トップページへ戻る

クレジットカードサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

クレジットカードサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「クレジットカード会社サイトを作りたいけれど、何から始めたら良い?」
「もっと使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」
「売上が伸びるような通販サイトに改善したい」

この記事では、クレジットカード会社のサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
クレジットカード会社を販売するオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ申し込みしたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は「クレジットカード」で検索をして上位に表示された6サイトを確認しています。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

クレジットカード会社サイトのデザイン・UI

メインビジュアル

検索上位に表示しているクレジットカード会社サイト(6サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、商品を紹介するメインビジュアが設定されていました。

●メインビジュアル例
 

クレジットカード会社では、最も安い月々の料金プランを紹介する画像、期間限定で契約・購入できるお得なキャンペーン画像などが、4~5枚程用意され、どちらもスライドショー形式で表示されるようになっています。

例えば、「セゾンカード」であればキャンペーン案内を全面的に打ち出しています。一方、「Lifeカード」の場合は、新規入会の特典案内やポイントに関する案内などがメインビジュアルです。それぞれのクレジットカード会社で、自社の強みや売りを打ち出す案内をメインビジュアルに持ってきているのです。

サイトカラー

クレジットカード会社サイトのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●6サイトのサイトカラー

ベースカラーは「ホワイト」が一番多く、一部サイトで「グレー」が設定されていました。
ロゴやメインカラーは「ネイビー」や「レッド」のサイトカラーが多い傾向です。クレジットカード会社のサイトは、ロゴのカラーリングをメインカラーになっていることが多いので、新規参入する場合には、既にあるブランドと被らないようなカラーにする方が良いでしょう。

また、アクセントカラーには、メインカラーと同じ系統のカラーを使うパターンが多い傾向にあります。特に「ブルー」が多く、ロゴ・メインカラーに比べると落ち着いた色合いにしているサイトが多い印象です。クレジットカードというと、お金を扱うサービスなので、ユーザーに信頼感を与えるような落ち着いたカラーにしているのかもしれません。ちなみに、サイトカラーを決める際には、コンセプト・メインターゲットを考えて、ユーザーに「どう見せたいか」を考えた上で選ぶようにしてくださいね。

フォントサイズ・フォントファミリー

クレジットカード会社サイトのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみたところ

●6サイトのフォント

クレジットカード会社サイトで使われていたTOPページ内のフォントサイズの平均は13pxでした。調べたサイトの中で最小サイズは12px、最大は14pxで、ほとんど違いがなくやや小さ目のフォントサイズに設定しているサイトが多いようです。また、フォントファミリーを調べてみたところ「メイリオ」が特に多く採用されています。

今回は、6サイトのデータなので、傾向値を出すにはやや不十分ですが、サイト制作中に悩みがちなフォントサイズやフォントファミリーの設定においての参考として活用してくださいね。

今回は、あくまでも6サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、クレジットカード業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

クレジットカードの特徴ページのコンテンツ

今回調査した6サイトで必ず掲載されていたのが「クレジットカードの特徴ページ」です。

●基本機能・特徴の例

上記のように、クレジットカードのコンセプトや特徴、選ばれる理由などが必ず掲載されています。
これは、クレジットカード会社からユーザーに向けた「自社サービスの強みや売り」を伝えるページとなっており、サイト内で欠かせないコンテンツのひとつです。

なぜなら、申し込みたいクレジットカードを探しているユーザーの中には、最初から決まっていて情報を集めている人と、特に決まっておらず迷っている人などがいるためです。どのクレジットカード会社に通ったらいいのか迷っている人に対しては、複数のクレジットカード会社と比較した際に「特徴」がなければ印象にも残らず選ばれません。また、特徴があったとしてもサイト内でしっかりアピールできていなければ、ユーザーもわかりません。

そのため、ユーザーに知ってほしい、「このクレジットカードならではの特徴、強み、売り」などを伝えるために「クレジットカードの特徴」ページは欠かせないコンテンツとなっているのです。

活用シーンの紹介

クレジットカード会社のサイトでは、「クレジットカードの活用シーン」に関するコンテンツをサイト内に用意しています。

●活用シーンの例

上記の「エポスカード」では、初めてクレジットカードを利用する人などに向けて、「どんな利用シーンがあるのか?」「オススメの使い方は?」といった自社カードの活用方法を紹介する内容を発信しています。それによりユーザーは

「お役立ちコラム」に関するコンテンツ

クレジットカード会社サイトでは、ユーザーに役立つ「クレジットカード」や「お金」に関するコンテンツをサイト内に用意しています。

●お役立ちコラムの例

カード会社のプロが教える「クレジットカードの選び方」や「おすすめの使い方」など、ユーザーが知りたい情報がコラムとしてまとまっています。上記の例として、「クレジットカードの選び方」や「使い方」など、多様なニーズにも応えられる内容のコンテンツをコンスタントに発信しています。

こうしたコラム(情報)はユーザーにとっても、最新の旅行情報が手に入れられて便利ですし、クレジットカード会社サイトとしても、おすすめしたいカードや使い方を提案できるきっかけにもなる、両社が利益を得るものとなります。昔から言われていることのひとつではありますが、こうしたコンテンツマーケティングをクレジットカード会社サイトでは特に力を入れて行っているのです。

クレジットカードの集客やプロモーション方法

クレジットカード会社サイトをプロモーションする方法として、マスメディアを利用したプロモーション方法があります。特にテレビCMや雑誌、電車のポスターなどで広告をよく見ますよね。マスメディアを使った広告は、クレジットカード会社サイトにとって主要なプロモーション方法のひとつですが、最近はデジタル広告としてインターネットを使ったプロモーションを活用して集客を行っている企業も増えています。

代表的なプロモーション方法として「リスティング広告」「ソーシャルメディア広告」「YouTube広告」などが挙げられます。大手クレジットカード会社サイトなら、このどれも網羅的に施策していますが、近年良く見るのが「ソーシャルメディア広告」です。

クレジットカード会社サイトのSNS運用状況

TwitterとFacebookを運用しているサイトは6サイト中6サイトでした。
次いで、YouTube、LINEとなっており、ほとんどのサイトでSNSが活用されているのがわかります。

TwitterやFacebookの投稿内容の傾向としては、期間限定のキャンペーン案内やイベントシーズンのお得な情報です。Twitterの利用者は幅広い層がいるため、キャンペーンを打ち出す際にも広報しやすく非常に使いやすいSNSとなっています。一方Facebookの利用者は、日本ではやや狭い範囲になってしまいますが、ビジネス利用をしている人も少なくないSNSです。しかしFacebookは実名で登録しているSNSとなるため、ターゲティングを事前に行えば、届けたいキャンペーン案内などをダイレクトに送ることができる強みがあります。

SNSはユーザーともコミュニケーションを取りやすいツールなので、潜在顧客やファンの育成にもつながります。定期的に利用してくれるユーザーが増えたり、自発的に友人や知人に紹介してくれたりするなど、様々な良い効果が期待できますので、SNS運用およびソーシャルメディアのプロモーションを試してみてはいかがでしょうか。

クレジットカード会社業界の現状と今後について

クレジットカード業界の市場規模は2兆0,652億円となっています。2007年から11年までは減少傾向にあったものが、12年に増加に転じて以降、19年まで右肩上がりを見せています。

経済産業省の調べでは、2019年のクレジットカード取扱高は前年比10.3%増の64兆9,419億円でした。前年から6兆円の増加で伸び率も2ケタ台と高い伸びを見せ、好調に推移しています。なかでも、同年12月の取扱高では前年同月日11.0%の6兆2,697億円となり、統計開始以来の過去最高を記録しました。

クレジットカード業界は順調に拡大しています。百貨店や小売り店での利用のみならず、アマゾンや楽天といったインターネット通販の普及に伴いクレジット決済の利用も拡大、業界の牽引役となっています。また、近年台頭しているメルカリなどのフリマアプリも一役買っています。

その他、電気や水道といった公共料金、ふるさと納税および法人税や相続税、源泉所得税などの一部の納税も可能になるなど、ここ数年でクレジットカードの利用範囲は拡大しています。さらに最近ではカードの利用率のみならず、普及率も伸びています。クレジットカード発行枚数は2万8千万枚(2019年3月現在)に達し、一人当たり2.7枚を保有している計算になります。

一方、カード会社の収益源である加盟店手数料においては日本は国際的に高い水準にあります。大手流通業者からや政府からの中小店舗の引き下げ要請など、全体的に下げ圧力が働いています。今後、こうした下げ圧力はさらに強くなるものと見られ、収益性低下に伴う対策が必要となります。

国内のキャッシュレス決済においてはクレジットカードが主役ですが、未だに現金での支払い率が高いのが現状で、日本のキャッシュレス化は諸外国(普及率40~60%)に比べて遅れを取っています。

こうした状況により、政府は「キャッシュレス化」を推進。キャッシュレス決済の普及拡大を図り、2025年までにキャッシュレス決算比率を現在の20%から40%に高める目標を掲げています。こうした動きはクレジットカード業界には追い風となっており、クレジットカードの利用率も高まりを見せています。

需要が増えれば、売上が上がるチャンスとなります。今のうちにユーザーがいつでも使いやすく、探しやすいクレジットカード会社のサイトを制作したり、オープンさせたりして準備をしておきましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円~※からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐdata maisonに会員登録しましょう!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ