トップページへ戻る

葬儀サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

葬儀サイトのデザイン・コンテンツを解説!

故人を安らかに送り出すために、遺族はさまざまな想いを抱えながらも信頼できる葬儀会社を探します。そして、そんな遺族の置かれている状況、気持ちを汲み取り、葬儀を滞りなく執り行えるようにサポートするのが葬儀会社の使命です。

葬儀会社の探し方は人それぞれです。
事前に故人や家族と相談をした上で、落ち着いて葬儀会社を選ぶ人もいますが、突然の訃報により動揺した中で葬儀会社を探さなければならない人も多数います。葬儀は一般的に、逝去後2~3日程で執り行うことになるため、葬儀会社を探す時間はあまりありません。時間がない中で探さなければならないため、かつては病院や人づてに葬儀会社を探す人も多かったのですが、現在は知りたい情報をすぐに得られるインターネットを利用して葬儀会社を探す人も増えてきているのです。

インターネットの普及により、葬儀会社においてもWebサイトは重要な位置づけになっています。そのため、自社サイトや葬儀に関連するサイトを制作しようと考えている担当者もいることでしょう。ただし、単にサイトを作れば良いというわけではありません。葬儀というセンシティブな内容を取り扱うサイトだからこそ、遺族に「安心と信頼」を与えるようなサイトでなければならいのです。…とはいえ「安心感や信頼性のある葬儀サイトにするにはどうしたらいいの…?」と思う人もいるでしょう。

その疑問を紐解いていくために、ここでは葬儀サイト制作において知っておくべき「葬儀の市場や考え方」「デザイン・UI」「コンテンツ」などの情報を紹介していきます。ぜひ、新規サイト制作、リニューアルの参考にしてみてください。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

目次

葬儀会社のサイトUIについて

「準備」「費用」「葬儀場」の3つのページに辿りやすい構成

Googleの検索画面で「葬儀」というキーワードで1ページ目に表示された葬儀会社・葬儀の仲介ポータルサイト(10サイト)を調査した所、どのサイトもトップページから下記の3つのページへの導線(内部リンク)が設置されていました。

  • 葬儀に必要な準備が分かるページ
  • 葬儀の費用 / プランが分かるページ
  • 葬儀場の検索ができるページ

この3つの要素(葬儀の準備、費用、検索)は、葬儀会社を検討する際に必要不可欠な情報です。
葬儀会社を探すユーザーの考えは幅広く「初めて葬儀をするので、どんな準備をしたらいいのか知りたい…」、「別の葬儀会社と費用を比較したい…」、「自宅から近い葬儀場を探したい…」などがあります。そうした要望に応えられるように、葬儀会社サイトでは「葬儀場を選ぶポイント」「葬儀の平均費用」などの要点を簡潔に図や表でまとめたコンテンツがサイト内で展開されているのです。

葬儀に関する情報が充実して安心感があり、誰が見ても分かりやすい親切なサイトが葬儀会社を探すユーザーの心を動かすポイントに繋がっているのではないでしょうか。

電話番号や問い合わせのバナーは各ページに「大きく」、「分かりやすく」設置

電話番号やお問い合わせ・資料請求・無料相談のバナーなどCVへの導線は、ヘッダー、フッター、フローティング(追従)バナー、コンテンツ内などあらゆる場所に設置されています。サイト内を確認している途中でも「この葬儀会社に葬儀を依頼したい」と決断した時に、いつでも問い合わせができるようなUIとなっています。また、いつでも相談や問い合わせができるように「24時間365日受付可能」「無料のフリーダイアル」「事前相談のみでも可能」などの表現も一緒に記載されています。

葬儀の豆知識①
葬儀会社を開業するには資格は必要ありません。また、地方公共団体への認可や届出も不要のため、参入の障壁が低い業界です。そのため、葬儀会社の中には事前の見積り以上の高額請求をしたり、契約内容と異なるサービスを行ったりするなどのトラブルが事例として挙がっています。
不安に思う遺族を安心させるために「不当な請求は致しません」「1円単位で御見積書を作成します」などをサイト上で呼びかけて、「うちは問題無いですよ」と信頼してもらうための働きかけをしている葬儀会社もあるのです。

葬儀会社のサイトデザインについて

※Googleの検索画面で「葬儀」というキーワードで1ページ目に表示された葬儀会社・葬儀の仲介ポータルサイト(10サイト)を調査しました。(2021年1月時点)

サイト全体の配色は、落ち着いた地味目な色合い

葬儀関連のWebサイトのカラーは、紫、ベージュ、紺、緑を貴重とした配色が主流です。地味な薄い色は、袱紗の色合いを思わせます。

葬儀場を祭壇や仏花で華やかに飾られている印象を受ける写真をメインビジュアルやファーストビューの位置に設定されています。写真がより鮮やかに見えるように、サイト全体の配色は薄い色合いで統一されているのです。

フォントは読みやすさ重視のサイズと種類

フォントサイズの平均は12px~14pxでした。
強調したい部分は、フォントサイズを拡大+太字にすることで更に読みやすくしてあり、高齢者や視力が悪い人の閲覧も考えられています。
フォントの種類(フォントファミリー)は、厳かなイメージの「明朝体」や、空白が読みやすい「メイリオ」が主に使用されています。

実際の葬儀のイメージが湧く写真・画像を使用

葬儀会社では、各ページに「葬儀のイメージが湧くような写真」「あたたかみのあるイラスト」が掲載されています。
写真やイラストを入れるメリットとして、わかりやすくするためだけでなく、テキストのみで「無機質」な印象になってしまうのを避けられます。そして祭壇、仏具、仏花、葬儀場の外観など実物が分かる写真を掲載することで、具体的な葬儀をユーザーがイメージしやすくなります。

また、人の顔や表情を出す写真・画像を掲載することで、ユーザーに親しみやすさや安心感を与えることができます。そのため、葬儀会社のサイトでは「葬儀ディレクターの写真」「家族で故人をお見送りしている写真」「丁寧に対応しているオペレーターの写真」などが要所に掲載されているのです。

中には、芸能人をイメージキャラクターに起用している葬儀会社も複数あります。
主に葬儀を執り行うことになる50代~60代に共感を得られるよう、同年代の芸能人を起用しています。数ある葬儀会社の中で、印象に残るために芸能人を起用することもありますが、もう一方で「芸能人を起用できるくらい規模の大きい会社=信頼できる会社」というイメージを持ってもらうことにも役立てられるのです。

葬儀の豆知識②
葬儀会社のサイトには、遺族の気持ちを汲み取り、安心させるようなメッセージが随所に掲載されています。
優しく問いかける言葉や自社が葬儀サービスを提供する信念などをユーザーの心に届くように、言葉が紡がれているのです。

【サイトに掲載されているメッセージの一例】
「事前のご相談からお葬式、葬儀後まで安心をお約束します」「独自のサービスで心のこもった供養を執り行います」「大切なお葬式にこそ安心を…」など、心のこもった手紙を受け取っているようなメッセージが感じられませんか?

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと葬儀のサイト傾向を知ろう!

主にサイト内で謳っているコンテンツについて

提供している葬儀の種類の紹介

各葬儀会社サイトでは、提供している葬儀の種類を紹介するページが設けられています。
葬儀会社によって異なりますが、「葬儀」、「家族葬」、「社葬」の他、「お別れの会」、「一日葬」、「海洋散骨」、「樹木層」など取り扱いのあるサービスが、詳しい説明と料金などと共に紹介されています。サービスを提供していない葬儀の種類がある場合は、サービスとしてではなく一般情報としてコラムで内容を紹介しているパターンもありました。

葬儀の満足度を伝える「お客様の声」

葬儀会社サイトでは「スタッフの対応の良さ」「プランの満足度が伝わる感想」が掲載されています。実際に、葬儀を行った感想や体験談を読むことで、この葬儀会社に依頼しようか悩んでいるユーザーは客観的な評価を知ることができ、総合的に判断して決められます。そして場合によっては「私たち家族も、この人と同じような気持ちで故人を安らかに送り出すことができるかもしれない…」と思い、安心して葬儀の依頼ができるようになるのです。
「お客様の声」では、感想や体験談だけではなく、イニシャル、年齢、性別、地域など、本人が公開できる範囲で掲載しています。また、直筆のアンケート紙面をスキャンしお客様の声として掲載している葬儀会社もありました。

ポータルサイトの場合は、複数の葬儀会社を評価できるよう「口コミの自由投稿」「星(★5)表示の評価」も可能にしています。ユーザーにとっては、一度に複数の葬儀会社を比較検討できることは便利ですし、葬儀会社にとっては自社を知ってもらうきっかけにもなります。

ただし、口コミや評価は常にポジティブなことが書かれるわけではありません。時には、こちらに非がなくともネガティブな内容を掲載されてしまう可能性も含んでいるため、ポータルサイトに掲載してもらうかどうかはメリットとデメリットを理解した上で決めましょう。

エリアごとに探しやすい葬儀場の検索ページ

葬儀場を複数保有している葬儀会社やポータルサイトでは、特定のエリアの葬儀場を探すために「検索ページ」を展開しています。
全国各地に葬儀場を保有しているサイトでは、日本地図を模した画像から場所の検索ができたり、市区町村単位でも絞り込みができるようになっています。特定の地域に特化している葬儀会社の場合は、対応範囲のエリアから検索が可能です。
※またマップ(Googleマップ等)をページ内に挿入しているサイトもあり、このようなサイトでは自宅や駅から葬儀場までの距離が明瞭で葬儀場の場所のイメージが湧きやすく、アクセスについても理解しやすくなるでしょう。

明瞭な葬儀費用の内訳と詳細

葬儀費用の記載方法はサイトごとに大きく異なります。「●●円(税別)」と明示しているサイトもあれば、「●●円から~」と費用の目安を掲載しているサイトもあります。実際に、葬儀の参加人数や使用する仏具、仏花などのオプションによって金額が変わってしまうため、実際にかかる明確な費用をサイト上で提示することが難しいです。

その上で、各葬儀サイトでは葬儀費用の総額の目安がなるべく把握しやすいように、提示する金額に含まれる内容やプランごとの費用の比較や見積りの事例が記載されています。(※祭壇、棺、白木位牌、納骨箱の代金は含まれているか、追加料金が発生する場合の内容など) 
実際の見積りの額と大幅に乖離しているというクレームが来ないようにするために、葬儀費用に含まれる内容(内訳)はできる限り明瞭に記載する方針が各サイトで見受けられました。

葬儀のあらゆる悩みを解決する基礎知識系のコラム

多くの葬儀会社やポータルサイトでは、葬儀を執り行う際の法要やマナーについて知りたい人向けのコラムページが用意されています。葬儀に関するコラムをサイト内に置くことで、葬儀について調べるために他のサイトへ離脱してしまうことを防げます。また、葬儀における服装のマナーや焼香のやり方、宗教ごとの葬儀の違いなど、悩みや疑問に答えるコンテンツは、サービスを探す直接的なユーザーとは別のユーザーをサイトに呼び込むフックとなり、アクセスの増加に繋げることも可能です。葬儀に関する情報を網羅的に用意しておくことで「葬儀について分からないことがあれば、このサイトを見れば良い」という一種のブランディングにもなり、サイトのファンを増やして、信頼性を持ってもらうことができます。

業界内のSNSについて

自社運用SNSはYouTubeが多い結果に…!

葬儀会社・葬儀仲介ポータルサイトの10社を調査した所、最も多く運用されている自社SNSはYouTubeでした。次点はfacebookです。

企業 Facebook Twitter LINE はてな
ブックマーク
Instagram YouTube
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J

●・・・自社運用アカウント 

YouTubeでは、葬儀当日までの具体的な流れや葬儀プランの説明などがコンテンツとして公開されています。動画は写真よりも多くの情報を発信できるので、サイト内の情報だけではイメージが掴めないというユーザーでも、葬儀プランナーが丁寧に説明する動画を見ることで理解が深まります。

情報共有のためのSNSボタンを設置しているサイトもあり

仏事となる葬儀は、SNSで拡散することはほぼありません。しかし、葬儀会場の場所、葬儀の流れ、マナーなどを身内や参列者に共有するためにTwitter、facebook、LINEの共有ボタンを設置しているサイトも幾つかありました。

企業 Facebook Twitter LINE はてな
ブックマーク
Instagram YouTube
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J

●・・・共有ボタン設置

Googleマイビジネスに登録されている葬儀場が大多数

各葬儀会社では認知度を高めるために保有している葬儀場をGoogleマイビジネスに登録していました。Googleマイビジネスに登録することで所在地、営業時間、電話番号、商品(葬儀プラン)、ウェブサイトへのリンク、写真、口コミがローカルパックやナレッジパネルに表示されます。ちなみにGoogleマイビジネスの登録費は無料です。

また、ローカルパックとは、「新宿区△葬儀場」、「渋谷区△火葬場」などエリアとの掛け合わせキーワードで検索した時に、エリア近辺の施設が検索結果上位にMAPと共に表示される部分のことです。ウェブサイトをクリックすると自社サイトにアクセスでき、ルートをクリックすると現在地から葬儀場、葬儀会社までの道順が表示されます。葬儀場を探す遺族は、検索結果上で視覚的に駅からの距離が分かり、ローカルパックから葬儀場のページへ直接アクセスすることが可能です。

●「新宿区△葬儀場」のローカルパック

ナレッジパネルは、主に会社名や葬儀場名を指名で検索した際に検索結果の右側に表示されます。
MAPや住所、電話番号がサイトにアクセスせずとも検索結果上で分かるので斎場を利用したい遺族や葬儀の参列者にとって非常に役に立ちます。

●「落合斎場」のナレッジパネル例

業界内のプロモーション方法について

葬儀の仲介ポータルサイトで広告契約

葬儀の仲介ポータルサイトでは、広告契約を結んで複数の葬儀会社・葬儀場を紹介しています。葬儀に関するさまざまな情報やコラムを運用しており、葬儀関連のキーワードで上位表示される集客力が魅力です。複数の葬儀会社のプラン内容や費用、対応などを比較検討したいと考えている人の要望が叶うサイトです。

地域住民に日常的に働きかける看板広告・電車広告

葬儀会社によっては、葬儀場があるエリアを中心に電車広告や看板広告などを出稿しています。看板広告、電車広告に共通した目的は、いざという時のために日常的に働きかけて自社を認識してもらうことです。「近くに葬儀会社がありますよ」ということを地域の人々に知ってもらう、頭の片隅に置いてもらう、必要な時に思い出して頼りにしてもらうことができます。

能動的に働きかけるリスティング広告

GoogleやYahoo!などの検索結果にサイトを表示させることができるリスティング広告。
検索結果画面の最上部にサイトを表示させるためのクリック単価は、葬儀の実施単価が高いため安いとは言えません。しかしながら、葬儀の準備を慌ただしく進める人がいて広告の可否に関わらず上位に表示されるサイトをクリックする傾向があるとすると、リスティング広告は集客に有効な手段のひとつだと考えられます。実際に広告を出稿しているサイトを確認すると、費用の安さや実績でアプローチしていることが見受けられました。

●広告例
「葬儀費用●●円からの家族葬プラン」、「TVで紹介された葬儀です/相談無料」など

インターネットにおける葬儀の市場について

故人と遺族の希望に対応できる葬儀のいろいろな形

葬儀にはいろいろな種類が存在しています。一般的な葬儀は、通夜・葬儀・火葬を執り行うことが多いのですが、近年は通夜や告別式のない「直葬(火葬式)」や「一日装」、親族のみで送り出す「家族葬」、伝統的な形にとらわれない葬儀の「お別れ会」など、さまざまな葬儀の形があります。
時代と共に多様化する葬儀プランを葬儀会社は用意して、遺族が理想とする葬儀を一緒につくりあげていくのです。

終活ブームによる「葬儀」の考え方の変化

人生100年時代と言われる昨今、余生の過ごし方を考え直したり、自身の葬儀やお墓の準備をしたりする「終活」が広がっています。改めて余生の過ごし方を考えることで、1日1日を感謝しながら、より充実した日々を過ごすことができます。また、生前の内に自分の葬儀について考え、葬儀やお墓の準備を進めておくことで、残された遺族の負担を少しでも減らせるようになるのです。

自身にとっても遺族にとってもメリットがある「終活」。葬儀会社によっては「終活」をサポートするための、終活準備セミナーや遺影写真の撮影会、親族向けの葬儀会場の見学会などが行われています。これらは葬儀会社のサイトから簡単に申し込むことが可能です。
今後「終活」という考え方が、もっと広まっていけば「葬儀」に対する印象や心構えも変わっていくかもしれませんね。

初めてサイトを訪れる人にも「分かりやすい」サイト構築が理想

葬儀を執り行う遺族の中には不安な方も多いでしょう。
葬儀の準備を進めなければならないのに、サイトを見れないほどの悲しみを抱えている遺族もいるかもしれません。
そのような方のためにも、葬儀系のサイトは、精神的な余裕が無くとも葬儀のことが簡単に理解ができ、少しずつでも準備に向けて前に進めるようにサポートができる存在であってほしいと願います。

葬儀に関する情報が充実していることでユーザーは安心感を覚え、誰が見ても分かりやすい親切なサイトにすることで葬儀会社を探すユーザーの心は動きます。ここまでに紹介した、葬儀会社やポータルサイトのデザイン、UI、コンテンツなどの要素を参考にして、ユーザーに選ばれるサイトを制作しましょう。葬儀に関わるサイトを訪れるユーザーに「安心」と「信頼」を与えるサイトになりますように…。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々165円~

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。
 

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ