トップページへ戻る

カフェ・喫茶店サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

カフェ・喫茶店サイトのデザイン・コンテンツを解説!

「カフェ・喫茶店を始めるにあたってサイトを作りたいけれど何から始めたら良い?」
「今のサイトをもっと使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」
「ファンが増えるような素敵なサイトに改善したい」

この記事では、カフェ・喫茶店のサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
カフェ・喫茶店のオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ行きたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は大手カフェ業界のサイトから6サイトをピックアップして確認しています。2021年1月時点

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

カフェ・喫茶店のサイトのデザイン・UI

メインビジュアル

今回調査したカフェ・喫茶店のサイト(6サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、以下のようなメインビジュアが設定されていました。

●メインビジュアル例

カフェ・喫茶店のメインビジュアルは3~5枚程の画像が用意されスライダー形式で表示するタイプが多いです。具体的な画像の内容は、店内の様子や新作メニューの写真、期間限定キャンペーンの案内などとなっています。

上記の例として出している「ドトールコーヒー」の場合は、新作商品(コーヒー、ケーキ等)の画像とキャンペーン案内の画像がスライドショー形式で流れるメインビジュアルを採用されています。新作商品やキャンペーンを最初に紹介することで、ユーザーの興味を「あのコーヒー飲みたい」「あのケーキ食べたい」と思わせることが可能です。

一方で「喫茶店ルノアール」では、落ち着いた店内の写真もメインビジュアルとして採用しています。ルノアールのキャッチコピーは「くつろぎのひとときと、心からのおもてなし」という言葉が掲げられている通り、コーヒーや食べ物以外に「お店の居心地の良さ」もこだわっています。そのため、店内の写真も掲載して、こだわりをアピールしているのです。

同じカフェのサイトでも、ユーザーに与えたい印象、見せたいサービスなどによって設定するメインビジュアルも異なるものです。
あなたのサイトは、どんなイメージをユーザーに与えたいと考えているのでしょうか?
その方向性によって、用意するべきメインビジュアルも変わってくるので、しっかりテーマを固めた上で進めましょう。

サイトカラー

カフェ・喫茶店のサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●6サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A グレー グリーン レッド、グリーン
B ホワイト ブラック、イエロー ブラウン、イエロー
C ホワイト レッド、グリーン ブラウン
D ホワイト ブラウン ブラウン、レッド
E ホワイト ブラック ブラウン、オレンジ
F ホワイト ブルー ブラウン、レッド

今回調査したカフェ・喫茶店のベースカラーは「ホワイト」が多く、1サイトのみ「グレー」が採用されていました。また、ロゴ・メインカラーはバラバラですが「グリーン」や「ブラック」などの落ち着いたカラーが多い傾向にあります。大手のカフェ・喫茶店の場合、それぞれ企業ロゴの特徴的なカラーが既にあるので、新しくお店をオープンする際には既存のロゴカラーをチェックしておくと良いでしょう。

アクセントカラーに設定されている色として「ブラウン」が多い傾向にあります。濃いブラウンならシックで落ち着いた雰囲気に、薄いブラウンなら柔らかい雰囲気を醸し出すのに最適です。またメインビジュアルと同様に、サイト全体の雰囲気・イメージを決めるのが「サイトカラー」です。ユーザーに伝えたいサイトのコンセプト、サービスのイメージに合わせた自分たちらしい配色などを選びましょう。

フォントサイズ・フォントファミリー

カフェ・喫茶店のフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみたところ、以下のような結果になりました。

●6サイトのフォントサイズ・フォントファミリー

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 11px Arial ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ
B 14px メイリオ ヒラギノ角ゴ Pro W3 Osaka
C 14px ヒラギノ角ゴ Pro W3 游ゴシック メイリオ
D 14px ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ Osaka
E 15px Lucida Grande ヒラギノ角ゴ ProN メイリオ
F 16px Helvetica Neue ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ

6サイトのフォントサイズを調べたところ、平均フォントサイズは、13.5pxでした。調査した中で最小サイズは11px、最大サイズが16pxと標準的なフォントサイズです。見出しのサイズについても調べてみたところ、平均24pxで、最大サイズでは30pxのところもありました。かなり大きい印象ですが、余白やフォントファミリーのおかげでメリハリがあるわかりやすいものとなっています。

またフォントフォミリーについても調べたところ、全体的に「ヒラギノ角ゴPro W3」が多く採用されていました。次いで「メイリオ」や「Osaka」などが多いです。ちなみに、デザイナーによって好き嫌いあるフォントのひとつが「Arial」です。WindowsにもMacにも搭載されており、一般的に普及している書体のひとつとなっていますが、「Helvetica」という別の似たようなフォントがあることから、あえて使うデザイナーはそこまで多くないようです。とはいえ、万能なフォントでもあるのでデザインやテーマに合わせて使うか選ぶと良いでしょう。

今回のデータは、6サイトをまとめた傾向値でしかありません。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、カフェ・喫茶店業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとカフェ・喫茶店のサイト傾向を知ろう!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

カフェ・喫茶店サイトに必須の「メニューページ」

カフェ・喫茶店サイトにおいて最も重要と言えるのが「コーヒー」。これがなければカフェとしても成り立ちませんし、お客様が来るはずもありませんよね。だからこそ、カフェ・喫茶店サイトでは「メニュー」ページは必須コンテンツなのです。

●メニューページの要素

・ドリンク名
・金額(サイズに合わせて)
・メインの商品には実際の写真

カフェ・喫茶店のサイトに訪れるユーザーの目的には「どんなコーヒーがあるのか?」「料金はいくらくらいなのか?」を知りたくて訪れている人もいます。店舗にもあるようなメニューをそのまま画像としてページに掲載しているサイトもいくつか見受けられましたが、できればメニューごとにページを作って見せてあげる方がユーザーの探す手間も省けて親切です。

お店に来てもらうための「店舗情報ページ」

カフェ・喫茶店は店舗にお客様が来てくれないと意味がありません。そのため「店舗情報」は必須中の必須コンテンツです。実際、どのカフェ・喫茶店サイトにおいても「店舗情報」をまとめたページを作成しています。

●店舗情報ページの例

その中で「店名」「営業時間」「営業日」「お店の住所」「連絡先」「アクセス方法」などの基本情報がマストで掲載されていました。

また、情報をまとめたページ以外にも、サイトのヘッターやフッターなどに「営業時間」や「定休日」などを掲載しているサイトも多いです。
こうすることで、営業時間や連絡先を探す手間が省けてユーザーにとって親切ですし、パッと見て「いつやっているのか」を、すぐに理解してもらえますよね。

繰り返しになりますが、カフェ・喫茶店サイトにおいてユーザーが求めていることは「店舗に関する情報」です。情報が多ければ多いほど、ユーザーは安心できます。ただし、やみくもに情報を並べれば良いわけではなく、ユーザーが知りたい情報を充実させて、写真やデザインで店舗の良さを引き出し、そしてわかりやすく伝えることが大切です。こうした基本の考えを元に、自店舗の良さと強みを伝えられるカフェ・喫茶店サイト制作をしましょう。

カフェ・喫茶店の集客やプロモーション方法

カフェ・喫茶店をプロモーションする方法として、マスメディアを利用した方法があります。特に全国展開しているようなカフェ・喫茶店では、テレビCMや雑誌などで目にすることも多いでしょう。また、カフェ・喫茶店は駅ナカや駅チカなどにあるので、ユーザーが企業ロゴを目にする機会も多くなっており、お店自体が広告塔となっていることもあります。

一昔前は、それこそアナログ的な集客方法(チラシやティッシュ配り)も盛んでしたが、近年はインターネットを活用してプロモーションするカフェ・喫茶店も多いです。

大手カフェ・喫茶店であれば、ネームバリューもあるのでそこまで集客に苦労することはありませんが、新規参入の企業、個人のカフェ・喫茶店ではインターネットを使った集客方法が需要となっています。特に、「グルメ予約サイト」「リスティング広告」「ソーシャルメディア広告(SNS広告)」などは、カフェ・喫茶店だけに限らず、様々な業界でも定番プロモーション方法として活用されています。

特に、「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパー」などの「グルメ予約サイト」に登録することは、マストで行うべき方法です。その理由として、グルメ予約サイトを利用しているユーザー数がとても多いため、登録をすればユーザーの目に留まる機会も増やせ、店舗への送客に活用できます。特に飲食店をオープンしたばかりで、お店の認知度が低い場合には、ユーザー数の多いグルメサイトに登録することで、お店の存在をユーザーに広く知ってもらえるチャンスが大幅に増えるでしょう。

カフェ・喫茶店のSNS運用状況

先程のプロモーション方法として紹介した「ソーシャルメディア広告」を行うには、SNSアカウントが必要です。
そのため、実際にカフェ・喫茶店の運用SNS状況も確認しました。

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE YouTube
A
B
C
D
E
F

今回調査した6サイトの運用SNS状況を確認したところ、「Twitter」「Instagram」「Facebook」と主要なSNSが運用されていました。SNSを運用することで、興味を持ってくれたユーザーに情報を届けたり、既にファンになってくれたユーザーに拡散してもらったりするなど、様々な使い方があります。

また、LINEに関しては、カフェ・喫茶店と友達申請をすることで「クーポン」がもらえる特典などを用意しているサロンもあり、活用方法は様々です。SNSを活用することは、今では当たり前の集客方法のひとつとなっていますので活用していきましょう。

カフェ業界の現状と今後について

国内のカフェ業界の中でも最大手と言われる、スターバックスとドトールの2社の店舗数は2,500店を超えています。コンビニでも淹れたてコーヒーが飲める時代ではありますが、カフェ専門店は引き続き人気がある業界です。

カフェ業界も二極化しており、低価格のコーヒーチェーン店と、喫茶店のようなこだわりのコーヒーを売りにするお店でわかれています。ユーザーによってカフェ・喫茶店に求めるもの(コーヒーの味、価格、店内の雰囲気等)は多様で、全てに対応するのは難しいでしょう。そのため、カフェ・喫茶店では競合他社との差別化のために、ユーザーに付加価値を届けるサービスを取り入れている企業も多いのです。

しかし喫茶店や個人経営のカフェにおいて、廃業数が多くなっていることもあり、ネガティブな話題も少なくありません。とはいえ、ユーザーのコーヒーに対する消費者のニーズが少なくなったわけではなく、カフェの将来性は高いものとなっています。つまり、ライバルが多い分、ぼんやりしたコンセプトのお店ではユーザーに「良さ」が伝わりません。そのため「カフェのコンセプト」をしっかり持ち、コーヒーや店の雰囲気を作り込んで顧客にアピールしてユーザーに満足してもらうことが大切なのです。

お店そのもののブランディングをしたら、集客の要でもあるWebサイトのブランディングも行いましょう。大手カフェ・喫茶店は、特にWebサイトに力を入れており、今までは店舗でしか購入できなかった「コーヒー豆」や「オリジナルグッズ」などを購入できるようにしているところもあります。インターネットから注文して、受け取るだけで良いようなアプリを取り入れるカフェも増えており人気です。
今後も、よりインターネットを使った集客方法が取り入れられていくと考えられているため、これからカフェ・喫茶店の開業を行う場合には、Webサイト自体も重要になってくるでしょう。

より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ