トップページへ戻る

寝具通販サイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

寝具通販サイトのデザイン・コンテンツを解説!

「取り扱う商品の魅力が伝わるホームページを作りたい」
「ユーザーが使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」 
「古いデザインから最新の優れたサイトに改善したい」

サイトがあるものの、なかなか集客や売上に貢献できずに、上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、寝具通販のサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
寝具のオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「商品が欲しい!今すぐ買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

寝具通販のサイトデザイン

メインビジュアル

検索上位に表示している寝具通販サイト(5サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、スライダーが使われていました。

●メインビジュアル例

メインビジュアルの内容としては「期間限定のキャンペーン」「おすすめ商品」などの案内が3~5枚分設定されているのを確認しています。シーズン別に必要になるアイテムが上記のように表示されていると、気になってクリックしたくなりますよね。

具体的な例として「西川」であれば、訪れたユーザーに「おすすめの商品」を大きく見せて、目を引くメインビジュアルに設定しています。「ネルコ」では、「ベッド」の商品画像を複数メインビジュアルとして用意しており、一覧で見れるようになっていたり、次々に魅力的な商品をスライドショー形式で見せる形をとっています。

サイトカラー

今回調べた寝具通販のサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

5サイトのサイトカラー一覧

サイト ベース メインカラー アクセントカラー
A ホワイト ベージュ ブラック
B ホワイト グレー レッド
C ホワイト グレー ブラック
D ホワイト ブルー レッド
E ホワイト グレー ブラック

ベースカラーは、どのサイトも「ホワイト」が設定されています。ロゴやメインカラーは「グレー」が多く、次いで「ベージュ」や「ブルー」などの全体的に落ち着いたカラーが設定されています。なぜ、落ち着いたメインカラーが多いのかというと、サイト内(特にTOPページ)は、カラフルな「家具の写真」や「キャンペーンのバナー」などが多く掲載されています。そのため、ロゴやメインカラーまで派手な色味にしてしまうと、サイト全体がうるさい印象になってしまうのです。
色味の引き算をすることで、ユーザーに本来見てほしい部分に自然にフォーカスするようにしていると考えられます。また、アクセントカラーは、ロゴやメインカラーの控えめな色味と同じような「グレー」や彩度を落とした「モノトーン」が多いです。

色味が与える印象は意外と軽視できません。
今回調査したサイトの傾向をみて揃えるのもひとつの方法ですが、取り扱う家具の種類や見せ方、サイト全体のコンセプトなどによって、ユーザーに「どう見せたいか」を考えた上で、あなたのサイトに合うカラーを選ぶようにしてくださいね。

フォントサイズ・フォントファミリー

寝具通販のフォントファミリーを調べてみたところ、以下のような結果になりました。

5サイトのフォントサイズ・フォントファミリー

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 12px メイリオ Lucida Grande Verdana
B 14px Hiragino Sans sans-serif
C 12px ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ MS Pゴシック
D 14px Helvetica Neue Hiragino Sans ヒラギノ角ゴ ProN
E 16px Roboto 游ゴシック ヒラギノ角ゴ Pro W3

寝具通販(5サイトの中)で特に多かったのが、「メイリオ」シリーズです。
それ以外では「ヒラギノ角ゴ」や「sans-serif」が採用されているのが確認できます。家具系のサイトであれば、サイトのコンセプトに合わせたフォントファミリーを選ぶことで、全体の空気感をまとめるのにも役立ちますよ。

もし設定するフォントファミリーに迷ったら定番の「ヒラギノ角ゴシリーズ」や「メイリオ」にするのがおすすめです。
多くのサイトで使用され、ユーザーも見慣れているこのフォントファミリーを設定しておけば、間違いないと言えるでしょう。

ちなみに、フォントサイズも調べたのですが、本文フォントサイズの平均は、14pxでした。最小サイズが12px、最大サイズが16pxで、10サイトの中で、大幅な違いはありません。家具全体的にスタイリッシュな印象を与える小さめフォントサイズが主流となっています。

使いやすい・わかりやすいサイトUI

商品のカテゴリ

上位表示されている寝具通販のサイトには、メインビジュアルのすぐ下の位置に、家具やインテリアの種類から探せるように「カテゴリ」を設置しているサイトが多くあります。

家具と一口に言っても、その種類は様々ですよね。数百・数千ある種類の中から、すぐに目当ての商品を探せるように「カテゴリ」が別れているのです。写真やイラストを使ったアイコンを設置すると、さらにユーザーにもわかりやすくなりますね。すぐに商品について探せるように「カテゴリ」を提示してくれる機能は、ユーザーからすると便利な機能となっています。

また、家具を購入してから、どれくらいで届くのか気になるユーザーもいます。TOPページ内のメインビジュアル上下の位置に、「最短のお届け予定日」があると、サイトに訪れてすぐに「欲しい日に間に合うか」「間に合わないか」の判断ができますよね。早めに家具を揃えたいという人には「カテゴリ」と一緒に「最短のお届け予定日」があると親切ですね。

今回は、あくまでもたった5サイトをまとめた調査の傾向値でしかありません。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、家具業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
気になる業界プランを選ぶ!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

家具の詳細ページのコンテンツ

寝具通販のサイトに欠かせないものと言えば「家具の詳細ページ(商品ページ)」ですよね。
ユーザーにとって家具に関する情報は、別の商品と比較検討する際に必ず参考にする項目です。
「どんなデザインなのか、色なのか、サイズなのか、金額なのか…」など、大型家具になればなるほど、詳しく知りたいものです。

各商品ページには、ユーザーの判断材料になるように、なるべく多くの写真を載せてあげましょう。色々な角度から撮影することで、よりユーザーの参考になります。また、写真だけでは伝わりにくいこともあり、もし注意点がある場合にはテキストで補ってあげたりすると、より親切です。

家具の中でも大型家具(ソファ、ベッド、収納棚など)は、設置する部屋のサイズ感に合わなければ、不格好になってしまいます。場合によっては、せっかく買ったのにも関わらず、買い替えを検討したり、リメイクしたりするものになってしまう可能性もあります。
大型家具をインターネットで販売する場合、商品写真がいくらあっても具体的な「サイズ」もなければ、ユーザーも不安で購入検討がしにくいものです。そのため、組み立てた場合の実際のサイズも必ず一緒に提示してあげましょう。
この他にも、色違いがあれば他の色もあること、家までの送料なども明記すると丁寧です。

初めての方へ・ご利用ガイド

寝具通販を利用するユーザーに向けて、「初めての方へ」や「ご利用ガイド」を用意しているサイトが多くあります。

初めて利用するユーザーの中には「ここで注文して大丈夫?」と思っている人も少なくありません。そうした不安を払拭して、注文をしてもらうためにも「利用方法」や「基本的な流れ」を提示して安心してもらうことが大切です。

上記の例では、「はじめての方へ」のページを設けて「ショップのコンセプト」や「販売実績・会員数」などを紹介しています。このようなページを設けることで、ショップのテーマや安全性をしっかり伝えてユーザーにアピールできるのでオススメです。
これ以外にも、アイコンを使って紹介するパターンもありますし、より詳細に伝えたい場合は、より多くのイラストや写真、テキストを交えながらステップごとに分けて流れを紹介してあげましょう。

家具に関するコラムのコンテンツ

寝具通販のサイトの中には、コンテンツとして「家具に関する豆知識」のコンテンツを定期的に発信しているところもあります。

サイトに訪れたユーザーに対して、商品購入に直接的に影響するものではありませんが、家具やインテリアのコラムをサイト内で記載することで、ショップ側には多くのメリットがあるのです。そのメリットと言うのが「サイトへのアクセス数を増やす」こと、「サイトを使う頻度を上げファンを増やすこと」などが挙げられます。寝具通販のサイトで購入する人の目的は様々ですが、初めての家具(特に大型家具)を購入しようとするユーザーの多くは「失敗したくない」考え商品の比較検討をしたり、情報収集をしたりします。その、情報収集の際に、ユーザーの受け皿となれるのが、「家具に関するコラム」なのです。

具体的な内容としては、上記の例にあるような「ソファの選び方」や「ベッドに関する知識」などです。
ユーザーが欲している家具を購入する際に役立つ内容の情報が発信され、上位表示されていれば、サイトに訪れる人も自ずと増えます。また、家具の選び方について困っている、悩んでいる人たちを助けるコンテンツ(コラムに限らず、動画、専門雑誌など)は人気です。自分たちの紹介したい商品情報も交えながら発信できるコラムを上手く活用することで、アクセス数だけではなく商品購入者を増やせる足掛かりになるのではないでしょうか。

寝具サイトの集客やプロモーション方法

家具の通販ショップをプロモーションする方法として、マスメディアを利用したプロモーション方法があり、テレビCM、雑誌、駅や電車の看板などで度々見ることもありますよね。部屋のコーディネートを紹介する番組などもありますので、そうしたメディアで取り上げられることも集客のひとつとなります。また、各ブランドの「家具」をメディアに提供して、ドラマや映画などで使用してもらい、実績として紹介するのもひとつの手です。

SNSを使ったプロモーション方法

近年、InstagramやTwitter、YouTubeなどのソーシャルメディアも人気です。
寝具通販サイトでは、上記のようなソーシャルメディア(インターネット)を使ったプロモーションで集客を増やしているところもあります。

5サイトの運用SNS状況

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE YouTube
A
B
C
D
E

今回調べたサイトでは、Facebook、Twitter、Instagramを運用しているサイトが多く、次いでLINEとなっています。
この中でも、家具はInstagramとの相性が良いジャンルです。様々な商品を最適なシーンに合わせて投稿できます。特にイベントシーズンや衣替えシーズンなどになると、家具の映える写真を使ってプロモーションしていることが多いです。

家具業界の現状と今後について

家具業界は不動産業界、結婚業界の動向に影響を受けやすい業界です。それもそのはず、引っ越しや住宅のリフォーム、結婚や家族が増えたことを機械に、家具の買い替え需要が伸びる傾向にあります。近年では、新築住宅・マンションが確実に伸びているため、堅調な推移を見せており、インテリア業界もやや好調な推移を見せていました。

しかし2020年の新型コロナウイルス感染症の拡大によって、大口の需要が減退しました。大口の需要とは、住宅やマンションではなく、「ホテル」や「オフィス」などです。しかも、地域によっては店舗の臨時休業や時短営業を余儀なくされ来客数も減少する事態になるなど、マイナス状況となっています。その一方で、在宅ワークの普及によって、自宅の机や椅子など需要が高まっている傾向にあります。

しかし、インテリア業界は大型家具需要が頭打ちの状態です。そのため近年では、生活雑貨を充実させて来店を促すビジネス展開が増えています。生活雑貨の需要は広いので、消耗品であるタオルやキッチン用品、雑貨小物の販売が好調です。
大型家具を揃えつつも、需要があり続ける「雑貨」の取り扱いを増やして、集客につなげています。

大型家具の場合、通販ショップで購入するのに抵抗があるユーザーも少なくありません。しかし、取り扱いが比較的簡単な生活雑貨を揃えておけば、新たな顧客を得られるかもしれません。そうしたことから、今のうちにユーザーがいつでも使いやすく、探しやすい寝具通販のサイトにリニューアルしたり、新規オープンをさせたりして準備をしておきましょう。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々200円(税別)

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

\ さぁ、今すぐ業界データを購入しよう! /

気になる業界プランを選ぶ!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ