トップページへ戻る

カタログギフトサイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

カタログギフトサイトのコンテンツとデザインを解説!

お歳暮やお中元、新築祝いから結婚祝いに至るまで、日本国内には季節の節目やイベントの際にギフトを贈る風習が根付いています。とはいえ、相手が欲しい物を予測してギフトを選ぶのは、どんなに気心の知れた方同士でも難しいものです。中には、まったく見当違いのギフトを贈ってしまい、心の中で苦笑いされたことのある方も少なく無いでしょう。

そんなギフト選びに苦心されている方は多く、「相手に欲しいギフトを選んでもらう」という逆の発想から生まれた「カタログギフト」が人気を集めています。スーパーやデパートに併設されているギフト売り場でも、カタログギフトコーナーが作られるほど、現代では「定番のギフト」として親しまれているほどです。

ショッピングサイトの中には、カタログギフトを専門に扱うお店も多く、サイトを通じてカタログギフトを発送する方も珍しくありません。ギフトショップの担当者または経営者の中には「カタログギフトのショッピングサイト」の開設を検討している方もいるのではないでしょうか。今回は、そんなカタログギフトのサイトを開設したい方に向けて、実際のサイトを参考に「カタログギフトのサイトのコンテンツやデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

カタログギフトのサイトのコンテンツを学ぼう

●メインビジュアル例

まずは、実際に運営されているカタログギフトショッピングサイトを参考に、サイト内でどんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。コンテンツを把握することで、カタログギフトのサイトを作成する際に「何を載せれば良いか」が把握しやすくなります。

商品一覧

ショッピングサイトのメインコンテンツとも言えるのが、取扱商品を掲載したコンテンツです。中でもカタログギフトのサイトでは、結婚祝いや引越し内祝いのようなお祝い用、お中元やお歳暮といった季節イベント用など「用途別」でギフトを選べるように配慮されています。このほかグルメやインテリアなど「商品別」、5,000円以内や1万円以内といった「価格別」でカタログギフトのカテゴリを区分するサイトも少なくありません。

ひと口に「カタログギフト」といっても、掲載されている商品をカタログごとに大きく異なります。様々な商品を網羅的に掲載するカタログもあれば、スイーツや雑貨といった特定の商品だけを専門的に掲載したカタログなど多種多様です。そのためカタログギフトのサイトでは、細かくカタログのカテゴリを区分して、ユーザーが極力迷わずにカタログギフトを選べるように配慮をしているのです。

おすすめのカタログ

カタログギフトのサイトでは、「サイトがおすすめするカタログ」がほぼ必ず掲載されています。どのサイトでも、販売を強化したいカタログや、ほかのサイトと差別化をはかれるイチオシのカタログなどは必ず存在するため、キャンペーンや特集ページという形でサイト内に掲載しているのです。また、ギフトの需要は時期によって大きく変化するので、季節に合わせておすすめを変えるサイトもあります。

分かりやすく言えば、7月や8月にはお中元向けのカタログを、11月や12月にはお歳暮向けのカタログを特集するように、キャンペーンの内容を細かく変化させているのです。これらの点を考慮すれば、カタログギフトのサイトは「開設をした後の動き」が重要となるでしょう。ニーズに合わせてサイト設計やコンテンツを変化させることで、集客に繋がりやすくなります。

ご利用ガイド

ショッピングサイトに不可欠のコンテンツと言えば、サイトの利用方法を記述した「ご利用ガイド」も該当します。掲載されている商品の注文方法から代金の支払い方法、返品の仕方などに至るまで、ユーザーが商品を購入するのに必要な情報がすべて紹介されています。とりわけカタログギフトのサイトにおいては、取扱商品が「贈り物」という特性上、ご利用ガイドにもラッピングや熨斗(のし)、メッセージカードに関する記述などが存在します。

このほか、親戚縁者や同僚のように「複数人」に向けてカタログギフトを贈りたいユーザーに向けて「複数人にギフトを贈る方法」などをガイドに記述するサイトもあります。サイトによっては「一定数の注文で送料を無料にする」などのサービスを展開し、大口の注文をしやすいように配慮をするケースもしばしばです。

「カタログを受け取った方」向けのコンテンツ

カタログギフトのサイトを利用するのは、「カタログを贈りたい方」だけではなく「カタログを受け取った方」も対象です。サイト内では、カタログに掲載されているギフトを発送してもらうためのフォームが用意されています。カタログを受け取った方は、欲しいギフトのIDや受付番号をフォームに入力し、発送の依頼をするという仕組みです。

カタログに添付されているハガキや電話番号などを通じて、ギフトの送付を依頼することもできますが、どちらも手間がかかる方法なので、サイト内から手軽に手続きが行えるように配慮されているのです。とはいえカタログを受け取った方向けのコンテンツは、どのサイトでもメインコンテンツとしては扱われておらず、サイトのターゲットは専ら「カタログギフトを贈りたい人」となっています。

ギフトマナー

お中元やお歳暮を初めとした贈り物は、熨斗の付け方や挨拶状の書き方などにマナーが存在します。そのため、カタログギフトのサイトでは「マナーを遵守してギフトを贈りたい」というユーザーに向けて、ちょっとしたマナー講座を設けているのです。サイトによっては「よくある質問」というコンテンツにまとめたうえで、贈り物に関するマナーを紹介するケースもあります。

このほか、カタログギフトのサイトによっては「実店舗」を運営していることも多く、サイト内に店舗情報を掲載してプロモーションを行うことも少なくありません。ショッピングサイトという特性上、カタログギフトのサイトは「商品紹介」がメインとして扱われていますが、贈るシチュエーションが極めて多彩な分「ギフトの選びやすさや探しやすさ」を重視してサイトが設計されているのです。

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとカタログギフトサイトの傾向を知ろう!

カタログギフトのサイトはどんなデザインで設計されている?

カタログギフトのサイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。冒頭で紹介したカタログギフトのサイトでは、ファーストビューやカラーリングをどのように設計しているのでしょう。

カタログギフトのサイトのファーストビュー

カタログギフトのサイトは、ファーストビューに特集ページやキャンペーン、イチオシのカタログを配置して、ユーザーのニーズに合わせてカタログを選べるように配慮しています。サイトによってはファーストビューにスライドショーを配置して、複数の特集ページを同時に配置するサイトもあるほどです。このほか「カタログギフトの人気ランキング」を掲載して、「人気の高いギフトを選びたい」というユーザーに向けて配慮をしているサイトもあります。ファーストビューには、コンテンツの項でも記述した通り「販売したいカタログ」や「ユーザーからのニーズの高いカタログ」などを掲載することをおすすめします。

カタログギフトのサイトのカラーリング

カタログギフトのサイトでは「背景色は白」、「フォントは黒」といったシンプルな色使いが好まれます。カタログには数多くのギフトが掲載されている分、商品写真としてサイト内にたくさん掲載すると、サイト全体の見た目がゴチャゴチャしてしまう可能性もあります。また、背景色やフォントで目立つ色を使ってしまうと、掲載したカタログが目立たなくなってしまい、プロモーションの効果が薄れてしまうことも考えられます。白と黒に限定させる必要はありませんが、サイトの煩雑化を防ぎ、カタログを目立たせるためには、サイト全体を目立たない配色にすると良いでしょう。

カタログギフトのサイトのレイアウト

カタログギフトのサイトは、サイドバーを使用しない「1カラム」と、サイドバーを使用する「2カラム」のレイアウトが好まれます。1カラムは、スマートフォンのように画面が小さいデバイスからでもサイトが見やすく、カタログの写真を目立たせたい場合やスマホからの注文を受け付けたいケースにおいて重宝するレイアウトです。一方、1カラムはサイドバーが無い分、商品カテゴリなどを分類し辛いため、情報量の多いサイトではコンテンツを整理しやすい2カラムが採用されます。

カタログギフトのサイトの写真

カタログギフトのサイトでは、サイトで取り扱っているカタログを紹介する際に「カタログそのものの写真」と「カタログに掲載されているギフト」の両方の写真が使用されます。どちらか一方だけを載せると、カタログギフトの商品イメージが伝わりにくくなるため、プロモーションの効果が半減する可能性があります。カタログギフトの魅力をしっかり伝えるためには、両方の写真をサイトに掲載することを推奨します。

ちなみに、カタログによっては商品として「旅行プラン」を専門的に特集していることもあります。これに関しても、旅行のイメージを把握しやすくするため、カタログの写真と旅行先の施設や風景の写真をサイトに掲載すると良いでしょう。

カタログギフトのサイトはSNSを運用してる?

TwitterやFacebookなど、SNSを集客やプロモーションに活用しているカタログギフトのサイトも珍しくありません。現代は、世間にインターネットが普及した影響に伴い、「写真映え」を重視したギフトが数多くリリースされています。飲食店においても、SNS上の拡散を目的としたハデなビジュアルの食べ物が少なくありませんが、ギフト業界でもこの傾向が見受けられるのです。「インスタグラム」や「ピンタレスト」のように、写真の投稿に適したSNSでカタログギフトのプロモーションを行うサイトは数多く存在します。

このほか、サイトによっては運営する実店舗や、特集ページの紹介をSNS上で行うケースもしばしばです。どのSNSも「リアルタイム性に優れる」という特徴があるため、SNSを集客やプロモーションに利用する場合は「季節に合わせたコンテンツ」を投稿すると良いでしょう。サイトと同様に、初夏はお中元のカタログ、初春に入学祝いや入社祝いのカタログと言ったように、ユーザーがギフト選びを行うタイミングでコンテンツを投稿するのがポイントとなります。

反対に、1月や2月のような真冬に「暑中見舞いのコンテンツ」を出すような季節感をまったく無視した投稿をしてしまうと、プロモーションの効果も半減してしまうため注意が必要です(逆に注目を集めるという可能性もありますが)。

カタログギフトのサイトはどうやって集客すべき?

ほかのサイトのコンテンツやデザインから判断すれば、「ユーザーが求めるカタログギフトを購入できるサイト」ほど、集客に繋がりやすくなります。「用途別」や「商品別」でカタログをまとめ、欲しいカタログを探しやすくする配慮はマストで行いましょう。

ショッピングサイトという特性を考慮すれば、当然カタログギフトのサイトも「商品の豊富さ」や「値段の安さ」などの要素が集客に繋がるポイントとなります。ほかのサイトよりも豊富なカタログを格安で提供したいところですが、これらはサイト開設を検討しているギフトショップの品ぞろえなどに影響されるので、すべてのサイトで実施できる方法ではないでしょう。

網羅的にカタログギフトを準備するのが難しい場合は、サイトに専門性を持たせるのも手です。例えば、お中元やお歳暮など特定の用途に特化したサイトや、スイーツや旅行プランなどの専門カタログを集めたサイトなどを設計すれば、ほかのサイトとの差別化をはかることにも繋がります。差別化をはかって優位性を担保する目的であれば、サイト内でしか扱っていない限定のカタログギフトなどにスポットを当ててプロモーションを行うのも効果的な方法です。

また、ほかのカタログギフトのサイトを参考にすれば、SNSを通じてサイト(または実店舗)のPRを行うのも有効でしょう。検索流入だけで集客に繋げるのが難しい場合や、季節性に富んだキャンペーンを多く展開しているサイトの場合は、TwitterやFacebookなどを通じてコンテンツの配信を行うのも良い方法です。

コンテンツのまとめ

今回は、カタログギフトのサイトのコンテンツやデザインについて解説をしました。

実際にカタログを作っているギフトショップであれば、「カタログに魅力的なギフトを掲載する」といった取組みは必ず必要となるでしょう。魅力的なギフトが掲載されているカタログであれば、そのカタログを掲載しているサイトにも注目が集まることが言うまでもありません。また、繰り返しになりますが、カタログギフトは季節に合わせて「常に新しいカタログが登場する」のが特徴です。そのため、新しいカタログのリリースに合わせて、サイトやSNSですぐにプロモーションできる体勢を組むことをおすすめします。ほかのサイトよりいち早くカタログを取り上げれば、それだけ売り上げを伸ばしやすくなります。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。
 
 
 

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ