トップページへ戻る

レンタカーサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

レンタカーサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「レンタカーのWebサイトってどんな感じ?」

こうした疑問をお持ちの「Web担当になった方」、「レンタカー周りでアフィリエイトを考えている方」、「レンタカーの業界に営業をかけたいと考えている方」に向けた記事内容となっています。

こんなお悩みが解決できるよ
・Web担当になってサイトリニューアルに携わることになったけれど、デザインはどういった感じにすればいい?
・レンタカーのWebサイトでは、どんなコンテンツ・情報を伝えればいいの?
・営業をかけたいと思っているけど、レンタカーの業界のWebサイトにはどんな傾向がある?

さて、今回フォーカスするのはレンタカー業界のWebサイトです。
はじめにお伝えしますと、今回は「レンタカー」で検索した時に上位に表示されている10サイトをじっくりと観察して、共通点や相違点を確認しました。業界のWebサイトの傾向を知りたいと調べてみて実感している方もいるかと思いますが、自分1人で調べるのには相当時間がかかるうえに、根気が必要です。ざっくりと傾向が知りたいなあという方に役立つ内容だと思います。あくまで目安として「レンタカーのWebサイトにはこんな特徴があるよ」という傾向として参考にしてみてください。

「いやいや、10サイトで傾向とか言えないんじゃ…?」
ですよね。そう感じる方もいますよね。「ビジネスで使うのにもっと正確な情報が知りたい」、「Webサイトリニューアルで失敗したくない」そういう方のために、data maisonを開発しました。1人で調べたら数ヶ月もかかるような情報量で、しかも最新の情報を一瞬にして手にすることができます。

Webサイトのデザインで周りから評価してもらえる人や、情報量で周りの営業に圧倒的な差をつけている人を見て、どのタイミングでどう時間を作ってるの?なんでそんなに知ってるの?そう疑問に思ったことはありませんか?成功している人には秘密があります。
何十時間、何百時間とかかる調査を、data maisonなら月々165円~ 払うだけでデータを手にすることができます。

成功しているビジネスパーソンには秘密があります。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

レンタカー業界のWebサイトで使われるデザイン・UIはどんな感じ?

以下3つの観点からWebサイトのデザイン・UIを確認していきます。

・メインビジュアル
・フォント(フォントファミリー / フォントサイズ)
・配色(ベースカラー / メインカラー / アクセントカラー)

メインビジュアルはどうなってる?

クリックした時にまず目に入る画像や動画。この部分をメインビジュアルと呼びます。このWebサイトの顔とも言えるメインビジュアル。レンタカーのWebサイトはどんなメインビジュアルを設定しているのでしょうか?

メインビジュアルには、予約フォームが配置されているサイトがほとんどです。これはユーザーのニーズに即した作りと言えるでしょう。というのも、まず自分がサイトを使う立場になったことを考えてみてください。
「どんな時にレンタカーのサイトを見ますか?」

車を借りようと思った時ですよね。もちろん(私が今やっているように)Webサイトの分析したい、業界を知りたいと思って検索する人もゼロではありません。しかし、基本的にはレンタカーを利用したいと思った時に「レンタカー」と検索するはずです。そのため、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)で予約フォームを表示することが大切です。

サービスを紹介する場合には「他社と比べた時の強み・魅力」が重要ですが、上記の理由からまずは予約フォームを見せるべきです。

● メインビジュアル例

もう1つ大切なことがあります。それは店舗の位置の情報です。
観光地でレンタカーを利用する際には駅の近くにある店舗が便利ですし、自宅近くにある店舗は利用しやすいでしょう。
実際にレンタカーを予約する際には、どこに店舗があるかを調べますよね。土地に詳しければテキストで住所が書かれていても大体どこに店舗があるか分かりますが、マップがあれば頭を使うことなく直感的に理解できます。

「直感的にどこに店舗があるのか分かるようにする」というのは、エリアを指定するとそのエリアのマップが表示され、店舗がどこにあるか視覚的に分かることです。もちろん日本地図のデザインから絞り込んでいって、最終的に境域のマップが出るのならそれでも良いでしょう。ただ、日本地図を表示するにはある程度のスペースが必要になるので、プルダウンでエリアを選択するような表示形式が見やすく使いやすいのではないでしょうか。

これからレンタカー業界のWebサイトを作ろうとするのであれば、この内容を意識してみてください。他のサイトを模倣するのではなく、ユーザーにより使いやすいサイトを作ることを念頭に置き、どういう情報がメインビジュアルに欲しいか、どこをどう目立たせるのかといったことをWeb担当者やWeb製作者は意識したいところですね。

フォント(フォントファミリー、フォントサイズ)はどうなってる?

レンタカー業界のWebサイトを知るため、続いてはフォントについて確認しましょう。この業界ではどんなフォントファミリーやフォントサイズが使われているのでしょうか。

★レンタカー業界でよく使われているフォントファミリー
フォントファミリーに関しては 「ヒラギノ角ゴ Pro W3」 を使用しているサイトが多く見られました。
代表的なフォントを設定し、そのフォントファミリーが表示できないブラウザのために、代替のフォントファミリーを設定します。
その代替のフォントファミリーに関しても丸みがかったフォントを使用しているケースが大半でした。

★レンタカー業界でよく使われているフォントサイズ

H2タグ:16px~24px
本文:11px~14px

一般的なWebサイトのフォントサイズとしては見やすさから本文を16px以上がおすすめされることが多いです。それに対してレンタカー業界では少し小さめのフォントサイズが使われています。テキスト情報よりも、デザインや画像が重要視されているということでしょうか。

配色(ベースカラー・メインカラー・アクセントカラー)

Webサイトの色選びでは、3つの「カラー」を考える必要があります。

  • ベースカラー:サイトの土台となる色味。
  • メインカラー:ベースカラーに次いで使われている色味。
  • アクセントカラー:目を引くためにアクセントとして追加する色味。

★レンタカー業界で使われている配色

ベースカラー
白色 #FFFFFF

メインカラー
赤色 #ED0000 #C71444
黄色 #FFF100
緑色 #00A040 #41A149

アクセントカラー:
オレンジ #EF932A #FC7C00
黄色 #FCD22B
赤色 #ED0000

ベースとなる背景を白色にして、それに各サイトを印象づけるメインカラーを配色しています。多くのサイトのメインカラーは、ロゴの色味と同じ色を使っています。なお、ログインや予約ページへの遷移を誘導するCVボタンには、赤や黄色、オレンジが使われています。

どんなコンテンツ内容を載せている?

以下2つの観点からサイトに載せているコンテンツ内容を確認していきます。

・レンタカー業界のサイトに欠かせないコンテンツ内容
・スクロールした時に追従するもの

レンタカー業界のサイトに欠かせない内容とは?

レンタカー業界のサイトに必要な内容としてレンタカーの予約フォームと店舗情報が挙げられます。ただ、この2つに関しては前述したので割愛し(「メインビジュアルはどうなってる?」参照)、それ以外で欠かせない要素を5つピックアップしてご紹介します。

車両情報について

レンタルする際には、車両の情報についても注目する利用者がほとんどです。予約時に知りたい車両情報には主に以下の項目があります。

  • 車両の大きさ
  • 禁煙・喫煙
  • ETCカード利用可否
  • ハイブリッドかどうか
  • チャイルドシートの有無
  • スタッドレスタイヤの有無
  • カーナビの有無
  • ペット同乗の可否

料金について

どのレンタカー会社にするか、どの車両にするかを決める際には、料金も重要な要素です。料金がどこに表示されているか分かりにくいサイトの場合には、利用者が調べるのを諦め、「他のレンタカー会社のサービスを利用しよう」と考えるでしょう。見込み客を逃すことにつながってしまうため、分かりすいところに料金を表示する必要があります。
上記の車両情報と併せて掲載することで、どの車両をレンタルしたら、どのくらいの費用がかかるのか把握しやすくなります。

利用方法について

サービスの利用方法についても掲載が欠かせないコンテンツです。レンタカーを初めて利用する方も少なくないでしょう。そうした方のために、予約方法から使用について、返却方法までの具体的な流れを説明するコンテンツを用意しましょう。
一連の流れを書いたうえで、予約フォームや店舗検索ページへ誘導するようページを設計すれば、ユーザーが安心して利用の確度が高くなるのではないでしょうか。

会員ページについて

一度レンタカーを利用した方の中には、サービスの利便性などに満足してリピート利用する方もいます。そうした方のために、会員登録システムを利用して競合他社のサービス利用に流れないような戦略が必要となるでしょう。そして会員登録システムを作った場合には、サイトから会員ページへ遷移しやすい設計が必要となります。

多言語ページについて

インバウンドへの対応も必要です。海外から旅行や留学で来日する外国の方がレンタカーを利用するケースもあります。もちろん日本語を理解できる方もいれば、翻訳機能を上手に活用してレンタカーサイトを調べる方もいますが、それは少数でしょう。
多言語でページを用意しておくべきことで日本語が分からない方でもスムーズに予約ができるでしょう。最低限、英語のページを用意しつつ、可能なら中国語のページも用意してみてはいかがでしょうか。

スクロールした時に追従するもの

Webサイトによっては、スクロール(画面を上下左右に動かすこと)をした時に、ボタンが追従してくるものがあります。レンタカー業界に限らず一般的には、一部追従してくるサイトが多くあります。一方で、レンタカー業界の場合にはページの最上部に戻るボタンのみ追従しているサイトが大半です。

たしかにページの最上部に戻るボタンがあれば、予約フォームが見える画面に戻りますし、店舗ページに遷移するボタンが表示されるので使いやすいです。ただ、より使いやすいサイトにするには追従部分をさらに充実することをおすすめします。

例えば、予約フォームや店舗検索ページ、ログインページに遷移するボタンを追従させるといったものです。「さて予約しよう」という段階になって「どこから予約すればいいんだ?」と考える方もいるはずですが、追従ボタンがあれば問題ありません。

利用しやすいサイトにするには、とにかくユーザーを迷わせないことが大切です。常に画面上に、サービス利用につながる重要なページへの導線を配置し、本来の目的であるレンタカーの予約や店舗検索ページへ遷移しやすくしましょう。重要なページへ遷移するボタンを追従させれば、使いやすいサイトになるだけでなく、見込み客を逃さないようになるのではないでしょうか。

集客方法には何がある?

集客の方法としては、以下のような手法が考えられます。

プッシュ型:電車広告、テレビやラジオCM、折り込みチラシ、ダイレクトメール
プル型:リスティング広告、SEO、Googleマイビジネス、SNS

どのような戦略で広告するかにより効果には差が出ます。餅は餅屋ですから、費用をかけて集客に力を入れたい場合は、広告代理店に相談してみてもよいでしょう。
一方で、お金をかけたくない、あるいはお金をかけられない場合もあります。費用をかけず、かつ効果的な集客方法としてはGoogleマイビジネスへの登録と、SNSへの投稿があります。

Googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスとは、Googleの検索やGoogleマップなどに店舗情報を表示させるためのツールのことです。Googleで検索した時に、Googleマイビジネスに登録したジムの店舗情報が表示されることがあります。例えば、「レンタカー 新宿」と検索した時には以下のようにマップの下に店舗の情報が表示されます。

店舗の住所や電話番号、営業時間、WebサイトのURLなどを登録しておくと、利用者の目に触れる機会が増えるはずです。もし登録をしていないのであれば、今日にでもご登録ください。

SNSへの投稿

集客の方法として、TwitterやインスタグラムなどSNSのアカウントを運用する方法もあります。SNSの運用では、投稿を多くの方に見てもらうことが重要なポイントとなります。ハッシュタグをつけるだけでユーザーの目に触れやすくなるため、投稿の際には以下を参考にしてハッシュタグをつけてみてください。

#レンタカー
#レンタカー会社
#クルマ好き
#車好きと繋がりたい
#車好きな人と繋がりたい

ハッシュタグの後に会社名や地名を入れて投稿するのも良いでしょう。

また、もしキャンペーンを行うのであれば、特定のハッシュタグで呟いた方に何かをプレゼントするなどの手法も面白いかもしれませんね。
うまく話題に乗れば、想像以上のプロモーション効果を得られることでしょう。

まとめ

今回はレンタカー業界のWebサイトについてご紹介しました。

Webサイト制作者の場合は、流行のおしゃれなデザインにするよりも、ユーザーがどんな情報を欲しているか、何を求めているのかを吟味し、そのニーズに応えられるようなデザインを考える必要があります。

業界のサイトが「どんなデザインにしているのか」「どんな内容のコンテンツを載せているのか」を調べ、そこからユーザーが何を求めているのか推測してみてください。もちろんそれだけでは不十分です。レンタカー利用者が何を求めているのか実際の声を聞いたり、利用者の立場になって考えてみたりして、サイトの利用者の満足度を高めていきましょう。

ちなみに…先ほどはさらっと「業界のサイトが『どんなデザインにしているのか』『どんな内容のコンテンツを載せているのか』を調べ」とお伝えしましたが、これ実際にやってみると思った以上に労力がかかります。2~3サイト見るだけでも、細かいところまで見始めると1日以上かかるなんてことも…。
自分の業務を行いながらも、調査をするのってかなり骨が折れます。
レンタカー業界に営業をかけようと思っている方や、アフィリエイターも同じようなお悩みをお持ちでしょう。

そんな方はぜひdata maisonをご活用ください。
最新の情報を、膨大な情報を一瞬で手にすることができます。
data maisonで効率良く情報収集して、ライバルのあの人に圧倒的な差をつけましょう。
気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ