トップページへ戻る

ブランド買取のサイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

ブランド買取のサイトのコンテンツとデザインを解説!

書籍や家電製品、アクセサリーに至るまで、中古品の買取業者は「品物に応じて専門店」があると言っても過言ではありません。メルカリやヤフオクなど、現代では「個人で中古品や不要品の売買ができるサービス」も流行をしていますが、品物の正しい価値を査定するためには専門家の眼が不可欠です。

実際、骨董品やブランド品の真贋や正しい価値を判断するためには、目利きではない素人にとっては難しいことでしょう。インターネットが普及した現代では、ブランド品の時計の買取を担う店舗がWebサイトを開設するケースも多く、ネットを通じてブランド品の売買か可能となっています。

さて、当コンテンツをご覧になっている人の中には「サイトを開設して集客に繋げたい」、「ネットを通じて顧客と取引を行いたい」と考える、ブランド時計の買取店を担当者の方もいるのではないでしょうか。今回は、そんなブランド品買取ショップのサイトを開設したい方に向けて、実際のサイトを参考に「ブランド品買取のサイトのコンテンツやデザイン」について解説します。サイトを通じて広域に取引を行えるようになれば、利益や業績を向上させることも夢ではありません。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

ブランド時計買取のサイトコンテンツを学ぼう



まずは、サイトを作る際に「コンテンツとして何を掲載すべきか」を学ぶべく、ブランド時計買取のサイトにどんなコンテンツが掲載されているかを紹介しましょう。以下の項では、実際に時計買取を担う専門店のサイトをもとに、掲載コンテンツの解説をします。

買取可能なブランド

ブランド時計買取のサイトにおけるメインコンテンツとも言えるのが、「買取可能なブランド」です。ブランドごとにコンテンツを分類して、具体的な買い取り実績や買値などを紹介しています。腕時計はロレックスやオメガ、カルティエなど世界的に知られる有名ブランドが数多く存在しますが、ユーザーに対して「どのブランドが買取可能か」を分かりやすく提示しているのです。サイトによっては、ブランドの下層ページに「買取可能なモデル」を掲載して、ユーザーが所有する時計をさらに探しやすくしています。

またブランド時計買取のサイトでは、TOPページに「買取強化中のブランド」を掲載するケースが多く、特定のブランドの時計買取を検討するユーザーに対して訴求を行っています。中古品買取は需要と供給によって価値が変動することもしばしばですが、ブランド時計は買取金額が高額になりやすい分、「変動する金額も大きくなりやすい」という特徴があります。そのため、ブランド時計買取のサイトは「出来るだけ高い金額で買い取ってもらいたい」というユーザーの思いを反映して、売り時のブランドをサイト内でアピールをしているのです。

買取の流れ

実際に時計の買取を依頼したいユーザーのために、ブランド時計買取のサイトでは「買取を依頼する方法」を必ず掲載しているのも特徴です。具体的な申込みから時計の査定、買取代金の入金までを順序立てて説明をしています。サイトごとに「宅配買取」や「出張買取」、「店頭買取」など買取の方法は様々ですが、対応可能な買取方法ごとに具体的な手順をサイト内で紹介しています。先に挙げた、ユーザーの「時計を高く売りたい」という思いとは別に、こちらは「時計を早く売りたい」と考えるユーザーへ向けたコンテンツと言えるでしょう。

このほか、査定額の見積もりを出したいユーザーに向けて「写真送付のフォーム」を設けるサイトも少なくありません。これは買取を希望する時計の写真をユーザーに送付してもらい、査定額の目安を算出するためのフォームです。「いくらで売れるのか」をすぐ知りたいユーザーにとっては重宝するコンテンツと言えるでしょう。

高額買取が可能な理由

時計買取のサイトでは、ほぼすべてのサイトで「高額買取」が強調されています。そのため「なぜ高い値段で買い取ってくれるんだろう?」と訝しむユーザーの疑問を解消すべく、サイト内で「高額買取が可能な理由」を紹介しています。「豊富なルートから売却先を選定しているため」、「運営コストの削減に努めているため」など、時計買取のサイトごとに理由は様々です。

どのような買取業者においても、ユーザーが最も重視するのは「買取金額」であることに変わりありません。ですが、ユーザーが疑問を抱えたままでは契約が成立しにくくなるので、サイト内でユーザーが納得できる理由を提示しているのです。

店舗案内

ブランド時計買取のサイトは、実店舗を運営しているケースが多いため、サイト内で店舗案内を掲載しています。店舗の地図や営業時間、お店の内装などサイトごとに掲載内容は異なりますが、実店舗のPRに繋げると供に「直接査定をしてもらいたい」というユーザーに向けたコンテンツとなっています。インターネット社会において、お店に品物を直接持っていく店頭買取はアナログな方法かもしれません。ですが。宅配買取は「商品を発送する必要がある」、出張買取は「所定の時間に自宅に居る必要がある」という欠点があるため「どっちも面倒くさい」と考えるユーザーも珍しくないのです。

大手のブランド時計買取のサイトともなると、全国に支店を持つことも多いため、店舗案内のボリュームが膨大なものになりがちです。そのためサイトの煩雑化を防ぐべく、サイトのフッターやサイドバーにまとめて店舗情報を掲載するケースが散見されます。

ブランド時計以外の買取

ブランド時計買取のサイトを運営する企業では、「ブランド時計のみ」を買取対象とするケースは稀で、宝石や骨董品などの買取を取扱っていることが大半です。ブランド時計買取サイトを運営しつつ、同一ドメイン内で別のサイトを運営しているサイトが多くなっています。そのためブランド時計買取のサイトでは、ユーザーに対して幅広い買取に対応していることをPRしているのです。「時計以外にも売りたいものがある」というユーザーを、上手に囲い込むための方法と言えるでしょう。

このほかにも、実際に買取を行ったユーザーの声をコンテンツとして掲載し、店舗の信頼性の向上に努めるサイトなども存在します。ブランド時計買取のお店は「時計の買取」という事業内容こそ明確ですが、サイトを通じて「ほかのお店よりも高額で売れる」、「様々な売り方が選べる」、「売却に手間がかからない」というポイントを重点的にアピールしているのです。

もっと正確な傾向値を知りたい場合には、数十サイトは調査し確認するようにしてください。

今回は、あくまでも5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、宿泊業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとブランド買取サイトの傾向を知ろう!

ブランド時計買取のサイトはどんなデザインで設計されている?

ブランド時計買取のサイトで使用されるコンテンツを把握できたところで、サイトデザインの解説に移行しましょう。ブランド時計買取のサイトでは、レイアウトやファーストビューをどのように設計しているのでしょうか。

ブランド時計買取のサイトのレイアウト

ブランド時計買取のサイトは、サイドバーを用いた「2カラム」のレイアウトを採用しているサイトが目立ちます。2カラムは「サイト内の情報を整理しやすい」というメリットがあるため、コンテンツ量の多いサイトやブログなどにしばしば用いられるレイアウトです。とりわけブランド時計買取のサイトは、「時計のブランドやモデル」を掲載するために、サイドバーを利用するケースが散見されます。ちなみにサイトのレイアウトには左右にメニューバーを配置した「3カラム」も存在しますが、こちらは画面が小さいと「コンテンツが読みにくくなる」という欠点が大きく、スマホのようなモバイル機器が普及した現代ではあまり使われないレイアウトです。

ブランド時計買取のサイトのファーストビュー

ブランド時計買取のサイトでは、ファーストビューで「高価買取」または「買取強化中のブランド」をアピールするケースが多くなっています。繰り返しになりますが、ブランド時計の売却を検討するユーザーは買取金額を重視しているため、サイトのファーストビューで「ほかのお店よりも高価買取」という点を強調しているのです。中には「査定の手軽さ」や「顧客満足度」などをファーストビューに掲載することで、「安心して依頼できる」という点を強調するサイトも散見されます。

ブランド時計買取のサイトのカラーリング

ブランド時計買取のサイトは、サイト内にあまり余白を設けず、コンテンツやバナー、時計の画像などが所狭しと掲載される傾向があります。サイト内のごちゃごちゃした印象を助長しないため、背景色に「白」や「グレー」のような目立たない色が好んで使われます。とりわけ、サイトのバナーや見出しの色に関しては統一感はなく、企業イメージやロゴの色などに合わせる形で採用されています。

ちなみに、数多くの画像やバナーによってハデな印象を抱きやすいブランド時計買取のサイトですが、これは「実店舗」も同様です。ブランド時計買取の店舗は、看板や外壁などブランド品や貴金属の画像が使用されることが多く、遠くからでも目立つデザインが好まれます。

ブランド時計買取のサイトはSNSを運用してる?

結論から言えば、ブランド時計買取のサイトはそこまで積極的にSNSを利用していません。Twitterやインスタグラムなどのアカウントを所有し、買取強化ブランドの紹介やキャンペーンの告知といった情報提供を行うだけのサイトがほとんどです。実際「ブランド時計の買取」という業態は、SNS向けのユーザーに拡散されるような写真やコンテンツを出稿しづらく、集客やプロモーションに不向きということが分かります。

なお、ブランド時計買取のサイトの中には、テレビCMを出稿して集客を行っている企業も珍しくありませんが、YouTubeやFacebookにアカウントを設けて「CM動画を掲載する」サイトも散見されます。とはいえ、こちらも同様に積極的な投稿をされていることは少なく、「とりあえず投稿をしてみた」という程度の扱われ方をしているのがほとんどです。

ただし、SNSの中でも「LINE」に関しては、集客やプロモーションではなく「査定サービス」として使用されるケースが少なくありません。時計の買取を希望するユーザーが、LINEを通じて時計の写真を投稿し、店舗のスタッフが査定額の目安を返信するという仕組みです。手軽な形で見積もり依頼を行えるサービスとして、サイト内に掲載をする買取サイトが数多く存在します。

ブランド時計買取のサイトはどうやって集客すべき?

事業内容が明確な分、ブランド時計買取サイトに訪れるユーザーは、十中八九「不要になったブランド時計を売却したい」という見込み客です。冒頭で紹介したサイトを参考にすれば、サイトを通じて「他所よりも手軽に高く売れる」ということをユーザーに伝えられなければ、集客に繋げることは難しいでしょう。もちろん、他所よりも優位性を示すために買値を無尽蔵にアップさせることは困難ですが、サイトを開設する際は「ほかのサイトはどのくらいの買値を提示しているのか」を把握しておくほうが賢明です。

また、ブランド時計は高品質のものが多いものの、ユーザーによっては「まったく動いていない」、「サビや変色が目立つ」というケースもしばしばです。したがって、サイト内では買取できる状態についても言及しておくことをおすすめします。「状態に関わらず買い取れる」というサイトであれば、買値で優位性を保てなくても、ユーザーに対して強みをアピールすることができます。

ちなみに、SNS上で発信できるコンテンツがある場合は、TwitterやFacebookなどのアカウントをサイトで所有しても良いでしょう。ほかのサイトが上手く扱えていないケースが多い分、他所と競争をせずに集客やプロモーションが行える土壌が整っています。このほか、「ブランド時計買取の実店舗を運営している」というケースにおいては、サイト内でお店の紹介を行いましょう。時計の店頭買取希望のユーザーに対するプロモーションに繋げることができます。

コンテンツのまとめ

今回は、ブランド時計買取のサイトコンテンツやデザインについて解説をしました。

テレビCMやリスティング広告などに湯水の如く資金を投入できるなら話は別ですが、サイトを作る際は必ず「優位性」を示すようにしましょう。例えば、ロレックスやオメガのように「特定のブランドの買取」を強みとしているのであれば、ファーストビューやメインコンテンツに扱うのも良いでしょう。また、実店舗の周囲に住まうユーザーをターゲットとするのも賢い方法です。地方に店舗を構えるブランド時計買取のサイトの場合は、〇〇県や〇〇市のように「特定のエリア」のユーザーにターゲットを絞ることも少なくありません。

中古品の買取業者の中でも、時計を初めとした「ブランド品」の買取を担う店舗は数が多く、半ば「レッドオーシャン」にも近い状態です。こういった状況下では、「ただサイトを作っただけ」では集客やプロモーションの効果は薄いと言わざるを得ません。新聞広告やDM、メールマガジンなど販促方法は無数に存在しますが、サイトだけに拘らず多角的なプロモーションに注力することを推奨します。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ