トップページへ戻る

エステ業界のWebデザイン・コンテンツ

この記事を書いた人 :

エステ業界のWebデザイン・コンテンツ

「エステ事業を始めるにあたってサイトを作りたいけれど、何から手を付けたら良い?」
「今のサイトをもっと使いやすく、わかりやすいホームページに変えたい」
「売上が伸びるような通販サイトに改善したい」

この記事では、エステサロンのサイトを調査し、そのデータを基にデザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
エステ事業を手掛けるオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「今すぐ買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作っていきましょう。
※今回は「エステサロン」で検索をして上位に表示された6サイトを確認しています。

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

エステサロンのサイトのデザイン・UI

メインビジュアル

今回調査したエステサロンのサイト(6サイト)を確認したところ、ファーストビュー(スクロールせずに画面に表示される部分)には、以下のようなメインビジュアが設定されていました。(2020年12月時点)

● メインビジュアル例

エステサロンのメインビジュアルは、イメージキャラクターでもある芸能人やタレントが大きく掲載されるタイプと、キャンペーン案内などの画像が4~5枚程用意されスライダー形式で表示するタイプが多いです。

上記に例として出している業界大手の「エステティックTBC」の場合、CMや看板などでもお馴染みの芸能人を起用した印象的な写真とキャッチコピーがあります。美しくなりたいと思ってエステサロンのサイトに訪れているユーザーが多いので、理想的なプロポーションの芸能人の写真が目に入ることで「私も同じようになりたい!」と思わせるようなメインビジュアルとなっているのです。

一方で「MISS PARIS」は、キャンペーン案内、限定企画、おすすめコースなどの案内画像がスライドショー形式で流れるメインビジュアルが採用されています。お得なキャンペーンを最初に紹介することでユーザーの興味をひいて、次の行動にいってもらいやすくしているのです。実際に、サイトに訪れているユーザーの多くが「美しくなりたい」と思って訪れているので「ダイエットチャレンジャー大募集」や「お得なキャンペーン案内」が書かれていると「やってみたい!」と興味を持って、とりあえずクリックしてみる人もいるのではないでしょうか。

同じエステサロンのサイトでも、ユーザーに与えたい印象、見せたいサービスなどによって設定するメインビジュアルも異なるものです。
あなたのサイトは、どんなイメージをユーザーに与えたいと考えているのでしょうか?
その方向性によって、用意するべきメインビジュアルも変わってくるので、しっかりテーマを固めた上で進めましょう。

サイトカラー

エステサロンのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

6サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A ホワイト ネイビー ネイビー、ブルー
B ベージュ ネイビー、ブラック ゴールド
C グレー ブラック ブラック
D ブルー ホワイト ブルー、ネイビー
E 大理石柄 ゴールド、グリーン ゴールド
F ホワイト グレー、ピンク ゴールド、ピンク

今回調査したエステサロンのベースカラーは「ホワイト」だけではなく、様々なカラーが設定されていました。特徴的なのは、大理石柄をベースとして採用しているサイトです。大理石というと高級なお店や家にあるイメージがありますよね?そんな大理石柄をベースカラーに使用することでサイト全体も高級感のあるイメージを持たせるような演出ができます。こ単純な色の設定だけではなく、上手く「柄のあるベース」を活用して、ユーザーに与える印象をコントロールしましょう。

また、ロゴ・メインカラーには「ネイビー」や「ブラック」など、シックで上品な印象があるカラーが多い傾向にあります。ネイビーは、どんな色にでも合わせやすい万能な色と言われていますが、それだけではなく「色褪せず、流行にも流されず、常に中心にある色」なのです。ブルー系の色には「信頼」「安心」なども感じるので、企業ロゴやメインカラーに設定しているサイトも多いと考えられます。

アクセントカラーに設定されている色として「ゴールド」が多い傾向にあります。全面的にゴールドを使うと安っぽくなってしまいますが、ポイントを絞って使えば、格調が高い・ゴージャスなイメージを与えることができるので、エステサロンでも良く使われているのです。
メインビジュアルと同様に、サイト全体の雰囲気・イメージを決めるのが「サイトカラー」です。ユーザーに伝えたいサイトのコンセプト、サービスのイメージに合わせた自分たちらしい配色などを選びましょう。

フォントサイズ・フォントファミリー

エステサロンのフォントサイズ・フォントファミリーを調べてみたところ、以下のような結果になりました。

6サイトのフォントサイズ・フォントファミリー

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 14px 游明朝 ヒラギノ明朝 ProN W3 HG明朝E
B 13px YakuHanJP ヒラギノ角ゴ ProN ヒラギノ角ゴ ProN W3
C 16px UD黎ミン Libre Baskerville 游明朝
D 14px メイリオ ヒラギノ角ゴ ProN W3 Osaka
E 16px ヒラギノ角ゴ ProN W3 メイリオ MS Pゴシック
F 14px メイリオ ヒラギノ角ゴ ProN W3 Arial

6サイトのフォントサイズを調べたところ、平均フォントサイズは、14.5pxでした。調査した中で最小サイズは13px、最大サイズが16pxと標準的なフォントサイズです。見出しのサイズについても調べてみたところ、平均30pxで、最大サイズでは40pxのところもありました。かなり大きい印象ですが、余白やフォントファミリーのおかげでメリハリがあるわかりやすいものとなっています。

またフォントフォミリーについても調べたところ、全体的に「明朝体」が多く採用されていました。
6サイトの中で多く共通するフォントファミリーは「メイリオ」や「ヒラギノ角ゴシリーズ」ですが、全体的にバラバラな印象です。調査したサイト中で他業界ではあまり見ることのなかった「游明朝」や「UD黎ミン」「HG明朝E」などのフォントも設定されており興味深い限りです。

ちなみに「游明朝」は、字游攻防のオリジナル書体です。鈴木勉氏によるデザインで「時代小説が組めるような明朝体」をテーマに開発されたフォントとなります。伝統的な部分を活かしつつも現代的な洗練されたフォントデザインになっているので、テキストを読ませたい、印象的なフォントを使いたいというデザイナーの方におすすめです。

今回のデータは、6サイトをまとめた傾向値でしかありません。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、エステサロン業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっとエステサロンのサイト傾向を知りたい!

絶対に欠かせないサイトコンテンツ

「各コース・プラン紹介」に関わるコンテンツ

エステサロンのサイトに欠かせないコンテンツと言えば「各コース・プラン紹介」に関わることですよね。エステと一口に言っても、「ボディエステ」「フェイシャルエステ」「脱毛」「ブライダルエステ」など多種多様です。それらの中で、自分に合ったサービスやプランがないか探しているユーザーにとって「各コース・プラン紹介」は欠かせないコンテンツと言えます。

例えば「このエステサロンではどんなコースがあるのか?」「コース内容はなんなのか?」「金額はいくらなのか?」などは最低限記載するべき内容です。当たり前のことですが、基本的なことこそがユーザーが知りたい情報となるため、しっかり明記することが大切です。

また、エステはテキストでメニューが書いてあるだけでは、理解しにくいものもあります。どんな内容なのかをテキストで説明してあげることはもちろん、写真やイラストなどを用いるとわかりやすくなります。また、このコースを受けることで、どんな効果が期待できるのかという点も添えてあげると、ユーザーの判断材料になり親切です。(この時、過大広告にならないよう注意してください)

「初めての方へ・ご利用ガイドページ」のコンテンツ

エステサロンを訪れるユーザーの中には、はじめて利用しようと考えている人向けに「エステサロンの特徴」や「施術の流れ」などを紹介するコンテンツが掲載されています。

エステサロンを利用しようと考えている人の中には、「何から手をつけたら良いのかわからない…」「このエステサロンで大丈夫?」など、疑問や不安を抱えていることが多いです。そうした場合、興味はあるものの疑問や不安が頭をよぎり、決心がつかずに「やっぱり辞めよう」と思ってしまうユーザーも少なくありません。ユーザーの疑問や不安を解決できるような「ご利用ガイド」のコンテンツが必要となるのです。

店舗情報・アクセス情報に関するコンテンツ

エステサロンのサイトを行う目的として、店舗への集客が挙げられます。
いくらサイトに集客ができても、実際に施術を行うエステサロンにユーザーが足を運ばなければ意味がありません。そのため、エステサロンのサイトにとって、実店舗への案内は欠かせないコンテンツとなっています。

店舗情報としては、全国にどれだけあるのかわかりやすく都道府県別で紹介したり、最寄り駅から検索できたりするシステムを使って紹介するなど、方法はエステサロンによって様々です。ユーザーが店舗を探せるようにした後は、各店舗ページを作成し基本情報を掲載しましょう。
店舗情報として載せるべき内容は「店舗名」「住所」「電話番号」「営業時間」「最寄り駅からのルート案内」などです。最寄り駅からのルート案内をする場合には、見た目でもわかりやすいようにGoogleマップなどを用いて場所を見せてあげると親切と言えます。

よくある質問ページのコンテンツ

疑問や質問を抱えるユーザーは多いです。例えば、「料金体系はどうなのか?」「キャンセルはできるのか?」「延長料金はかかるのか?」「予約はどうしたら良いのか?」など、挙げればキリがありません。

ご利用方法や料金プランなどで紹介をしていても、情報をくまなく見ている人ばかりではないため、知りたいことを的確に素早く解決するためにも、よくある質問ページを作り、そこを読めば解決できる状態にしておきましょう。そうすれば、ユーザーの疑問が解決されるのはもちろん、ショップ側の問い合わせ対応も減ることになり、お互いに良好な関係となり得ます。

エステサロンの集客やプロモーション方法

エステサロンをプロモーションする方法として、マスメディアを利用した方法があります。特に全国展開しているようなエステサロンでは、テレビCM、電車の中刷り広告、折込チラシなどで目にすることも多いでしょう。また、美容・ファッション系の雑誌などでも、広告を出していることも多いです。エステサロンの規模によって、集客方法は若干変わり、中小規模、個人などであればマスメディアを使った大々的な集客は行わず、インターネットを活用していることもあります。

インターネットを使った集客方法として代表的なものは「リスティング広告」「ソーシャルメディア広告(SNS広告)」などです。
これらの中で、定番のプロモーション方法として活用され始めているのが、ソーシャルメディア広告となっています。少し前まではダイレクトメールも主流でした。

ソーシャルメディア広告の強みは、届けたいユーザーに詳細にターゲティングして広告を見せられる点です。
年齢、性別などはもちろん、様々なデータを元にターゲティングできるようになっているので、活用しているサイトも多くなっています。

ソーシャルメディア広告を出稿するにはアカウントが必要となるため、エステサロンの運用SNS状況も確認しました。

エステサロンのSNS運用状況

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE YouTube
A
B
C
D
E
F

今回調査した6サイトの運用SNS状況を確認したところ、「Instagram」と「Facebook」が多く運用がされていました。
ついで「LINE」や「YouTube」で、意外に「Twitter」を運用しているサロンは少なかったです。今回調べたエステサロンの場合、Twitterのアカウント自体はあるものの、プロモーション用でしかなく普段の投稿はほぼされていませんでした。

日常的に使われているSNSアカウントとしてはInstagramが多いです。特に、有名人を起用した画像を多く使って目を引くような投稿をしているエステサロンは少なくありません。
また、LINEに関しては、エステサロンと友達申請をすることで「クーポン」がもらえる特典などを用意しているサロンもあり、活用方法は様々です。SNSを活用することは、今では当たり前の集客方法のひとつとなっていますので活用していきましょう。

エステ業界の現状と今後について

エステサロンは新規参入がしやすい業界です。そのため競合となる店舗も多く、飽和状態を保っています。毎年多くのエステサロンが生まれているのですが、実はその数と同じだけ倒産も出ていると言われる業界なのです。

エステ業界の競争は激しく、企業の60%は1年以内で倒産。そして、その後生存するサロンはたった10%と言われており、参入はしやすいものの継続して運営をしていくのがとても難しいのです。最近は、大手のエステサロンも生き残りをかけて、店舗自体の見直し、プランの見直しなどが進んでいます。特に、新型コロナウイルスによって、店舗営業ができない期間もあったとから地方エリアの店舗は閉店が相次いでいます。

集客方法の中でも紹介した通り、エステと言えばダイレクトメールや、チラシのポスティング、メディアを使った広告掲示といった、お金をかけるプロモーションが主流でしたが、近年はインターネットに移行しています。

そのため、大手エステサロンは、特にWebサイトに力を入れており、今までの顧客データ等を組み合わせながら、新しい戦略を打ち立てているところが多くなっているのです。今後も、よりインターネットを使った集客方法が取り入れられていくと考えられているため、これからエステサロンの開業を行う場合には、Webサイト自体も重要になってくるでしょう。

より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円~※からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々165円~

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。
時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐdata maisonで業界データを購入しよう!
気になる業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ