トップページへ戻る

英会話スクールサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

英会話スクールサイトのデザイン・コンテンツを解説!

新しい英会話教室を開設して売出したいと考えている方や、最近なかなか顧客に結びつかず悩んでいるという方はいませんか?

「英会話教室の「サイトを作りたいけれど、何から始めたら良い?」
「もっと使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」
「売上が伸びるような通販サイトに改善したい」

この記事では、英会話スクールのサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
英会話スクールを販売するオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ始めたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は「英会話」で検索をして上位に表示された7サイトを確認しています。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

英会話スクールサイトのデザイン・UI

メインビジュアル

検索上位に表示している英会話スクールサイト(7サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、商品を紹介するメインビジュアが設定されていました。

●メインビジュアル例

例えば、「DMM英会話」なら、CMキャラクターでもある有名人とキャッチコピーを添えて英会話が学べることを伝えるようなポップな内容になっています。一方、「レアジョブ英会話」は、様々な利用者が使えることをイメージするようなメインビジュアルを設定。両社共に伝えたいイメージがわかりやすく表現されています。

メインビジュアルに持ってくる写真や動画のテイストで、ユーザーの興味関心が変わってきます。
対象としているユーザーにも刺さるようなメインビジュアルを作成しましょう。

サイトカラー

英会話スクールサイトのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●7サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A ホワイト ブラック、オレンジ オレンジ、イエロー
B ホワイト オレンジ、ネイビー オレンジ、ネイビー
C ホワイト グリーン、イエロー グリーン、オレンジ
D ホワイト ライトブルー グリーン
E ホワイト、ベージュ ライトグリーン、グレー ライトグリーン
F ホワイト レッド、イエロー、ブラック グリーン

ベースカラーは「ホワイト」が多く、一部サイトで「ベージュが設定されていました。ロゴやメインカラーは「2色の掛け合わせ」が多く、オレンジやグリーンのどちらかが使われていることが多くとなっています。また、アクセントカラーもロゴ・メインカラーと同じカラーを使っていることが多く、「親しみやすい」「優しい」雰囲気を醸し出すようなサイトカラーが多い印象です。

日本人にとって「英語」というと苦手意識を持っている人も少なくありません。なるべくユーザーの苦手意識や不安を拭う意味でも、「親しみやすい雰囲気」になるよう、サイトカラーを使って表現しているのではないでしょうか。とはいえ、すべてのサイトがそういうわけではありませんので、サイト全体のコンセプトなどによって、ユーザーに「どう見せたいか」を考えた上で、あなたのサイトに合うカラーを選ぶようにしてくださいね。

フォントサイズ・フォントファミリー

英会話スクールサイトのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみたところ以下のような結果になりました。

●7サイトのフォント

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 14px ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ MS Pゴシック
B 20px ヒラギノ角ゴ Pro メイリオ Osaka
C 16px Helvetica Neue Arial ヒラギノ角ゴ ProN
D 16px Noto Sans Japanese ヒラギノ角ゴ Pro Helvetica Neue
E 15px Arial Helvetica ヒラギノ角ゴ Pro W3
F 16px Helvetica Neue Helvetica Arial

英会話スクールのサイトで使われていたTOPページ内のフォントサイズの平均は17pxでした。調べたサイトの中で最小サイズは14px、最大は20pxで、全体的に標準的なフォントサイズに設定しているサイトが多いようです。また、フォントファミリーを調べてみたところ、共通するものとしては「ヒラギノ角ゴシリーズ」や「メイリオ」などが採用されていました。

サイトの空気感に影響を与えるのが「ファントサイズ」と「フォントファミリー」です。
なんの意味もなく選ぶのではなく、サイト全体のバランスを考えた上でフォントを選びましょう。もし、どんなフォントを使ったら良いのか迷ったときは、こちらを参考として活用してください。ただし、ここで紹介しているのは、たった6サイトから得られた調査情報でしかありません。もっと正確な傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、英会話業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと英会話スクールのサイト傾向を知ろう!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

初めての方へ・ご利用ガイド

英会話スクールのサイトに欠かせないコンテンツと言えば、初めての方へ向けた「初めての方へ・ご利用ガイドページ」です。

●初めての方へ・ご利用ガイド

「初めての方へ」、「ご利用ガイド」のページに記載するべき内容としては、「サービスの特徴」や「登録までの流れ」などです。世の中には様々な英会話スクールがあるため、いったいどれを選んだら良いのか判断に迷う人は少なくありません。選び方は人それぞれですが、多くは「サービス内容」「価格」「クチコミ」で判断することが多いです。競合他社と比べて、「自社サービスの特徴がある」ことを紹介して、比較検討する際の材料にしてもらう必要があります。そのため「どんな特徴があるのか?」「メリットがあること」などをまとめたページがあれば、ユーザーはその内容を見て他のスクールと比較ができ便利です。

さらに、この英会話スクールにしようと決めても、登録後の流れがわからなければ不安を持つユーザーもいます。そんなユーザーのために、会員登録をした後の大まかな流れまで記載することで、授業を受けるまでの流れが明確になり不安の種を最初から積んでおくことが可能です。どんな人にも安心し納得して入会してもらうためにも、きちんと自社サービスについて説明するようにしてください。

料金プランに関するコンテンツ

ユーザーが英会話スクールを決める際に気にするのが「どんなプランがあるのか?」「料金はいくらなのか?」といった「商品や料金」に関することです。

●英会話スクールの料金プラン例

例えば、「レアジョブ英会話」では、料金一覧を上記のように表示しています。
どんな「コース」があるのかが一目でわかるので、自分に合ったコースがあるかどうかをユーザーも判断しやすくなります。

「人気No.1」といった目印をつけてあげることで、どのコースにしたら良いのか迷っている人に対して、オススメをしてあげつつ誘導もしてあげられます。料金プランの一覧では、月々の料金を明確に記載しつつ、それぞれの「コース内容」については、別途ページを設けて「料金」はもちろんのこと「どんなコースなのか?」もしっかり明記しましょう。また、コース内容だけではなく、どんな人に向いているのか、どんなメリットがあるのかなどもあると、より親切です。

体験談のコンテンツ

「体験談」の紹介も、英会話スクールのサイトに欠かせないコンテンツのひとつです。

●体験談のコンテンツ例

すんなり入会を決められるユーザーは多くなく、実際の声を聞くことで不安を解消し本入会をする人も少なくありません。サイト内のサービス訴求情報だけでは伝えきれない、生の声を知ってもらうことが迷っているユーザーの後押しにも繋がるでしょう。

そのため、「体験談」は、英会話スクールのサイトだけではなく、様々な業界でも多く追加されているコンテンツのひとつなのです。今回調査したサイトでも、必ずと言って「体験談」が記載されています。その内容自体はサイトによって異なるものの、実際に顔や名前まで公表して体験談を載せているのは、半数以上ありました。名前や顔などがしっかり出ていると、よりユーザーも「内容」に対して「信頼」を持てるので、できる場合には名前や顔もしっかりわかるコンテンツにすると良いでしょう。

実績や取り扱い企業の紹介

英会話スクールサイトを見ると「メディア実績」を記載しているサイトも多数見受けられました。

●実績や取り扱い企業紹介例

マスメディアで取り上げられることは一種の価値があり、同業他社との差別化やユーザーへのアピールにもつながります。さらに、個人顧客だけではなく、メディア関係者などの法人顧客向けにもアピールできるのです。一時的な効果だけで終わらせてしまってはもったいないので、メディアへの掲載実績を活用してよりPR効果を高めていきましょう。

英会話スクールの集客やプロモーション方法

英会話スクール話ショップをプロモーションする方法として、マスメディアを利用したプロモーション方法があります。特に大手の英会話スクールの会社では、テレビCM、電車の中刷り広告などで目にすることも多いでしょう。また、様々な雑誌などにも広告を出していることも多いです。しかし、最近の主流はマスメディアではなく、インターネットを使ったプロモーションをして集客をしていることが多いです。

代表的なものとして「ソーシャルメディアによるプロモーション」「リスティング広告」などです。
これらの中で、定番のプロモーション方法として活用され始めているのが、ソーシャルメディア広告となっています。

英会話スクールサイトのSNS運用状況

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE YouTube
A
B
C
D
E
F

Twitterを運用しているサイトが多く、次いでFacebook、YouTubeとなっています。
すべてのサイトで利用されているTwitterの投稿内容の傾向は、次々に打ち出されるキャンペーン案内やイベントシーズンのお得な情報などです。Twitterの利用者は幅広い層がいるため、キャンペーンを打ち出す際にも広報しやすく非常に使いやすいSNSとなっています。

最近は、YouTube広告に格安SIM・スマホの広告が出ることも増えています。新規契約につながるターゲットが多く利用するSNSだからこそ、各社アカウントを運用したり、チャンネルを開設したりしているのです。

また、SNSはユーザーともコミュニケーションを取りやすいツールです。すぐに効果が出るわけではありませんが、潜在顧客やファンの育成にもつながります。定期的に利用してくれるユーザーが増えたり、自発的に友人や知人に紹介してくれたりするなど、様々な良い効果が期待できますので、SNS運用およびソーシャルメディアのプロモーションを試してみてはいかがでしょうか。

英会話業界の現状と今後について

従来の英会話スクールだけではなくオンライン英会話の認知度が向上しています。様々なオンライン英会話スクールがありますが、会員数は日々増加しており今後も需要が伸びることが予想されています。さらに、オンライン英会話だけではなく、短期集中型英会話スクールへの需要も増加していることから、多様なサービスが英会話業界で必要とされているのです。

日本企業についてもグローバル化が進んでいます。海外に出向する社員だけではなく、企業側でグローバルな社員を受け入れることも増えているため、国内にいても語学スキルが必要となってきています。こうしたビジネスニーズの取り込みが今後も大事になってくるでしょう。

また、キッズ向けのオンライン英会話も増えてきています。英会話に限らず、語学ビジネスの学習方法は多様化していくこととなり、各競合企業との競争が激しさを増していくと考えられています。そのため、特に従来型の英会話スクール(通学型)はより厳しいものとなり、オンライン英会話を始めるところも増えていくかもしれません。

日本ではありませんが、中国の英語学習熱はいっそう高まっており、特に安価で学べるオンライン英会話レッスンが人気となっています。これと同様に、日本でも更なる「オンライン化」が進んでいくことが予想されていますので、今のうちに十分な準備をしておく必要があるでしょう。

需要が増えれば、売上が上がるチャンスとなります。今のうちにユーザーがいつでも使いやすく、探しやすいオンライン英会話のサイトを制作したり、オープンさせたりして準備をしておきましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ