出しています。ちなみにフィギュアのキャラクターは、アニメや漫画における作品内で人気のあるキャラクターの写真が用いられる傾向が強く、「知る人ぞ知る」といったマイナーなキャラクターはあまり使用されることはありません。

フィギュア買取・査定サイトのイラスト

フィギュア買取サイトは、「サブカルチャーが好きな方」が利用対象となるユーザー層です。そのため、多くのサイトでアニメや漫画テイストのキャラクターを作り、サイトの販促や説明などを行わせています。分かりやすく言えば、「看板娘」や「ゆるキャラ」のような立ち位置と考えて良いでしょう。

フィギュア買取に限らず、サブカルチャー要素の強いサイトは、オフィシャルでキャラクターを作るケースが多くなっています。凝ったサイトともなれば、キャラクターのプロフィールを細かく設定するケースも多く、公式キャラクターとしてグッズやメディア展開を行うことも珍しくありません。

フィギュア買取・査定サイトはSNSを運用してる?

フィギュア買取サイトは、フィギュアという写真映え、SNS映えするコンテンツを扱っている特性上、Twitterやインスタグラムなどを積極的に運用しています。買取キャンペーンや買取実績などを投稿し、サイトの販促やプロモーションを行っているわけです。中には、Youtubeのアカウントを取得して、人気声優の番組などを配信するサイトもあります。

なおフィギュア買取サイトは、先の項で紹介した通り、公式キャラクターを所有するサイトが多くなっています。そこで、「キャラクターがSNSを運営している」という体でサイトやキャンペーンの販促を行う買取サイトも少なくないのです。サイトごとにSNSの運営方法は異なりますが「サブカルチャーが好きな方」という点で、ターゲットがハッキリしている分、投稿の内容自体は精査しやすいでしょう。

中には、朝食のメニューや日々の予定といった、サイトやプロモーションとはまったく関係のない「日常的な投稿」を繰り返すアカウントもあります。SNSは手軽な投稿がしやすい分、広告色のない「ゆるさ」を武器にするアカウントは少なくありませんが、フィギュア買取サイトにおいても、その傾向を踏襲しているケースが多いのです。

フィギュア買取・査定サイトはどうやって集客すべき?

サイトの認知度を高める目的であれば、ほかのサイトと同様にキャラクターを設けて、販促やPRなどを行っても良いでしょう。

フィギュア買取サイトに訪れるユーザーは、当然「フィギュアを売りたい」と考えています。そのため、サイトに掲載するフィギュアのカテゴリを細かく分けて、ユーザーが「売りたいフィギュア」を、探しやすくする配慮は不可欠と言えるでしょう。所有するフィギュアの価値をユーザーが理解できれば、売却を依頼してもらえる可能性も高くなります。

昨今はメルカリのような「個人で中古品の売買ができるWebサービス」も多いため、買取サイトを運営するうえでは、ユーザーが利用するメリットを設ける必要があるでしょう。同時に「手軽に買取依頼ができる」という点をサイト内でPRできれば、ユーザーの心理的なハードルも大きく下がります。

ちなみに、中古品買取や不用品処分などを担う業者は、引っ越しや新生活、大掃除などの季節が繁忙期となるケースが多いという特徴があります。フィギュア買取のサイトにおいても、これらの時期に合わせてサイトのPRやキャンペーンの展開を行うのも手です。

とはいえ、コンテンツの項で紹介したように、買取サイトを利用するユーザーの多くは、「一番高く買い取ってもらえるサイトを使いたい」と考えています。どんなに使いやすいサイトとて、ほかのサイトよりも買値が低ければ、比例して買取依頼が成立する可能性も低くなります。サイトと同様、集客を強化するには、サービスの質そのものを高める配慮も欠かせないでしょう。

コンテンツのまとめ

今回は、フィギュア買取サイトにおけるコンテンツやデザインについて解説をしました。

フィギュアのようなホビー用品は、買取対象となる品物が膨大な数に及びます。そのため、「価値を正しく判断する審美眼」はサイトや店舗を運営する上で何よりも欠かせない要素となります。サイトごとにフィギュアの価値の判断基準は異なりますが、利益を確保しつつもユーザーが納得できる基準でなければ、サイトや店舗運営が立ちいかなくなることは言うまでもありません。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々165円~

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ