トップページへ戻る
  • ダンススタジオスクールサイトのデザイン・コンテンツを解説!

ダンススタジオスクールサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

ダンススタジオスクールサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「競合サイトに負けない魅力が伝わるホームページを作りたい」
「最新の動画を取り入れたデザインのホームページに変えたい」 
「子供から大人まで選んでもらえるサイトにリニューアルしたい」

これからダンススクールを開業する人やダンススクールのリニューアルを行う中、Webサイトの制作に対して上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、ダンススクールのサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
ダンススクールのオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「商品が欲しい、今すぐ買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

ダンススクールのサイトデザイン・UI

メインビジュアル

ダンススクールサイトのファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、「メインビジュアル」となる画像または動画が設置されていました。

●動画verのメインビジュアル
 

今回調査した6サイト中2サイトが、メインビジュアルにダンススクールならではの動きがある動画を使用しています。

例えば、avexなら、初心者も、子供も大人も一緒にダンスを学べることを伝えるようなポップな内容になっています。
一方、「Dance works」は、ダンス経験者をメインにしたスクールでもあるため、あえてシックで硬い印象を与えるようあかっこいいモノクロ動画が設定されていて、ターゲットの違いがわかりやすく表現されています。

●イメージ画像verのメインビジュアル
 

また、動画ではなくイメージ画像をメインビジュアルとして採用しているサイトもあります。
この場合もスクールのコンセプトやターゲットによって、使用している写真のテイストも異なります。

例えば「ETC」は子供を対象にしたダンススクールなので、全体的に明るくポップな印象を受ける写真をメインビジュアルにしていますが、大学生などをターゲットにしている「NOA」は落ち着いたクールな写真がメインビジュアルとして設定されています。

メインビジュアルに持ってくる写真や動画のテイストで、ユーザーの興味関心が変わってきます。
対象としているユーザーにも刺さるようなメインビジュアルを作成しましょう。

サイトカラー

ダンススクールのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●6サイトのサイトカラー一覧

ベースカラーは「ホワイト」が多く、一部サイトで「グレー」が設定されていました。
ロゴやメインカラーは「2色の掛け合わせ」が多く、レッド系かブルー系のどちらかにわかれたサイトカラーとなっています。また、アクセントカラーも控えめな色味が多い印象です。

ダンススクールのサイトでは、動画や画像が多く使われていることもあり、サイト全体のカラーも派手にしてしまうと、まとまりがなく、乱雑な色味のサイトになってしまうため、なるべくシンプルなサイトカラーになっていると考えられます。

また、サイト全体のコンセプトなどによって、ユーザーに「どう見せたいか」を考えた上で、あなたのサイトに合うカラーを選ぶようにしてくださいね。

フォントサイズとフォントファミリー

ダンススクールサイトのフォントサイズ、フォントファミリーを調べました。

●6サイトのフォントサイズとフォントファミリー

ダンススクールのサイトで使われていたTOPページ内のフォントサイズの平均は13pxでした。
調べたサイトの中で最小サイズは11px、最大は15pxで、全体的にやや小さめのフォントサイズに設定しているサイトが多いようです。

また、フォントファミリーを調べてみたところ「Noto Sans JP」や「ヒラギノ角ゴ Pro W3」などが採用されています。
ちなみに「Noto Sans JP」は様々なサイトで使用されている、Google とAdobe が共同開発したオープンソースのフォントです。

サイトの空気感に影響を与えるのが「ファントサイズ」と「フォントファミリー」です。
なんの意味もなく選ぶのではなく、サイト全体のバランスを考えた上でフォントを選びましょう。もし、どんなフォントを使ったら良いのか迷ったときは、こちらを参考として活用してください。ただし、ここで紹介しているのは、たった6サイトから得られた調査情報でしかありません。もっと正確な傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

ダンススクールの特徴ページのコンテンツ

6サイト中6サイトで必ず記載されているのが、「ダンススクールの特徴」です。

●ダンススクールの特徴ページ例
 

上記のように、ダンススクールのコンセプト・特色、選ばれる理由などがまとめられており、ユーザーに向けた「強み・売り」を伝えるページとなっています。

ダンススクールを探しているユーザーの中には、最初から通いたいスクールが決まっている人と、複数のスクールから選ぼうと考えている人などにわかれます。特に、複数のスクールから選ぶ場合、比較検討した際に「このスクールに通いたい」と思えるような価値がなければ選ばれませんので、他のスクールにはない特徴・特色を前面にアピールしましょう。

レッスン内容に関するページのコンテンツ

通いたいダンススクールを決める際に気にするのが「レッスン内容」です。

●レッスン内容に関するページ例

「ダンススクールに通ってみたいけど、自分のレベルに合ったレッスンが受けられる?」と不安に思っているユーザーも少なくありません。

ダンス経験者と未経験者で一緒に学べるスクールもありますが、人によって初心者は初心者、経験者は経験者でまとまってレッスンを受けたいと考える人もいます。そのため、ユーザー自身が学びの場を選べるようにレベル別でクラスをわける、あえて経験を問わず学べるクラスを作って選択できる受け皿を作っておくなど、ユーザーにとってもダンススクール側としても後々のトラブル等を防ぐことに一役買うでしょう。

上記の「ETC ダンススクール」では「ビギナークラス」「オープンクラス」「レギュラークラス」などダンス経験のレベルに合わせたレッスン内容があることを紹介しています。レベル別のクラスがあることがわかれば、ユーザーは自分のレベルに合ったレッスンが受けられると安心して検討ができますね。

「入会」や「体験・見学レッスン」に関するページのコンテンツ

「入会」または「体験・見学レッスン」の紹介も、ダンススクールのサイトに欠かせないコンテンツのひとつです。

すんなり入会を決められるユーザーは多くなく、一般的に「体験・見学レッスン」を受けることで、不安を解消し本入会をする人も少なくありません。サイト内だけの情報では伝えきれない、生の情報を実際の体験・見学レッスンで伝えることができれば、迷っているユーザーの後押しにも繋がるでしょう。

そのため、「体験・入学レッスン」が受けられることをしっかり明記したうえで、予約フォームを設置しておきましょう。
また、人によっては迷うことなく入学をそのまましたい人もいますので、予約フォームと同様にWebからすぐに入会ができるようにエントリーフォームを用意しておきましょう。

ダンススクールの集客やプロモーション方法

ダンススクールのプロモーションする方法として、大手企業であればマスメディアを利用したプロモーション方法があります。しかし、個人経営で行っている小さなダンススクールもあり、メディア以外の集客としてソーシャルメディアを使った方法も取り入れられています。。

文部科学省によって中学でのダンス授業が必修となりました。
ダンスを習うというのが一般的になり、YouTubeやTik Tokなどでダンスを気軽に披露する場も増えています。そうしたことから、ダンススクールでは、動画投稿ができるSNSとの相性はとても良く、「YouTube広告」「ソーシャルメディア広告」などで「動画」を積極的に使っているところも増えてきています。

今回調査した6つのダンススクールでは、主要SNSがしっかり運用されていました。

●6サイトの運用SNS

InstagramとTwitterを運用しているサイトが多く、次いでYouTubeとなっています。これらのSNSはダンスレッスンの様子や人気講師のダンスの様子など、様々な内容の投稿がされており、動画を見る文化になれているティーン層への広報として活用しているスクールが多いです。

SNSは日々の投稿でユーザーとコミュニケーションを取って潜在顧客を増やすことに活用できます。通常の投稿だけではなく、YouTube広告やソーシャルメディア広告として、ターゲットを絞った広告配信でダイレクトに訴求してみる方法も試してみてはいかがでしょうか。

ダンススクール業界の現状と今後について

ダンスには様々なジャンル(ヒップホップ、フラダンス、ジャズ等)があり子供からお年寄りまで楽しむことができるアクティビティです。現状、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各社営業は再開しているものの、授業の規模を縮小したりオンラインで実施したりとコロナ対策を取りつつ営業しています。

日本のみならず、各国でテレワークの浸透や外出自粛により、普段以上に家に居る機会が増えていていることから、運動不足解消のために自宅でできるトレーニンググッズが売れています。その流れと同じように、ダンススクールのオンラインレッスンもテレワークによる運動不足解消を目的とした人の需要が増えて行く可能性があり、ますますインターネットを使ったサービス提供が必要になって来るでしょう。

~まとめ~

ダンス自体は中学生以上では必修となる科目でもあるため、ダンススクールの需要は今後も増えて行くでしょう。新規参入もしやすい分、競争力も高いので、新たにダンススクールを開業したり、リニューアルオープンをしたりする際には、魅力的なサイトにするためにも、今回紹介した内容を参考にしてくださいね。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円~※からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐdata maisonに会員登録しましょう!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ