トップページへ戻る

AGAクリニックサイトのコンテンツとデザインを解説!

この記事を書いた人 :

AGAクリニックサイトのコンテンツとデザインを解説!

日本国内においては薄毛やAGA、またはハゲという言葉に「カッコ悪い」「ダサい」というイメージを持つ方が大半です。実際、ハゲという言葉がしばしばケンカの悪口や蔑称として使われることからもこれは明らかでしょう。男性や女性に関わらず、「加齢や老化によって髪が抜けやすくなる」というのは言うまでもありませんが、この強いマイナスのイメージから「将来は絶対ハゲたくない!」と強く願う方も大勢います。

薄毛やAGAの予防や治療を願う方が多い分、医学的な見地から薄毛やAGAを診療する「ヘアクリニック」は日本国内で数多く開業されています。薄毛の予防や治療は、「海藻をたくさん食べる」といった迷信の類で解決するケースは少ないため、素人の生兵法よりも「専門家に見てもらいたい!」という人が多くなるのも頷ける話でしょう。開業されるヘアクリニックの数に比例して「ヘアクリニックのサイト」も多く、集客やプロモーションのためにサイト運営をしている医療関係者も少なくありません。

さて、当コンテンツを読んでいるであろう、ヘアクリニックの開業医またはスタッフの方の中には、「ヘアクリニックのサイトを作りたい」もしくは「サイトを持っているが集客できていない」という方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなヘアクリニックのサイトを開設またはリニューアルをしたい方に向けて、実際のサイトを参考に「ヘアクリニックのサイトコンテンツやデザイン」について解説します。サイト制作やリニューアルの際には、当ページをご参照くださいませ。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

AGA・ヘアクリニックのサイトのコンテンツを学ぼう

まずは、実際に都内で運営されているヘアクリニックのWebサイトを基に、いずれのクリニックでも掲載されている共通のコンテンツを紹介しましょう。(2020年12月時点)

AGAを解説するコンテンツ

AGA(Androgenetic Alopecia)とは、いわゆる「男性型脱毛症」のことですが、どのクリニックのサイトでも「AGAに対する解説」をコンテンツとして掲載しています。AGAの解説をわざわざサイト上行うのは、「まずは薄毛やハゲの原因を知ってもらおう」というクリニック側の配慮です。AGAが進行するメカニズムを紹介した後に、具体的な治療法を紹介するのは、「スムーズなユーザー導線を意識したサイト設計」と言えるでしょう。

とりわけAGAを解説するコンテンツは、どのサイトにおいても「危機感を持たせるコピー」となっているケースが目立ちます。「AGAは知らぬ間に進行する!」や「早めの治療が肝心!」といったコピーを採用し、今すぐ治療する必要があるという雰囲気をサイト内に生み出しています。俯瞰的に見ると、賛否のある方法かもしれませんが、「ユーザーに危機感を持ってもらう」というのは、速やかに行動や購買に繋げる方法として頻繁に使用されます。たとえば、美容器具や学習教材などの広告でたびたび使われる、「いまやっておかないと将来後悔する」といった文言も、不安や危機感を抱かせる典型的なコピーでしょう。

治療メニュー

クリニックという特性上、薄毛に対して「どんな治療をするのか」を紹介するコンテンツは必ず掲載されています。具体的な治療方法に加えて、クリニックの予約方法や治療の流れ、発生する費用などを併せて記述しているクリニックも少なくありません。このほか、薄毛治療の際に使用する医療機器の紹介や解説などを加えて、治療方法をより詳細に解説しているサイトもあります。

ちなみに、ヘアクリニックや整形外科のように「医療」に関わるサイトは、治療法や施術方法を詳細に説明しようとするほど「専門用語が多くなる」という特徴があります。実際、ヘアクリニックのサイトでは「フィナステリド」や「ジヒドロテストステロン」など、一般の方はまず使わないであろう文言が飛び交っているケースが散見されます。コンテンツの理解が難しくなれば、サイトからユーザーが離脱を引き起こしやすくなるのも道理です。

そのためクリニックのサイトでは、専門用語に図やイラストを用いて視覚的に理解できるようにしたり、細かな注釈をつけたり、「誰でもわかるようにする」という工夫を欠かさず行っています。これは専門家を対象としない一般の方がターゲットのサイトでは広く使われる方法です。

治療事例

「結局薄毛やAGAは治るの?」という疑問を抱えるユーザーのために、クリニックサイトでは治療事例や実績の掲載も行っています。大きな共通点として「写真付き」で事例が掲載されているのが特徴です。治療を受ける前と受けた後を掲載し、「ご覧の通り薄毛は治療可能です」という点をアピールしています。これは、美容整形などのサイトにおいても顕著なコンテンツと言えるでしょう。実際、文字だけで「薄毛は治ります!」「キレイになれます!」と書かれていても、説得力がまるでないことは明白です。

また、サイトによっては治療を受けた患者さんにインタビューを行って、コンテンツとして採用しているクリニックもあります。こういった「実際の体験談」を掲載する方法は、国内の広告媒体においては古典的ですが極めて有効な方法でしょう。とくに日本人は「周りに合わせて行動を決めやすい」特徴があるため、「みんなやっている」という状況においては、つい財布のヒモがゆるんでしまうのです。

スタッフの紹介

病院やクリニックを紹介するサイトにおいては、コンテンツとして「治療にあたるスタッフ」の紹介が必ず掲載されています。実際に病院へ足を運んだ時をイメージして頂くと想像がしやすいのですが、「素性がわからない人」に対して、診療や治療を任せる気にはならないでしょう。そのため、サイトに訪れたユーザーに信頼してもらうという目的のもと、スタッフの写真やプロモーションを掲載しているのです。

また「腕前を信用してもらう」という目的で、スタッフの所属学会や所有する資格、執筆した論文などを事細かに載せているサイトもあります。あまり極端にヨイショをしていると、それはそれでユーザーが疑心暗鬼になる可能性もありますが、「腕のいいお医者さんに診てもらいたい」というのは、病院に訪れるほぼすべての患者さんが抱く感情です。そのため、包み隠さず実績をアピールしたほうが、ヘアクリニックへの信頼感にも繋がりやすいでしょう。

クリニックの特徴

当たり前の話ですが、ヘアクリニックは「薄毛の予防や治療の専門医」です。どこも薄毛の専門医である分、何を基準にクリニックを選べばいいかユーザーが迷ってしまうケースもあります。そのため、ヘアクリニックのサイトでは「クリニックの強み」をコンテンツとしてユーザーに対してアピールしているのです。先に挙げたようなスタッフの実績や治療の料金のリーズナブルさ、アフターフォローの充実度、治療をした患者数の多さ、メディアへの掲載実績など、クリニックによって強みとなる要素は様々です。いずれも、ユーザーに対して「ほかのクリニックではなく当院を選んでほしい」という願いのもと、掲載されているものが大半です。

中には、すでにほかのクリニックで治療してる人に対して、乗り換えを提案するケースもあります。さしずめ、携帯電話やスマートフォンにおける他社からの乗り換えキャンペーンを連想させるコンテンツですが、これは「同業者の間で競争が激化している」ことの現れとも言えるでしょう。

また、規模の大きいヘアクリニックの場合、クリニックチェーンを運営する企業内で技術や商品の研究開発を行っていることも珍しくありません。クリニックで開発したオリジナルの発毛薬や医療機器を「ほかには無い独自の強み」とし、サイトやコンテンツを通じてアピールすることもあります。

AGA・ヘアクリニックのサイトはどんなデザインで設計されている?

コンテンツについて学んだところで、ヘアクリニックのサイトデザインの解説にシフトします。

サイトのイラストやアイコン

ヘアクリニックのサイトは、スタッフや患者さんの写真などを使用することの多い反面、イラストやアイコンなどはサイト内であまり使用されていません。バナーやGナビでピクトグラムのようなアイコンが使われることもありますが、数自体はそこまで多くないと言えます。

サイトのカラーリング

ヘアクリニックは、ほとんどのサイトで「白を基調としている」のが特徴です。色の中でも白は、清潔感や健康を連想させる効果があるため、医療系のサイトに多く使われます。現実の世界でも、医者の服装や病院の内装などは白を基調としているため、「白=医療」というイメージもしやすいでしょう。医療に該当するヘアクリニックのサイトにおいても、白色が多く使われるというわけです。

反面、白色は見る人に対して「殺風景」や「味気ない」というマイナスの印象を与えやすいという特性もあります。そのため、ヘアクリニックのサイト内で使用されるフォントやバナーは、黒や群青色のような目立ちやすい色を用いているケースもしばしばです。

サイトのレイアウト

またヘアクリニックのサイト構造は、サイドバーを使用しない「1カラムのレイアウト」であるケースが多くなっています。とりわけ1カラムは、コンテンツをハッキリと見せられるのが利点で、パソコンやスマホ、タブレットなど端末を選ばずに見やすいレイアウトを維持できます。スマホからのユーザーを想定しているケースにおいては、1カラムのレイアウトが重宝するでしょう。

1カラムであることに加え、ヘアクリニックのサイトはファーストビューで「ほかのクリニックより優れているポイント」を大々的にアピールしているケースがほとんどです。中でも「無料」や「月額費用の安さ」をアピールしているサイトが多いのは、ヘアクリニックのサイトに訪れるユーザーが「薄毛治療の料金の高さを不安視している」ことに対する対策と言えます。

AGA・ヘアクリニックのサイトはSNSを運用してる?

ヘアクリニックは、サイト以外にSNSを活用して集客やプロモーションを行っています。ヘアクリニックによって運用しているSNSは様々ですがTwitterやインスタグラムなどのアカウントを所持しているヘアクリニックが多く散見されます。ですが、積極的な投稿やプロモーションを行っているケースは稀で、言わば「作りっぱなし」というヘアクリニックがほとんどです。

医療系に該当するサイトは、病院やクリニックの魅力を投稿しようにも「アピールできる商材に乏しい」、「ステマっぽくなりやすい」という特性がある分、SNSとの相性は今一つと言えます。いざアカウントを開設しても、「細々と投稿をするのが関の山」というケースは少なくないのです。個人経営のヘアクリニックであれば、営業の片手間にSNSを更新することは困難であるため、尚のことSNSを運営できません。

反面、規模の大きいヘアクリニックチェーンは「イメージキャラクター」を作って、TwitterやYouTubeなどで積極的なプロモーションを行うこともあります。SNSを通じてコンテンツの発信を行うだけではなく、料金の割引クーポンやヘアケア商品などのプレゼントキャンペーンを行って、フォロアーの獲得に注力しています。人員と財力が豊潤なクリニックチェーンのほうが、SNSマーケティングに注力しやすいのは道理ですが、使い方次第で「ヘアクリニックもSNSをプロモーションに活用できる」と言えます。

AGA・ヘアクリニックはどうやって集客すべき?

当たり前の話ですが、「薄毛治療の専門医」という要素は、同業者が多ければ集客に使えません。サイト内でほかのヘアクリニックと差別化をはかるのであれば、何かしらの優位性をアピールできないと、集客に繋げることは難しいでしょう。ヘアクリニックのサイトによっては、男性用と女性用のページをそれぞれ作成し、ターゲットを広くすることで手広いプロモーションを行ってるケースもあります。

ヘアクリニックの大手サイトが採用しているコンテンツやデザインは先の項で挙げた通りですが、ヘアクリニックが「インターネットサイトだけ」で集客やプロモーションをしているケースは稀です。美容整形外科や医療脱毛と同じく、電車広告やダイレクトメールのような「物理的なプロモーション」においても、ヘアクリニックを扱ったものは数多く存在します。物理と電子のプロモーションを両方上手に活用するなら、

広告やダイレクトメールでクリニックの名前を大きく宣伝する。
サイトに導いてクリニックの治療内容やメリットなどをプロモーションする。
実際のクリニックの集客に繋げる。

といった段階的な宣伝を行い、目的を細かく達成していくのも良い方法です。テレビCMのような大規模な宣伝を行えるなら、「財力任せ」の集客を行うもの手ですが、現実とWebを上手く組み合わせてプロモーションを行うことを心掛けましょう。

コンテンツのまとめ

今回は、ヘアクリニックのサイトのコンテンツやデザインについて解説をしました。

冒頭で記述した通り、ヘアクリニックの薄毛治療という仕事は「薄毛に悩む人」の存在によって成り立っています。逆に言えば、薄毛に悩む人がいなくなってしまうと、ヘアクリニックは廃業せざるを得ないのです。「だれだってハゲは嫌なものだろう」と考えている方もいますが、残念ながら世間には「常識や価値観が時に逆転をする」という特徴があります。

実際、「昭和の時代は成人男性の多くが喫煙をしていた」という事実も、この30年でカンタンにひっくり返った程です。

令和の現在は、個人の多様性に対して寛容になりつつある時代ですし、ブルース・ウィリスやジェイソン・ステイサムのようにカッコいいハゲの俳優も数多く存在します。早い話が、薄毛が全く問題にならない時代が来る可能性もゼロではないのです。

したがって、将来的にヘアクリニックのサイトを運営していくつもりであれば、「世間の薄毛に対する認識」に関しても視野に入れたほうが良いでしょう。「薄毛に対して危機感を植え付けろ!」というつもりは毛頭(髪だけに)ありませんが、髪が生えていることの素晴らしさやメリットを、サイトやコンテンツを通じて発信していくこともヘアクリニックの役目と言えるでしょう。

今回は、あくまでも特定のサイトから調査した傾向値でしかありません。
良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中に、もっとたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?
…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!
data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「TOPページの構成」「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
業界別データプランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ