トップページへ戻る

介護ベッド・用品通販サイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

介護ベッド・用品通販サイトのコンテンツとデザインを解説!

高齢化社会となって久しい現代では、ドラッグストアやホームセンターでも専用の売り場が作られるほど、「介護用品」の需要が高まっています。この傾向は通販サイトにおいても顕著で、介護用品の製造販売を担う企業の中には、介護用品専用の通販サイトを立ち上げるケースも少なくありません。

インターネットにサイトを公開したいと考える介護用品メーカーの担当者または介護用品のショップスタッフの中には、「コンテンツの載せ方」や「サイトのデザイン」に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回は、そんな介護ベッドや介護用品の販売サイトを開設したい方に向けて、実際のサイトを参考に「サイトのコンテンツやデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

介護用品・介護ベッドの通販サイトのコンテンツを学ぼう

日本最大級の介護用品通販サイト【けあ太朗】

【ケアたのめーる】介護用品の通販サイト

介護用品・医療用品の通販サイト|FEED メディカルケア

まずは、実際に稼働している介護ベッドや介護用品の通販サイのサイトにどんなコンテンツが掲載されているかを学びましょう。上記サイトは、通販サイトの中でも介護ベッドや介護用品を専門に扱うサイトばかりです。以下では、これらサイトにも掲載されている共通のコンテンツを詳しく解説します。

商品一覧ページ

どの通販サイトにも必ず掲載されているのが、取扱商品を掲載したコンテンツです。介護用品を扱う通販サイトでも掲載されていますが、ひと口に介護用品と言っても、その種類は様々です。そのため、介護用品の通販サイトでは「食事介護用」や「入浴介護用」など、介護の用途に合わせてカテゴリを分類しているサイトが多くなっています。介護グッズを購入するのは、実際に介護を行う方であるため、サイトやコンテンツの設計も介護を受ける方ではなく「介護を行う方」に向けて作られているのです。

商品ページでは、一般的な通販サイトと同様に商品写真や詳細などと併せて、購入フォームが掲載されています。通常の通販サイトとの大きな違いは、「介護保険を使って購入できるかどうか」を掲載しているケースが多いという点です。こと介護用品は、ポータブルトイレや入浴補助用具のように介護保険を適応させたうえで購入できる品物があるため、通販サイト内でも保険を使えるか否かを提示しているのです。

また、介護用おむつのページに「具体的なサイズ」や「吸収量の目安」を、介護食の商品ページに「栄養表示」や「アレルギー表示」などを掲載し、ユーザーの買い間違いが起こらないように配慮されています。実際に商品一覧ページを作る際も、購入の際に必須となる情報を掲載することをおすすめします。

商品の検索フォーム

商品一覧ページだけではなく、通販サイトでは検索フォームから商品検索ができるケースが大半です。検索フォームとは、言わばGoogle検索のような検索窓のことで、「車椅子」や「介護ベッド」といったキーワードを入力すると、取扱商品の中から該当する品物が表示される仕組みです。商品一覧を経由するよりも、フレキシブルに商品検索ができるというメリットがあります。

中でも、介護用品を扱う通販サイトの検索フォームの多くは、「カタログの検索に対応している」という特徴があります。介護用品のショップは、商品一覧を掲載したカタログを出版していることが多く、サイトでも「カタログから注文したい人向け」の検索フォームが用意されているのです。端的に言えば、欲しい商品が掲載されているカタログのページをフォームに入力すると、そのページに掲載している商品一覧がサイトに表示される仕組みです。

ご利用ガイド

商品ページと同様、インターネット通販を担うサイトに欠かせないコンテンツの1つとして「ご利用ガイド」が挙げられます。具体的な購入手順から購入代金の支払い方法、商品の到着日数に至るまでを細かく紹介するコンテンツです。サイトの中には、購入代金に応じてポイントなどが付与される会員制度を導入しているケースも多く、ご利用ガイド内で会員登録の方法や特典内容の紹介を行っています。とりわけ介護用品は、介護食や介護用おむつなどの消耗品が多いため、サイトのリピーターを獲得しやすい商品です。通販サイトを継続的に利用してくれるリピーターを獲得したい場合においては、利用するほど特典を利用できる会員制度の導入が役立つでしょう。

ちなみに、介護用品を扱う通販サイトのご利用ガイドは、「個人向け」と「法人向け」とでコンテンツが分けられていることもあります。法人向けとは、一般家庭ではない「介護施設」や「有料老人ホーム」、または「病院」などのことです。法人向けの介護用品は大量発注になりやすいため、大口契約を受け付けているサイトでは「法人向け」のコンテンツを別個で用意しているケースも珍しくありません。

中には、一般家庭向けにも介護食や介護用おむつといった消耗品の購入に「まとめ買い」を受け付けている通販サイトもあります。一定数の購入で割引を適応させるといった「大量購入のしやすさ」で、ほかのサイトとの差別化をはかるサイトもあるほどです。

キャンペーン・特集ページ

介護用品を扱うサイトでは、定期的に「介護食品」や「大人用紙おむつ」などの特集ページを作ってキャンペーンを開催しています。期間限定の目玉コンテンツをサイト内に掲載するのは、一般的な通販サイトでもしばしば行われる方法です。「セール期間中の介護用品」や「サイトの売れ筋商品」など、特集を組む商品はサイトごとに異なります。

このキャンペーンや特集ページは、ほとんどの通販サイトでTOPページにバナーを掲載しています。実店舗でも特集品を店内で目の付きやすい場所に配置するのと同様、通販サイトのキャンペーンや特集ページも、ひと目で分かる場所に配置されているのです。バナーには商品名や割引率、キャッチコピーなどを添えて、ユーザーが特集内容を把握しやすくなるように配慮されています。

介護用品・介護ベッドの通販サイトはどんなデザインで設計されている?

介護用品の通販サイトで使用されるコンテンツについて学んだところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。介護用品を扱う通販サイトでは、どのようなデザインで集客に繋げているのでしょうか。

介護用品・介護ベッドの通販サイトのレイアウト

介護用品の通販サイトでは、サイドバーを用いた「2カラム」のレイアウトが多くなっています。2カラムは、サイドバーにカテゴリやメニューなどを掲載できる分、情報の煩雑化を防ぎやすく、コンテンツ量の多いサイトに向いているのが特徴です。通販サイトにおいてはしばしば採用されるレイアウトですが、扱う商品数が少なければ、サイドバーを使用しない1カラムのレイアウトでも視認性に優れたサイトを構築できます。とはいえコンテンツの項で紹介した通り、介護用品は種類が豊富に存在するため、カテゴリを分類しやすい2カラムのレイアウトが適しているのです。

介護用品・介護ベッドの通販サイトのファーストビュー

介護用品の通販サイトのファーストビューは、「商品の検索フォーム」が設置されているケースがほとんどです。すぐに商品検索ができるように設計されているのは、カタログを経由してサイトに訪れるような「欲しい商品がすでに決まっている方」に向けた配慮と言えるでしょう。検索フォームに加えて、会員ページへのログインフォームがファーストビューに設置されているのも、通販サイトのリピーターに向けた設計です。

このほか、サイト内で行われているキャンペーンや特集のバナーをファーストビューに設置している通販サイトが多くなっています。2カラムのデザインを採用しているケースが多い分、サイドバーには取扱商品のカテゴリを掲載しつつ、メインコンテンツには特集ページのバナーや商品検索フォームを載せるサイトも少なくありません。

介護用品・介護ベッドの通販サイトのイラスト

介護用品の通販サイトやカタログでは、コミカルなイラストやアイコンなどがしばしば使われます。ショッピングサイトらしく「取扱商品の写真」なども数多く掲載されていますが、商品写真だけを掲載したサイトはユーザーに対して無機質な印象を与えがちです。人間味のあるサイトを設計するためにも、商品カテゴリを紹介するメニューや特集ページのバナーなどに、イラストやアイコンなどを使用するのも良い方法です。また写真を使うにしても、車椅子や介護ベッドなどを「実際に介護者が使用している写真」を掲載するのも良いでしょう。商品写真をただ掲載するよりも、ユーザーに対して使用感を伝えやすくなります。

介護用品・介護ベッドの通販サイトのカラーリング

介護用品の通販サイトは、サイトによって使われる色が大きく異なります。例えば、冒頭で紹介した介護用品の通販サイトなどは、メニューバーや見出しに「赤」や「緑」といった目立つ色を採用して「コンテンツや文字をハッキリと見せること」を重視しているサイトが多くなっています。その一方で、「グレー」や「薄い紫色」のような目立たない色を採用して、「全体を落ち着いた雰囲気にすること」を心掛けている通販サイトも散見されます。サイトに掲載する商品写真や特集ページなどが多くなれば、全体が煩雑化しやすくなるため、目立たない色を採用するといった工夫が必要となるでしょう。

介護用品・介護ベッドの通販サイトはSNSを運用してる?

介護用品の通販サイトは、TwitterやFacebookといったSNSのアカウントをほとんど所有していません。ショッピングサイトによっては、所有しているSNSのアカウントをサイト内で公開していますが、介護用品の通販サイトでは公開している様子はあまり見受けられません。介護用品はSNS上で映えるコンテンツを投稿しにくく、無理にアカウントを開設しても「集客には繋がらない」と考えている通販サイトが多いことが分かります。

ですが、介護用品の販売サイトはSNSを利用することが少ないものの、「介護用品の製造メーカー」自体はSNSのアカウントを所有しているケースが多くなっています。SNSの中でも、商品のプロモーションにYouTubeのような動画サイトを利用する傾向が強く、介護ベッドや車いすの使い方、メリットなどを動画コンテンツで分かりやすく紹介しています。

以上の点から判断すれば、介護用品の紹介こそSNS上でも行えるものの、通販サイト自体の宣伝を行うのにSNSは不向きと言えます。とはいえ「ほかのサイトがSNSを利用していないこと」を逆手にとれば、競争相手がほとんどいないと言い換えることができます。サイト内のキャンペーンや特集コンテンツをPRするために、あえてSNSのアカウントを所有するのも良い方法と言えるでしょう。

介護用品・介護ベッドの通販サイトはどうやって集客すべき?

通販サイトという点を考慮すると「商品の豊富さ」や「値段の安さ」、「サービスの手厚さ」などは、介護用品を扱う通販サイトでも当然ながら集客に繋がる大きなポイントとなります。ですが、これらの項目は「単純な力比べ」であるため、大手の通販サイトがどうしても有利になってしまうのです。ケタ外れの資金力や商品力があれば話は別ですが、新規の通販サイトを新たに立ち上げる場合は、別の部分で優位性をアピールして集客をはかる必要があります。

例えば、介護用品を扱うほかの通販サイトを参考にするなら「カタログの出版」もサイトの集客に重宝するでしょう。カタログを通じてサイトから注文ができるようにすれば、介護施設や家庭にカタログを配布するだけで、継続的な注文をしやすい顧客を抱えることに繋がります。反対に「通販サイトだけ」で集客を行おうとすると、パソコンやスマートフォンの操作に慣れていないユーザーの機会損失にも繋がりやすく、あまりおすすめできません。

このほか、介護用品は種類が豊富な分、実際に使ってみないと使用感が分かりにくいものが多いという特徴があります。介護食品や衛生用品を購入したものの「一度しか使わなかった」というケースも珍しくありません。そのため、商品ページに詳細を記述するのも大事ですが、サイトやカタログを通じて「無料の商品サンプル」などを配布するのも良い方法です。サンプルの準備や配布には費用こそかかりますが、「購入に値する良い商品」という点がユーザーに伝われば、そのままサイトの集客に繋がりやすくなるでしょう。

コンテンツのまとめ

今回は、介護用品の通販サイトのコンテンツやデザインについて解説をしました。

冒頭で記述した通り、高齢化社会と謳われる現代では、将来的にも介護用品の需要が高まっていくと予測できます。そのため、介護用品の通販サイトの長期的な運用を検討している場合においては、できるだけ早いうちにサイト開設に着手することをおすすめします。通販サイトの運営に関わるノウハウを蓄積しておけば、将来的に介護用品の需要が増加したとしても、通販サイトの改装や規模の拡大にも容易に対応しやすくなるでしょう。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ