トップページへ戻る

歯科医院サイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

歯科医院サイトのコンテンツとデザインを解説!

通信技術とスマートフォンが普及した令和の現代では、歯科医院の検索や予約も、インターネットで行えるようになっています。歯医者をはじめとした医療機関は、社会に欠かせない存在ですが、患者の少ない医療機関は廃業をせざるを得ません。そのため、どこの医療機関でも施設と併せてサイト運営を行い、病院の集客とプロモーションに利用をしているのです。

さて、実際に歯科医院に努めている先生、もしくはスタッフの中には、歯科医院のサイトに掲載する「コンテンツの選び方」や「サイトのデザイン」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな歯科医院のサイトを開設したい方、またはリニューアルをしたいに向けて、実際のサイトを参考に「歯科医院のサイトのコンテンツとデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

歯科医院のサイトのコンテンツを学ぼう

日本歯科大学付属病院はる歯科クリニック東京ステーション歯科クリニック

まずは、実際に運営されている歯科医院のサイトに、どんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。実際に掲載されているコンテンツを把握することで、「サイトに何を載せればいいのか」が把握しやすくなります。(参考サイト:日本歯科大学附属病院 / はる歯科クリニック / 東京ステーション歯科クリニック

施術メニュー

ひと口に「歯科医院」と言っても、症状によって治療法は大きく異なるほか、すべての病院で同じ治療が受けられるわけではありません。そのため、歯科医院のサイトでは「どんな治療を受け付けているのか」、「どのように治療を行うのか」を細かく説明をしているのです。例えば、虫歯の治療ひとつにしても、検査の方法から治療の手順、使用する機材に至るまで歯科医院ごとに異なります。患者が抱える不安を払拭し、「治療を受けてもらいやすくする」という目的のため、歯科医院のサイトでは施術メニューを細かく説明をしているというわけです。

ちなみに、施術メニューを紹介するコンテンツは、医療用語が使用されるケースが少なく、使う際も注釈や説明を添えて「わかりやすく伝える」という点を重視しています。実際、医療用語は医学に精通した方でもないと内容を把握するのは困難な上、「患者さんは一般の方が大半」です。内容が伝わりにくくなっては意味がないため、サイト内では医療用語の使用を極力控えたほうが賢明と言えます。

利用方法

歯科医院の利用方法は、病院の受付から治療までの流れを患者さんに説明するためのコンテンツです。歯科医院に限らず、医療機関のサイトには必須となるコンテンツと言えるでしょう。とはいえ、施術メニューと同様、歯科医院に訪れる患者さんごとに症状は異なる上、患者さんの立場も初診、再診、急患とバラバラです。そのため、歯科医院のサイトは「初診の方はこちら」、「再診の方はこちら」といったように、患者さんの立場ごとにコンテンツを分けて利用方法を紹介しているケースが多くなっています。

なお、大学病院のように規模の大きい歯科医院の場合、外科手術に伴い入院を受け付けていることもしばしばです。そのため、サイトによっては利用方法のコンテンツに「入院の手続き方法」や「施設紹介」、「面会やお見舞いの案内」などを掲載するサイトも珍しくありません。

スタッフ紹介

「誰が施術を行うのか」という点を、歯科医院のサイトでは「スタッフ紹介」または「院長の紹介」などのコンテンツを作って掲載しています。多くのサイトで、スタッフの写真と共に「所有する資格」や「経歴」、「所属する学会」などを公表し、歯科医師や歯科衛生士として確かな腕である点をアピールしています。中には、スタッフの趣味や好きな食べ物といった思い思いの情報を加味し、親しみやすさを強調する歯科医院もあるほどです。

また、スタッフ紹介のコンテンツでは「スタッフごとのあいさつ文」を掲載して、歯科医師や歯科衛生士がどのような想いや意気込みで施術を行うのかをアピールするケースも散見されます。このスタッフ紹介も、先に挙げた施術メニューと同じく患者さんが「信頼できる歯医者かどうか」を見極める重要なポイントとなるコンテンツです。

予約フォーム

予約フォームは、その名の通り「診療や治療の予約をするためのフォーム」で、歯科医院に限らず多くの病院やクリニックのサイトで採用されています。予約フォームの設計はサイトによって異なりますが、カレンダーに表示された「予約可能な日時」を選択して、好きな日時を予約する方法がほとんどです。インターネットが普及する以前の予約は、電話予約がスタンダードでしたが、現在はサイトから直接オンライン予約を受け付ける歯科医院も数多く存在します。

中には、質の高い診療や治療を担保する目的で、オンラインからの「完全予約制」を敷く歯科医院もあるほどです。とはいえ、サイトを所有するすべての歯科医院が予約フォームを設けているわけではなく、従来のように電話予約だけを受け付ける歯科医院もあります。

採用情報

歯科医院のサイトによっては、病院やクリニックの紹介だけではなく、一緒に働く歯科医師や歯科衛生士の募集を行っています。さしずめ求人サイトのように、勤務内容や給与、福利厚生に関する情報などを掲載しているのです。もちろん、歯科医師や歯科衛生士を専門に扱う求人サイトも存在しますが、外部の求人サイトは出稿に費用が発生する欠点があります。

病院のサイトで直接募集をしてしまえば、コンテンツを準備する手間こそ掛かっても、費用は発生しないというわけです。このサイト内に求人情報を設ける方法は、歯科医院だけに限らず、整体院や整形外科など様々な施設で取り入れられています。なお、実際に採用情報を掲載する際は、必要に応じてコンテンツの表示と非表示を使い分けるようにしてください。サイト内に採用情報を掲載すると、当然掲載をしている期間は応募が届いてしまう可能性もあるため、求人を募集していない時などは逐一お断りをする手間が発生してしまいます。

歯科医院へのアクセス方法

治療に訪れる患者、または治療を検討している方に向けて、歯科医院のサイトでは病院の場所を記したアクセスマップを公開しています。イラスト素材としてオリジナルの地図を載せているサイトもあれば、「Google Maps API」のように、外部のサービスを利用するサイトなども多く、歯科医院ごとにアクセスマップの掲載方法は様々です。アクセスマップに加えて歯科医院の最寄り駅や診療時間、電話番号などを掲載するケースも多く、患者さんが迷わず来院できるよう歯科医院ごとに工夫を行っています。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、美容整形業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。

歯科医院の競合データを購入!

歯科医院のサイトはどんなデザインで設計されている?

歯科医院のサイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。冒頭で紹介した歯科医院のサイトでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょうか。

歯科医院のサイトのファーストビュー

歯科医院のサイトは、ファーストビューに「院内の写真」や「治療方針」などを掲載し、ユーザーに対して「どのような歯科医院なのか」をアピールするサイトが多くなっています。病気の治療を受ける患者さんは、「信頼できる施設に診療や治療をお願いしたい」と考えているため、歯科医院に限らず医療機関はできる限り情報をオープンにしたほうが賢明です。医師の経歴や情報といった患者さんが知りたいであろう情報は、ファーストビューに限らずサイト内にコンテンツとして掲載しておくほうが良いでしょう。

歯科医院のサイトのカラーリング

歯科医院のサイトでは、背景色やバナー、ヘッダーなどに白や青、またはパステルカラーのような色合いが好まれます。歯科医院をはじめとした医療機関では、安心した治療を受けられる清潔な印象が何よりも重視されるため、院内でも白や青のような清潔感のある色が広く採用されるのです。白衣の医師や看護師の姿をイメージしてもらうと、なんとなく想像もつきやすいでしょう。歯科医院のサイトもその傾向に倣い、清潔感のあるカラーリングが好まれるというわけです。

歯科医院のサイトの写真

歯科医院は、院内や医療機器の写真、スタッフ紹介の写真など、数多くの写真が掲載されています。写真の良し悪しは、歯科医院の信頼性に直結するため、サイトに掲載する写真も写りの良いものを選ぶことを推奨します。どの歯科医院のサイトでも、プロのカメラマンが撮影と編集を手掛けているものが大半です。

歯科医院のサイトのレイアウト

歯科医院のサイトは、「1カラム」のようにサイドバーを使用しないレイアウトが好んで使用されます。1カラムはサイドバーを使用しない分、画面の小さいスマホやタブレット端末からでも閲覧がしやすい上、更新作業がしやすいレスポンシブのデザインを設計しやすいというメリットがあります。複数のデバイスから医院の予約ができるサイトを作りたい場合、1カラムのレイアウトが最適です。反対に、複数の専門医が存在する大病院のように、情報量の多いサイトを作る場合は、情報の整理がしやすい2カラムのデザインを採用するのも良い方法と言えます。

歯科医院のサイトはSNSを運用してる?

結論から言えば、歯科医院をはじめとした医療施設は、SNSアカウントをあまり稼働させていません。多くの医療施設は、具体的な商材やユニークなサービスを所有していないため、「SNS向けのコンテンツを投稿しにくい」という特徴があります。そのため、TwitterやFacebookなどのアカウントを所有せずに、サイト運営だけに留めている歯科医院が多いのです。中には、医療施設らしい健康情報や施設スタッフの日常などをSNSに投稿する歯科医院もありますが、医療施設のプロモーションやPRを積極的に行っているケースは稀と言えます。

とはいえ、TwitterをはじめとしたSNSは、「フォロアーに対してダイレクトに情報を届けやすい」という特徴があります。そのため、診療時間や休診日といった事務的な連絡を行う際には、サイトと併せてSNSを活用しても良いでしょう。例えば、LINEのように企業アカウントが開設できるSNSを使えば、患者だけに情報発信を行ったり、特定のキーワードに対して返信を行う自動応対を作ったり、サイトとは違った形でサービスを展開することができます。

歯科医院のサイトはどうやって集客すべき?

サイトを開設する理由が「既存の患者に対して情報発信を行いたい」という目的であれば、サイトではなくSNSを駆使するだけでも事足ります。ですが「新規の患者を増やしたい」という目的の場合、ユーザーに対して歯科医院の魅力やメリットを存分に伝える必要があるでしょう。端的に言えば、「治療してもらうだけの価値がある」という点がユーザーに伝わらないと、患者を増やすのは困難です。

上記の点を踏まえれば、歯科医院の施術メニューやアクセスマップといった基本情報に加えて、ほかの歯科医院よりも優れている点、もしくは負けない自信がある点をサイトに記述する必要があります。「痛みのない治療」や「アクセスのしやすさ」、「最新の医療設備導入」などサイトによってアピールポイントは異なりますが、いずれも「ここで治療を受けたい」というユーザーの気持ちを喚起させるものばかりです。

なお、スマホが普及した現代では、SNSやレビューサイトに「誰でも口コミを書ける」ため、悪評と好評のどちらも広まりやすくなっています。そのため、アピールに見合うだけの治療が受けられないと、サイトの内容に関わらず「歯科医院の信頼性」が低下することは言うまでもありません。

コンテンツのまとめ

今回は、歯科医院のサイトにおけるコンテンツやデザインについて解説をしました。

歯科医院は、医療施設の中でも「恐怖の対象」として捉えている方も少なくありません。医療技術が進歩した現代でも、「ドリルで歯をガリガリと削る」というイメージを抱く方もいます。歯科医院のサイトを開設する際は、「安心して治療を受けられる」という点を特に強調することをおすすめします。恐怖感を払拭できれば、ユーザーも歯科医院に足を運びやすくなるでしょう。

歯科医院に掲載するコンテンツは、施術メニューやスタッフ紹介など「頻繁に更新する必要のないもの」が大半です。そのため、開設をしたまま忘れ去られているような、ただ情報を掲載しているだけのサイトも少なくありません。とはいえ、まったく更新されていないサイトは、検索順位に悪影響を及ぼすだけではなく、ユーザーに対して「やる気のない歯科医院」という印象を与えてしまいます。
コンテンツの更新頻度こそ少ないものの、サイト自体は定期的に確認をする必要があるでしょう。サイトの使い勝手の悪さやデザインの古さなどの面で問題点があれば、逐一更新をしていくことは必須です。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々165円~

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。
 
 

さぁ、今すぐ業界データを購入しましょう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ