トップページへ戻る

会計システム・ソフトサイトのデザイン・コンテンツを解説!

この記事を書いた人 :

会計システム・ソフトサイトのデザイン・コンテンツを解説!

「競合サイトに負けない魅力的なホームページを作りたい」
「使いやすく分かりやすいユーザーに選ばれるホームページに変えたい」 
「リニューアルして予約が増えるサイトに改善したい」

今までのサイトをリニューアルするなどのタイミングで、上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、会計ソフトサイトを調査し、そのデータを元に、デザインやUI、コンテンツなどの傾向について解説しています。
会計ソフト会社のオーナーやWebサイト担当者、デザイナーやマーケターなどで、サイト制作についてお悩みの方、成果を上げたいとお考えの方は、このまま読み進めてください。

Webサイトを訪れたユーザーが「商品が欲しい、今すぐ買いたい!」と思うような魅力的なサイトを一緒に作って行きましょう。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

会計ソフトのWebサイトのデザイン・UI

よくある会計ソフトサイトのファーストビューのデザイン

会計ソフトサイトのファーストビューには、ユーザーがサイトを訪れてすぐに「会計ソフト先を検索できる機能」が設置されています。

●ファーストビューの例
freeeFX4クラウド

会計ソフトサイトの多くは会計ソフトの魅力を伝えるメインビジュアルを設定しており、実際に会計ソフト業界でも大手の「freee」などでも同じ形式になっています。一方、「FX4クラウド」では、ファーストビューにキャンペーン案内などの画像を設置しつつ、自社サービスの魅力も一緒に掲載する方法をとっています。

会計ソフトサイトを利用するユーザーの中には、具体的にどのソフトを使ったらいいのか決まっている人も少なくないため、サイトに訪れてすぐに製品の魅力や特徴を確認できるようなメインビジュアルが設置されていると良いですね。また、会計ソフトについて悩んでいる人に対しては、シーズン別のキャンペーンも案内されています。ファーストビュー内でキャンペーンを紹介することで、決まっていない人に対して、こちらか提案ができるようにしているのです。

こうしたことから会計ソフトサイトの場合、実用性が高いファーストビューにした方が、ユーザーニーズと合致したサイトとして機能できるでしょう。

会計ソフトのサイトカラーの傾向

会計ソフトサイトのサイトカラーを調べて見ると、以下のような結果になりました。

●5サイトのサイトカラー

サイト ベース (背景色) ロゴ・メインカラー アクセントカラー
A ホワイト ブルー ミントグリーン
B ホワイト ブルー ブルー、グリーン
C ホワイト ブルー イエロー
D ホワイト パープル オレンジ
E ホワイト ブルー オレンジ

ベースカラーは「ホワイト」が一番多く設定されていました。
ロゴやメインカラーはビジネス系のサイトでよく使われる、信頼感を与える「ブルー」を使用しているサイトが多い傾向です。また、アクセントカラーは、メインカラーと同系色のカラーが使われていているか、中間色の「オレンジ」や「グリーン」などで展開をしているサイトが複数ありました。サイト全体のカラーを単色にすることの理由として、TOPページ内で写真が多く使われていることが考えられます。

会計ソフトサイトを思い出してみましょう。会計ソフトサイトでは、様々な製品を用意していますよね?キャンペーン案内は鮮やかな写真が使われているため、サイトカラーまでカラフルにしてしまうと、まとまりがなくうるさい雰囲気になってしまいます。さらに会計ソフトサイトは、TOPページに表示する情報が多い傾向にあります。情報も多く、カラフルなサイトカラーになると、ユーザーもどこを見たら良いのかわからなくなるため、ロゴやメインカラーは控えめな色味(または単色)にして、自然と見てほしい内容にフォーカスするようにしているのです。

フォントサイズとフォントファミリーの傾向

会計ソフトサイトのフォントサイズ、フォントファミリーを調べました。

●5サイトのフォントサイズ・フォントファミリー

サイト フォントサイズ フォントファミリー① フォントファミリー② フォントファミリー③
A 18px Noto Sans JP sans-serif
B 13px Noto Sans JP メイリオ ヒラギノ角ゴ Pro W3
C 18px Noto Sans JP Noto Sans CJK JP Noto Sans CJK JP Subset
D 16px sawarabi Noto Sans Noto Sans CJK JP
E 16px 游ゴシック ヒラギノ角ゴ Pro W3 メイリオ

会計ソフト予約のサイトで使われていたTOPページ内のフォントサイズ平均は16pxでした。
調べたサイトの中で最小サイズは13px、最大は18pxです。どのサイトも大きな違いはなく、やや小さめか、標準的なフォントサイズに設定しているサイトが多いようです。

また、フォントファミリーを調べてみたところ「Noto Sans JP」や「メイリオ」が多く採用されていました。次点で「ヒラギノ角ゴ ProN W3」となっており、基本的にどの業界でも使われる定番のフォントファミリーが設定されているのがわかりました。

今回の調査データは5サイトの本文フォントサイズ・フォントファミリーに限定したデータです。
業界全体の傾向値を出すには不十分ですが、サイト制作中に悩みがちなフォントに関する設定として活用してくださいね。

もっと詳しいデータを集めた結果を知りたい方は、多くの競合サイトを調査し分析しましょう。

良質なWebサイトを作るためのヒントは、競合他社のサイトの中にたくさんあります。
そのためにも多くのサイトデータを集めて分析することが、自社サイトを成功に導くセオリーのひとつです。
とはいえ、集めなければならないデータ、そして同じ分量だけ分析しなければならないとなると、時間も労力もかかってしまいます。

競合他社サイトの情報収集を魔法のようにワンクリックでできたら良いですよね?

…実は、data maisonなら、あなたのその願いを叶えられます!

data maisonは、気になる競合サイト、新勢力企業のサイト、業界全体のサイトなどのデータをワンクリックで手軽に手に入れられるツールです。あなたがベンチマークしているサイトについて、今回紹介しているような「サイトカラー」や「フォントサイズ」などの情報も手に入りますし、会計ソフト業界全体のファーストビューの傾向、コンテンツの傾向なども確認できます。

本来はWeb担当者やデザイナーなどが、自分でサイトを抽出して苦労しながら調査していたことを、data maisonならたった165円~※という圧倒的な低価格で、最新の業界データを一瞬で手に入れることができます。

ぜひ、今までの煩わしい調査から解放される魔法のような調査体験を経験してみてください。
もっと会計システムのサイト傾向を知ろう!

絶対に欠かせない会計ソフトサイトのコンテンツ

「初めての方へ」のコンテンツ

今回調査した5サイトで必ず掲載されていたのが「初めての方へのページ」です。

●初めての方へのページ例
自社の特徴・強み、今までの実績内容などは必ず掲載されています。
これは会計ソフトからユーザーに向けた「強み・売り」を伝えるページとなっており、サイト内で欠かせないコンテンツのひとつです。なぜなら、会社や個人で使用したいと考え会計ソフトを探しているユーザーの中には、一体どこに依頼をしたら良いのかと迷っている人もいます。

そんな、どの会計ソフトを選んだらいいのか迷っている人は色々と比較をしていることが多いため、他の会社と比較した際に、思い出してもらえるような「特徴」や「実績」がなければ印象にも残らず選ばれません。また、特徴があったとしてもサイト内でしっかりアピールできていなければ、ユーザーもわからないままで意味がありません。そのため、ユーザーに知ってほしい、「特徴」「強み」「売り」などを伝えるために、「自社サービスの特徴・実績」ページは欠かせないコンテンツとなっているのです。

おすすめ・キャンペーン特集に関するコンテンツ

会計ソフトサイトで良くあるコンテンツとして、お得な会計ソフトについてユーザーに知らせる「キャンペーン案内」があります。

●キャンペーン案内ページ例
会計ソフトサイトにとって、会計ソフトの案内は他のサイトでも取り扱っている商材です。差別化を図るのは、なかなか難しくなっていますが、組み合わせや内容、料金などを変えることで、他の会計ソフトサイトとの差別化を図っています。

独自のパッケージプランとして、自由に会計ソフトをデザイン(組み合わせる)できるプランを用意しています。
また、会計ソフトの需要が高まる時期にはお得なプランや割引を用意しているところも。取り扱う商材が同じになる会計ソフトサイトでは、こうしたプランや料金といった面で差別化を図ることで、いかにユーザーに選ばれるかどうかを常に工夫することが大切です。

会計ソフト関連のお役立ちコラムページのコンテンツ

会計ソフトサイトでは、ユーザーに役立つ「会計ソフト関連情報」や「観光ガイド」などのコンテンツをサイト内に用意しています。

●コラムページの例
会計ソフトのプロが教える「会計ソフトの選び方」や「会計にまつわる豆知識」など、ユーザーが知りたい情報がコラムとしてまとまっています。多様なニーズにも応えられる内容のコンテンツをコンスタントに発信して、認知度を向上させることができるのです。

こうした情報(コラム)はユーザーにとっても、最新の会計ソフト情報が手に入れられて便利ですし、会計ソフトサイトとしても、おすすめしたい会計ソフトを提案できるきっかけにもなる、両社が利益を得るものとなります。昔から言われていることのひとつではありますが、こうしたコンテンツマーケティングを会計ソフトサイトでは特に力を入れて行っているのです。

会計ソフトサイトの集客やプロモーション方法

会計ソフトサイトをプロモーションする方法として、マスメディアを利用したプロモーション方法があります。
会計ソフトシーズン(大型連休や年末年始)では、テレビCMや雑誌、折り込みチラシなどで広告をよく見るようになりますよね。また、テレビの番組の企画などで、お得なパッケージプランを紹介するのも良くあるプロモーションのひとつです。

マスメディア広告は会計ソフトサイトにとって主要なプロモーション方法のひとつですが、最近はデジタル広告としてインターネットを使ったプロモーションを活用して集客を行っている企業も増えています。

●主な集客・プロモーション方法
マスメディア以外の代表的なプロモーション方法として「リスティング広告」「ソーシャルメディア広告」「YouTube広告」などが挙げられます。大手会計ソフトサイトなら、このどれも網羅的に施策していますが、近年良く見るのが「ソーシャルメディア広告」です。

会計ソフトサイトの運用SNSを見てみると、以下の通りでした。

●5サイトの運用SNS

サイト 運用SNS
Instagram Twitter Facebook LINE YouTube
A
B
C
D
E

TwitterとFacebookを運用しているサイトは5サイト中5サイトでした。
次いでYouTubeなっており、ほとんどのサイトでSNSが活用されています。すべてのサイトで利用されているSNSはTwitterの投稿内容の傾向は、次々に打ち出されるキャンペーン案内やイベントシーズンのお得な情報です。Twitterの利用者は幅広い層がいるため、キャンペーンを打ち出す際にも広報しやすく非常に使いやすいSNSとなっています。

また、ユーザーともコミュニケーションを取りやすいSNSなので、潜在顧客やファンの育成にもつながります。定期的に利用してくれるユーザーが増えたり、自発的に友人や知人に紹介してくれたりするなど、様々な良い効果が期待できますので、SNS運用およびソーシャルメディアのプロモーションを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

会計ソフト業界は、新型コロナウィルスの影響を受けている状況となっています。政府の救済処置なども行われているものの、ソフトをそのまま販売するといよりも、クラウド上で管理できる会計ソフトが現在は人気です。オンライン化が進んでいることもあり、国内需要に対しての方向転換が必要でしょう。

対面にならないインターネットからの予約が増えているため、今後もますます公式サイトの使いやすさが重要になってくるでしょう。
ネットでの契約を増やしていくためにも、今まで以上に使いやすく、わかりやすいデザイン・UIのサイトを作るようにサイト制作をしてくださいね。

そして、より良いサイトで売上に効果をもたらすためにも…。
ぜひ、あなたも他社サイトの情報を調査して「人の心を動かす」魅力的なサイト制作をしてくださいね。

data maisonは月額165円からご利用いただける個人向けサブスクリプション・モデルです。

ひとつ調べたい項目があった場合、100サイト分調査するのに、おおよそ1日かかります(1サイト5分としても)。
それが40項目において100サイト分調査するなら、おおよそ2ヶ月(40営業日)かかります。
そのために専用の派遣社員やアルバイトを雇ったとしましょう。
時給2,000円の社員に毎日8時間×2ヶ月(40営業日)、この調査業務を行ってもらった場合、以下の計算になります。

40項目の調査を100サイト行った場合、
 期間:2ヶ月の調査+統計整理 で 費用:640,000円(諸経費除く) 
これがdata maisonを利用した場合、
 期間:即時 で 費用:月々165円~

時間も2ヶ月の無駄を省き、費用も約1万分の3(=0.03%)まで削減できます。
これは経営者にとっても、Webマーケティング担当者にとっても、デザイナーにとっても、営業マンにとっても、めちゃくちゃ効率的ですよね。

時は金なり! 出る金は制すなり! です。

さぁ、今すぐ業界データを購入しよう!

気になるを業界プランを購入!

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ