トップページへ戻る

キャンプ場サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

キャンプ場サイトのデザイン・コンテンツを解説!

昨今は、キャンプを楽しむ様子をYouTubeで配信する「アウトドア系ユーチューバー」なども多く、バーベキューや釣りといった「アウトドアレジャー」の中でも、キャンプを趣味とする方は少なくありません。趣味ではなくとも、学校行事や地域のイベントでキャンプを行った経験のある方も多いことでしょう。週末や連休ともなれば、全国のキャンプ場には人があふれ、誰もが自然豊かな環境で思い思いのキャンプを楽しんでいます。

この大勢のキャンプ人口に対応するため、キャンプ場は「予約制」を取り入れているケースがほとんどです。中には、全国のキャンプ場を掲載した予約サイトも多く、いつでもどこでもインターネットを通じてキャンプ場の予約ができるようになっています。

さて、キャンプを趣味とするアウトドア志向の方の中には「おすすめのキャンプ場を紹介するサイトを作りたい!」、「キャンプ場を検索できるホームページを運営したい!」と考える方もいるのではないでしょうか。今回は、そんなキャンプ場の予約サイトを開設したい方に向けて、実際のサイトを参考に「キャンプ場の予約サイトに掲載すべきコンテンツ」について解説します。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

キャンプ場の予約サイトに掲載しているコンテンツとは

キャンプネット

キャンプ場-日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】

TAKIBIキャンプ場予約 | 国内キャンプ場検索・予約サイト

まずは、実際に運営されているキャンプ場の予約サイトに掲載されているコンテンツを紹介しましょう。上記キャンプ場の予約サイトは、Google検索における「キャンプ場△予約サイト」のキーワードで10位以内に表示される(2020年11月現在)、キャンプ場の予約サイトの大手です。以下では、これらサイトにも掲載されている共通のコンテンツを詳しく解説します。

エリア別のキャンプ場検索

キャンプ場の予約サイトという特性上、どこのサイトでも「キャンプ場の検索」が行えるようになっています。中でも、「特定の地域に絞ってキャンプ場を探したい」という方に向けて、全国のエリア別で検索ができるように配慮されています。関東や東北といった特定の地域と、利用したい日付を入力すると、予約可能なキャンプ場の一覧が表示される仕組みです。

中には、エリア別に「口コミの多いキャンプ場」や「人気ランキング」などを掲載して、ユーザーに対しておすすめのキャンプ場を提示するサイトもあります。これはキャンプ場だけに限らず、飲食店や温泉施設などの「検索や予約ができるサイト」ではしばしば使われる方法です。サイトで取り扱う施設や店舗が多いほど、ユーザーがどれを選べばいいか迷ってしまうケースも増えるため、おすすめを表示するのは「情報をより選びやすくする配慮」と言えるでしょう。

施設別のキャンプ場検索

ひと口にキャンプと言っても、宿泊にテントだけを使うとは限りません。中にはログハウスやコテージ、トレーラーハウスなどを使ってキャンプを行う方もいます。そのため、キャンプ場の予約サイトでは、エリア別に加えて「施設別」でもキャンプ場の検索が可能です。「ログハウスのあるキャンプ場」や「コテージのあるキャンプ場」などの条件を指定すると、相応のキャンプ場が表示される仕組みです。先に挙げたエリア別の検索と施設の検索を併せて使うこともできます。

また、予約サイトによってはさらに細かい条件を指定して検索が行えるようになっています。例えば「バーベキューが楽しめる」や「サイクリングができる」など、遊び別でキャンプ場が検索できるサイトも少なくありません。情報の管理方法に関してはサイトごとに異なりますが、検索フォーム自体は予約サイトに不可欠の存在です。

予約フォーム

上記の検索フォームと供に、キャンプ場の予約サイトでは「予約フォーム」もセットで掲載されています。利用可能な日時や料金、具体的な支払方法などを併せて掲載しているケースがほとんどです。いずれも、ユーザーがスムーズな形で予約ができるようにする配慮と言えるでしょう。また、キャンプ場によっては「キャンプ用品のレンタル」などをセットプランで提供していることもあります。そのため、予約フォーム上でキャンプ場が提供しているプランの一覧を掲載しているケースも散見されます。

どのサイトにおいても、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などデバイスを選ばずに予約ができる予約サイトがほとんどです。中には、予約フォーム上に「キャンプ場のオフィシャルサイト」に移動できるバナーを掲載して、キャンプ場のより詳しい情報が知りたいユーザーに配慮している予約サイトもあります。

キャンプ場の経営者向けの情報

先に挙げたサイトコンテンツは、すべて「キャンプ場の利用者」を想定したコンテンツばかりです。

キャンプ場の予約サイトでは、キャンプ場の利用者だけではなく「キャンプ場の経営者」に向けたコンテンツも掲載されています。予約サイトの具体的な機能やサポート体制などの基本情報に加え「初期費用無料!」や「どれだけの集客が見込めるか」といった利益に直接関わるポイントをPRするケースもしばしばです。見込み客に向けて、経営者向けの情報ページ内に資料請求の応募フォームを設ける予約サイトもあります。

とりわけキャンプ場は、ホテルや旅館のような宿泊施設と同じく「利用者数」や「稼働率」によって売上の大部分が決まります。そのため、利益を向上させるために「多くの方に利用してもらいたい」と考えるキャンプ場経営者に向けて、予約サイトはコンテンツを通じて経営者向けの情報を掲載しているのです。

このほか、キャンパー(キャンプをする人)が増えれば、それだけ予約サイトの利用者も増加が見込めるため、サイトによっては運営スタッフのSNSやYouTubeなどをコンテンツとして配信し、キャンプの楽しみ方や魅力を伝えているケースも散見されます。

キャンプ場の予約サイトごとに違いはあるの?

キャンプ場-日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】

冒頭で紹介したサイトを参考にすると、キャンプ場の予約サイトでは他の予約サイトと差別化をはかるべく、独自のコンテンツを発信して優位性をアピールしています。具体的なコンテンツは以下の通りです。

  • 運営スタッフがおすすめするキャンプ場特集
  • 特定のテーマに絞ったキャンプ場特集
  • 最新のキャンプ用品やトレンドの紹介
  • 手軽で美味しいアウトドア料理レシピ
  • アウトドアファッション講座
  • キャンプに最適な乗り物の紹介

いずれも、キャンプをするうえで有益となる情報ばかりですが、大きな特徴として、これらのコンテンツは「別メディアに掲載されているケースが多い」という点です。キャンプの予約サイトを運営する企業の多くは、予約サイトとは別に「アウトドア情報を発信するオウンドメディア」を並行して運営しています。上記のコンテンツは、予約サイト上ではなく並行運用のオウンドメディアに掲載されているのです。

分かりやすく言えば、情報が煩雑化してサイトが読みにくくならないように、予約サイトは「キャンプ場の検索と予約だけに特化した機能」を持たせているわけです。独自コンテンツや関連情報が別メディアに掲載されているという都合上、キャンプ場の予約サイトはシンプルなサイト構造となっているケースがほとんどです。中には、他の予約サイトと差別化をはかるべく、「登録しているキャンプ場の多さ」や「ユーザーからの口コミ数の総数」などをサイトの強みをアピールしているサイトもあります。

キャンプ場の予約サイトを作る際に載せたいコンテンツ

紹介した予約サイトを参考にすれば、実際にキャンプ場の予約サイトを作る場合においても、キャンプ場の検索フォームや予約フォームは必須となるでしょう。そのほか、キャンプ場の経営者に向けて、予約サイトに掲載するメリットや費用などを正しく伝えるコンテンツも欠かせません。「キャンプをする人」と「キャンプ場を経営する人」の両方に向けたサイトコンテンツを載せるようにしてください。

キャンプに関連するコンテンツを掲載したい場合は、「予約サイト」である点を考え、別のメディアやSNSなどに発信しても良いでしょう。「ユーザーが目的とするキャンプ場を素早く探せる予約サイト」を制作できれば、キャンプ場の利用者と経営者の両方に喜ばれるサイトとなることは間違いありません。

とはいえ、キャンプ場の予約サイトの多くが「企業運営」である点を考慮すると、個人で予約サイトを作るのは困難かもしれません。実際、キャンプ場に限らず規模の大きい予約サイトの運営管理は一人では難しいうえ、キャンプ場の体験レポートやコラムなどの執筆も、単独では難易度の高い行為です。そのためキャンプ場の予約サイトを作る際は、サイト管理やコンテンツの編集などに携われるスタッフを集められるかどうかを確認することをおすすめします。

もしも、個人で「キャンプ場の予約サイトを作りたい!」という方がいれば、キャンプに関するライターや動画配信者を目指すのも手でしょう。キャンプ場の予約サイトの多くは、専属のアウトドアコーディネーターや料理研究家などにコンテンツの執筆を依頼しています。そのため、個人の実績や能力によっては、間接的にキャンプ場の予約サイトのコンテンツ制作に携わることも可能です。

キャンプ場の予約サイトはどんなデザインで設計されている?

コンテンツの解説を終えたところで、キャンプ場の予約サイトで好まれるデザインについて解説しましょう。

冒頭で紹介したキャンプ場の予約サイトを参考にすると、サイトのカラーリングは白のようなシンプルな色を基調としているケースがほとんどです。キャンプ場だけに限らず、ホテルや旅館の予約サイトなどのカラーリングも白を基調とするケースが多くなっています。これは、サイトをスッキリ見せるための配慮と言えるでしょう。とりわけ「検索や予約ができるサイト」というのは、検索結果や特集コラムなどで、サイト上に表示される情報量が多くなりやすいという特徴があります。そのため、サイト全体を派手な色彩にしてしまうと「視覚的にうるさい」という印象を与えてしまいかねません。

サイト全体の色見を決める際、白に限定する必要はありませんが、できる限り落ち着いたカラーリングを採用することをおすすめします。もちろん、サイト全体を煩雑化させないために、過度に多くのコンテンツを掲載しない配慮も必要です。他のサイトを参考にすると、キャンプ場の関連情報に関しては、予約サイト上ではなく別メディアに掲載するのも良い方法です。

キャンプ場-日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】

また、キャンプ場の予約サイトはファーストビュー(サイト訪問時に最初に表示される範囲)に「キャンプ場の検索フォーム」を配置しているケースが多いという特徴があります。これはサイトに訪れるユーザーの多くが、キャンプ場を探すのを目的とすることに対する配慮です。ユーザーが求めるコンテンツをファーストビューに設置するのは、「使いやすいサイト」を設計するうえで憶えておきたい方法です。画面をスクロールすることなく目当てのコンテンツにたどり着ければ、ユーザーが受けるストレスを大きく減らすことにも繋がります。

ちなみに、検索結果として表示される「キャンプ場の紹介ページ」は、施設の写真から利用料金、具体的な地図からユーザーの口コミに至るまで幅広い情報が掲載されています。サイトの利用者は、キャンプ場の情報を見たうえで足を運ぶか否かを決めるため、できる限り詳細な情報を網羅するように掲載すると良いでしょう。

以上を考慮すれば、キャンプ場の予約サイトは
「シンプルな色を基調とする」
「ファーストビューに検索フォームを配置する」
「関連情報を別メディアに掲載する(可能であれば)」
「検索結果にはキャンプ場の詳細な情報を掲載する」の4点が重要となります。実際にサイトを作るうえでも、これらのポイントを取り入れてみてはいかがでしょうか。

コンテンツのまとめ

今回は、キャンプ場の予約サイトに掲載されているコンテンツの紹介と解説をしました。

国内の「安全で楽しいキャンプの普及」を目的に活動する「一般社団法人日本オートキャンプ協会」の調査によると、2019年におけるオートキャンプ参加人口は860万人に上ると記録されています。2010年度に行った同調査の720万人から年々増加傾向にある点を考慮すると、「日本のキャンプ人気は高まり続けている」と言えるでしょう。このキャンプ人気に呼応するように、キャンプ場の予約サイトも数多くリリースされているというわけです。

これらのサイトに負けないサイトを作るためには「サイトの強みを何にするか」、「どのようなサイト構造にするか」を細かく設定して、ターゲットを明確に定めておく必要があるでしょう。ちなみにキャンプ場の予約サイトは、検索フォームや予約フォームがある分、旅行サイトや宿泊施設の予約サイトと類似している部分が多くなっています。もちろん、サイトを利用するユーザーの目的はそれぞれで大きく異なりますが、サイト構造やコンテンツ制作の参考にするのも良い方法です。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ