トップページへ戻る

エンジニア求人サイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

エンジニア求人サイトのコンテンツとデザインを解説!

ひと口に「エンジニア」と言っても、要件定義やコーディング、システムの運用保守に至るまで、その業務は多岐にわたります。「何でも屋」と言えるほどに業務の幅が広い分、エンジニアごとにスキルが異なるケースもしばしばです。そのため、エンジニアに対して求人募集をかける企業の多くは「エンジニア専門の求人サイト」を利用して、数多くのエンジニアから「求める能力」を有した人材を発掘しています。これに対し、エンジニアも「自分の能力を活かせる職場」を求めて、エンジニア専門の求人サイトを利用しているのです。

さて、そんなエンジニア向けの求人サイトを運営している企業担当者、または求人サイトを作ろうとしている方の中には、エンジニア向けの求人サイトに掲載する「コンテンツの選び方」や「サイトのデザイン」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなバッグメーカーのサイトを開設したい方、またはリニューアルをしたいに向けて、実際のサイトを参考に「エンジニア専門求人サイトのコンテンツとデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

エンジニアの求人サイトのコンテンツを学ぼう

まずは、実際に運営されているエンジニアの求人サイトに、どんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。上記サイトは、国内の求人サイトの中でも「エンジニア」という職業に特化したサイトです。以下では、これらサイトにも掲載されている共通のコンテンツを詳しく解説します。



実際に掲載されているコンテンツを把握することで、「サイトに何を載せればいいのか」が把握しやすくなります。

求人検索フォーム

「求人」という特性上、エンジニアの求人サイトはどこのサイトにも求人案件の検索フォームが必ず掲載されています。一般的な求人サイトの検索フォームは「希望するエリア」、「雇用形態」、「希望給与」、「業種」などのカテゴリをもとに、条件に該当する求人情報を検索できるのがほとんどです。エンジニアの求人サイトでも、これらのカテゴリは掲載されていますが、冒頭で述べた通りエンジニアは「業務が多岐にわたる」という特徴があります。

そのため、求人検索フォームのカテゴリも数が多く、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアなどの「職種」、JAVAやC言語といった「プログラミング言語」、「開発ジャンル」、「業界」など様々な条件を指定したうえで求人案件を検索できるのです。条件を細かく指定できるほど、ユーザーは希望する求人案件を見つけやすくなるほか、企業側も求めるスキルを備えたエンジニアを探しやすくなるという二重のメリットが得られます。

求人情報ページ

求人情報ページは、その名の通り「求人案件の詳細情報」を掲載しているページで、求人検索フォームと併せて求人サイトに欠かせないコンテンツです。職場の場所や職務内容、給与(単価)やユーザーに求めるスキルなどが掲載されています。エンジニアの求人サイトの中には、開発案件の情報流出を防ぐために「一部分のみ」の情報を掲載するケースも多くなっています。応募後の面談や転職エージェントとのカウンセリングなどを通じて、詳細が伝えられる仕組みです。

このほか、サイトによっては「類似した求人情報ページ」を自動で表示してくれる求人サイトもあります。とくに取扱い求人数の多いサイトは、案件数が多い分「複数の求人情報を比較検討するのが困難」という特徴があるため、デメリットを解消する目的で自動表示機能が組み込まれています。

ちなみに、参画企業の中でも「大手企業の求人」を紹介して、「大手の求人案件を取扱っている」という点をアピールする求人サイトも珍しくありません。他社のネームバリューを利用する形になりますが、ユーザーに対して安心感や信頼感を与えるには効果的な方法と言えるでしょう。

会員登録フォーム

先に挙げた求人検索フォームは、「ユーザー自ら求人案件を探す」ことを目的としたコンテンツです。一方の会員登録フォームは、「運営側に求人案件を探してもらう」ためのコンテンツとなっています。フォームを通じ、希望する条件や所有するスキル(資格)などを入力することで、希望や能力に見合った求人案件が定期的に配信されるようになります。エンジニアだけではなく、一般的な求人サイトにおいても掲載されることの多いコンテンツです。

求められる能力の幅が広い分、エンジニアの求人サイトにおける会員登録フォームは「ユーザーのスキル」を細かく数値化して、能力に見合った求人案件を紹介する仕組みとなっています。中には、フォーム内に「コーディングのテスト」を導入し、その場でユーザーのスキルをはかったうえで求人案件を紹介するサイトもあるほどです。

とくにエンジニアの求人案件は、ほかの求人案件よりも「経験」や「技術力」を重視する傾向が強く、ユーザーに対して「実際に何ができるのか」が重要視されます。そのためエンジニアの求人サイトでも、「応募者の能力を正確にはかる」という仕組みが欠かせないのです。

採用担当者向けのコンテンツ

先に挙げたのは、すべてエンジニアへの就職や転職を希望する「ユーザー向け」のコンテンツです。エンジニアの求人サイトには、実際にエンジニアを採用したい「採用担当者向け」のコンテンツも備わっています。求人情報の掲載方法や具体的な掲載料、応募者との面接までの流れなど、採用に至るまでのフローが分かりやすく掲載されています。

採用担当者向けのコンテンツ内では、サイトに求人情報を掲載してもらう目的で、登録者数の多さや求人依頼後の対応の早さといったメリットから「優秀なエンジニアがすぐ見つかる!」という強みをアピールするサイトがほとんどです。中には、プロのライターやカメラマンが、企業に合わせた求人募集広告を制作することを強みとする求人サイトもあります。求人サイトは、求人情報が多いほどサイトの評判は上がりやすくなるため、サイト制作の際にはユーザー向けのページと併せて注力したいコンテンツです。

このほか、エンジニアの求人サイトによっては、オリジナルコンテンツとして、著名なエンジニアへのインタビューや、プログラミング学習に役立つゲームやコラムなどを掲載するケースもあります。いずれのコンテンツも、求人サイトには欠かせないものばかりですが、内容を紐解くと「エンジニアの求人募集」に特化した内容であることが見て取れます。

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとエンジニア求人サイトの傾向を知ろう!

エンジニアの求人サイトはどんなデザインで設計されている?

エンジニアの求人サイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行します。エンジニアの求人サイトでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょう。

エンジニアの求人サイトのファーストビュー

エンジニアの求人サイトでは、ファーストビューに「求人検索フォーム」と「会員登録フォーム」を両方配置しているサイトが多くなっています。求人サイトという特性上、ユーザーも「求人案件を探す」という目的でサイトを訪れるケースがほとんどのため、即座に案件が探せるように配慮しているのです。中には、大手企業との取引実績や取引社数などを公表し、「ほかの求人サイトよりも優れている」という点をアピールするサイトもあります。

エンジニアの求人サイトのカラーリング

エンジニアの求人サイトは、特定の色が使われるというケースは少ないものの、「サイトのロゴと類似した配色」となるようにサイト設計が行われています。端的に言えば、ロゴの色が青系統であれば、サイトのバナーや見出しなどにも、同系統の色が使われるという仕組みです。あまりにロゴと乖離した配色にしてしまうと、サイト全体の統一感やブランドイメージなどが損なわれてしまう可能性もあります。何かしらの目的がない限り、サイトの配色はロゴと似せる方が無難と言えるでしょう。

エンジニアの求人サイトのレイアウト

スマホやタブレット端末でも求人検索がしやすいよう、エンジニアの求人サイトではサイドバーを使用しない1カラムのデザインが好んで使用されます。とはいえ情報量が多いサイトだと、サイト内が煩雑化しやすくなるため、カテゴリや特集ページを整理するのに2カラムを採用しても構いません。また、モバイル機器からの応募を想定したり、サイト改修の手間を省いたりしたい場合においては、どのデバイスからでも視認性が高い「レスポンシブ」に対応したデザインを取り入れることをおすすめします。

エンジニアの求人サイトの写真

求人サイトでは、求人情報ページに職場の様子や一緒に働くスタッフの写真を掲載するケースが多々あります。求人案件を探すユーザーに対して「どのような職場なのか」を伝えやすくなるため、可能であればコンテンツ内に写真を載せる必要があるでしょう。このほかにも、転職支援をする求人サイトにおいては、転職エージェントの写真を掲載して、サイト運営に関わるスタッフがどんな人なのかを紹介することもあります。このほか、エンジニアの求人サイトによってはイラストや漫画を掲載して、サイトの利用方法やコラムなどに彩りを添えるケースもあります。

エンジニアの求人サイトはSNSを運用してる?

求人サイトは、おすすめの求人情報やコラムなどをTwitterやFacebookといったSNSに載せて発信することも珍しくありません。ことエンジニアの求人サイトも例外ではなく、サイトによってはインスタグラムやブログなどを通じてコンテンツを掲載することもあります。中には、著名なエンジニアとの対談やテレビCMなどの映像コンテンツを、YouTubeなどで配信することも多く。SNSを幅広く活用していることが見て取れます。とはいえ

求人サイトは、SNSに求人コンテンツを掲載しても、大々的に「バズる」ケースは少なくなっています。実際、SNSに「おすすめの求人情報」という形でコンテンツを載せても、一般の閲覧者にとっては「広告にしか見えない」というケースもあります。そのため、エンジニアの求人サイトは「情報発信」よりも、「会員登録」の用途にSNSを用いるケースが多くなっています。これは、ユーザーがTwitterやFacebookのようなSNSのアカウントを所有していれば、会員登録ができるようになる仕組みで、登録の際に、わざわざメールアドレスを入力する必要はありません。登録が容易になるほどサイトの会員数も上昇しやすくなるため、実際に求人サイトを作る際は、好きなSNSアカウントから会員登録ができるようにするのも手です。

エンジニアの求人サイトはどうやって集客すべき?

繰り返しになりますが、エンジニアの求人サイトは、特性上「求人案件を探す」という目的でサイトを訪れるユーザーがほとんどです。そのため、サイトが軌道に乗るか否かは、「ユーザーが求める求人情報」をいかに多く掲載できるかが鍵となるでしょう。情報量で他社を圧倒できないというケースにおいては、求人サイトそのものを限定的にするのも良い方法です。例えば、「Webエンジニア」や「サーバーエンジニア」といったように、特定の条件に絞ってセグメントを行えば、ほかのサービスとの差別化をはかりやすくなるうえ、特定のユーザーに対してサービスの訴求がしやすくなります。

また、エンジニアの求人サイトによっては、エンジニア志望の方に向けて「就職フェアや転職フェアを開催する」といったように、サイト以外の面でも求人の斡旋を行っています。エンジニアの求人サイトのすべてで行える方法ではありませんが、行っている取組みやイベントなどはサイト上で告知することをおすすめします。

もしも、別の求人サイトを運営している場合は、稼働している既存の求人サイトから独立をさせる形で、エンジニアの求人サイトを立ち上げても構いません。この方法なら、新しいサイトを立ち上げるよりも、既存の求人サイトのネームバリューや求人案件を活かしやすいというメリットがあります。既存の求人サイトを独立させる方法は、エンジニアに限らず「専門性の高い求人サイトを作りたい」という際に有効な方法です。

コンテンツのまとめ

今回は、エンジニアの求人サイトのコンテンツやデザインについて解説をしました。

エンジニアの求人は転職市場が活発で、「経験」や「能力」といった「即戦力」が重視されます。したがって、採用後に「転職者が必要なスキルを備えていない」という事態は何よりも避けたいケースです。これは、ユーザーと採用企業のどちらにとっても損しかなく、結果的に求人サイトそのものの信頼性が失われることも考えられます。

実際に稼働しているエンジニアの求人サイトでは、「スキルの数値化」や「コーディングテスト」などを通じて、ミスマッチングを防ぐ取組みを行っています。まったく同じコンテンツを導入する必要こそありませんが、人材のミスマッチングを避けるためには、求人サイトで「ユーザーの確かなスキルをはかること」と「企業が求めるスキルを明確化すること」の2点が重要となるでしょう。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ