トップページへ戻る

保育士求人サイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

保育士求人サイトのコンテンツとデザインを解説!

平成の末期、保育園の空きがなく入園のできない「待機児童」が社会問題として取り上げられた影響に伴い、令和の現代では都心部を中心に保育園の開園が増加しています。この動きに比例して、保育士も「引く手あまた」の職業になりつつあり、保育士を対象とした求人サイトもにわかに活気づいているのです。

事業としてシステム開発やサイト運営を担う企業の中には、求人サイトの運営を行うケースも少なくありませんが、中には「保育士専門の求人サイトを作りたい」と考える企業担当者の方もいるのではないでしょうか。今回は、そんな保育士の求人サイトを開設したい方に向けて、実際のサイトを参考に「保育士の求人サイトのコンテンツやデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

保育士の求人サイトのコンテンツを学ぼう

まずは、実際に運営されている保育士の求人サイトを参考に、サイト内でどんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。サイト内のコンテンツを把握することで、保育士の求人サイトを作成する際に「何を載せれば良いか」が把握しやすくなります。



求人検索フォーム

保育士をはじめとした「求人サイトのメインコンテンツ」とも言えるのが求人検索です。専用のフォームに「地域」や「勤務形態」、「希望する給料」などを入力することで、対象の求人一覧が表示される仕組みとなっています。

保育士の求人サイトにおける求人検索の特徴は、「施設形態を選べる」という点です。こと保育士は、保育園に限らず「認定こども園」や「企業内保育」、「放課後等デイサービス」など様々な施設で働くことができます。施設によって必要となる資格が異なるケースもありますが、ユーザーが働きたい勤務地から求人を選べるように配慮されているのです。サイトによっては「院内保育特集」や「学童保育特集」など、勤務地に合わせて特集を組み、おすすめの求人情報をPRする求人サイトもあります。

ちなみに保育士が働く施設では、保育士だけではなく子供の健康管理を担う「看護師」や、日々の給食を作る「調理師」などの複数の専門家が勤務しています。そのため保育士の求人サイトでも、看護師や調理師などを「職種」を絞った上で求人検索ができるケースがほとんどです。検索フォーム自体はどこの求人サイトでも備わっていますが、保育士の求人サイトでは「保育士が求められる施設の事情」に合わせる形で検索フォームが整えられているのです。

求人情報ページ

検索フォームと併せて、求人サイトに欠かせないコンテンツが求人情報ページです。職場の場所や応募資格、業務内容や給与に至るまで、応募の際に必応となる様々な情報が、どこの求人サイトでも掲載されています。ユーザーが情報を確認してすぐに応募ができるよう、求人への応募フォームが掲載されているのも特徴です。保育士の求人サイトにおいては、何か特殊な項目が設けられているわけではなく、ページに記載される情報は一般的な求人サイトとほとんど変わりません。

ですが、中には「園長の雰囲気」や「施設の保育方針や理念」のように、保育士を志すうえで「気になりやすいポイント」を掲載するサイトもあります。実際にサイトを作るうえでも、できるだけ多く有益な情報を掲載することを心掛けましょう。「目的の求人が見つかりやすい」、「条件を満たした人材を採用しやすい」という点で、ユーザーと施設の採用担当者の両方にメリットが生まれます。

会員登録フォーム

求人サイトの会員登録フォームは、「自分で求人を探すのは大変」というユーザーのために掲載されているコンテンツです。ユーザーに「所有する資格」や「希望する勤務条件」などを入力してもらい、条件に合致する求人情報を配信してもらう仕組みとなっています。情報の配信方法はDMやメールなど様々ですが、会員が増えるほどマッチングが成立する件数も伸びやすくなるので、求人サイトにおいては人気の高いコンテンツとなっています。

なお、会員登録フォームがある求人サイトには、ほぼ必ず「会員ページへのログインフォーム」が備わっています。会員ページとは、ユーザーがサイト上で履歴書を作成したり、応募した企業とやりとりを行ったり、就職や転職をするうえで役立つ機能が備わっています。会員登録フォームをサイト上に載せる際は、ログインフォームもセットで掲載することになるでしょう。

転職ガイド

転職活動に不慣れなユーザーに向けて、求人サイトの多くは転職のノウハウを記した「転職ガイド」を公開しています。自分に合った求人の探し方や、履歴書の書き方など、転職活動で迷いやすいポイントを分かりやすく解説するコンテンツです。ターゲットが明確な分、保育士の求人サイトでは、保育業界に特化する形で転職ガイドが公開されているケースが多く、保育施設で働きたいユーザーに刺さりやすい内容となっています。

この転職ガイドは、サイトによって充実度が大きく異なるのも特徴です。中には、求人サイト内に保育業界に精通した転職アドバイザーを常駐させ、転職における相談を受け付けるサイトもあります。保育士の転職フェアや相談会を開催するケースも多く、「一人でも多くの方の転職や就職を成功させたい」というサービス精神の手厚い求人サイトも少なくないのです。

採用担当者向けのコンテンツ

先に挙げたのは、すべて「ユーザー向け」のコンテンツですが、保育士の求人サイトには、実際に保育士を採用したい「保育施設向け」のコンテンツも備わっています。「求人情報の多さ」は、そのままサイトの評判に直結するため、求人サイトを作る上で必須とも言えるコンテンツです。求人情報の掲載方法や具体的な掲載料、応募者との面接までの流れなど、採用に至るまでのフローが分かりやすく掲載されています。

採用担当者向けのコンテンツ内では、登録者数の多さや求人依頼後の対応の早さといった点から「優秀な人材がすぐ見つかる!」という強みをアピールするサイトがほとんどです。繰り返しになりますが、求人情報が多いほどサイトの評判は上がりやすくなるため、サイト制作の際にはユーザー向けのページと併せて注力したいコンテンツと言えるでしょう。

このほかサイトによっては、保育士の資格取得方法や保育施設の平均給与など、保育業界で働く際に必要となる知識、働いている方に役立つ知識などがコラム形式で公開されています。保育士に限らず、特定の業界や職業に特化した求人サイトでは、対象の業界や職業を中心としたコンテンツが掲載されているのです。

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと保育士求人サイトの傾向を知ろう!

保育士の求人サイトはどんなデザインで設計されている?

保育士の求人サイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行します。保育士の求人サイトでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょう。

保育士の求人サイトのファーストビュー

保育士の求人サイトでは、ファーストビューに求人情報の検索フォームや会員登録フォームを設けるサイトが多くなっています。保育士だけに限らず、求人サイトに訪れるユーザーは「仕事を探している」というケースがほとんどなので、余計な情報を含ませずにすぐ求人を探せるように配慮をしているのです。中には、ファーストビューに「特集ページ」や「人気の高い求人」などを掲載して、おすすめの求人案件にすぐ辿り着けるようにしているサイトもあります。

保育士の求人サイトのカラーリング

保育士の求人サイトでは、使用されるバナーやアイコン、タイトルロゴに「パステルカラー」のような淡い色彩が多く使われます。扱う求人が「保育園」という特性上、柔らかくて優しい印象を持つ色が好まれるのです。サイトで使用されるフォントの色も100%の黒ではなく、わずかに灰色がかった色であることが多くなっています。反対に、保育園の求人サイトでは、赤や青のような原色はあまり使用されません。

保育士の求人サイトの写真

保育士に限らず、求人サイトの多くは数多くの写真を掲載しています。とくに求人情報のページは、必ずと言ってよいほど保育施設の写真や施設で働くスタッフの写真などが掲載されているほどです。中には、実際に勤務している様子を動画撮影したうえで、求人情報のページに撮影した動画を掲載をする際とも少なくありません。求人の情報を赤裸々に開示するほど、職場の環境や働いている姿を想像しやすくなり、応募のハードルが下がることは言うまでもないでしょう。なお、求人情報ページに掲載する保育施設の写真や動画の提供は「保育施設側」に任せられることが多くなっています。

保育士の求人サイトのレイアウト

保育士の求人サイトは、パソコンやスマートフォンといったどのデバイスからでも見やすい「レスポンシブ」に対応した求人サイトが多くなっています。スマホやタブレットからの応募を想定したり、サイト改修の手間を省いたりしたい場合においては、レスポンシブデザインを取り入れることをおすすめします。コンテンツページへ移動するメニューバーは、ヘッダー(またはフッター)に固定をするケースが多いものの、サイトによっては「サイドバー」にまとめる形をとることもあります。

とくに求人サイトは、検索フォームだけでTOPページの大半を占めることも珍しくないため、特集ページなどを配置するとサイト全体が煩雑化することもしばしばです。そこで、情報を整理しやすいサイドバー(2カラム)を使用したレイアウトで設計を行うサイトも少なくないのです。

保育士の求人サイトはSNSを運用してる?

保育士の求人サイトは、コンテンツとして「育児に関わるコラム」をサイト内で掲載することが多い一方、SNSでもコンテンツの配信に注力しています。SNSの中でもYouTubeの人気は高く、ちょっとした遊びや歌、ダンスといった「子供が喜ぶコンテンツ」の配信を行っているのです。さしずめ「教育テレビ」にも通ずる内容ですが、保育士として働くうえで役立つコンテンツをSNSで配信しつつ「求人サイトのPRやプロモーションを行う」といった運用をしています。

ちなみにYouTubeは、TwitterやFacebookなどにもシェアができるので、配信した動画を複数のSNSで展開する求人サイトもあります。すべてのSNSで効果が期待できる方法ではありませんが、手間を抑えつつ「広域でマーケティングを行いたい」というケースにおいては、優れた方法と言えるでしょう。

YouTube以外のSNSとなると、保育士の求人サイトは「LINE」を通じてサイトへの送客に繋げるべく、おすすめの求人情報を配信することもしばしばです。中には、スマートフォンで利用できる「専用の公式アプリ」を開発して、求人情報を公開するサイトもありますが、情報発信自体はサイト内でも行えるので、とくに理由がなければ無理に開発をする必要もないでしょう。

保育士の求人サイトはどうやって集客すべき?

保育園の求人サイトによっては、「就職や転職フェアを開催する」といったように、サイト以外の面でも求人の斡旋を行っています。保育士の求人サイトすべてで行える方法ではありませんが、行っている取組みやイベントなどはサイト上で告知することをおすすめします。

また、求人という特性上、保育士の求人サイトも「掲載されている案件数」が多ければ多いほど集客に繋がりやすくなるのは言うまでもないでしょう。ですが、求人サイトを利用するユーザーが求めていることは「良い求人に巡り合えるかどうか」、「就職や転職を成功させられるか」の点に尽きます。そのため、サイトを作る際は保育士の方(もしくは保育士志望の方)が求めている情報を掲載するようにしてください。

とりわけ保育士の方は、転職の際に勤務時間や雇用条件、人間関係などの要素を不安視する傾向が強いた、求人情報のページにもこれらの情報を載せるようにしましょう。採用担当者との連絡や、保育施設への見学などを行いやすくするため、サイト内にフォームを設けるのも良い方法です。「どのような職場なのか」が明確に伝わるほど精査がしやすくなり、個人に合わせた求人を選びやすくなります。また、保育士の方は転職を決める理由として「責任の重さ」や「事故への不安」を挙げるケースが多いという特徴があります。不安を解消すべく、保育士求人のコンサルタントやアドバイザーへ相談できるフォームをサイト内に掲載するのも良いでしょう。

コンテンツのまとめ

今回は、保育士の求人サイトのコンテンツやデザインについて解説をしました。

冒頭で紹介した通り、「保育士を志す方」や「保育士の転職を希望する方」は多く、個々で事情が大きく異なります。新卒で保育士を目指している方、持て余している保育士資格を活かしたい方、英語を活かせる保育施設で働きたい方など、その目的は様々です。ほかのサイトによっては、個々の事情にあわせて特集ページを組むことも少なくありません。実際にサイトを作る際は「誰にとっても求人を探しやすい」という点を念頭に、求人サイトを作ることをおすすめします。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ